ホーム>米屋の嫁のひとりごと

米屋の嫁のひとりごと

兄と。

毎度、買い物したものをそっくりそのままお店に忘れてきたお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日のことなんですけどね。

 

朝の買い出しで、スーパーを二軒回ったんですけど

 

二軒目のお店に入った途端、

 

「?」って。

 

あれ?リュック、軽っ!てなって。

 

 

一軒目で大根とかキャベツとか結構重たいもの買ったはずやのに。

 

 

ハイ、全て忘れてきましたYO!

 

師走あるあるですね(どこがや)

 

 

言い訳をさせてください。

 

忘れてきてしまった要因は二つ。

 

一つはレジのお姉さんが「置いときますねー」って言って、商品の入ったかごを

 

商品を詰める台(あの場所の名称なんて言うん?)まで運んでくれたこと。

 

気になるし調べました。

 

サッカー台というらしいです。

 

二つ目は、その直後、サッカー台に向かうまでの間にうちのお客さんに会い、

 

お米の注文を受けたことです。

 

出先で注文を受けると忘れる可能性が大なので

 

手にメモを書きながら、そのままお店を出てしまったわけです。

 

前にも一回同じことしたんですけど、

 

その時とレジのお姉さんが一緒で、

 

「この人、大丈夫かなぁ?」って絶対思われてるわ。

 

 

 

さて。

 

 

兄が仕事でこっちに来ています。

 

一回くらいごはんを食べようということで待ち合わせ。

 

待ち合わせたのは久々、リド飲食街の「じじばば」さん。

 

20171213161037.jpg相変わらずいい雰囲気のリド。

 

数年ぶりやわ。

 

考えてみたら最後にここに来たのも兄と一緒で。

 

ほんで、店のカウンターで兄に泣かされたっていう楽しい思い出のある店です。笑

 

兄も私も酔うてたんやけど

 

私の愚痴を言うてたら、途中から雲行きが怪しくなりだし

 

「お前、その愚痴から何が生まれるのよ?」とか言われて

 

愚痴から何が生まれる言われても・・・・って感じでチーンってなって

 

気がついたら、号泣してたわ、私。

 

 

 

こんなオトナになっても兄に泣かされるとはね。

 

ちっさい頃は、よく納骨堂に閉じ込められて泣かされたわ。

 

そんな妹思いの兄がコチラです。

 

20171213161637.jpg考えてみたら、私のことを「お前」と呼ぶのは兄一人。

 

だから何?って話ですけど。

 

「ネタにするから、カッコいい顔して」ってお願いして撮ったんやけど、これ精一杯なんやろか。

 

なんせ、兄、この時38度台の高熱。笑

 

すまんね、付き合ってくれて。

 

寒いので、二人とも燗酒を注文。

 

20171213162012.jpgチロリでじっくり燗されたお酒はやっぱり美味しいなぁ~

 

熱があり、食欲が全くないという兄でしたが、何品か注文。

 

20171213162258.jpgすじのチリソース煮込みと自家製ぬか漬け。

 

20171213162344.jpg注文してからカットしてくれるハム(注文してないけど)

 

 

よほどしんどかったのか、兄は途中で帰っていきました。

 

私は一人残り、チビチビ。

 

なんやかんや言うても、こうして兄弟で飲めるってのはいいもんです。

 

早く、風邪を治してください!!

 

 

 

 

 

義父との会話。

毎度、寒くなってきてまたミッドナイトホットヌードルが復活しているお米屋の嫁でございますriceball

 

最近、食欲が・・・・

 

201712914420.jpg普通にごはん食べた後にこれ食べてるから。

 

ネギの消費量もすごい。

 

私、ネギが大好きなんですけど、

 

ネギがなかったらミッドナイトホットヌードルは作らないっていう位のネギ好き。

 

なんなら麺より、ネギメイン。

 

その位、ネギが好き。

 

ネギだけのしゃぶしゃぶとかする位好き。

 

生まれ変わったらネギ農家さんと結婚したい位好き。

 

なんやねん、ネギ農家さんって。

 

いや、おるわ、旦那さんの同級生にネギ農家さん。笑

 

そういえば、独身やわ。

 

だから何。

 

 

 

さて。

 

 

先日の義父との会話を紹介します。

 

二人で晩ごはんを食べていた時の会話です。

 

なんかの話から認知症の話になって。

 

父 「この間、瀬戸内寂聴さんテレビ出てはって」

 

私 「うん」

 

父 「95歳やて。しっかりしてはるわー」

 

私 「そやなー」

 

父 「やっぱり、情熱が大事やて。情熱を持ち続けることが」

 

私 「情熱なー」

 

父 「そやて、情熱が大事やて」

 

私 「あるやろ、お父さんまだ、情熱」

 

父 「うん~、そやなぁ、まだあるなぁ」

 

私 「あるんや、すごいな」

 

父 「寂聴さん、全然ボケたらへん、すごいわ」

 

私 「やっぱり情熱、大事やな」

 

父 「うん、情熱は大事やな」

 

 

 

以上です。

 

 

 

情熱は大事らしい。

 

 

 

 

 

大掃除&パーミング&鍋、サイコー!!

毎度、ほろ酔いのお米屋の嫁でございますriceball

 

うぅ~いぇいgood

 

今日はお休みなんで、お許しを。

 

お鍋の〆に中華麺を投入しながら書いてます。

 

 

さて。

 

今日はなかなか充実の休日でした。

 

もう、散らかり放題の我が家だったんですが、数日前から急にスイッチが入って

 

掃除をしだしたんですね。

 

しょっぱなは一階の台所。

 

もう、絶対使うことないだろーーー!ってわかってるのに冷蔵庫に入れっぱなしやった

 

ドレッシングや調味料類をことごとく捨て、

 

油の回り切った乾麺を捨て去り、

 

使うかも、と置いておいた粗品のキッチンペーパーや、

 

数年に一度、気まぐれで作ってその度に絶対余るライスペーパー(生春巻きのやつ)や、

 

これまた、ほんっまに「たまには手作りのおやつでも」と思い立ってゼリーを作るためだけに買ったゼライスや、

 

もう、そんなものを、一挙に捨てました。

 

使ってない物の方が多かったんやな・・・ってわかる程、引き出しスカスカ。

 

もう、ほんまにこれから物を買うときは「使い切る自信があるか?」と己に問うてから買うことにする。

 

ほんで今日は二階のリビングを掃除。

 

秋に実家の母が来たときに、我が家を見て言うたんです。

 

 

「あんた、綺麗好きだったのにね・・・・・・」

 

 

って。

 

 

 

もーーーーー!!

 

 

言わんといてーーーー!!

 

 

わかってるねん、わかってる・・・・

 

 

私は元々まぁまぁ綺麗好きな方やったから、こんな散らかってる家に住んでるのは

 

私が一番嫌なんです!!

 

でも、ここ最近はほんまに掃除モードのスイッチが入らんくて。

 

でも、やっと、やーーーーっと入って、ほんま良かったわ。

 

さすがにお正月までにはどげんかせんといかん!思てたけど

 

年末も休みはないし、今からちょっとずつしとかんと。

 

 

今日がごみの日だったんで、昨日の夜から掃除は始めてて

 

今朝だけでも5袋ごみを出したんですけど、

 

今日もまたすんごい量のごみが・・・・

 

なんか気持ちが落ち込む。

 

こんなに不要なものに囲まれて暮らしてるのかと思うと。

 

例えばずっと置いてある三段の書類ケースみたいのがあるんですけど

 

引き出しを開けることもほぼ無ければ

 

中に何が入ってるか、はっきり覚えてへん。

 

ってことは多分、いや、明らかに必要なものではない。

 

なんなら引き出しごとほかしても、何も困らないと思われ。

 

そんなものが、部屋中のあちこちにあるんですね。

 

細々したものをまとめて入れてあるかごとか。

 

もう、全て捨ててしまいたい衝動に駆られました。

 

とりあえず、もう使わんやろって思うものは全てほかし

 

日々、使うものだけを出しておくことに。

 

201712719327.jpgグラスや食器もめっちゃたくさん並べてたんですけど、

 

思い切って処分したり、見えないとこにしまったり、らじばんだり。

 

 

 

あと、うちの二階のリビング、めっちゃ寒いんですね。

 

原因はかっこつけて天井を高くしたことなんですけど

 

ほんまに寒くて寒くて、

 

次女も「なんで、うちってこんな寒いん?友達んち、こんな寒い家ないで」っていうくらいで。

 

それで思いついたのが、部屋を仕切る!

 

ひっさびさにコーナンへ車を走らせ、突っ張り棒とカーテンを購入。

 

 

 

before

2017127193535.jpg乱雑としていたリビングの奥が・・・・

 

匠の技により

 

 

after

2017127193720.jpg隠れてスッキリすると同時に、暖気を逃さない設計に!!

 

 

リフォーム費用、380万円です。

 

 

嘘です。

 

突っ張り棒、カーテン(2枚)、カーテンリングで6000円くらいです。

 

 

昔はDIYとか大好きで、思い立ったらコーナンに板とか買いに行って

 

棚とか自分で作ったりしてたんやけど、最近は全く。

 

こんな程度でも、久々に楽しかった。

 

 

そして、片付けてたら色々出てきて、その都度手が止まってニヤニヤしてたんやけど

 

今日一番のニヤニヤはコレ↓↓↓

 

 

2017127194245.jpg二人の娘のどっちが作ったのかは不明なんですが、

 

手作りの人形。

 

「 T I T I 」って書いてあるので、「父」、つまり旦那さんの人形です。笑

 

ティティーーーーー!!

 

やはり、子供たちの中の「T I T I」のイメージは金髪のロン毛なんやなー思って、ウケた。

 

ほんで、ちゃんと前掛けしてるし。

 

良かった、働いてるイメージの「ティティ」で。

 

2017127194613.jpg

部屋の掃除もだいたい終わって、気分もスッキリ。

 

3時からは予約していた美容院へ。

 

ひさびさにパーミング。

 

 

 

そして、夜はお鍋。

 

2017127194825.jpgもう、毎日、お鍋でいい。

 

 

明日は雨らしいね。

 

 

 

 

 

 

ほんのひと手間で宅急便の送料を安くする方法

毎度、今日は二度寝をしなかったお米屋の嫁でございますriceball

 

朝、起きて子供の朝食とお弁当をしたら、洗濯機のスイッチをONして

 

また少し横になるのがここ最近の習慣になってしまってたんですが

 

今日は目覚めも良かったので、そのままずっと起きていました。

 

でも、洗濯機を回してしまったら、後は特にすることもなく、めっちゃ

 

「ぼーーーーーーーー」

 

ストーブを背に、ひたすら

 

「ぼーーーーーーーーーー」

 

 

 

ほんであまりにぼーーーっとし過ぎて、時間もったいないなー思って

 

ちょっと部屋の掃除でもするか、と思って片付けだしたら

 

今度はスイッチが入ってしまって、気が付いたらお店開ける時間やのに

 

お化粧もしてなくて、結局めっちゃバタバタした朝でした。

 

 

 

さて。

 

なんかタイトルだけ見ると、〇〇アドバイザーみたいやけども

 

ほんでなんかすっごいマジックがあって

 

「え!?そんなんで送料がお得に??」って思わせてそうやけど

 

全然、そんなんやなくて

 

ほんまに、単純な話で・・・・・

 

ただ、単に

 

「箱を小さくする」

 

 

それだけです!!

 

すんません!!

 

 

いや、でもこれって、気が付いてやってる人はやってるけど

 

やってない人はほんまにやってなくて

 

カッターとガムテさえあればすぐにできるんで、やってみてください。

 

やってる人からしたら、わざわざ書くことか!って感じだと思うんですけど、

 

やってない人には「目からウロコ」までは言わんけど

 

「暖簾に腕押し」位の感じなんで(意味、合うてへん)

 

12月は何かと宅急便を送る機会も多いと思うので、やってなかった人は是非!

 

なんで、これを書こうと思ったかというと、この間実家の弟から荷物が送られて来たとき

 

箱の容量の半分くらいしか荷物が入ってなくて、

 

あとの空いてる部分にこれでもかっ!って位に、丸めた新聞紙が詰め込まれていたので

 

「送料、もったいなー」って思ったので、ほぼ弟へ向けての記事です。

 

 

 

 

例えば、箱に荷物を詰めてみたら、こんな感じになった場合。

201712515512.jpgタテヨコは隙間なく埋まってますが、上部が空いてるのがお分かりになるかと。

 

この位、と思わずに。

 

5cm違ってもでも次のサイズになってしまう時がありますから。

 

201712515755.jpg荷物の高さに合わせてカッターで軽く線を入れます。

 

そして、その線の通りに折って蓋をします。

 

201712515917.jpgこれだけで高さ5cm分、コンパクトに。

 

 

次はこんな場合。

2017125151012.jpg箱が大きくて、スカスカですね。

 

隙間を埋めるために要らないものを入れたりパッキンをする必要はございません。

 

箱に合わせて荷物を入れるんじゃなくて

 

荷物に合わせて箱を変えればいいのです!!

(なんかすごいこと言ってるみたい)

 

いや、でもほんとそうなんで。

 

カッターとガムテさえあれば。

 

2017125154127.jpgこういう場合も、余計な部分を切れ目を入れて荷物の幅に合わせ折りたたみます。

 

これだけで、縦ヨコ高さで15cm位、コンパクトになります。

 

2017125155548.jpg

 

箱の大きさだけじゃなく、重さも関係してくるので一概に安くなるとは言えませんが

 

やってみてください。

 

 

Fさんへ・・・・股関節のご心配を頂き、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姉妹。

毎度、ひっさしぶりにボーリングをしたお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日、忘年会でボーリング大会に参加したんですけど

 

チーム優勝&女子で優勝しました(笑)

 

うちの旦那さんが、昔ボーリングにはまっていた時があって

 

子供が小さい時は結構行ってたんですけどね。

 

なんか今でも「P☆LEAGUE」とかいう女子のプロボーラーの番組、録画してはるわ。

 

しかし、ほんまに久しぶりのボーリングやったわ。

 

3ゲームしたんですけど、もう最後のゲームの時のボールの重さよ。

 

もうKIDSボールで投げよか思たくらい。

 

明日は絶対、腕痛いやろなーって心配してたんやけど

 

腕はほとんど痛くなくて、何故か股関節が痛いという。

 

なんでなん?

 

 

 

さて。

 

 

今、東京にいる娘が帰省中です。

 

年末年始はお休みがないので、今回は少し長めにお休みをもらえた模様。

 

地元に帰ってきたら、友達と遊ぶのに大忙しな娘と都合を合わせて

 

一緒にごはんを食べに行って、色々話をしました。

 

まだ社会人になって一年にもなりませんが、家を出てからのこの数か月は

 

彼女にとって濃い濃い数か月でした。

 

まぁ、山あり谷あり、谷あり谷あり、みたいな。

 

私はほんまに謙遜でもなんでもなく、母親としてはあんまりいい母親ではないと思っていて

 

でも、母親としてじゃなく、一人の人間として自分が思ってること

 

私なりにこの年になって伝えたいことはなるべく伝えたいと思っていて。

 

人を成長させてくれるのは、しんどかったり、悔しかったり、辛かったり、そういう経験だと思うから

 

子供にも、もちろん親だから子供が幸せであることを願うけど

 

それは、苦労しないことや辛い目にあわないように、って願うこととはまた違うわけで。

 

逞しくも思える娘の言葉を聞いて、少し安心もした夜でした。

 

 

 

そんな中、一番、グッときたのが妹との色々。

 

うちの姉妹は4つ離れていて、二人姉妹やけど、めちゃめちゃ仲がいいわけでもなく

 

もちろん、仲が悪いわけではなく。

 

お姉ちゃんが東京へ行ってしまうと決まった時も、「さみしい」なんてひと言もなく

 

ただ「服、貸してもらえへんようなるやん・・・」とそればかり言っていたほどなんですが

 

今回、長女から聞いた話では、私の知らない二人の絆みたいのがあって、嬉しかった。

 

妹はお姉ちゃんを頼りにしてて、お姉ちゃんもしっかり妹のこと思ってるんやなーってのがわかって。

 

私は、友達親子っていうのは「ない」って思ってて。

 

仲がいい親子っていう意味では、もちろん、仲の悪い親子よりずっといんやろうけど

 

時代も違うのか、ほんまの友達みたいにお互いに何でも話し合えて

 

隠し事もなくて、親も子供のこと全部把握しててっていうのは、ちょっと抵抗があるというか・・・

 

まぁ、それは人それぞれなんで、私がいいとか悪いとかいうことでもないんやけど

 

基本的に、小さい子ならまだしも、ある程度の年になれば

 

親に言えないこと、言いたくないことがあるのが当たり前なわけで

 

親もそれを全部知ろうとするのは、なんか子供の世界に足を踏み入れるような気がして

 

それは親子に限らずで、私は夫婦でもお互いのことを全部知っておくべきとは全然思わない。

 

そんな風に、親に言えないこと、でも友達にもちょっと相談しづらかったりするようなこと

 

そんなことを言える姉妹という存在があるのは、いいことだなぁと思った。

 

私の知らないところで、離れてもしっかり姉妹の関係を築いていたんだなぁって。

 

 

 

 

12月、通常の業務に加え、師走ならではの仕事もあって

 

やっぱり何かと忙しくなってきました。

 

年末にまとめて掃除もできないので、今からちょこちょこ小掃除、始めてます。

 

最後に、弟が送ってきてくれた誕生日プレゼント。

2017124231027.jpg弟のお下がりの恐竜図鑑&六花亭のお菓子。

 

図鑑はお正月にお酒をちびりやりながら、ゆっくり読みます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゅ、じゅ、じゅーにがつです!!

毎度、カレンダーをめくる手が震えたお米屋の嫁でございますriceball

 

11月が30日までってことを忘れていて

 

今朝、トイレのカレンダーを見て膝がガクガク震えました。

 

こ、こ、この一枚をめくったら、そこに待っているのは12月。

 

師も走る師走です。

 

別に12月だからって、急に忙しくなるわけでもないんですけど

 

なんだか、気分的に追われる感じです。

 

風邪が流行っております。

 

皆様、お気を付けくださいませ。

 

 

 

 

さて。

 

最近は忘年会も前倒し気味で、11月にされる方が多いですね。

 

私も昨日は、串かつ屋のスタッフさんたちとの忘年会に続き

 

久しぶりの仲間と集まって11月2度目の忘年会。っていうか、ただの飲み会ですけどね。

 

2017121154435.jpg飲み会スタートは7時だったんですけど、早めに街に出たので

 

ちょっと軽く立ち飲みで一人のみ。

 

六角富小路の「すいば」さんへ。

 

色々と勉強になるお店です。

 

 

30分ほど滞在して、待ち合わせのお店へ。

 

いつもあまり通らない道を通ると、色んなお店があってキョロキョロ。

 

4人の飲み会でしたけど、2人は遅れてくるので、先に2人でスタート。

 

2017121155955.jpgもっといい画はないのか。

 

一時間位して一人当到着、そこから一時間位してまた一人到着。

 

お腹も満たされ、酔いも回ったところで、二軒目に移動~

 

メンバーの一人がお洒落なBARとかをよく知ってる人で

 

今回もその人おススメのBARへ。

 

東京から来られたご夫婦がされてる素敵なオトナ感漂うお店でした。

 

2017121155845.jpg瀬戸内レモンのジントニックだったかな?(酔うてたので)

 

このお店を出て、一人は翌朝4時起きということで、さよなら。

 

残る三人で私リクエストにより、〆のうどん屋さんへ。

 

カレーうどん、鴨なんそば、あんかけうどんをそれぞれ頼みました。

 

「女性の加齢による体の変化」をテーマに熱く語り合いながら(内、一人は男子。笑)

 

おいしく、頂きました。

 

 

久しぶりのメンバーと、楽しい夜でした。

 

 

 

 

 

そうそう、昨日、運転免許の更新に行ってきたんですけどね

 

京都駅近くに更新センターができたので、ほんま便利になりました。

 

30分の講習会、講師の先生ってなんであんなに時間きっちりに話し終えれるんやろ。

 

毎回、すごいなーと思う。

 

しかも時々、ギャグも挟んできはるし。

 

まぁ、5分の1位しか笑ってる人おらんかったけど。

 

2017122172729.jpg

平成34年て・・・もうないのよね。

 

無事故無違反で次の更新も迎えたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

孫からのプレゼントをあまりにも大切にするじーじの話。

毎度、弟の影響か恐竜好きなお米屋の嫁でございますriceball

 

恐竜好きだった(今でも好き)弟は小さい頃から恐竜図鑑を見ていたんですけど

 

一緒になって見ていたからか、今でも結構名前が言えます。

 

プテラノドン

ティラノサウルス

トリケラトプス

イグアノドン

ポセイドン

 

 

「ちーがーうーだーろー」

 

 

 

そんな今でも恐竜好きな私が・・・私としたことが・・・・

 

 

知らんかったわ。

 

ノドサウルスのすんごい化石のこと。

 

昨日、弟に教えてもらって、検索して腰ぬかしました。

 

ほんま47歳にしてちびりそうになりました(お母さん、ごめん)

 

ご興味ある方は「ノドサウルス」で画像検索してみて下さい。

 

見る前に、オムツあてといた方ええ思うわ、ほんまに。

 

ほんっまに、すごいから。

 

あまりに興奮して、早速、その恐竜の写真が載ってる雑誌をAmazonで買いました。

 

そして、その画像をスマホの待ち受けにしました。

 

今年のクリスマスはノドサウルスのフィギアをサンタさんにお願いしようと思います。

 

 

 

 

さて。

 

久しぶりの、じじネタです(時事ネタみたいに)

 

もう、補聴器も結局まったくつけてくれず、私も夫も諦めモードで

 

「補聴器、つーけーてー!!」と絶叫することもめっきり少なくなった2017初冬。

 

補聴器をつけてくれないことや

 

おかずがあるのに、たまごがけごはんをしておかずを残すことや

 

どう見てもまだ洗ってないお風呂にお湯をためることや

 

不満を言えばキリがないんですけど、

 

じーじが人から、特に孫からもらったプレゼントを

 

あまりに大切に思う余り、まったく使ってくれないことは前にも書いたと思います。

 

今年の敬老の日、東京の娘からじーじとばーばに温かい冬物の靴下が届きました。

 

それも、もちろんすぐに押し入れの引き出しにしまわれました。

 

気持ちはわかりますよ、

 

私だって、子どもたちからプレゼントをもらうのは慣れなくて

 

まして東京で社会人として頑張ってる娘からの贈り物なんて

 

ほんまに汗と涙を流して稼いだお給料で買ってくれていることを知っているだけに

 

その贈り物の重みがズシリときます。

 

でも、私はだからこそ、すぐに開封して使います。

 

でも、じーじは、ソッコー、しまいます。

 

ほんで、うっすい、うっすい穴が開きかけた靴下を二枚重ねで履いたりしてるから

 

「Mがくれた靴下、履いたらいいやん!!履いた方がMだって喜ぶねんで!!」と言ったら

 

今にも泣きそうな顔をして

 

「わかってる!わかってるわ!!大事にしまってあんねん・・・・・ほれ」と言いながら

 

押し入れの引き出しから、出された袋がコチラです。

 

 

20171126131741.jpgもう、全く使う気がない。

 

じーじにとっては何をもらっかたとかやなく

 

「孫がワシにプレゼントをくれた」というそのこと自体がプレゼント。

 

「その内、履くやん・・・」という言葉を聞くたびに

 

「その内、その内て、いったいいくつまで生きるつもりなん!?」という鬼の様な言葉を

 

グッと飲み込まずに、はっきり言うてるわ、私。

 

 

 

 

そして、この間は、オーストラリアに修学旅行に行っていた次女がじーじに小銭入れを買ってきたんですね。

 

次女もそれをじーじに渡しながら

 

「しまわんと、使ってな!!な!!!な!!!!!」と言っていたんですが・・・・

 

 

 

 

数日後、机の上を見たら・・・・・!!!

 

 

20171126132140.jpgいつのまに買ってきたのか、こんなケースに入れられて飾られていました・・・・

 

 

「使う」という選択は全くないようです。

 

 

 

そんなじーじも明日が誕生日。

 

81歳になります。

 

おめでとう、じーじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「京の米」評価会に行ってきました~!

毎度、一度だけ気まぐれでスマホの占いサイトをタッチしてしまったことを後悔しているお米屋の嫁でございますriceball

 

元々、占いとかまーーーーったく興味ないんですけど、

 

先日、誕生日がもうすぐだったことと、酔っ払ってたことで

 

つい生年月日を入力してしまったんですね。

 

もちろん、「無料」に惹かれて。

 

※初回だけ無料で、それ以上、知りたかったら有料らしい。

 

 

 

 

そして、すぐに届いたメールには、もう「あなた様にはすんばらしい未来が!」という内容に合わせ

 

私の人柄を絶賛する言葉の嵐、嵐、嵐、、、

 

そして、最後に「何か気がかりなことはありませんか?」

 

「あればそれを教えてください」と。

 

気がかりなこと?

 

そんなん山ほどあるわ。

 

夫はいつになったら髪の毛を切るのか?とか。

 

じーじはいったいいつまで補聴器を充電し続けるのか?とか。

 

私はもしかしてアル中か?とか。

 

思わずそんな気がかりなことを、画面に入力しそうになったわ。

 

あかん、あかん、

 

ほんでスルーしてたんですけど、翌日以降、毎日そのサイトからメールが届くようになり

 

もう、手を変え品を変え法で、

 

最初の占い師の名前がAだとすると、四日目くらいから

 

「Aからあなた様が素晴らしい運勢の持ち主だと聞きました」という占い師Bが現れたり

 

「あなたにお告げの手紙が速達で届きました、速達で来るなんて滅多にないこと

 

私は中身を見ることはできませんが、あなた様にとって重要なことが書かれているはず」とか

 

最終的には「せっかくの素晴らしい未来をこのままでは間違った選択によって失ってしまうかもしれません!!」的な。笑

 

 

 

十日位続いたんですけど、パタリと来なくなりました。笑

 

素晴らしい未来を失ったのか、私。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

北海道から義姉さんが来て以降、金沢、琵琶湖テラスと

 

気が付けばお酒を飲んでる画像しか載せていないことに愕然とした次第でございます。

 

ただの酒飲みのブログになりそうなので(え?もうなってる)

 

たまにはちゃんと仕事してますよ!!的なネタを。

 

 

先日、お米マイスターとして

 

「京の米」オリジナル品種候補系統の食味評価会に参加してきました。

 

昨今は各県が本当に次々と新しい品種をデビューさせていて

 

そんな中、京都も新しいブランド米を育成しようと頑張っているようです。

 

今回の審査会には、京都府下のお米マイスター五名と

 

京都を代表する料亭の料理人さん五名が審査員として呼ばれると知り

 

「なぜ、私が?」と。

 

 

京都には確か100名以上のお米マイスターがいるはずやし

 

しかも私は三ツ星・・・・・(お米マイスターには五ツ星もあります)

 

 

依頼の電話をかけてきてくれた組合の方に「あの・・・なんで、私なんですか?」と率直に尋ねたら

 

主催者の方が「上田さんのブログをみて、是非!とご指名です」

 

 

 

うそん。

 

このブログを見て?

 

このお米の話題なんて、一年に数回しか出てこないこのブログを見て?

 

この飲んだくれのブログを見て?

 

こんなお仕事、私には恐れ多いと思ったんですけど

 

このブログを見て依頼してきはるってことは、こんな私でいいってことやんな!!と勝手に解釈。

 

それに、どんなお米を試食できるのか単純に興味があったし

 

どんな料理人さんが来るんやろー、というミーハー的感情も手伝って

 

身の程知らずな私は、お引き受けすることに。

 

 

 

気がかりだったのは、風邪をひいていたこと。

 

このまま鼻がつまったままやと、食味の評価なんてできない・・・・

 

そう思って、私には珍しくきっちり薬を飲んでたおかげか、当日には鼻もすっきり。

 

当日はギリギリまで店の仕込みをして、バタバタと出発。

 

20171124164322.jpg会場は御所近くのここ。

 

入り口の掲示板で会場を確認して、二階へ上がったんですが

 

目指した会場前の看板には催し名が何も書かれておらず・・・・

 

受付に人もいない・・・・

 

もしかして、シークレットな会なのか?

 

だから、表示もないのか?

 

大事なブランド米を審査するんやし、やっぱり極秘に行われるものなのか?

 

そーろっと会場の扉を開けてみたら、真っ暗。

 

 

 

 

ただ、会場を間違えてただけやったわ。

 

 

 

 

 

ほんまの会場はすぐ近くにあって、受付の人が「コチラです~」って笑ってはったし

 

きっとうウロウロしている一部始終を見られていた模様。

 

20171124164438.jpg「あの・・・今日の内容、ブログとかに上げても大丈夫ですか?」って聞いたら

 

「どうぞ、どうぞ~~~~」って。

 

全然、極秘やなかった。

 

むしろ、オープン。

 

 

 

ちょっと緊張して、いざ入室。

 

主催者の方たちと次々、名刺交換。

 

ほんま名刺交換って苦手やわー

 

未だドギマギする。笑

 

そして指定の席に着席。

 

そこで資料を読んで、初めて今日の出席者のお名前を知る。

 

お米マイスターはやっぱり私以外、みなさん五ツ星で

 

直接のお付き合いはないものの、お名前は存じ上げてる方ばかり。

 

向かい側に座る五名の料理人の方たちも、老舗中の老舗、全国に名前の知られた料亭の方たち。

 

みんな30代後半~40代前半位の若手の方たち。

 

 

 

 

これは・・・・・やっぱり・・・・・

 

 

 

 

さぁ、歌って頂きましょう~

 

THE マイスターズで「BA・CHI・GA・I」

 

張り切ってどうぞ~

 

 

note どうして~私がここにいるのぉ~

 

WOWWOW  YEAH

 

誰が私を呼んだのぉ~

 

WOWWOW  YEAH

 

思いっきりBA・CHI・GA・IじゃないのYO!note

 

 

 

 

という歌が、リフレインしました。

 

 

まもなく開始時間になり、主催者の方からの挨拶、会の主旨説明、評価の仕方についての説明等があり

 

20分くらいたったところで、早速、試食のごはんが運ばれてきました。

 

今回の評価対象になったお米は11品種。

 

まず最初はその内の5品種が目の前に。

 

すると、一人のお米マイスターの方がすかさず

 

「もっと、照明明るくなりませんか?これでは評価しにくい」と。

 

ホテルの方が慌てて、照明器具を足したりして、現場に緊張感。

 

「プロやなぁ・・・・」って関心して他人ごとみたいに見てましたけど

 

いや、あんたも一応、プロとして呼ばれてまんのやでー

 

20171124195241.jpg評価のしかたは、基準となるお米(今回はコシヒカリ)と

 

・外観

 

・香り

 

・味

 

・粘り

 

・硬さ

 

を比べるというもの。

 

 

好奇心とミーハー気分で参加してしまったことを後悔しつつ、

 

でも、せっかく呼んで頂いたのだから少しでもお役に立ちたいと思い

 

未だかつてこんなに真剣にお米の試食・評価をしたことがないって位に

 

もう、めっちゃ真剣に五感をフルに使って試食しました(耳はつかってないわ)

 

 

 

が、しかし・・・・

 

 

正直なところ、ほんまに食べれば食べるほど、訳がわからなくなり

 

「はぁ?」とか「むー」とか独り言いうてました。

 

利き酒とかもそうですけど、やっぱり最初の一口の印象が大事で

 

そこでどれだけ感じることができるか。

 

食べれば食べるだけ、わからなくなるもんです。

 

が、何回も食べてました(笑)

 

あ、この日、時間なくてお昼抜きで行ってたんで、お腹もめっちゃ減ってたんですよ。

 

 

そして、一回目の審査が終了。

 

 

二回目は六品種が運ばれてきました。

 

20171124201337.jpgほんまに11種類も食べたら、正直、頭真っ白になりました。

 

あまり特徴的なお米はなくて、似たような感じだったので

 

余計に訳が分からなくなりました。

 

 

それでも、時間ギリギリまで真剣に評価したつもりです。

 

 

 

最後は審査員一人ひとりから、感想や総評を。

 

私は一人、へらへらしていたように思います。

 

 

 

お米マイスターの方たちの意見はもちろんのこと、

 

料理人の方たちからのお話も、すごく興味深かったです。

 

うちらお米屋はお米を売る側ですが、料理人の方たちはそれを使う側。

 

想像以上にみなさん、お米へのこだわりがあって、

 

いろいろな意見、感想があって、勉強になりました。

 

また、なんていうか、みなさん老舗の若だけあって、品がある。

 

生粋の京都の人!!って感じでした。

 

 

 

時間になり、会も終了。

 

こんな料理人の方たちと会うことなんて滅多にない機会ですから

 

名刺交換でもすればいいものを、わたくし、こう見えて結構小心者でして(笑)

 

そそくさと会場を後にしました。

 

 

 

 

そして、すんごい疲労感。

 

やはりかなりのエネルギーを消費した模様。

 

 

京都から新しいブランド米が誕生するのを楽しみにしています!!!

 

 

 

今日はこれからたまりにたまった伝票の打ち込みをします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

極寒の琵琶湖テラス

毎度、ひっさしぶりに風邪をひいたお米屋の嫁でございますriceball

 

もう9割5分、復活しております。

 

残すはちょっとイイ感じの鼻声だけです。

 

寝込むような風邪ではなかったんですが、咳、くしゃみ、鼻詰まり、微熱といった

 

絵にかいたような風邪の症状でした。

 

でも、仕事はもちろんプライベートも予定が入っていたので

 

普段は極力飲まない薬をきっちり飲んで、栄養ドリンクも飲んで、なんとか酷くならずに済みました。

 

今夜もグンと冷え込んできたので、皆さんもお気を付けくださいましね。

 

 

さて。

 

そんな風邪っぴきの中、行ってきたのが前から行きたかった琵琶湖テラスです!

 

去年の7月に琵琶湖バレイの山頂にオープンした琵琶湖を一望できるウッドデッキのテラス。

 

おしゃれなカフェも併設されていて、一度行ってみたかったんです。

 

 

 

が・・・・・・・

 

 

想像以上の極寒テラスでした。

 

今回は自転車ではなく、京都駅から湖西線~バスを乗り継いで、

 

山頂へはロープウェイで。

 

このロープウェイ、日本で一番高速らしいです。

 

あんま実感できひんかったけど。

 

20171120191638.jpgすごい大きいロープウェイで、一度に100人以上乗れるサイズ。

 

平日にも関わらず、想像以上の混雑ぶり。

 

海外からの団体さんとかもいはって、びっくり。

 

 

 

そして、着いた山頂は・・・・

 

20171120191848.jpgどよ~~~~~~ん

 

どんどよ~~~~~~~~ん

 

 

伝わりますでしょうか、この温度感。

 

もうね、めーーーーっちゃさぶいっ!!

 

とにかく、さぶいっ!!

 

気温0.5度。

 

写真には写ってませんが、雪が降っています。笑

 

はい、私、風邪ひいてます。

 

舐めてました、11月の琵琶湖バレイを。

 

極寒。

 

しかも、一か所しかないカフェには長蛇の列。

 

いや、なんでこんなに人おるん?(いや、あんたもや)

 

とにかく温かい所に入りたかったので、がくがくブルブル震えながら列に並びます。

 

もう、寒くて死んじゃうよーーーーーーっていう寸前で、何とか入店。

 

「熱燗二合!!」って叫びたかったけど、こんなお店に熱燗なんてあるはずもなく・・・・

 

 

20171120192432.jpgとりあえずビールで乾杯です。

 

やっと座れた安堵感で、店内の写真をほとんど撮ってませんが、

 

ゆったりしたソファや、暖炉?みたいのを囲むようにできたグループ席なんかもあって、素敵でした。

 

20171120193516.jpg

20171120212622.jpgあ、串かつ屋に出動要請がかかったので、一旦〆ます!笑

 

 

のちほど、続きを書きます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

はい、ただいま。

 

一時間半ほど働いてきました。

 

月曜日やのに、まさかの満席でございました。ありがとうございます。

 

極寒テラスのつづきです。

 

地ビールで喉をうるおし、ウインナーやオニオンフライでお腹を満たした後は

 

ジェラートも頂き、気が付くと、少し晴れ間も出てきましたので

 

やっと、テラスへ。

 

20171120211842.jpgTちゃん。

 

あったかかったら、ここに座って景色を見ながらビールでも飲みたいとこやけど

 

あまりの寒さにとりあえず写真だけ急いで撮りました。

 

20171120212043.jpgジャンプに失敗した写真です。

 

長居するには寒かったので、やむなく下山。

 

 

チケット売り場の情報板、間違いないわ↓↓↓

20171120212818.jpg

 

20171120212231.jpg駅までのバスを待つ間、冷えた体をゴリ男にあっためてもらいました。

 

 

 

 

そして、向かった先は・・・・

 

2017112021299.jpg冷えた体をあっためるべく、温泉につかって帰ってきました~~

 

たまには電車で行くのもいいなぁ。

 

 

 

今度は、あったかい時期に行こうね、Tちゃん。

 

 

 

金沢へ~最終章

毎度、昨日は揉んでもらって気持ち良かったお米屋の嫁でございますriceball

 

誤解を生む表現(笑)

 

 

 

マッサージです。

 

201711141386.jpg腰からお尻辺りをグッグッって強く押されたら

 

思わず「プッ」って出そうになりません?笑

 

緊張感が必要やわ。

 

気抜いたらあかん。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

金沢、最終章です。

 

長らくお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

泣く泣くカニを食べるのを諦めて、お弁当を買ってサンダーバードに。

 

旅の間、ごはんを一粒も食べていなかったために、すんごいがっついてお弁当を食べました。

 

20171114131350.jpg酒に始まり、酒に終わる・・・・・

 

 

 

この旅では、ほんっまにA子に甘えっぱなしで、全部彼女がエスコートしてくれた。

 

A子が金沢に何度も来てるっていうのもあるけど

 

A子はほんまに何かを企画したり、プロデュースする才能に秀でている。

 

それは前から感じていたけど(日本酒の会の時とかも)、今回の旅でより感じた。

 

行く場所、行く場所でまるでガイドさんのように、いろいろ説明してくれたり

 

私なんてただついてっただけ。

 

あと、カラオケとか行っても、リズム感もなく、歌も上手じゃなく、しかも声も低い私に

 

歌いやすい歌を探してくれて、それがほんまに歌いやすくて

 

「あれ?私、歌うまい?」って勘違いしてしまったり。

 

なんか、人をその気にさせるのがうまい(笑)

 

 

 

色々楽しませてくれたA子、お疲れになったのでしょう。

 

ごはん食べた後は、撃沈。

 

20171114132125.jpg「まもなく、京都~、京都です」ってアナウンス流れて、A子を起こしたら

 

めっちゃ寝ぼけてて、慌てて身の回りを片づけ始めたんやけど

 

お土産をゴミ袋に入れたり、私のかばんを自分のかばんと勘違いしたりしてました。

 

おつかれさま、A子。

 

そして、楽しい旅をありがとう!!

 

 

 

 

 

 

翌日の私たちの仕事中のLINE。

 

 

A子  「なんか・・・めっちゃ現実の世界やな・・・・」

 

私 「ほんまに・・。旅行したん、夢かな?」

 

A子 「笑」

 

私  「笑」

 

 

 

 

さて、現実の世界で頑張ります!!!

 

 

 

ページ上部へ