ホーム>米屋の嫁のひとりごと

米屋の嫁のひとりごと

聞いておくれ、変な夢の話を。

毎度、にゅう麺を作ろうと思ったのに冷蔵庫にネギがないと知って絶望しているMOYでございますriceball

 

ネギがないにゅう麺なんて・・・・

 

「それはもうサドルのない自転車のようなものだ」  ニーチェ(言わんわ)

 

いや、ほんまがっくり。

 

にゅう麺にネギないなんて・・・

 

自転車はサドルなかっても、なんとか走れるやん(立ち漕ぎで)

 

でも、にゅう麺にネギは絶対必要やん!!

 

麺なくてもいいからネギは欲しい(もはやにゅう麺ではない)

 

でも、ほんまにその位ネギは必須です。

 

ほんまがっくり。

 

 

 

 

さて、また変な夢みたんですけど、聞いてもらえます?

 

夢の中でも私は寝ていて、夢見てうなされてる設定なんです。

 

あれ?なんか今書いてても自信ないんですけど

 

夢なのか、なんか金縛りみたいなのにでもなってたのか

 

ちょっとはっきりわかりません。

 

そして、その夢というのは、必死になって自転車のペダルを踏んでいるのに

 

何故か全然進まなくて、空回りしているわけでもなく、ペダルは重たくて。

 

周りの景色もなんか見えなくて、見えないっていうか、暗がりで。

 

そして、パッと目が覚めたら(夢の中で)

 

横向きで寝てて、めっちゃ体が丸まってて、

 

「絶対、布団の中でほんまに漕いでたやん!」って思うような姿勢で

 

それで、内容的には怖い夢とかではないはずやのに、

 

何故か目が覚めた時(あ、夢の中です)、すっごい恐怖を感じて

 

ドア一枚隔てた向こうの部屋にいる家族を呼ぼうと大声を出すんですが

 

声が出なくて、そのことにも更に恐怖を覚え

 

何とか、体を起こして助けを求めてドアの方へ向かって行く途中で

 

スローモーションのようにめっちゃゆっくり体が倒れていって

 

ゆっく~り床に横たわったところで、目が覚めました(これはほんまに覚めた)。

 

 

 

 

なんなん、この夢。

 

 

暗がりで必死にペダルを漕ぐも、まったく進めず、って。

 

 

何かを暗示している夢だとしたら、私、今めっちゃ精神的に行き詰ってるんかな。笑

 

 

いや、特にそんな感覚はないんやけど。

 

 

そして、最後のスローモーションでゆっくり倒れた時の感覚が

 

 

目が覚めてからも体が覚えていて、今まで経験したことがないような感じで面白かったです。

 

 

貴重なお時間、しょーもない夢の話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

*********************************************

 

 

 

昨日、このブログを書きかけて途中で寝てしまったんですけど

 

結局、にゅう麺はネギなしで作りました。

 

にゅう麺の前にも色々食べていて、もうお腹ポンポコリンで。

 

また深夜に食べてしまったことをすんごい後悔してしまい、ほろ酔いだったこともあって

 

普段なら絶対買わないようなダイエットサプリみたいのを注文してしまったわ・・・・

 

それこそ、後悔。

 

 

腹筋でもしよ。

 

 

 

 

 

急遽、同窓会!

毎度、何の変哲もない言葉でも最後に名前をつけただけで

 

格言みたいになるって気づいて一人遊んでいるMOYでございますriceball

 

 

 

例えば

 

「晩ごはんはいらない、飲み会だからー上田園子」

 

とか

 

「ちょっとそれ取って、立ったついでにー上田園子」

 

とか

 

「ええって、ほんま、今日は私に奢らせてー上田園子」

 

等々。

 

なんの深い意味もない言葉も、なんか教訓やストーリーがあるように感じられませんか?

 

だから何だって話なんですけど、ただ、おもしろいなって。

 

 

 

 

さて。

 

 

思いがけず、小中の同級生が集まった話です。

 

 

二か月位前から、北海道に住む同級生が「五月に京都に行くからお店に行くね」と言ってくれてて

 

まだまだ先だなーって思っていたけど、あっという間にその日が近づいて。

 

その同級生とはまた別の、東京にいる同級生が

 

「今、週一で関西に日帰り出張あるから、会えたら会おう」って言ってくれてて

 

でも、なかなか会えないまま日がたってて。

 

たまたまちょっと連絡した時に「実は明日〇〇(前出の北海道の子)が串かつ屋に来てくれるんだ」って言ったら

 

「うわ、実は俺も明日行こうと思ってた!」と。

 

いつもは水曜日だった出張が今週から金曜日になった、と。

 

ほんで、もう一人一緒に会おうって言ってた大阪在住の子にも声をかけたら

 

「行く!」と。

 

みんなフットワークが軽い!

 

 

そんなわけで、急遽四人で集まることに。

 

集まる言うても、場所はうちの串かつ屋なんですけどね。

 

北海道から来る彼女には東京・大阪の子が来るのは内緒にしてたんですけど

 

先客がいることにびっくりしていいリアクションをしてくれました。

 

201952018398.jpg北海道の子とはなんと(多分やけど)中学卒業以来、

 

まともに会ってないから三十年以上ぶり。

 

三十年て。笑

 

すごいな。

 

お店がそんなに忙しくなかったら、私も一緒に飲むわ!って言ってて

 

最初は金曜の夜だというのに、お客さんもまばらで

 

「よっしゃ!一緒に飲むわ!」って喜んでたんやけど(店的には喜べへん)

 

調子よくみんなと飲んで、わーきゃー言うてて

 

はっ!って周り見たら、ほぼ満席になってて、慌てて仕事をし出した私です。

 

私たちは来年で50歳になるんですけど

 

それに合わせて来年同窓会を企画しているんですね。

 

私は幹事ではないんですけど、元ホテル勤務経験者というだけで

 

会場を決める大役を仰せつかりまして

 

元上司にお願いしてすでに会場は抑えさせて頂きました。

 

来年秋の大同窓会に向けて、今から体調を整えたいと思います。

 

201952018525.jpgポーズが昭和。

 

特になんなん私の指先。

 

楽しかったよ!!

 

みんな来てくれてありがとう!!

 

 

 

 

 

 

母の日に思う。

毎度、第三次成長期か?と思うほど、食欲がすんごいことになっているMOYでございますriceball

 

完全に胃が拡張してる。

 

今日もお昼をすんごい食べたから、夜は抜こうって思ってたのに

 

結局またお腹いっぱい食べてしまいました・・・・

 

断食でもしたい気分。

 

 

 

さて。

 

この間、母の日でしたね。

 

ひねくれている私は、母の日とか父の人か敬老の日とか

 

わざわざ要らんと思っている派なんですが

 

しかも、今は「孫の日」とかもあるらしいし。

 

孫の日って。

 

完全に商戦にやられている・・・

 

実家の母は五月が誕生日で、いつも母の日と近くて

 

今年に至っては、誕生日と母の日が同じ日に重なりました。

 

 

 

私も一応、母親ということで

 

娘たちから贈り物をもらいました。

 

今年はまさかの娘の彼氏からもプレゼントがあって、驚きました。

 

2019514192058.jpgオサレなお寿司ぃ~~~heart04

 

母の日なんか要らんとか言いながら、

 

もらったらめっちゃ喜ぶ自分に嫌気がさすわ。

 

もう、玄関でこのお寿司受け取って

 

「うーーーっわ!ありがとー!!めっちゃ嬉しー!」って言ってドア閉めた1分後には食べてた。笑

 

いや、お茶くらい出しぃな。

 

 

 

 

それにしてもです。

 

 

自分のことって客観的には見れないじゃないですか。

 

 

なるべく見ようとは思ってますけど、やっぱり「自分」なんで、わからないです。

 

 

特に「母親」としての自分ってどうなんやろ・・・って常々思います。

 

 

こんなお母さん、娘たちはどう思ってるんやろ・・・って。

 

 

謙遜でもなんでもなく、いわゆる世間一般から見る「理想のお母さん像」から

 

 

かけ離れていることは確かです。

 

 

それは自分でもわかっております。

 

 

娘たちより長く生きているのに、最近では娘たちに諭されたり

 

 

娘たちの発言に「ほぅ・・・」って関心して逆に教えられたり。

 

 

もうね、反面教師でもいんです。

 

 

「こんな風にはならんとこ」的存在でも。

 

 

子供たちも大きくなって二人とも社会人になってるからか

 

 

最近、あんまり「親」っていう感覚がなくて

 

 

でも「母の日」に、「あぁ、私、母親なんだ・・・」って思わせてもらえたことは

 

 

ありがたいこってす。

 

 

 

 

今日はうちの猫を病院に連れて行きました。

 

2019514193723.jpgちょっと調子悪そうで心配でしたが

 

特に悪いとこはなく「お年ですね」ってことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっちゃんライブと飲みwith A

毎度、お金を何かで換算する時は大抵「飲み代」て計算してしまうMOYでございますriceball

 

 

ちょっと待って、猫にも花粉症ってある?

 

今、後ろのソファにいるうちの猫が連続でくしゃみしてて

 

めっちゃ水っぽいもの右腕にかけられたんやけど。

 

 

話は戻りまして。

 

今年に入ってから、駐禁&一旦停止で計22000円の罰金を払ったんですが

 

「うーっわ、22000円・・・・」って思った時に

 

「軽い飲みなら10回行けるやん・・・」って思ってしまいました。

 

2000円あったら、うちの串かつ屋やったら

 

生2杯、ハイボール1杯、串かつ5、6本食べてもおつり来るわ。

 

あと、なんやろ「22000円あったら、本、めっちゃ買える」とかも思いました。

 

 

やっぱり好きなもので換算しませんか?

 

 

チョコ好きな人やったら「板チョコ、200枚以上買えるわ」

 

とか

 

フィギアが好きな人やったら「あの欲しかったやつ買えたのに」

 

とか

 

映画が好きな人やったら「映画、10本以上見れたわ」

 

とか

 

うまい棒好きな人やったら「うーっわ、2200本買えたやんっ!!」

 

ってなるんでしょうね・

 

 

 

皆さんは何で換算しますか?

 

 

罰金も痛かったけど、これでゴールド免許が剥奪されたのもショック。

 

剥奪て。

 

自分が悪いんやないか。

 

 

 

 

さて。

 

 

この間、「せっちゃん」こと斉藤和義のライブに行ってきました。

 

どうして「せっちゃん」というのかはウィキペディアをご覧ください。

 

書いてあるかどうか知らんけど。

 

今回でせっちゃんのライブは四回目だったんだけど

 

京都で行くのは実は初めて。

 

開演6時半で、A子とは6時ちょい前に最寄りの駅で待ち合わせて。

 

 

 

改札で会うなり、合言葉のごとく

 

「一杯、飲んでこか」

 

と、なりました。

 

 

 

 

 

 

駅構内のたこ焼き屋さんで、たこ焼きをビールで流し込む。

 

そこから会場まで歩いて行ったら、結構ギリギリの時間で

 

席に着くなり、ほんますぐに開演。

 

バルコニー席やって、せっちゃんをかなり上から見下ろす形になったんやけど

 

いつもとは違うアングルで、袖裏のスタッフさんとかも見えたりして、なかなか良かった。

 

今回は弾き語りツアーで、バンドではなく、せっちゃん一人。

 

ギターはもちろん、ピアノやドラムまで弾いてくれて

 

改めて「かっこいーーーーーーheart01」ってなりました。

 

トークと同じで、アンコールもユルい感じで終了し、

 

余韻に浸りながらゾロゾロと会場を後にしました。

 

 

 

「せっちゃん、街に飲みに出るんかな」

 

「出るやろなー」

 

「どうする?店で会ったら」

 

「『あ、一緒に飲みませんか?』とか言われて?」

 

「うきゃーーーー!!」

 

 

 

と、妄想が尋常じゃないアホ丸出しの会話を二人でしながら、A子おススメのお店へ。

 

ほんま色んなお店を知ってるA子が勧めるお店はハズレがない。

 

 

2019513174232.jpgビールは夕方飲んだんで、のっけから日本酒。

 

大将、ねじり鉢巻きがかっこいい。

 

枡に押されてたお店のロゴもかっこいい。

 

グラスの形もシュッとしててかっこいい。

 

20195131947.jpg201951319443.jpg201951319518.jpg201951319642.jpg201951319714.jpgポテサラってお店の特徴出るから、あったら大抵頼むなー

 

名前の通りクリーミーで、濃くて、アテになる~

 

201951319832.jpg飲むよね~

 

 

まぁ、言うても半合ずつやから。

 

 

お酒もお料理も美味しかった。

 

 

また行ってみよーっと。

 

 

 

 

楽しい夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の休み。

毎度、晩ごはんを食べようかどうしようか悩んでいるMOYでございますriceball

 

 

昨日、食べすぎたもんで。

 

 

昨日、食べすぎたから、今日はお昼を抜こう!と思っていたのに

 

 

気づいたら普通に食べてたわ。

 

 

 

 

さて。

 

 

昨日は10連勤明けのお休みでした。

 

 

何しよーって思いながら、結局、予定を立てないまま朝を迎えました。

 

 

アラームをかけずに寝たのに、何故かいつもより早く目が覚めました(遠足の日の小学生か)

 

 

でも、布団からは抜け出さず、しばらくまどろんでおりました。

 

 

サイコーですね。

 

 

まどろむ。

 

 

まどろみ。

 

 

まどろむって「微睡む」って書くんですね!!!

 

 

今、知りました!!

 

 

日本語って美しい・・・・

 

 

「微」に「睡」で「まどろむ」かぁ・・・・

 

 

語源は「ま(目)」と「とろむ(とろんとする様)」からきているそうです。

 

 

そんな至福のまどろみタイムを二時間ほど過ごし(長いわ)

 

 

うつらうつらしたり、スマホいじったり、白目むいたり、らじばんだり。

 

 

ほんで気づいたら8時過ぎてて・・・・

 

 

 

 

「うーーーーーわっ!!ゴミの日やーーーーーっ!!」

 

 

 

ってなって、慌てて起きました。

 

 

ゴミを出して、シャワー浴びて、洗濯したりなんやかんやして

 

 

外は快晴やし、「とにかく家を出よう!」と思い、外出。

 

 

いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでから、近所のお蕎麦屋さんへ。

 

 

まずは酒肴盛り(小)とお酒を注文。

 

 

201957201557.jpgもう、サイコーだ。

 

アイムベリーハッピー

 

これはほんまお酒好きにはたまらん一皿。

 

これだけで、ずっと飲んでいられるくらい。

 

こんなお蕎麦屋さんが近所にある幸せよ。

 

ほんまサンキューベリマッチョやわ。

 

半合ずつ四種のお酒を頂きまして、〆は北海道は蘭越産のお蕎麦を頂きました。

 

201957204747.jpg蘭越(らんこし)って聞いたことはあるけど、どこにあるか正直わかりません。

 

調べたら、「ラン・コウシ」という「桂の木の多いところ」というアイヌ語からきているそうです。

 

たまたまカウンターで隣り合わせになった方が、お米屋していた時のお客様で

 

函館出身の方だったんですけど、同じく蘭越のお蕎麦を注文していました。

 

やっぱり、郷土愛ですね。

 

 

 

 

お腹と心が満たされた後は、なんとなぁく、ぶらぶら。

 

本屋さん行ったりー

 

201957205822.jpg

 

酒屋さん行ったりー

 

20195720594.jpg201957205932.jpgここ初めて行った酒屋さんだったんですけど

 

日本酒の品揃えがめちゃめちゃ豊富で、テンション上がりました。

 

 

 

 

夜はソファで4時間くらいまたまどろんで、ゆっくりしました。

 

いい一日でございました。

 

 

 

 

さて、晩ごはんを食べようかな。

 

 

食べるんかーーーーーーーい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十連勤最終日だZE!!

毎度、令和初コケしたMOYでございますriceball

 

 

今朝、串かつ屋の店前に停めておいた自転車に勢いよく跨って

 

 

ひと漕ぎ目をした所で、ガガッ、ガッて音がして

 

 

え?って思うと同時にコケていました。

 

 

なんで?って思って、コケた状態のままタイヤを見たら、

 

 

チェーンのカギをつけたままでした。

 

 

「そんな今日は令和初コケ記念日」

 

 

サラダ記念日みたいに。

 

 

 

 

さて。

 

 

大型連休も残すところ明日一日。

 

 

ほんまにずっと連休の方、仕事明けがおっそろしいですね(嫌みか)

 

 

いやでもほんまに、お盆やお正月の三連休明けとかでも体がしんどいのに

 

 

十連休明けって、みんなどんな顔で職場に来るんでしょう。

 

 

楽しみですね(性格悪子か)

 

 

 

さて。

 

 

今日、五月五日はここ藤森のお祭りで、お神輿さんが出る日です。

 

 

今日もめちゃんこ(めちゃんこて)いい天気で、担ぎ手さんたちは暑くて大変でしたでしょうけど

 

 

雨よりはいいですよね、多分。

 

 

そして、お祭りの日といえば、毎年恒例の朝から串かつ、略して朝カツです。

 

 

一日かけてお神輿が町を練り歩くのですが、その合間あいまで休憩所があり

 

 

地域の方が飲み物や食べ物を提供する場になっています。

 

 

そこに当店の串かつがふるまわれるため、毎年、大量の串かつを揚げます。

 

 

言うても実際揚げるのは夫なんで、今朝も早くから串かつ屋に出勤して行きました。

 

 

私は、一時間ほど遅れて行く予定をしていて、とりあえず洗濯物を干してたんですが

 

 

遠くの方からお囃子や担ぎ手さんたちの掛け声が聞こえてきて

 

 

「あ、そろそろ行かな」って思いながら急いで洗濯物を干し終え

 

 

外に出たら、すでに家の前の通りまでお神輿が来ていました。

 

 

201955142937.jpgこの中を自転車に乗って通ることはできないので、

 

私も自転車を押しながら、担ぎ手さんに紛れてゾロゾロと串かつ家まで歩くことに。

 

 

 

店に着いたら、揚がった串かつを配達用の容器に移し替え、配達へ。

 

201955143341.jpg今年も無事に終わって良かったです。

 

 

 

 

昨日はうれしいことがありました。

 

お米屋つながりで、他府県からサプライズのご来店が二組。

 

人間不思議なもので、よく知ってる顔なのに

 

いるはずのない人が目の前にいると一瞬「え?誰?」ってなりませんか?

 

そして、次の瞬間「えーーーーーーっ!!」ってめっちゃおっきい声を店内で出していました。

 

201955143724.jpg大阪からお越しのご夫婦。

 

お米屋だった時、お米マイスターの集まりで年に一度お会いするだけだったんですが

 

なんかすごく親しみを感じる方で、私の中では勝手に「兄さん、姉さん」的な存在でした。

 

京都に観光に来た帰りに、道に迷いながらわざわざ来てくれたそうで

 

ほんまに嬉しかったです。

 

お土産に重たいお米までもってきてくださって、もう、ほんまありがたい。

 

連勤の疲れも吹っ飛びました。

 

ありがとうございました!!

 

 

 

十連勤も今日で終わり。

 

仕事上がりのビールを楽しみに、もう一晩頑張りまっす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の楽しみは、

毎度、今にもバーンッてこっぱみじんに壊れそうな洗濯機の脱水の音に怯えているMOYでございますriceball

 

休みがないので、もう曜日も日にちも、感覚が狂ってて

 

一日に何度も「え?今日何曜日?」「ん?何日やった?」「もう平成終わった?」ってなります。

 

 

 

はい、令和も三日目(わかってるやないか)、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

さて。

 

 

今日もいいお天気です。

 

仕込みの量がすんごくて、まだ終わってないんですけど

 

ちょっと休憩がてらブログを書いています。

 

いやー、それにしても、十連休

 

今まで経験のないことでしたから、どんな感じになるのか想像もできずにいたんですが

 

お陰様で今のところ毎日忙しくさせて頂いております。

 

これで、正月の餅が買えます(日本昔ばなしか)(まだ五月じゃ)

 

 

 

連勤も今日で八日目、あと二日頑張ります!!

 

 

 

 

そんなわけで、今の私の直近の楽しみは、「連勤明けの貴重な休みをどう過ごすか」

 

それだけを考えて、頑張っております。

 

 

 

過ごし方その① 「自転車で走りに行く」

 

今のところ、雨予報ではないので、久しぶりに遠出をしようかな。

 

 

過ごし方その② 「昼酒を楽しむ」

 

昼間から飲んでやろうか。

 

でも、これすると夕方にはもう撃沈してしまうだろうから、もったいないなぁ

 

 

過ごし方その③ 「一日中、引きこもる」

 

すっとダラダラ読書をしたり、録画しといた番組を見て過ごそうか。

 

でもやっぱ、晴れてたらこれももったいない。

 

 

過ごし方その④ 「スーパー銭湯&マッサージ」

 

串打ちで凝った体をほぐし、ゆっくりお風呂に浸かりたい。

 

でもかろうじて、連休最終日だし混んでるかなぁ・・・

 

 

 

・・・・・と、まぁ、こんなことをつらつら考えている時間が楽しんですよね。

 

きっと、あっという間に終わっちゃいますから。

 

 

 

 

とりあえず、休みの朝はアラームをかけずに寝ようと思います!!

 

 

あ、でも、ゴミの日なんだよなぁ・・・・・

 

 

誰か代わりにゴミ出ししてくれないか。

 

 

さ、仕込みの続きしまーーーす!!

 

 

 

201953155140.jpgこの間、帰省した時、小2の甥っ子といつになく仲良くできて

 

とっても嬉しかったのに、この写真を撮った後、

 

眠たくなって急にご機嫌が悪くなった甥っ子に、

 

そうとは気づかずちょっかいを出して、蹴飛ばされるほど嫌われた伯母でした。

 

 

 

 

 

 

 

自分の頭をノックしたくなった話。その②

毎度、昨夜は仕事を上がってから行きつけのお店で行われるカウントダウンに参加したMOYでございますriceball

 

仕事上がったんが11時半近かったからギリギリで。

 

行ったらいつもの顔見知りのメンバーが輪になって飲んでて。

 

ほんで、「あと20分やなー」

 

「あと10分やで!」

 

とか言いながら

 

5分前位になったら、みんな乾杯用のドリンクを注文して

 

「その時」に備えていたんですけど

 

リアルタイムで何かの番組を見ていたわけでもなく、誰かが時報を用意していたわけでもなく

 

結局、気づいたら「その時」は過ぎていて

 

「あ・・・・迎えました・・・・」のスタッフさんの一言にみんなでズコーーーーーンってなって

 

結果、グダグダで令和を迎えた、そんな夜でした。

 

まぁ、でもそれはそれできっといい思い出になるでしょう。

 

 

令和初日、みなさんいかがお過ごしですか?

 

 

 

 

さて。

 

 

昨日の続きです。

 

 

空港にスーツケースを忘れるという失態に自分の頭をノックしたくなった私ですが

 

無事にお通夜、お葬式とお参りさせて頂き、

 

十年、二十年ぶりに会う親戚とも話をすることができたので

 

思い切って帰って良かったなぁと心から思いました。

 

帰りの飛行機も決めていなかったので、出棺を見送った後はもう実家には戻らずに

 

そのまま駅に向かうことにしていました。

 

出棺を見送って、控室に戻り、その場で喪服から着替えることにしました。

 

喪服を脱いで、さぁ、服を着ようと持ってきたスーツケースを開けましたところ

 

入っていたのは、ジーンズとジャンパー(ジャンパーって今どき言わんか)だけ。

 

 

 

 

ん?

 

 

んん??

 

 

どんなにスーツケースを覗いたところで、着替えしか入ってないのですっからかんなのは一目瞭然。

 

 

 

はい、わたくし、またやらかしたようでございます。

 

 

 

朝、実家を出るときに、喪服に着替え、服はスーツケースの上に置いたような記憶はあるんですが・・・

 

 

何故か、上に着ていたパーカーと靴下が見当たらず・・・・

 

 

駅まで送ってくれる兄に、ヘラヘラ笑いながら

 

 

「ちょっと、服ないんやけど・・・笑」と言うと

 

 

「はぁ???」と100%の呆れ顔。

 

 

仕方なく、下はジーンズを履き、上はブラジャーの上に直接ジャンパーを羽織り

 

 

うっかりジャンパーを脱ごうものなら通報されるかもしれない変質者のようないでたちで車に乗りました。

 

 

何故、ジーンズは入れたのに、上の服をしまい忘れたのか

 

 

我が事ながら、全くもって意味がわかりません。

 

 

途中、兄と二人でラーメン屋さんに立ち寄ったのですが

 

 

「ラーメン食べて暑くなっても、うっかり脱ぐなよ!」と兄に言われました。

 

 

まさか、そのまま帰るわけにも行かず、駅に隣接しているイオンで間に合わせの服を買いました。

 

 

本当に、私は大丈夫でしょうか。

 

 

「園子ちゃん、落ち着いて、しっかりね!」

 

 

亡くなった伯母のそんな声が聞こえます。

 

 

 

 

平成から令和に、新しい時代の幕開けです。

 

 

落ち着いていこうと思います。

 

 

 

 

実家に泊まった夜に兄が作ってくれた〆のラーメンです。

 

201951135129.jpg関西では売っていないまるちゃんラーメンのみそ味、5袋分。

 

みんなで美味しく頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の頭をノックしたくなった話。

毎度、仕込みをしている間はずっとつま先立ちでいようって思うけど

 

いつも2、3分で忘れてしまうMOYでございますriceball

 

あれ、欲しいな、あれ。

 

つま先部分しかないスリッパ。

 

今、友達何人かでダイエットを目的に

(体重を減らすのではなく、引き締めるのが目的)

 

LINEグループを作って、毎日、どんな運動をしたか報告し合ってます。

 

一人やったら絶対続かないんですけど、やっぱりみんなでやると頑張れます。

 

まだ体に目で見てわかるような変化は見られませんが、何もやらないよりはいいかと。

 

参加して一か月弱なんですが、このズボラな私が

 

自転車に乗ること以外、運動らしいことは一切しない私が、

 

毎日のプランクやスクワットが習慣化してきていることに驚きます。

 

やっぱり「続ける」って大事ですね。

 

 

さて。

 

実は先週、北海道に帰ってました。

 

父の姉、私からすると伯母が亡くなったとの知らせを受けて、一泊二日の弾丸帰省でした。

 

京都に来て二十数年、北海道に住んでいたら絶対お葬式に行っていたであろう親戚や

 

お世話になった人たちが亡くなっても、なかなか帰ることもできず、ずっと不義理をしてきました。

 

お昼のお米屋をやめたので、前よりは少し帰りやすくはなったかと。

 

でも、やっぱり遠いわ、北海道。

 

朝、飛行機の予約も取らずに、直接空港へ。

 

運よく、空港に着いてから一時間後に離陸する便が取れました。

 

千歳空港に着いたのはお昼少し前。

 

そこからJRでまず札幌へ、そこで乗り換えて実家の旭川まで計二時間電車に揺られます。

 

「札幌に着いたら、とりあえずお昼食べよかなー」なんて呑気に思いながら

 

千歳から札幌へ向かう電車の中で、読みかけの本を読んでおりました。

 

10分位たった頃でしょうか。

 

上着のポケットに入れていたスマホが震えていることに気が付きました。

 

見ると、覚えのない番号からでした。

 

電車の中だったので出ずにいると、しばらく震え続けて切れました。

 

市外局番が北海道らしい番号からで、「?」と思いながらいると・・・

 

また、同じ番号からかかってきました。

 

とりあえず札幌についたら折り返しかけてみようと思いつつ

 

どこからかかってきたのか気になったので、番号を検索してみると・・・・

 

 

 

「千歳空港遺失物係」

 

 

 

 

ん?

 

 

遺失物??

 

 

あれ、私、なんか飛行機の中に忘れ物した・・・??

 

 

スマホはこうして手にしてるし、リュックもあるし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

んん・・・

 

 

 

 

 

あ・・・・

 

 

 

なっ

 

 

 

ぬーーーーーーーーーーん!!!

 

 

 

 

 

気づいた瞬間、泡吹いて倒れそうになりました。

 

 

電車内じゃなかったら、声をあげているところでした。

 

 

いや、もしかしたら小さく声を出していたかもしれません。

 

 

 

 

勘のいい方ならもうお気づきでしょう。

 

 

「私」という人間をよくご存じの方ならもうおかわりでしょう。

 

 

以前にも似たようなことがありましたから。

 

 

 

はい、そこのあなた、正解!!

 

 

 

わたくし、到着した千歳空港で、預けたスーツケースを受け取らずに、電車に乗ってしまいました。

 

 

人間を「しっかりさん」と「うっかりさん」に分けるとしたら

 

 

間違いなく自分は後者であるとは思っていますが

 

 

うっかりにも程がある・・・・

 

 

自分の頭部を外して、「コンコン」とノックして「大丈夫ですか?」と聞きたい衝動に駆られました。

 

 

事情が事情で、急な帰省だったから、気持ちが急いていたと言えば確かにそうですが

 

 

思っていた以上に早い便に乗れたので、千歳に着いた時なんか結構余裕で。

 

 

余裕で、荷物を受け取るベルトコンベアーなんか目にも入らず、出口に直進してたわ・・・

 

 

 

 

電車内で自分の大きな忘れ物に気づいて、しばし放心。

 

 

一泊二日のお通夜・お葬式に出るためだけの帰省だったから、スーツケースの中身はほんとに喪服だけ。

 

 

しかも、娘の使い古したボッロボロのスーツケースで、タイヤは一個取れ、

 

 

持ち手も外れてないし、係員の人に笑われた位のひどい状態。

 

 

中身が入ってなかったらそのまま処分してもらいたいくらいの。

 

 

あのボッロボロのスーツケースが一つポツンとずっとベルトコンベアーの上を回っているところを想像して

 

 

思わず笑いそうになる。

 

 

でも、中身は今一番必要な喪服。

 

 

取りに戻るしか選択肢はなく、札幌で下車してとりあえずさっきの電話に折り返す。

 

 

「あの・・さっきお電話頂いた〇〇ですが・・・あの・・・荷物を受け取るのを忘れて電車に乗ってしまいまして・・」

 

 

電話の相手に、淡々とした調子で「到着ロビーの3番までお越しください」と言われ、ひとり苦笑い。

 

 

また千歳に戻り、荷物を受け取り、再び電車に乗って札幌へ。

 

 

この時点で一気に疲れが押し寄せ、クタクタに。

 

 

せっかく早い便に乗れたのに、結局、旭川に着いたのは夕方。

 

 

実家に立ち寄る時間もなく、駅まで迎えに来てくれた両親と一緒にお通夜の会場へ。

 

 

お寺に向かう間に車の窓から見た北海道らしい景色に

 

 

なんとか無事帰って来れたことをやっと実感した私でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PTAについて。

毎度、時間潰しにたまたま入った本屋さんで思わずこれを買ってしまったMOYでございますriceball

 

2019423143619.jpg中学生の時、仲良かった友達がめちゃめちゃ好きで。

 

もうほんまにめっちゃめちゃ好きで。

 

二人で遊ぶ時、いつも「尾崎の素晴らしさ」を熱く語られた記憶があります。

 

今、思い返すと、私がたのきんとかにワーキャー言うてたのとは全然違って

 

すごく大人な感じで、尾崎を語っていた気がする。

 

私は特にファンとかではなかったけど、そんな私でも没後二十数年たっても

 

思わずこうしてこの本を手に取る位、やっぱり人を惹きつける力を持った人なんでしょう。

 

人にあてて書いた手紙とか書き溜めたノートの内容とか

 

貴重なものもたくさん載っていて読み応えがありました。

 

 

 

さて。

 

今朝のワイドショーでPTAの役員選出についてやってたんですね。

 

ちょっと思ったことを書いてみます。

 

何もPTAの役員に限ったことじゃないですけど

 

一番、感じたのは「大げさやなぁ」と「お互いさま」ということ。

 

今、実際PTAの役員をやってて、実際めっちゃ大変な目にあってる人がこれを読んだら

 

ほんま申し訳ないんですけど、あくまで私の個人的な感想ですので

 

すみませんが、どうか怒らないでください。

 

今朝の番組もそうやけど、今の時代、ほんま情報がありすぎて

 

知らんでもいいこととか、ほんまのことじゃないこととかも目に耳に入ってくるから

 

やりにくいなーと思いますが、こうして番組で特集まで組まれて取り上げられること自体

 

ますます「PTA=大変」というイメージを助長しているように思います。

 

本部の方だったり、実際、学校とかメンバーとかによっては

 

ほんまに大変な思いをされている方もいるとは思うんですけど

 

私としては「そこまで大変じゃないで」って思います。

 

実際、私も子供が小学校の時に二年間だったか会報委員というのをしてたんですが

 

確かに最初、声をかけられた時は正直、

 

「わ~~~~、来た!!とうとう、来た!!」って思いました(笑)

 

昼間は商売もしていたし、「学校の用事で・・・」って出かけるのもなんとなく気がひけたり

 

実際の委員の仕事量がどれだけなのかもよくわからなかったし

 

「やります!」と返事をするまでには数日悩んだと思います。

 

ほとんどのメンバーが仕事を持っていたし、中にはまだ小さい赤ちゃんを連れて来るような人もいたりして

 

みんなでその赤ちゃんをあやしながら、結構、のんびりとした雰囲気で

 

それぞれができる範囲で、無理なくやっていたと思います。

 

二年間やって、不満に思うようなことってほとんどなく、

 

「やって良かったな」っていう気持ちの方が大きいです。

 

根底にあるのは、やっぱり子供がお世話になっている学校で、

 

しかも小学校とかなら6年間も通うわけで

 

何か少しでもお役に立てたら、って気持ちやったと思います。

 

あと、これはよく誘い文句であると思うんですが(笑)

 

「学校のこと、先生のこと、よく知ることができるよ」っていう。

 

ほんまにこれは思います。

 

PTAをしたから、担任以外の先生とも話す機会が増えたりして

 

それはよかったなって思います。

 

何より、自分がPTAの役員をするまでは、正直、「まったく自分には関係ない」位に思ってたんですけど

 

月に一度、委員会全部が集まる会議とかに参加したりして思ったんは

 

会長さんはじめ、本部役員さん、その他委員の皆さんをみて

 

「あぁ、今まで自分はこういう人たちに知らない間にお世話になってたんやなぁ」ということを

 

知れたことが一番大きかったように思います。

 

 

 

ん?

 

 

わたし、めっちゃいいこと書いてる?

 

 

いや、でもほんと、そら「できることならやりたくない」って人がほとんどやと思うし

 

 

それが正直な気持ちやと思うんですけど、

 

 

「案ずるより産むがやすし」

 

 

「きよしの相方はやすし」

 

 

って言葉もあるように、ほんま頭で思うほど大変じゃないですYO!ってことを言いたいです。

 

 

大変なのは、委員の仕事そのものよりも、人間関係だったりするんでしょうね。

 

 

幸いなことに私はメンバーに恵まれて、ほんまにマイペースでやらせてもらって

 

 

人間関係で悩むようなことはなかったので、こんな風に言えるんでしょうけどね。

 

 

私も引き受ける前は「仕事以外でもランチとかいかなあんのかなぁ」とか考えて憂鬱になったりしてましたが

 

 

みんな仕事もあるし、サバサバした人が多かったので、

 

 

ほんまに委員会の仕事がある時だけ集まって、やることやって「ほな!!」って感じだったので楽でした。

 

 

とか言って、私以外のメンバー、ランチ行ってたりして(笑)

 

 

いや、それはそれでいんですけどね。

 

 

子供の学年も違ったりして卒業後に個人的に付き合ってる人っていないですけど

 

 

一緒の時期にPTA役員をしていた人(本部さんとか)は今でも串かつ屋に来てくれたりしてます。

 

 

 

このブログを見て下さってる方の中にも

 

 

「初めて委員になりました~」っていう方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

どうか、肩の力を抜いて、無理をせず、どうせやるなら楽しんで

 

 

気持ちを楽にやってみてください!!

 

 

 

 

ページ上部へ