ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2014年5月

2014年5月

ウェディングドレス

毎度、あまりの暑さに、お昼くらいから夜のお風呂上がりに飲むビールだけを楽しみに

 

頑張っているお米屋の嫁でございますriceball

 

しかし・・・暑いです。

 

30度超えたんですよね。

 

数字を聞いただけで、ゾッとします。

 

 

 

さて。

 

ウェディングドレス。

 

何も私の二十年前のドレス姿をアップしようってんじゃありませんよ。

 

え?みたい?

 

見たい方はコチラ →  

 

って、嘘です。

 

 

今日、母から一枚の写真が添付されたメールが届きました。

 

ウェディングドレス姿の女性が写っています。

 

本文には「誰だかわかる?」とだけ。

 

写真の女性の顔をよくよく見ましたが、全くわかりません。

 

親戚で結婚するような人がいるとは聞いていないし・・・

 

「わからない」と返事を返すと、すぐに母から返信。

 

「M田さんだよ!お母さんもびっくり!」と。

 

なんと、私の小学校時代の同級生だったんです。

 

用事があってホテルに行った母、ロビーで新郎新婦が記念撮影をしていたそうです。

 

ロビーで写真を撮るなんて珍しいなぁ、ステキな新婦さんshineと思いながら見ていると

 

なんと、その新婦さんが「○○ちゃんのお母さん!」と話しかけてきたと言うのです。

 

母もびっくりして、え?と思っていると「M田です!」と。

 

あ~、確かに、ハスキーボイスはあの頃のままだったとか。

 

それにしても、よく私の母だとわかったなぁ~

 

まぁ、昔から良くも悪くも存在感はあったかも。笑

 

私と彼女だったらお互い気付かなかったかもなぁ~。

 

43歳にして素敵な新郎さまに巡り合えたそうです。

 

もう何十年も会ってない同級生だけど、思いがけずドレス姿を見せてもらって、私も嬉しかったです。

 

お幸せに!

お菓子、頂きました~

毎度、・・・・・・

 

毎度、・・・・・・

 

えーっと・・・・毎度・・・・

 

 

ぬおぉぉぉーーーーーーー

 

何も出てこないdown

 

この「毎度、○○なお米屋の嫁でございます」って書き出しを

 

事前に考えて書くんじゃなくて、その場でパッと書くようにしているのは頭と文章のトレーニングのようなもの。

 

でも、やっぱりスッと出てくる時と、手が止まる時があります。

 

・・・と、言うわけで今日は何も思い浮かばないお米屋の嫁でございますriceball(ズルい?)

 

 

さて。

 

北海道からクール宅急便、届く。

 

差出人を見て

 

「!」

 

友達のご両親の名前が書いてある。

 

なんだ、なんだ?

 

早速、開けてみる。

 

ワオ!

 

「祝御出版」って熨斗がかかってます。

 

中身は・・・・

 

 

ジャーン!

六花亭箱.jpg

わーいわい!六花亭のお菓子の詰合せだ~heart01

 

色んなのがたくさん入ってるheart04

 

六花亭のお菓子は、最中みたいな和菓子も、バターサンドやサブレみたいな洋菓子もどれも美味しい。

 

そして、パッケージやネーミングがまた何ともheart01

 

 

例えば、これ。

 

六花亭3.jpg

「おふたりで」

 

妄想劇場、始まります。

 

五月晴れの午後三時。

 

夫「母さん、美味しいお茶が飲みたいな」

 

妻「あら、お父さん、丁度淹れようと思ってたところよ。新茶を頂いたのよ」

 

夫「おー、新茶か。もう、そんな季節か」

 

妻「お菓子もどうぞ」

 

夫「どれどれ。ん?『おふたりで』?」

 

妻「変わった名前のお菓子ですね、お父さん」

 

夫「ほんとだな、母さん。血糖値が気になるから、一つは多いな。母さん、半分こしようか」

 

妻「そうですね、お父さん。二人で、半分こしましょう」

 

夫「まさに『おふたりで』だな」

 

妻「あら、お父さんたら、お上手。ほほほ」

 

夫「あはは」

 

 

 

 

どうでしょう、こんな五月の昼下がり劇場。

 

 

六花亭4.jpg

「一つ鍋」

 

夢を見て都会に出て来たけれど、そう簡単に叶うはずもなく。

 

俺は日々バイトに明け暮れて、気が付けば、何のために田舎を飛び出してきたのかわからなくなっていた。

 

帰りたい・・・・でも、今更、帰れない・・・・

 

そんな時だった。田舎から荷物が届いた。

 

実家の畑でとれた野菜が段ボールいっぱいに詰まっていた。

 

「こんなに食べれるわけないだろ・・・」

 

感謝より、苛立ちが募る。

 

「?」

 

底に何かまだ入っている。

 

タオルに包まれたそれをとくと・・

 

出てきたのは、小さな土鍋だった。

 

それは、おふくろが風邪を引いた俺のために、雑炊や鍋焼きうどんを作るのに昔から使っていた一人用の土鍋だ。

 

何を思って今、この鍋を?

 

俺はしばらくの間、その土鍋を抱えたまま動かなかった。

 

いや・・・動けなかった。

 

そして、俺は台所へ向かった。

 

ほったらかしのままの使い終わった食器や、カップ麺の容器でグチャグチャの流しを片付ける。

 

久しぶりにきれいになった台所で俺は包丁を手にする。

 

土鍋に湯を沸かし、送られてきた野菜を切って茹でる。

 

物が散乱したコタツの上を片付けて、新聞紙を敷き、湯気のたつ土鍋を置いた。

 

確か冷蔵庫にぽん酢があったと思い出す。

 

すっかり賞味期限は切れていたが、気にしない。

 

定年退職してから畑にはまっているという親父が作った野菜らしい。

 

白菜、大根、これは何だ?葉っぱもん。

 

うまい。

 

無性にうまい。

 

涙が出て来た。

 

泣いたのは何年ぶりだろう。

 

不甲斐なさに泣き

 

悔しさに泣き

 

自分への苛立ちに泣き。

 

 

 

そして、

 

ふるさとにいる家族に。

 

ありがとう。

 

 

 

空になった鍋を見つめて俺は思った。

 

もう一度、頑張ってみよう。

 

 

 

 

どうでしょう、「一つ鍋@都会の片隅」劇場。

 

なんのこっちゃ。

 

 

そして、シンプルにこんなのも↓

六花亭1.jpg

「カステラ」

 

そのままです。

 

間違いなく中身はカステラのようです。

 

この文字の形、なんとも素敵です。

 

 

 

こんな風に目でも楽しませてくれる、六花亭のお菓子。

 

Y子のお父さん、お母さん、ありがとうございます!

 

美味しく頂いています!

 

 

 

 

 

祝勝会

毎度、いくらでも寝れるお米屋の嫁でございますriceball

 

暑くもなく、寒くもなく、心地よい気候。いくらでも寝れます。

 

昼は暑いけど、夜は涼しくて。こんな気候が続くといいのになぁ~

 

 

 

さて。

 

昨日、学区のソフトボール大会に参加していた旦那さんんから「次は決勝」と連絡がきて

 

ま、ま、まさか・・・・・

 

と、思っていたら、

 

 

ほんとに優勝しました~~~!!!

 

もう、びっくりです。

 

「貸し切りで祝勝会の予約、入ったから」と聞き、慌てる私。

 

と、いうわけで、選手の皆さん、応援に行った皆さんで祝勝会です!

優勝3.jpg

 

優勝1.jpg

なんと、26年振りの優勝だって。そりゃ、盛り上がるわ~

 

だって、こう言っては何ですが、ここ数年は「参加することに意義がある」的なチームだったんです。

 

私も何度か試合に参加させて頂いたことがありますが、

 

ユニフォームをそろえて「目指せ!優勝!」っていう感じの強いチームとは違い、

 

我が西久宝寺町は和気あいあいとしたのんびり感漂う感じ。

 

それが・・・それが・・・・優勝なんて!

 

用事があって出かけていた父に帰って来てすぐに「優勝してんで!」と伝えると

 

父もびっくり。「ほんまか?!」

 

「わ~、生きてる内にそんなこと聞けて嬉しいわぁ~」と。

 

大げさと思うかもしれませんが、その位の快挙ということです。

優勝.jpg

賞状を持っているのが監督さん。

 

本当におめでとうございます!

 

 

 

因みに、

 

うちの旦那さん、昨日から体が動きません。

 

串かつ屋で働く様子は油の切れたロボットのようでした。

 

さて、今日は働くことが可能なんでしょうか・・・・

 

上田 温 作品展

毎度、ゆっくり日曜日のお昼を過ごしているお米屋の嫁でございますriceball

 

しかし・・・

 

暑いですねsun

 

すでに夏です。

 

旦那さんは学区のソフトボール大会へ行っています。

 

年に一度、この日だけ、スポーツらしいスポーツをする旦那さん。

 

なので、怪我が心配です。

 

松葉杖をついて帰ってこないことを祈ります。

 

 

私は、午前中に串かつ屋の買い出しを済ませ、知り合いの個展を見に行ってきました。

個展1.jpg

「温」という一文字で「つつむ」さんと読みます。素敵な名前です。

個展3.jpg

とてもかわいい作品♪

 

親戚の彼がこんな絵を描くとは、個展の案内が届くまで全然知りませんでした。

個展4.jpg

これまた絵描きさんである妹さんが選んだ額とマットがぴったり合って、より素敵な作品になっています。

個展2.jpg

上手に撮れなかったけど、この作品が一番好きかな。

 

個展の案内のDMにも使われていた絵。

 

すっごく細かい。タイトルは「あかるい花」

 

じーっと見入ってしまいました。

 

 

一つ作品が欲しいなぁ、と思っていたのですが、残念ながら販売はしていないそう。

 

売ってくれないと知ると、ますます欲しくなりますが・・・笑

 

作品に愛着があって、手放せないんだそうです。

 

 

私は音楽とか美術とか全然ダメなので、

 

歌がうまい人や絵が描ける人に憧れます。

 

 

31日までJR桃山駅近くのカフェ&ギャラリー「ICHIJIKU(無花果)」さんで開催しています。

 

お時間のある方、是非。

 

 

 

 

先ほど、旦那さんから連絡があり、な、な、なんとーーーー

 

決勝に進出だって!!

 

ま、ま、まさかの、優勝???

 

ガンバレーーーpunch

 

あ、でも、ケガだけはしないで。

毎度、お客さんに頂いた手作りおやつに伸びる手が止まらないお米屋の嫁でございますriceball

 

田づくり.jpg

アーモンドと小魚。乾煎りしてはちみつとお醤油で味付けしてありますheart01

 

ナッツ類と小魚、女性には必須ですheart04

 

バームクーヘンと一緒で、ちょっとつまんでは、しまい、またちょっとつまんでは、しまい。

 

美味しくて止まらない。Iさん、ありがとうございます!

 

 

今日、珍しく音楽を聞いて泣けてしまいました。

 

車を運転中、ラジオから流れてきた曲。

 

うっかり、誰の何て言う曲か聞き逃してしまったのですが

 

何て言うか・・・メロディにグッときてしまいました。

 

悲しい涙でもなく、かと言って嬉しい涙ってわけでもない。

 

なんだったんだろ。

 

音楽聞いて泣くことってあんまりないので、自分でもびっくり。

 

 

 

晴れたり、曇ったり、雨が降ってきたり、今日は変なお天気。

 

 

 

無題

毎度、声が大きいらしいお米屋の嫁でございますriceball

 

この件についてはもう何度も書いてますけど、

 

今日も仕事をしている父に後ろから話しかけたら

 

「わっ!びっくりすんなぁ、もうっannoy

 

いやいや、普通に話しかけただけですけど。

 

そしたら近くにいた旦那さんまで加勢して「な、そやろ?びっくりするやろ?」って。

 

お客さんからの電話に応対している時も、

 

隣で旦那さんが両手を下げるしぐさ(声を小さく、の意)をすることが度々。

 

「お客さん、絶対、受話器離してるわ」だって。

 

自分では全然、大きいと思わないんですけどね。

 

びっくりさせたら、ごめんなさい。

 

 

 

さて。

 

今日のタイトル、無題。

 

そうです、ネタがありません。

 

ネタがないなら書くなって?

 

いやいや、そうおっしゃらずにお付き合いくださいまし。

 

あ、忘れない間に書いておこう。

 

6月発売の私の本ですが、何だかサイトによっても出荷日がマチマチだったりで

 

早くからご予約下さった方にはご迷惑をおかけしております。

 

5月15日発売!とかになってて、私も慌ててお知らせしたら

 

今度は「在庫切れ」、そして「お取扱いできません」とかになって

 

結局「6月1日発売」とか・・・・

 

もう少しお待ち下さいませ。

 

今日、TSU○AYAに行く用事があったので、自分の本、予約してみました。

 

本のタイトルを言ったら(自分でいうの恥ずかしかった)

 

画面で検索して「これから発売のものですね~」って。

 

で、予約表に名前を書いたんですが、著者名と同じって気づかれたかなぁ~

 

かなりドギマギした私。

 

 

話、変わりまして。

 

今日、嬉しいことがありました。

 

昨日、某組合の総会に出席した父。

 

帰ってくるなり「本の宣伝しといたで~」と。

 

話した人の中に、所長さんがいて、父のその話をとても熱心に聞いて下さった方がいたらしい。

 

そして、今日、その所長さんから電話があり「これからお店に伺います」と。

 

え?わざわざ?

 

待つこと10分。

 

入ってきたその方を見るなり、私「あ~~~~~!!!」

 

その所長さんって10年以上まえにセールスで回ってきて下さってた方だったんです。

 

所長さんになられていたとは知らなかった。

 

お店に来られる度に、雑談とかよくしていた方だったから私もはっきり覚えていました。

 

「まさか、○○さんだったとは」と私。

 

「本、出されるって聞いてびっくりして。早速、予約しましたから!」って。

 

嬉しいなぁ~

 

ありがとうございます。

 

その方がセールスで来られていた時は、まだお店は前の店でした。

 

一気に昔の情景が思い出され、とっても懐かしい気持ちになりました。

 

お米までお買い上げ頂いちゃいました。

 

昔の自分を知ってる方と久しぶりに会うのって、なんか嬉しいですね。

 

わざわざご来店頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

米は米屋で。

毎度、口の中がヒ~ハ~のお米屋の嫁でございますriceball

 

原因はこれ↓

 

辛唐辛子.jpg

いつも行くスーパーで挨拶を交わす青果担当のお兄ちゃんがいるんです。

 

いつもは軽く挨拶するだけなんですが、

 

昨日は珍しく「辛唐辛子、入ってきたんですけどどうですか?」って。

 

「辛唐辛子?」

 

そのまんま辛い唐辛子なんだろな、ってことはわかったけど、料理したことはない。

 

薦められるままに一パック購入。

 

枝豆と味噌でなんちゃら・・って言ってたけど、枝豆なんてないし。

 

とりあえず炒めてみよ。

 

フライパンに油をしいて、小口切にしたこれをジャーッ

 

そして、その煙を吸った次の瞬間!

 

ゲホゲホーーーーーーーッ

 

なんじゃこりゃーーーー!!!

 

すんごい辛そうではないか!

 

目もシバシバsweat02

 

適当にお酒、しょうゆ、みりんで甘辛く味付け。

 

途中でちょっとつまんで味見。

 

かっらーーーーーーーpunchpunchpunch

 

パンチがきいております。

 

アレだね、これ。おじゃことかと甘辛味噌に使う唐辛子だね。(やっとわかった)

 

お昼の食卓に「めっちゃ、辛いよ」って一応並べたけど、誰も食べないしーーーー

 

私一人でちまちまつまんで食べました。ごはんが進みましたとさ。

 

青果のお兄ちゃん、私に恨みでも?

 

いやいや、それは冗談。辛いけど美味しい辛唐辛子でした。

 

 

 

さて。

 

また前置きがロングになりましたが

 

昨日の夕方、お店番をしておりましたら、当店には珍しくスーツ姿の若いサラリーマン風のお客様。

 

「ふさおとめを5kg5分づきで」

 

すぐに銘柄を指定されたから、初めての方ではないみたい。

 

人の顔を覚えるのは得意な方なんだけど・・・あれ?はっきり思い出せない。

 

「失礼ですが、前も来て頂きました・・・・よね?」とお尋ねすると

 

「はい!あ~、ヒゲがないから!」と顎を触るお客さん。

 

そうだ!思い出した!前はおヒゲがありました!串かつ屋にもご夫婦で来て下さった方でした。

 

「近くにお米屋さんがあって助かります!」って嬉しいことを言って下さる。

 

でも、最近はお米もどこでも売ってるから、わざわざお米屋に入るのに抵抗を感じる若い方もいるみたいですよ、って

 

私が言うと、「いや~、僕はお米屋でお米買うって、なんか嬉しいです」って。

 

嬉しいなぁ~

 

お米屋でお米を買う。

 

当たり前のようで、もうそれが当り前ではない時代。

 

わざわざ来て下さるお客様を大切にしなければ。

死ぬほど笑ったこと。

毎度、最近、足が大きくなったお米屋の嫁でございますriceball

 

大人になってからずっと23.5でした。

 

靴によっては23でも履けたりしていたんですが、

 

最近、23.5がきつく感じるようになり・・・

 

母の日にせっかく娘がプレゼントしてくれたスニーカーも、きつくて交換してきてもらいましたsweat01

 

身長は小学校6年生からほぼ止まったままの私。

 

足だけ成長?

 

嬉しくないわっ!

 

大きくなったって言うより・・・・

 

む、

 

む、

 

むくみ?

 

体のあちこちに変化(老化)を感じる今日この頃。

 

やっぱり運動が必要だなぁ。

 

 

 

 

 

さて。

 

最近、皆さん、死ぬほど笑ったことはありますか?

 

賑やかな娘たちや楽しいお客さんがいるお蔭で、笑うことは多いのですが

 

若い頃のように、「もう、やめて!勘弁!ヒィ~!!!」っていうほど笑うことは少なくなりました。

 

高校時代はもう毎日顎が外れるほど笑っていたのになぁ。

 

今でも、主人と時々「あの時は死ぬかと思ったな」と話題に出るのは、

 

主人の弟の結婚式の時。

 

厳かな神前式での挙式の最中。

 

神主さんの足元をふと見ると・・・

 

先のとがった変わった形の靴。

 

何故かそれがツボに入った私。

 

ほぼ同時に横にいた主人も肩を震わせ始めました。

 

一人だったら何とか抑えられたものを、主人まで笑い出したものだから、もう大変。

 

とにかく下を向いて、笑いをこらえました。

 

もう地獄でした。

 

あと5分、式が長かったら私たち夫婦は窒息していたでしょう。

 

弟くん、ごめん。こんな兄夫婦で。

 

後にも先にも、あれだけ苦しかったことはないです。

 

 

・・・・って、この話、前も書いたか???

 

最近、記憶も怪しくて。すみません。

 

思いっきり笑えないって、本当に苦しいですね。

 

あー、久しぶりに大笑いしたい。

 

 

止まらない・・・

毎度、あぁ、改めて私は周りの人に恵まれているなぁと感じているお米屋の嫁でございますriceball

 

このブログやフェイスブック等で本の発売をお知らせしたら、

 

みんな、「買うよー」「予約したよー」って。

 

友達が宣伝してくれたら、またそのお友達まで「買います!」なんて言ってくれて。

 

買ってくれるってことももちろん嬉しいんだけど、その「気持ち」が何よりうれしい。

 

秀樹わたし、感激。

 

皆さん、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

さて。

 

私が食い意地がはっていることは本の中でも書いていますが

 

今日も私の食いっ気が炸裂。

 

半分、頂きもので生活している我が家。

 

昨日も頂いてしまいました。

バームクーヘン1.jpg

ちょっと画像が悪いですが・・・

 

この箱。おわかりですね。

 

そう、これです。

 

バームクーヘン2.jpg

クラブハリエのバームクーヘンheart01

 

大好きheart01

 

なんでだろ、好きだからっていうのもあるけど、

 

バームクーヘンって他のお菓子にはないワクワク感がある。

 

自分ではホールで買うことないからかなぁ。

 

三時のお茶の時間まで我慢しようと思ってたんだけど・・・・

バームクーヘン3.jpg

我慢できずに、午前中に食べてしまった。

 

そして、蓋をして置いておく。

 

また時間がたつと・・・

 

蓋を開けて、少しだけカット。

 

また蓋をする。

 

少しだけカット。

 

また蓋をする。

 

また蓋を開ける。

 

・・・・の、繰り返しでお茶の時間が来る前に・・・

 

バームクーヘン4.jpg

こうなった。

 

 

食べすぎた・・・

 

だって、美味しいんだもーーーーーんheart01

 

 

さ、食べた分、働いてきまっさーーーー

 

 

 

 

カタカナ

毎度、やっとスマホを新しくしたお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、ずーっと調子が悪く、通話中に突然切れてしまったり、

 

ネットも繋がるのが遅くてイライラしたりsweat01

 

調べものなんて全然できなくて、何のためのスマホか・・と言う感じだったので

 

新しくしてサクサク動いて嬉しいです。

 

このブログ、海外からも覗いて下さってる方がいるそうで、嬉しいことでございます。

 

今更ですが、すごい時代ですね。

 

アナログな私は、今でも電話やFAXを不思議に思います。笑

 

 

 

さて。

 

今日のタイトル、カタカナ。

 

スマホの機種変更に行っても思いましたが、今って本当にカタカナ言葉が溢れていますよね。

 

もう、わけわかりません。だから、余計に細かい契約の説明とか聞く気がなくなります。

 

私くらいの年代でもそうなんですから、親世代は尚更ですよね。

 

同居している主人の父は、しょっちゅう私に聞いてきます。

 

新聞やテレビを見ていて、自分の知らない言葉が出てくると、すぐに聞いてきます。

 

先日も

 

父 「なぁ、園ちゃん。スイーツってなんや?」

 

私 「スイーツって言ったら・・・ケーキとか・・まぁ洋菓子全般やろ」

 

父 「ケーキでええのにな。なんやねん、スイーツて」

 

私 「ケーキだけちゃうやん。お菓子も色々あるやん」

 

父 「わからんなぁ」

 

 

とか。

 

父 「ブログってなんや」

 

私 「ブログ言うたら、まぁ、日記や。パソコンとかケータイで、誰でも見れる日記や」

 

父 「ほな、日記でええやんな」

 

確かに。

 

確かに。

 

父の気持ちはよくわかります。

 

すっかり定着しているカタカナ言葉はいいんですが、

 

どんどん新しく増えて行くカタカナ言葉に私もなかなかついていけません。

 

 

 

 

ミュールってなんや。

 

トリマーってなんや。

 

パティシエってなんや。

 

ギガってなんや。

 

シェアってなんや。

 

なんや

 

なんや

 

なんなんやーーーー

 

父の疑問は止まりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ