ホーム>米屋の嫁のひとりごと

米屋の嫁のひとりごと

新米の入荷情報と雑穀入りスープ、そして髪の毛の話。

毎度、「人を変えようと思うな、自分が変われ!」

 

こぶしを握りながらそんな言葉を繰り返しているお米屋の嫁でございますriceball

 

もう80歳にもなる人を変えようなんて無理な話なんでしょうね。

 

 

でも、お願いやし、トレイの戸、閉めてほしいわ。

 

ほんまに頼む、じーじ。

 

なんであと5cm、10cmを最後まで閉めれへんのやろ。

 

 

 

ほぼ毎日、

 

 

「もーーーーっ!!戸、しーーーめーーーーてーーーーー!!」

 

 

って、絶叫してる。

 

これがね、一人暮らしとかやったら全然いいですよ。

 

開けっ放しでしようが、どうぞお好きに。

 

でもね、みんな一緒に暮らしてるわけですから、エチケットってあるでしょ。

 

 

 

ほんで、こんなパターンもあります。

 

 

戸は珍しくきっちきっちり閉まってるんやけど、鍵かけてないパターン。

 

 

今朝、トイレいこー思って、戸開けたら、じーじが便座に座ってて。

 

お互い目、合って

 

 

「あ・・・・」

 

 

ほんで私が「あ、ごめん」言うて。

 

なんで、私が謝らなあかんねん。

 

 

 

「もーーーーー!!鍵、しーーーめーーーーてーーーーー!!」

 

 

これ、もう一緒に暮らしだしてからずっとずっと言い続けてきてるけど

 

全く、直してくれない。

 

 

私が変わらなければならないんですね。

 

 

CHANGE 自分!!

 

 

 

 

さて。

 

久しぶりに晴れた今日でしたが、お昼過ぎからまたどんよりしてきました。

 

あんまり寒いんで、まだ明るい時間ですけどお先に熱燗頂いてます。

 

USOですけどね。

 

でも、気持ち的には熱燗飲みたいくらい寒いです。

 

 

今、髪の毛、伸びてるんですよ。

 

私的にはロングの域です。

 

2017101716349.jpg耳も半分隠れてるし、うなじもだいぶ伸びてきてるわ。

 

寒くなってきたことだし、このまま少しのば伸ばしてみようか・・・とも思ってるんですけど

 

きっと一週間もしたら我慢できずに切ってると思います。

 

どーでもいいですね、米屋の嫁の髪の毛事情なんて。

 

 

今日は毎年この新米の季節にやらせて頂いてる、お米の講習会をしてきました。

 

今年で五回目くらいになるのかなぁ。

 

この講習会の時、毎回最後に、七分づきのおにぎりと雑穀入りのミネストローネを試食してもらうんですが

 

毎回、バカの一つ覚えのように同じスープなので、違うのにしようかな~とか思うんですけど

 

結局、今回もおな同じミネストローネに。

 

これ結構好評なもんで。

 

この講習会は小さい子供さん連れで参加される方がほとんどなので

 

丁度、一歳くらいのモグモグ期?(もうこういうの忘れた)の子供さんが食べるのにぴったりなんです。

 

2017101816659.jpg

今回入れた雑穀は、もち麦、もちきび、もちあわ、胚芽押し麦、はと麦の五種類なんですが

 

もちきびは別名「エッグミレット」と呼ばれるようにタマゴのようなコクがあり

 

とろみもつくので、離乳食に使う雑穀としてもいいと思います。

 

このスープに使った五種類の雑穀のブレンドを参加者の方にお土産としてお渡ししたんですが

 

これを読んで「私も作ってみたい!」という方がいらっしゃったら、

 

お米のご注文の際に「ブログに載っていたスープ用の雑穀」とご注文下さい。

 

これは普段置いている商品ではなく、ご注文頂いてからブレンドするので、前日注文でお願いします。

 

じーじが電話に出た時は「ミネストローネの・・・」とか言っても

 

100%通じないので、「スープの雑穀」「園子さんに言えばわかる」と言ってください(笑)

 

「ミネストローネ」をどんな風に聞き取るか、聞いてみたい気もするけど(性格悪い)

 

レシピも一緒にお渡しします。

 

150g入りで390円(税別)です。

 

もちろん、スープの具だけじゃなく、お米に混ぜて炊いたり、サラダのトッピングにしたり、色々使えます。

 

そうそう、今日、講習会の会場に行ったらそこのスタッフの方が

 

「前にこの講習会に参加してくれた方も上田さんのブログ見てるって言うてはりましたよ」と教えてくれました。

 

真面目な講習会をやる一方で、こんなブログを書いていることを知られて恥ずかしいですが

 

とても嬉しいです!!ありがとうございます!!

 

 

 

 

新米もだいぶ揃ってきて、今日は待ちに待った山形おきたまのつや姫が入荷してきました。

 

20171018162855.jpg

あ、横向き。

 

早速、今日のおにぎりに使います!!

 

 

 

新米の季節、こんなギフトはいかがですか?(突然)

 

20171018163514.jpg

三合入りの詰め合わせギフトです。

 

1500円(税別)

 

※ラベルのデザインは予告なく気まぐれに変わります。

 

2セットより承ります。個数にもよりますが、一週間~十日お時間を頂いています。

 

 

もうすぐ、つや姫が炊き上がります~~~

 

 

わくわく、どっきんどっきん~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

お鍋の季節です。

毎度、昨日はせっかく朝ゆっくり寝ていられる休みだったというのに

 

めっちゃ疲れる夢を見て、寝起きが悪かったお米屋の嫁でございますriceball

 

なんか、私しょっちゅう夢にうなされてる気がする・・・・

 

次女が今週の金曜日から海外に修学旅行に行くんですけど

 

まだ、なーーーーんにも用意をしていなくて、また直前になってバタバタするパターンちゃうん?と

 

気を揉んでいたからか・・・・・

 

 

出発当日に集合時間に間に合わず、空港まで車で送らなくては行けなくなり

 

「もーーーーー、だから言ったやろーーーーーannoyannoyannoy

 

と発狂しながら、不慣れな高速道路をめっちゃ緊張しながら&めっちゃ時間と戦いながら

 

手汗脇汗びっしょりで運転する、という夢を見ました・・・・・

 

たぶん、寝ながら眉間にシワいってたわ。

 

 

ほんっま疲れた・・・・

 

無事に間に合ったかどうかは不明。

 

現実になりそうやから怖いわ。

 

 

 

 

さて。

 

 

今日も雨ですね。明日もあさっても雨マークで、梅雨?って感じですが

 

気温も下がって、寒いです。

 

そんな日は鍋です。

 

鍋にしといたら間違いありません。

 

昨日はお休みで、完全に「ゆっくり食べて、ゆっくり飲む」気満々だったので

 

朝から「もう、今日はお鍋だ!」と決めていました。

 

お鍋やったら材料切るだけやし、ほんま気も楽。

 

 

でも、結局、外出中の娘から「今日の晩御飯、何?」とLINEがきて

 

「お鍋」と答えたら、案の定

 

「え~~~~~~~!!グラタン、食べたい!!」と。

 

いつもやったら、そのままお鍋で押し通すところですが

 

最近、娘のリクエストに応えてやれてなかったので、母親心が少々痛み

 

仕方なく雨の中、また買い物に出かけグラタンの材料を買いました。

 

まぁ、子供はお鍋で「やったーーーーー!!」とはあんまならんわね。

 

結局、お鍋とグラタン、という変な組み合わせになりました。

 

 

 

で、「お鍋」と聞くと蘇る記憶がありまして。

 

 

それはまだ私たち夫婦が結婚してすぐの頃のこと。

 

たぶん、初めて家でお鍋をした時やったと思うんですが、

 

私がお鍋の材料を用意しているところに夫がやってきて、材料が並んだお皿を見て言ったんですね。

 

 

「白菜は巻かないの?」

 

 

 

そん時の私の気持ち。

 

↓↓↓↓↓

 

「What?」

 

 

白菜は巻かないの?

 

いや、これに対する答え、「What?」以外に思いつかん位、「What?」やったわ。

 

白菜巻くって・・・・・

 

あの、たまに外でお鍋料理食べた時とかに、すでに茹でた白菜がロール状になってるやつ?

 

 

あんなん、家でする??

 

人でも招いて鍋パーティーするっていうなら、ちょっとカッコつけてするかもしれんけど(それでもせんけど)

 

家で二人でお鍋するのに、わざわざ白菜、茹でて、巻く?

 

しいたけに飾り包丁いれたり位はするけど、白菜、巻く?

 

彩りに花型に抜いた人参くらい散らしたとしても、いや、白菜、巻く??

 

 

とか、きっと一瞬色々感じたはずやろうけど

 

あの頃、まだ素直やった私は、残ってた白菜を茹でて、巻いたわ(従順か)

 

今、おんなじこと言われたら

 

 

 

「は?」

 

 

の、一言で済ますわ。

 

 

「いや、どーせ茹でるやん!」とも言うわ。

 

年月は嫁を強くさせますね。

 

しかし、ほんまこの「白菜、巻かないの?」には、ほんまちょっとびっくりしたわ。

 

そやし、二十何年たった今でも覚えてるんやと思う。

 

さっきのことは忘れるのに。

 

夫のお母さんが、いつも白菜を茹でてたってわけでもなさそうやし(そんなの見たことないし)

 

いったい、なんやったんやろ。

 

夫の中では、「新婚さんのお鍋の白菜は巻いてある」のが理想やったんやろか。

 

お鍋をするときに、白菜を茹でてロールにしたのは、この時が最初で最後やったわ。

 

 

 

 

東京の娘から送られてきた、今日のブランチの画像。

 

20171016171735.jpg今、京都のお友達が東京に遊びに行ってるんですけど、

 

二人で食べた今日のブランチだそうです。

 

おしゃれですね~

 

 

相対する、我が家の今日の昼ごはんです

 

↓↓↓↓↓

 

20171016171911.jpg昨日の鍋の残りに、うどんをぶちこんでみました。

 

まさに今、流行りのインスタ映えですね~

 

 

どこがやねん!!

 

 

さ、突っ込みもキレイに決まったところで、さよ~なら~

 

 

悩み相談。

毎度、まばたきがゆっくりだと可愛くみえると知ったお米屋の嫁でございますriceball

 

あ、私が、っていう意味じゃないですYO!(笑)

 

 

この間、買い物に行ってレジで並んでいたら、私の前の前にいた女性が(三十代くらい?)

 

すんごいゆっくりまばたきをする人で。

 

ただでさえ可愛らしい顔立ちの上に、口角があがってて、優しい笑みをたたえた上に

 

めっちゃまばたきがゆっくりで、お人形さんかと思った。

 

あの昔あったじゃないですか、寝かせたら目閉じて、起こしたら目開ける人形。

 

あんな感じ。

 

 

 

私、たぶん惹きつけられてガン見してた思う。

 

まばたきをゆっくりするだけで、こんなに、なんていうか、優しい雰囲気っていうか

 

おっとりした、女性らしい感じを醸しだせるんだ・・・・・って。

 

 

で、その後ですね、もちろん私のことですからお店を出てから真似してやってみたんですけど

 

まばたきにイチイチ意識集中させるなんて、めんどくさいことこの上なくて、車に辿り着くまでの数秒で終わったわ。

 

でも、思い出したら時々やってるかもしれないので、気をつけて見てみてください。

 

きっと私がゆっくりまばたきしてたら、かわいく見えるどころか

 

「どしたん?目、おかしいん?」って言われるだけや思うけど。

 

 

皆さんも、一回、試してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・って、早速、今やってみた貴方!!

 

なんて、素直!!

 

 

そういうアナタ、大好きheart01

 

 

 

さて。

 

 

悩み相談。

 

 

私も人の悩みを聞いたり、もちろん自分の悩みを聞いてもらったり

 

そういうことはしょっちゅうありますが

 

その相手が自分にとって大切な人であればあるほど、真剣に考えますが

 

真剣に考えれば考えるほど、適当なことなんて言えないし

 

行きつくところ、「その人の気持ちはその人にしかわからないし・・・」ってなって

 

結局、大したことも言えず終わるパターンがほどんどです。

 

あと、悩みって、悩んでも仕方ないこと、自分ではどうしようもできない事の方が多くて

 

だから、悩むんだと思うんですけど

 

そんな時はただ、「うん、うん」ってじっくり話を聞いてもらえるだけで、スッキリしますよね。

 

でも、私はそれができなくて、つい話の腰を折ったり

 

途中で口を挟んでしまったりして、人の話をゆっくり聞くということができません。

 

いいアドバイスなんてできなくても、せめて人の話をちゃんと聞ける人間になりたいものです。

 

 

 

そんな私の今の一番の悩みは、

 

 

「明日の休みは何しよー」

 

 

です。

 

 

 

幸せか。

 

 

毎度、久しぶりにポテサラを作ったお米屋の嫁でございますriceball

 

ポテサラってなんやかんや手間いるじゃないですか。

 

ゆで卵作ったり、キュウリ塩もみしたり、玉ねぎ水にさらしたり、らじばんだり。

 

だけど、ごはんのおかずにはならないし、作る時はちょっと気合が必要。

 

今日のポテサラの具は、ゆで卵、きゅうり、人参、ハム、玉ねぎ。

 

20171011162058.jpgどうせなら出来上がりを載せろ。

 

特に隠し味とかってないんですけど、気まぐれでコンソメふったり、お醤油たらしたり。

 

「うちのポテサラのこだわりは〇〇です!」っていうのがある方、

 

是非、電報で知らせてください!!

 

 

 

さて。

 

 

「食欲の秋」って言いますけど、私、病気かもしれん。

 

今も、焼いてない食パンにバター風味のマーガリンをたっぷり塗って食べてます!

 

もうすでに晩御飯は食べたんですよ。

 

今日は串かつ屋、出勤日ではないんですが、もし出動要請がかかった時のために

 

いつもとりあえずは軽く食べるんですね。

 

そして、8時近くになって「もう今日は呼ばれへんな」ってなったら、もう一回食べるんです。

 

だから、すでに晩御飯を二回食べてるんですね。

 

さらに、食パンを食べてるんですね。

 

しかも日本酒を飲みながら。

 

なんでもアリか。

 

 

これ、何ていう病名やろ。

 

 

特に今日は朝からずっと口を動かしてる。

 

 

今、実家の兄が京都に来てて、昨日、串かつ屋に来てくれたんですが、

 

明らかにこっちに来てから買ったであろうお土産、「赤福」を持ってきてくれて

 

それを朝から、ちょびちょび、ちょびちょび食べてました。

 

あと、新米の試食シーズンなので、冷ごはんが山盛りあって、それに味付けのりを巻いて食べるっていう

 

もはや、おやつではなく主食なんですけど、それを三十分に一回くらい繰り返して

 

お昼ごはんも普通に食べて、昼からもテーブルの上にあるお菓子をボリボリ(合間に冷ごはん)

 

 

 

本当に食欲の秋ってあるんですね。

 

 

本題とズレたので仕切り直します。

 

 

さて。

 

 

自分と同じ境遇の人ってどんな日常なんやろ~って興味があって

 

前に「米、嫁」とか「米屋、嫁」とかで検索してみたことがあるんですけど

 

 

その時に驚きのことわざにヒットしたのでご紹介しますね。

 

 

「夏米 嫁に炊かせ」

 

なつごめ よめにたかせ

 

 

ご丁寧に英訳まで載っていました。

 

Do let a bride boil the summer rice.

 

暑い夏に米を炊くのは大変なことから、嫌な仕事や辛いことは嫁にやらせろ、の意。

 

 

 

すごいですね。

 

「嫁に炊かせろ」とか「嫁に炊かせよ」じゃなくて

 

「炊かせ」で終わってるとこも、なんかすごい。笑

 

 

 

こんなのもありました。

 

 

「夏蛸 嫁に食わすな」

 

なつだこ よめにくわすな

 

 

Do not  let a bride eat the summer octopus.

 

夏の蛸は非常に美味しいことから、旬の美味しいものは嫁に食わすな、の意。

 

 

ひどい。

 

嫁は辛い仕事をして、美味しいものも食べられないんですね。

 

 

 

かと思ったら、こんなのも。

 

 

「夏肥 嫁にも嗅がすな」

 

なつごえ よめにもかがすな

 

 

夏の肥料はあまりにも臭いので、嫁にも嗅がすな、と言うことから

嫌な仕事は嫁にさせるな、という嫁びいきのことわざ。

 

 

ええ姑さんもいはるやん。

 

 

他にも色々、食わすな、とか、食べさせろ、とか

言葉は違っても同じ意味合いのことわざがいっぱいありました。

 

 

最後に、一番印象に残ったことわざを紹介します。

 

 

「姑の気に入る嫁は世が早い」

 

 

姑が気に入る位、毎日気を遣っていては、とても長生きなどできない位、苦労する、の意。

 

 

 

あたしやん。

 

 

長生きするためには、嫌われる位で丁度いい、ってことやわ。

 

 

さんまの炊き込みご飯を作ったYO!YEAH!

毎度、数日前に強打した膝が青じんできたお米屋の嫁でございますriceball

 

「青じむ」は関西弁ですかね。

 

ちなみに私の故郷、北海道では「青たん」と言います(これ多分、前も書いた)

 

ほんまに膝から下、痣だらけやわ。

 

膝から下、で思い出しましたけど、私、膝から下がきれいやったらいくらでもミニスカート履きたい派なんですけど

 

もう、ほんまにきったないんですよ。

 

蚊に刺されたあとめっちゃ掻いて痕が残ってしまってたり

 

記憶にない青じみがあったり。

 

先日、次女と買い物に行った時に、皮のミニスカートが欲しくて(合皮ですYO)

 

試着してみたんですけど、もう、痛々しかったです。色んな意味で(笑)

 

素足に履いたし余計に・・・・・

 

膝とか肘とかって、めっちゃ年齢出ますよね。

 

もう、膝のたるみが・・・・・・

 

両足にキュッて力入れたら、マシなんやけど、力抜いてだるーんってしたら、膝が・・・・

 

でも、これからの季節はタイツ履いたりできるんで、ミニスカートもガンガン履いて行こうと思います!!(なんの宣言)

 

 

 

 

あ、それから本題に入る前に、この間、お客さんから思わぬ人が私のブログを読んでくれていると聞き

 

とてもびっくり&嬉しい&照れ臭かったです。

 

たっまーに道でお会いしても、軽く会釈をする位で、あっさり通り過ぎるのに(笑)

 

私のことなんて何も知らないと思っている方が、このブログを読んで

 

私の日々の浮き沈みやアホな脳内を知っていると思うと・・・・・・・

 

 

 

Sさん、ありがとうございます!

 

今度、お店に行きますね(笑)

 

 

 

さて。

 

 

今日は土鍋でさんまの炊き込みごはんをしました。

 

20171082391.jpg

今年もさんまは不漁だそうで、確かに売ってるさんまも小さいですよね。

 

 

ざっくりした作り方を一応書きます。

 

<材料>お米三合、人参、おあげさん、糸こんにゃく、ゴボウ等、お好みの具を切って用意、刻んだネギ

調味料(やっぱり創味のつゆでしょ、みりん、酒)、さんま一尾、頭を切って内蔵だして半分に切って焼いておく

 

<作り方>1、お米は研いで30分~1時間浸水させておく(調味料が入る分、水は控えめに)

2、土鍋に浸水させたお米、調味料、野菜等の具を入れて、最後に焼いたさんまを乗せる。

3、最初は中火で、20分ほどで蒸気が勢いよく出てきたら、火を小さくして5、6分、あとは火を止めて10分蒸らす。

4、炊き上がったら、さんまの骨をとり、ごはんと混ぜてネギを散らして完成です!!

 

めっちゃざっくりで、すいません。

調味料の量とか適当にお願いします。

土鍋の火加減、炊く時間も、その辺は適当にお願いします。

多少、炊きすぎてもおこげが多めにできるだけなんで、失敗ではありません。

 

もちろん炊飯器でもできますけど、最近流行りのインスタ映えを狙うなら、断然土鍋でしょう(笑)

 

 

*****************************************

 

 

 

夜の11時過ぎです。

 

 

串かつ屋から帰宅して、さんまの炊き込みごはんを三膳も食べてしましましたーーーーーー!!!

 

こんな時間から、満腹になってしまった・・・

 

実は今日のこのブログは串かつ屋出勤前にアップする予定だったんですが、

 

なんと、土鍋でごはんを炊いている時に串かつ屋から予定より早く出動要請がかかり

 

えーーー!土鍋でごはん炊いてんのにーーーー!!どーしょーーーー

 

って、なり

 

仕方なく、次女に後を託しました。

 

「もうちょっとしたらこっから蒸気出るし、そしたら火、弱めて。ほんで、5、6分したら火、止めて。

 

ほんで10分そのまま蒸らして。蓋あけたら、とりあえず一枚写真撮って(ブログ用)

 

ほんでサンマを取り出して、骨取ってから、ごはんと混ぜて、あ、そん時にネギも混ぜてな

 

そこでまた写真撮って(ブログ用)」と。

 

 

次女、ケータイに気を取られ、ちょっと炊き過ぎたようで、おこげが多くできてましたが

 

まぁ、それなりに炊けていました。

 

 

2017108232333.jpg画像見て思いましたけど、さんま一尾じゃ少ないですね。

 

二尾くらいでやって下さい。

 

でも、美味しかったです。

 

もう一膳、食べよっかなぁ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋へwith母<番外編>

毎度、じーじに頼まれて店用に小さい電気ストーブを出したお米屋の嫁でございますriceball

 

確かに今日は寒いけど。

 

ちょっと早くはないですかい?

 

寒がりのじーじ、梅雨時でも店番してるときはストーブつけたりすることもあるので

 

ほんまにさすがにもう使わんやろ?っていう位に暑くなるまで出しっぱなしやから

 

なんかついこの間、片づけた気がするけど、また出した。

 

もう一年中出しっぱなしでもええか、って思うわ。

 

 

 

さて。

 

名古屋の番外編です。

 

母といるとその発言、行動に笑ってしまうことは多いのですが

 

今回、一番笑ったことを書きます。

 

それは徳川美術館で、展示品を見て回った後に、館内の喫茶店に入ったときのこと。

 

 

コーヒーカップを置いた母が急に言った。

 

 

 

 

「ざわちんって何歳?」

 

 

 

ざ、ざわちん?

 

 

 

ざわちんって、アノ?

 

急にざわちんの話題になったのにも驚いたけど、

 

何よりも母が「ざわちん」を知っていることに驚いた。

 

 

私 「え?ざ、ざわちん??何歳かって??」

 

母 「うん、ざわちんさ」

 

私 「え?ざわちんって。何、急に。どしたん?」

 

母 「え?あんたの友達でしょ」

 

 

 

 

あーーー、「あきちん」な。

 

 

 

母 「あー、あきちんか」

 

 

私の友人、「あきちん」のことを聞いたつもりだったようです。

 

その直前まで「あきちん」の話でもしてたんなら、私もわかるけど、急やったからほんま「はぁ?」ってなったわ。

 

 

 

さらに。

 

 

私 「それにしても、ざわちんなんてよく知ってるね」

 

 

母 「ざわちんって誰?」

 

 

知らんかったーーーーー!!!

 

 

単なる「ちん」繋がり(笑)

 

ちん繋がりて。

 

きっとどこかで耳にしたことのある「ざわちん」が口から出てきたんやろな。

 

 

 

 

あー、笑ったわー。

 

 

 

そうそう、もひとつ、ハプニングが。

 

美術館を後にして、名古屋駅まで戻って、晩御飯を食べました。

 

そして、二人で京都に帰ることになり、販売機で新幹線の切符を買ったんですが

 

母が「トイレに行きたいから、ちょっと時間に余裕見て買って」というので

 

20分ほど先の新幹線の指定席券を購入。

 

二人で改札に向かってる途中で、急に、ほんまに急に思い出した!!

 

 

 

私 「荷物!!」

 

 

母 「WOW!!」

 

 

そう、朝、コインロッカーに預けた母のキャリーの存在をすっかり忘れておりました。

 

コインロッカーは結構離れた場所。

 

母に「ここに居といて!!」と言って、私猛ダッシュ!!

 

めっちゃ方向音痴なのに、この時だけは奇跡的に迷わず辿り着けた。

 

そんで、荷物を出すのもカギやなくて、

 

レシートのQRコードを画面に読み込ませて支払うみたいなやつやって

 

一瞬、「は?」ってなったけど、なんとかクリア。

 

いっそいで荷物出して、いっそいで母の元へ。

 

 

新幹線、何とか間にあって乗れたわ。

 

 

また思い出が増えました。

 

 

 

 

 

 

名古屋へwith母その③

毎度、午前中に両ひざを強打したお米屋の嫁でございますriceball

 

今日は電話が多い日で、じーじは外出、夫は配達で

 

お店には私一人だったので、仕込みをしながら

 

電話応対をしていたんですが・・・・

 

 

何度目かの電話で、右手に串を7、8本

 

左手に電話の子機を持ったまま、家の中からお店に出ようとしたその時!

 

家からお店に出るところにある段差でけつまづいて

 

思いっきり前のめりに転倒、そして両膝を強打。

 

瞬間、

 

「あ、お皿割れたーーーーーーー」

 

って思ったくらいのすんごい勢いで両膝を打ちました。

 

そんな転び方をしたので、手にしていた子機は放り投げられ

 

お客さんには私の絶叫が届いてしまう始末。

 

四つん這いで慌てて子機を拾い上げ「すみませんっ!!」と言うと

 

「だ、大丈夫ですか?どうしたんですか!!」

 

「だ、だいじょうぶ・・・です・・・・転びました・・・・ははは」

 

 

立ち上がれなくて、座ったままでご注文をお聞きしました。

 

 

右手に持っていた串が顔面に刺さらなかったことだけが救い。

 

お皿は割れてないみたいやけど、ほんまに今も痛い。

 

それにしても我ながらダイナミックな転倒劇やったわ。

 

 

 

さて。

 

 

前置きだけでもまたまたロングになりましたが、名古屋の続きです。

 

 

えーっと、どこまで書きましたっけ?

 

 

あ、そうそう、お蕎麦屋さんで母のスカートがべローンなったとこまででしたね。

 

 

お店の方に「徳川美術館はここからどのくらいですか?」と聞くと

 

「歩いて15分くらいですね」との返事。

 

「15分」と聞いただけで、母の顔がげんなり。

 

「タクシー乗ろ!」

 

 

 

でも、広い通りに車はまばらで、タクシーなんて全然通らない。

 

タクシーを探しつつ、とりあえず美術館の方向へ歩き出す。

 

201710614539.jpgいつもの歩調で歩いてて、「はっ」って気づいたら母がこんな遠くに・・・・

 

しばらく歩くと「美術館まで700メートル」の表示、

 

「700やて。ゆっくり頑張って歩こ」と私がいうと、母、仕方なく頷く。

 

またしばらく歩いたところで、「美術館まで500メートル」の表示、

 

それを見て母が「えーーーー!こんなに歩いたのに、まだごひゃくぅ~?」と一気に心折れた模様。

 

20171061478.jpg完全、ストライキ。

 

201710614743.jpg「もう、やだ・・・歩きたくない」

 

駄々っ子か。

 

 

そして、驚きの提案をしてくる。

 

 

 

「ヒッチハイクしよう!!」

 

 

 

いや、嘘でしょ?

 

「絶対、だれか乗せてくれるって!1000円くらい渡したら」

 

 

そして、ほんまに車を停めようと動き出したので、慌てて制止。

 

「もうちょっとやし、がんばろ」

 

 

母も歩けなくなったなぁ・・・・

 

私なんかより元気な位だったから、つい、いつまでも元気って思ってたけど

 

考えたら75歳やもん、そら、歩くのも遅くなるわ。

 

いつまでも元気なんてことはあり得ないのよね。

 

でも、なんかそれを認めたくない自分もいて、優しくするより

 

お尻を叩く、みたいな感じで、なんとか美術館に到着。

 

 

とりあえず入り口にあったパネルで、ハイ、チーズcamera

 

201710614168.jpg2017106141656.pngかわいい(笑)

 

美術館はとても見ごたえがありました。

 

豪華なお嫁入道具や、今でいうメイク道具一式とか

 

徳川なんちゃらが幼少期に書いた絵や手紙

 

歴史にはさほど興味のない私でも、楽しく見て回ることができました。

 

 

それにしても、この時代の職人さんってすごいですね。

 

ほんまに手仕事ですもんね。

 

見る価値アリ!の美術館でした。

 

 

美術館をみた後は、隣の庭園へ。

 

広くて立派なお庭でした。

 

2017106142410.jpg「鯉と戯れる母」

 

鯉のえさが売り切れだったのが、残念。

 

 

 

 

お天気にも恵まれて、思い出に残るいい一日になりました。

2017106142523.jpgまた、どこかに行こうね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋へwith母その②

毎度、着る服がないお米屋の嫁でございますriceball

 

 

毎年のことやけど、この時期ってほんま着る服ない。

 

 

この時期に限らずやけど。

 

 

みんな何着てるん?

 

 

この間も「今日は服を買う!!」って決めて買い物に行ったのに

 

 

結局、買ったの白のロンT一枚。しかも無地。

 

 

もう、最近、何を買ったらいいか、何を着たらいいかわかりません。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

名古屋のつづきです。

 

 

コインロッカーに制服隠した後は(※)

 

※小泉今日子「魔女」より

 

ちゃうわ、荷物を預けた後は、一時間ほどお茶して、母、元気復活!

 

 

 

名古屋港水族館へGO-!!

 

 

母が水族館好きっていうのも知らんかったけど、実は私も好き。

 

なんかずーっと見ていられる。

 

三日も四日もは無理やけど。

 

 

 

電車を乗り継いで、30分程で名古屋港水族館に到着~~~~

 

駅から水族館に行くまでの、ちょっとひなびた感じがよかったわ。

 

 

入ってすぐに「ベルーガ」って表示があって、私が「ベルーガ?」って言ったら

 

母が「あー、白イルカのことね」って。

 

2017103161652.jpgほんまやった。母、さすが(え?みんな普通に知ってる?)

 

2017103161750.jpg見ても楽しい、食べても美味しいクエ。

 

 

母の感想、

 

 

「受け口だね~~~~」

 

 

 

確かに。笑

 

 

201710316215.jpgクラゲ。

 

2017103162151.jpgチョウチンアンコウ。

 

標本だけど。

 

2017103162236.jpgとにかくどの水槽見ても、楽しかった。

 

母は、

 

「フライにしたら美味しそうだねー」とか

 

「何、考えてんだろうねーーーー」とか

 

一つ一つの水槽の前で感想を言っていました。

 

ほんまに水族館が好きみたいで、水槽を覗きながら手が乙女になってました。

 

2017104185727.jpg2017104193034.jpg「イワシの群れと母」

 

あ、ごめん、目つぶってた。

 

 

「水族館ってどうしてこんなに飽きないんだろうねぇ」と私が言うと

 

母が言いました。

 

「それはね、やっぱり地上の動物って、ほら、目にすることあるじゃない?地上だから。

 

でも、海の中ってやっぱりなかなか見れないし、そこがなんていうか・・・人は惹かれるんじゃない?

 

お母さんは泳げないから、特に」

 

母なりの分析。

 

いや、地上の動物だって、犬や猫はいても、その他の動物はやっぱり動物園に行かなきゃ見れないけどね

 

って思いながら、聞いていました。

 

そして大きな水槽を前にこんなことも。

 

「ねぇ、園子、スキューバダイビングやってみない?」

 

海への憧れが強いらしい。

 

2017104185814.jpgシャチのトレーニングを見学。

 

しかし、どうやってこんな動物が芸を覚えるんだろうと不思議でならない。

 

母は「シャチはどうもうで、クジラも食べたりするんだよ」と教えてくれた。

 

水族館好きだけあって、ちょこちょこ豆知識を挟んでくる。

 

 

 

イルカショーの時間です。

 

2017104192342.jpgイルカのジャンプ、なんか感動して泣きそうやったわ。

 

母のテンションも最高潮。

 

2017104192510.jpg2017104192538.jpg「わ~~~~、すごい、すごい!!」

 

「回ってるーーーーー!!!」(イルカが)

 

「濡れてるーーーーーー!!!」(お客さんが水しぶきで)

 

見たまんまを口にする75歳。

 

はしゃぎ過ぎて、前の席の子供が振り返るほど。笑

 

母、ふと周りを見渡し

 

「どうして、みんなこんな静かに見ていられるの?」

 

 

母の盛り上がり方は結構なものでした。

 

 

 

水族館を満喫した後は、徳川美術館へ行くことに。

 

その前に二人ともお腹がペコペコだったので、お昼ごはんを食べようと、お蕎麦屋さんに入りました。

 

注文をした後に、両隣の人が味噌煮込みうどんみたいのを食べているのに気づいた母は

 

「わぁ~ん、お母さんもあれにしたら良かった・・・・」と非常に悔やんでいました。

 

「しかも、期間限定。しかも、今日から始まったんだよ・・・・あれにしたら良かった・・・・・」

 

食欲も旺盛で何よりです。

 

 

お蕎麦を食べてお腹も満たされ、お店を出ようとしたその時、

 

すんごい勢いで店員さんが

 

「お客様っ!お客様っっ!!」

 

って駆け寄ってきたので、何事かと思ったら、直前にトイレに行った母のスカートが

 

べローンとめくれあがっていたようです(笑)

 

色々とネタを提供してくれて有難い。

 

 

 

 

「あんた、なんでもかんでもブログに書くんじゃないよ」って言われましたけど

 

書いちゃいましたYO!!

 

 

 

その③へつづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋へwith母その①

毎度、朝からバームクヘンを食べてしまったお米屋の嫁でございますriceball

 

 

 

ちょっとだけ、

 

 

 

ちょっとだけ、

 

 

 

あとちょっとだけ、

 

 

 

って少しずつカットしながら、何回も食べて結局結構な量を食べてしもた。

 

 

 

バームクーヘンあるある、ですね。

 

 

 

 

さて。

 

 

この間の日曜日、実家の母と名古屋に行ってきました。

 

 

お寺の用事で京都に来る前に、「名古屋の水族館を見たい」と。

 

 

じゃあ、行こう!!となり、母は名古屋に前泊、私は日曜の朝、新幹線で名古屋へ。

 

 

レイニー女の私にはめっちゃ珍しく秋晴れのいいお天気。

 

 

30分ちょっとで名古屋に到着~bullettrain

 

 

駅で母と待ち合わせ、となったものの、

 

 

お互い知らない土地での待ち合わせだから、果たしてちゃんと落ち合えるのか・・・・

 

 

駅構内で待っていると、母から電話。

 

 

「今、ホテルからタクシー乗ったから!桜通りの交番で!!」

 

 

 

桜通りの交番??

 

 

どこやねん。

 

 

慌てて近くにいたガードマンらしき人に尋ねると、親切に教えてくれはった。

 

 

小走りで桜通りの交番へ向かう。

 

 

待つこと数分、ニコニコした母がやってきた。

 

 

元気そうで一安心。

 

 

とりあえず母のキャリーをコインロッカーに預けようってなったんやけど

 

 

空いてるロッカー見つけても、ビミョーに小さくて母の荷物入らず。

 

 

二か所回ってダメで、三か所に向かう途中で、母、すでに疲労の色(笑)

 

 

ちょっとー、まだ始まったばかりですよーーーー

 

 

三か所目でやっと空いてるロッカー見つけたんやけど、これまた複雑で。

 

 

イマドキのロッカーはカギではないのね。

 

 

なんかタッチパネルで操作して、お金払って出てきたレシートがカギがわり、みたいな。

 

 

こんなん、私でも一瞬戸惑ったのに、母一人やったら絶対預けられへんわ。

 

 

ほんま何でもかんでもタッチパネルにするのやめて欲しい。by昭和人間

 

 

 

無事、荷物も預けられて、さぁ出発!!って母を見たら・・・・

 

 

「ちょっと、お茶飲も」って。

 

 

6月に東京に行った時もそうやったけど、どんだけ喫茶店に入ったか。

 

 

もう、お腹たっぷんたぷんやったわ。

 

 

思うんですけど、こんだけ高齢化社会なんですから、もっとイスを置いてほしいわ。

 

 

休憩するたびに喫茶店入って、お金使って、お腹たっぷんたぷんになるもん。

 

 

私が国会議員になったら、公約に掲げるわ。

 

 

「街中にイスを!!」って。

 

 

これ、結構高齢者の支持集めると思う。

 

 

で、当選したら新しく党を立ち上げるわ。

 

 

「more chair 」(もっとイスを)党。笑

 

 

ただイスを置くだけじゃあかんから、一応、有料やねん。

 

 

喫茶店に入ってお茶飲むよりは安く済んで、100円、200円でちょっと休憩できるイス。

 

 

で、時間になったら電気が流れる仕組み。

 

 

 

 

誰が座んねん。

 

 

 

まぁ、とにかく出発前にまず休憩。

 

 

2017103144215.jpg駅構内のカフェに入り、お茶休憩。

 

 

気づいたら一時間くらい、しゃべり倒してた(笑)

 

 

北海道と京都から、名古屋にお茶しに来たんかい。

 

 

その②へつづく・・・・

 

 

 

 

 

 

女子力

毎度、心当たりのない筋肉痛で太ももの内側が痛いお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日から痛いんですけどね

 

いくら記憶を辿ってみても、原因がわからない。

 

ここ数日、そんなチャリも乗ってないし・・・・

 

なんやろ、なんでこんな痛いんやろ。

 

めっちゃ気になる。

 

夢遊病で、スクワットでもしてたんかな。

 

うん、そういうことにしとこ。

 

 

 

 

さて。

 

 

えらいこっちゃ。

 

 

9月が今日で終わりまっせーーーーーーーー!!

 

9月のカレンダーめくるの遅かったから、10月は早めにめくろうと思って

 

もう朝の内に10月にしといたわ。

 

10月は仕事関係も私生活でも結構予定が入ってて、すでに色々書きこんであるんですが

 

それ見ただけで、なんか・・・・・

 

 

わかります?

 

 

不安に襲われるっていうか(笑)

 

ちゃんと私、10月、乗り切れるんかな・・・って。

 

やっぱりカレンダー、めくらんかったら良かった(いや、どうせ明日にはめくる)

 

 

そして、結構予定が入ってて忙しい月やから、9月以上に早く過ぎるんやろな。

 

そしたら、すぐに11月で、えーーーー!!言うてたら

 

もう、お雑煮食べてるんやわ、きっと。

 

ほんで気づいたら、桜咲いて、すぐ散って

 

あー、新緑が目に優しーーーって言うてたら、

 

梅雨になって洗濯物臭いわーー言うて

 

そうこうしてる内に、ピッカーンって真夏きて、暑い暑い言うて

 

でも、気づいたら「朝晩、涼しなりましたね~」って挨拶とかして

 

そしたら、もうまたすぐに年末きて、気づいたらお雑煮食べてるんやわ。

 

 

 

さて(二回目)

 

 

女子力。

 

 

先日、女子力の高い私の友人がこんなものをくれました。

 

誕生日でもなんでもないのに。

 

2017930141619.jpg友人が自分でも愛用しているヘアオイル。

 

私の頭部を見つめ「あんな、パッサパサはあかんで!」

 

「ほんまにパッサパサはあかんねん」

 

「もうな、髪の毛のツヤって大事やねん、パッサパサはあかん」

 

 

どんだけ、私、パッサパサやねんっていう位、連呼されたわ。

 

いや、わかってる。

 

私の髪の毛がパッサパサってことは。

 

自分でもヘアオイルとか買ったことあるんやけど、毎日の習慣にはなかなかならなくて

 

たまに、思い出したように使う位で。

 

確かに友人の髪の毛はいつもツヤがある。

 

私も美容とかに興味がないわけじゃない。

 

人並みに関心もあるし、一応、気を使ってるつもりではいるんやけど

 

パッサパサの髪の毛でいるようではあかんわ。

 

そう思いまして、ちゃんともらったヘアオイル、毎日使ってます。

 

確かにいいわ。

 

女子力の高い友人がいると、チェックが厳しいけど

 

こうやって言うてくれる人がいるのは有難い。

 

毎日の習慣にします!!

 

 

 

 

 

ページ上部へ