ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2014年6月

2014年6月

父との会話

毎度、実家の母からのLINEに「ぶっ」と吹き出すお米屋の嫁でございますriceball

 

最近、ケータイをスマホに変えた母。

 

持ち始めてすぐに「テスト」とか書いたメールが届いたり

 

練習、と言って電話をかけてきたり。

 

そしたら、この間。

 

LINEの画面に母の名前発見!

 

とうとうLINEまで始めたか・・・・

 

きっとお嫁さんが横につてい色々教えてくれてるんだろうなぁ~

 

 

数回、LINEでやりとりした後に

 

「LINE、始めました」って。

 

・・・・・・・

 

うん、知ってる。今、やりとりしてるやん。

 

新聞を読んでる父の写真とか送ってきて。

 

お、写真まで送れるようになったか。

 

昨日は

 

「旭川、暑いで」と。

 

どうして、関西弁なのか。

 

そして、うちの旦那さんにもLINEを送ったらしい。

 

70を過ぎてスマホを持とうと思う気持ち、そしてLINEまで。

 

その好奇心旺盛で何事にも挑戦する姿勢は娘ながら感心します。

 

ただ、絵文字やスタンプの使い方がちょっとズレているのが、たまらなくおもしろい。

 

 

 

 

さて。

 

 

6月も今日で終わり。今年の上半期が終わりです。

 

今日は朝からお陰さまで忙しいのですが、書きたい衝動が収まらないのでパソコンに向かっています。

 

書きたいネタがあると、書きたい!書きたい!ってなっちゃうんですよね~

 

こんな気持ちで仕事してても落ち着かないので、書いちゃいます。

 

月曜の朝って、何だかいつもバタバタ。月末だし余計ね。

 

今日も朝から銀行や郵便局行ったり、買い出し行ったり。

 

銀行で義父の名義の通帳からお金を送金しなきゃいけなくて

 

お金を入れたまではいいのだけど・・・

 

送金しようとキャッシュカードの暗証番号を入力する段になって、あら困った。

 

勝手に「これだろう」と思っていた番号が違った。

 

銀行から父に電話。

 

かくかくしかじか・・・・

 

説明するも、話が全く父に通じない。

 

私 「いや、だーかーらー、毎月健康保険が引き落とされてるお父さんの口座やん。

 

その口座のカードの暗証番号!」

 

父 「はぁはぁ、健康保険な。ほな、組合に聞いてみるわ」

 

私 「いやいや、組合に聞いても暗証番号はわからないから。

 

ほら、○○(他行)の暗証番号もなんや変な語呂合わせにしてたやん?それちゃう?」

 

父 「語呂合わせ?」

 

私 「してたやん!忘れたけど、なんや『イイクニ作ろう』みたいな」

 

父 「イイクニ?なんや?」

 

私 「いや、例えやん!なんかほれ、言うてたやん。『はよ死ぬ』?みたいな?(違うな)」

 

父 「わからん。調べてみるわ」

 

私 「調べるって何を?」

 

父 「くみあ・・・」

 

私 「いや、だからー、組合は関係ないから!一切!」

 

父 「ほうかぁ・・・困ったなぁ」

 

はい、困ってます、私。

 

普段、お金の出し入れとか、お店の支払とかも全部私がしてるし、わからないのも仕方ないも

 

しれないけど、それ以前に、話が通じない・・・・

 

新喜劇の辰ジィと話してるかのようだ。

 

銀行でケータイ片手に声を張りあげて説明するも、結局わからず・・・

 

私 「もういいわ・・・後で印鑑持って窓口で振り込むし」

 

 

 

 

そして、いったん帰宅。

 

父がいたので「(暗証番号)思い出した?」

 

父 「そんなんあるんか?」

 

え?そこから?

 

そして、また言う

 

「組合に・・・」

 

もういいです。

 

組合が暗証番号知ってたらびっくりやわ。

 

耳も遠くて話も通じないことが多い父だけど、幸いなことに体は元気でお店にもまだ

 

出てくれています。でも、耳が遠いのでお客さんとも会話がなりたたないこともしばしば。

 

率先して電話も出てくれますが、聞き取れないことも多く、すぐ私に子機を持ってきます。

 

こんな父ですが、実はファンも多いのです。

 

「今日、お米買いに行って、お父さんとおしゃべりして楽しかった」

 

とか、時々言ってくれます。

 

父のネタついでにもう一つ。

 

お店の前に米粒を食べにすずめがやってくるんですが

 

わざわざお米を撒かなくても、どうしても作業の最中にお米がこぼれたりして、

 

お店の前にはいつも少しは米粒が落ちているのですが、父はわざわざ陳列してある米袋から

 

むんずとお米を一握りつかみ、お店の前に撒いていたのです。

 

しかも、見てたら魚沼産とか・・・

 

そしたら、最近は撒く、というより、ひと塊にしてお米を置くようになって

 

そしたら、スズメが来る来る。

 

そりゃ、スズメ界ではえらい話題になっていたことでしょう。

 

「おいおい、あっこの米屋に行ったらうまい米あるで」って。

 

前までは多くても7,8羽だったのが、最近30羽近く来るようになって

 

さすがに糞もしていくし、これはいかん!と思ったのか、

 

急に私や旦那さんに「米、撒くなよ!」って。

 

いやいや、撒いてたのお父さんやん!

 

 

・・・・と、まぁ、父のネタは尽きないわけで・・・・

 

今度、また本を出すことがあったら父の話題で一冊書けそうです。

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、気にしてくれた方も多いと思うので、ご報告を。

 

あの、猫ちゃんのことです。

 

昨日の午後、女性がうちに尋ねてこられました。あの猫ちゃんを飼っていたお宅の奥さんでした。

 

この度はご親切にして頂いて・・・と、わざわざお礼に来て下さいました。

 

私は恐る恐る尋ねました。

 

「猫ちゃんは・・・・?」

 

すると女性は目に涙を浮かべて「はい、昨日の夜7時ころに・・・・。穏やかでした、本当に」

 

あぁ・・・・

 

やっぱり・・・・そうだったんだ・・・・

 

予想していた返事とは言え、私も涙が止まらず。

 

「いつものようにふらっと出て行って、まさか帰ってこないとは思わなくて・・・

 

あれだけ弱っていたから、きっとどこかで死んでしまっていると思って

 

それが気がかりで・・・

 

でも、こうして拾って頂いて、病院まで連れて行って下さって。

 

本当に運の強い猫でした。本当にありがとうございました」と。

 

もしかしたら死に場所を求めてさまよっているところを私が拾い

 

無理やり延命治療みたいなことをしてしまったんじゃないかという気持ちもあったのだけど

 

見るからに優しそうな飼い主さんの顔を見て、

 

あぁ、よかった。と心から思いました。

 

たった二日我が家に居ただけの猫だったけど、この出来事は私の心にしっかり刻みこまれました。

 

このことについては、また改めて違う場所で書きたいと思います。

 

 

国産もち麦、入荷しました~

毎度、昨日飼い主さんの元へ帰って行った猫のことが気になって仕方ないお米屋の嫁でございますriceball

 

どうしてるかなぁ・・・

 

このブログやフェイスブックを見てくれた方々が、それぞれに心配してくれてました。

 

でも、大切に飼われてた猫ちゃんでよかった。

 

 

 

 

 

さて。

 

最近、テレビで紹介されていたそうで(私は見てませんが)

 

また注目を浴びているらしい「もち麦」

 

遠くは九州からもお問い合わせを頂くのですが、まだあまり売っているお店がないのでしょうか?

 

当店では雑穀の販売を始めた当初から、もち麦は人気で

 

今では1kg袋で継続して購入されるお客様もいらっしゃって、お米と同じ30kg袋で仕入れています。

 

品薄なのか、今回の仕入れから価格が上がっていました・・・・

 

が!

 

当店、価格は今のところ据え置きでございますrock

 

食物繊維が豊富で、腸をきれいにしてくれるもち麦。

 

食感も、普通の麦に比べもちっ、ぷちっとして人気です。

 

 

もち麦拡大.jpg

もち麦お茶碗.gif

食欲が落ちる夏も、このもち麦ごはんなら、あっさり、でも食感が楽しめて箸も進みそうです♪

 

100gのお試しサイズ(税別162円)から1kg入りまでございます。

 

300gや500g等、お好みの量でも量り売りしております!

猫ちゃん、その後・・・

毎度、複雑な心境のお米屋の嫁でございますriceball

 

拾ってきた猫、なんと飼い主が見つかりました!

 

飼い猫だったんです。

 

今日になって「念のため、保健所にも届けた方がいいよ」という知人の言葉に

 

そうか、うっかりしてた!とすぐに電話。

 

保護した場所、日時、猫の特徴等を伝えました。

 

「今のところ、そういう特徴の猫の届け出はないので、また何かありましたら連絡します」と。

 

それから、ほどなく・・・

 

「似たような特徴の猫を探している方がいらっしゃったので、そちらの連絡先をお知らせしますね」と。

 

昨日は一旦回復したかに見えた猫は、今日はもう起き上がるのもやっとな状態。

 

早く!早く!

 

生きている内に、早く!

 

数分後、飼い主さんかもしれない方から電話。

 

「とりあえず、すぐに見に行きます!」と。

 

早く、来てあげて!

 

横たわる猫に声をかけ続けました。

 

年配の男性が車でやってきました。

 

猫を寝かせてある場所に案内、ドアを開けて猫を見るなり

 

「うちのです!」

 

 

 

 

 

あぁ・・・・・・・

 

良かった・・・・

 

間に合った・・・・

 

聞けばもう20年も飼ってる猫だという。

 

一昨日の夜(私が見つけた日)にふらふら~と家を出て行ったっきり、いなくなったそうです。

 

時々、外に出ることはあっても、家の周りをちょこちょこするくらいで

 

まさか、こんなとこまで歩いてくるとは・・・・と、飼い主さん。

 

最近はすっかり弱って餌も食べなくなったので、定期的に点滴をしていたそうです。

 

猫はカゴに入れられて、何度もお礼を言う飼い主さんと帰ってきました。

 

 

 

私は長期戦を覚悟して、ペットシートやお水をあげるためのスポイトなどを今朝、買いに行ったところでした。

 

猫がいなくなった後、それらのものを片付けながら、涙が止まりませんでした。

 

飼い主さんが見つかってよかったという気持ち。

 

なんとか生きている間に返すことができてよかったという気持ち。

 

だけど、ほんとにこれでよかったんだろうか・・・という気持ち。

 

 

飼い主さんの話を聞いて確信しました。

 

やっぱりあの猫は自分の最期をわかって家を出てきたんだと。

 

私が見つけた時、すでにふらふらの状態でした。

 

あの状態で20年住んできた家を出るということは、やっぱりそうだったんだと思えてならないのです。

 

最後の力を振り絞って、その場所を探して歩いていたんだと。

 

それを私が見つけて、家に連れて帰ってきてしまった。

 

とても複雑です。

 

飼い主さんにしてみれば、20年も飼ってきた猫。

 

たとえ残り少ない命でも、やっぱり家で看取ってあげたいだろう・・・

 

だから、保健所にも届けを出したはず。

 

 

飼い主さん、猫を見てポツリと言いました。

 

「もう、どこかで死んでしまってると思ってた・・・」って。

 

でも、生きてました。

 

これで良かったんだと、思うことにします。

 

 

猫、預かってます。

毎度、寝不足でボーっとしているお米屋の嫁でございますriceball

 

寝不足の原因は・・・

 

 

 

猫。

 

 

 

ついこの間、このブログでうちの猫のことを書いたばかりですが・・・

 

昨日、猫をひろいました。

猫.md2.jpg

 

お友達とごはんを食べに行った帰り道でのこと。

 

もうすぐ家に着く、というところで・・・

 

横を通っていった車のライトに照らされた道の先で、小さな猫がトコトコ・・と数歩、歩いたかと思うと

 

ゆっくりパタリと倒れるのが見えました。

 

車は猫をよけて走っていきました。

 

慌てて近づくと、うっすら目を開けたまま、猫が横たわっています。

 

暗くてよく見えませんでしたが、車にひかれたとかではなさそうです。

 

でも、道路の真ん中で寝たっきり動こうとしません。

 

明らかに、おかしい。

 

ちょっとするとゆっくり立ち上がって、ふらふらと道の端へ移動しました。

 

ケータイで娘に連絡をすると、すぐに駆けつけて来てくれました。

 

このまま放っておいても、きっとまたフラフラと歩いて、車にひかれる可能性が大だと思ったので、

 

とりあえず家に連れて帰ることにしました。

 

明るい場所で見ると、その衰弱ぶりは想像以上で、ガリガリに痩せていました。

 

若いのか、年なのかもわかりません。

 

そして、てっきり野良猫だと思っていたら、首に赤いリボンが巻いてありました。

 

抱っこした時も怖がらなかったので、人に慣れている感じはしました。

 

だけど、この衰弱ぶりは・・・・?

 

家に連れ帰っても、数歩歩いたら、パタッと倒れ、またふらふらと歩いては横になり、の繰り返し。

 

結局、深夜遅くまで、子供たちと見守っていました。

 

朝も、生きているか気になって、早く目が覚めてしまいました。

 

そして、朝、一番で病院へ連れて行きました。

 

かなり衰弱していて、腎臓が弱っているとのこと。

 

メスで、かなり高齢とのこと。

 

今はとりあえずこれしか処置できないと、先生が栄養剤を注射。

 

先生も、「野良ならもっと汚れてるけど、皮膚もきれいだし、人に慣れてるから、最近まで飼われていたのかも」と。

 

何かの事情で飼えなくなったのか。

 

それとも、

 

猫は死ぬ時に姿を隠すっていうから、もしかして死に場所を求めて家を出てきたのか・・・・

 

あれこれ、想像してしまいます。

 

病院から連れ帰った直後は、大きい注射をされたショックもあったのか

 

連れて行く前よりかなり危険な感じで、もうダメかも・・・・と思ったのですが

 

今は少しだけ、ほんとに少しだけ回復してきたようにも見えます。

 

でも、昨日から餌を全く食べていません。

 

 

お心当たりの方がいらっしゃったら、うちまでご連絡お待ちしております。

 

上田  641-2076

 

 

 

 

お米の記念品♪

毎度、今朝は子供たちの絶叫で寝不足気味のお米屋の嫁でございますriceball

 

上の子はお友達も泊りにきていて、昨夜は今朝の早起きに備え早く寝ていました。

 

下の子も、今日からテストだと言うのに、遅寝早起き。

 

私は昨日、串かつ屋がとても忙しくヘトヘトで帰宅したので

 

今朝は最初から見るつもりしてなかったんですけど・・・・soccer

 

何時ごろかわかりませんが(多分、日本がゴールした瞬間でしょうか)

 

リビングから「きゃあ~~~~!!!」と絶叫が。

 

その後も、何やら「あーーーーーーっ!!」とか「うわっ!!」とか聞こえてましたけど。

 

残念ながら負けてしまいましたね。

 

上の子がポツリと

 

「また4年後かぁ・・・・何歳や?・・・22歳や!」

 

「お母さんは?」と聞くので

 

「47歳や・・・・わっ・・・・47やて」

 

「父は?」

(※うちはお父さんのことを「ちち」と呼んでます)

 

「51や」

 

「わ・・・・51・・・・」

 

4年後って何だか、重い・・・・sweat02

 

 

 

 

さて。

 

先日、お友達から記念品に使うお米のご注文を頂きましたshine

 

子供さんたちが入っている剣道部の創部10周年記念の祝賀会で配る記念品。

 

せっかくなので、ちょこっと剣道テイストを。

 

無事、祝賀会も終わり、記念品もとっても喜んでもらえたと聞きました。

 

中には「記念にこの袋とっておこう!」って言って下さってた方もいたみたいです。

 

頑張って作った甲斐がありました。

 

記念品.jpg

 

 

 

 

お米は重たくてお土産や引き出物などにはちょっと不向きと思われるかもしれませんが

 

こんな2合、3合の詰合せなら持って帰って頂くのも重たくないですし

 

ラベルもご希望に合わせてお作り致しますので、お気軽にご相談下さいね。

 

riceballウェディングパーティのお土産に

 

riceball名刺代わりに顔写真をつけて

 

riceball宴会の景品に

 

等々に!

 

 

 

 

 

山形つや姫、完売致しました。

毎度、我が家の猫にはそんなになつかれていないお米屋の嫁でございますriceball

 

猫を溺愛している娘たちと違い、私はつかず離れず。

 

かわいいとは思うけど、猫っかわいがり(猫だけに)はしません。

 

だから猫の方も、私には滅多に寄ってきません。笑

 

それに猫が大嫌いな掃除機を、私は寝ていてもおかまいなしでかけるので、私のことを嫌いなはず。

 

我が家のはかなり老齢。

 

一日中、寝てばっかりです。

 

寝場所は大抵、リビングのソファの上。

 

朝、昼、夕方と何時間か置きに用事があって二階に上がると、

 

ずーーーーーっと同じ場所で同じ姿勢で寝ていることがほとんど。

 

大丈夫か?

 

 

 

 

さて。

 

久しぶりにお米の話題です。

 

話題、と言っても完売のお知らせです。

 

■山形県産つや姫

 

■山形県産・管原さんの有機栽培つや姫

 

以上、二点が完売となりました。

 

個人的におススメしているお米なので、残念でございます。

 

次年度はもう少し確保できるように努めます。

 

串かつ屋のおにぎりにも使用していたお米なのですが、

 

ピンチヒッターは同じく「つや姫」、島根県産でございます。

 

山形に比べやや柔らかめではありますが、甘味があっておいしゅうございますriceball

 

あ、ごはんが炊き上がりました~

 

おにぎり、握りまっすrock

 

 

 

 

ことりソープ、新しくなりましたー

毎度、耳は動かせるけど、足の指は開かないお米屋の嫁でございますriceball

 

昔から耳は(耳っていうか、前頭部?)は手を使わずに動かせますが

 

足指ジャンケンは全くできないんです。

 

どうしたら足の指をあんなに広げることができるんですか?

 

挑戦するたびに足がつりそうになります。

 

 

 

 

さて。

 

人気の手作り石鹸「ことりソープ」が新しくなって、入荷してきましたー!

 

わ~、パチパチ~heart04

 

作り手の「ことり舎」さんから「パッケージが新しくなりますので、お待ちを~」って言われてて

 

楽しみにしていたんですshine

 

ことりソープ(新).jpg

かわいい~shine

 

なんだかお菓子みたい。

 

和菓子?みたいな。

 

実際、これをテーブルの上に置いてたら、父が「食べてええんか?」って(笑)

 

食べ物か?じゃなくて、食べてええんかって・・・

 

いや、でもほんとお菓子と間違うようなパッケージです。

 

少し厚みが増した分コロンとして小さくなったように見えますが、

 

容量は前のよりも少し増えています。

 

これからの暑い季節、洗顔やお風呂タイムに、心地よいアロマで癒されちゃってください。

 

 

展示会へ

毎度、ざるそばが無性に食べたいお米屋の嫁でございますriceball

 

あー、美味しいおそばが食べたい。

 

ズズズーッとすすりたい。

 

うちの旦那さん&長女、そばアレルギーなもので、家ではおそばって滅多にしません。

 

おそば=外で食べるもの、なんです。

 

 

 

 

 

さて。

 

先日、ひっさしぶりにお酒の問屋さんの展示会へ行ってきました。

 

お酒の問屋さんの展示会なんて、何年ぶりだろう。

 

結婚した頃は、夫婦で時々行ってましたけど、大抵平日に開催されてるので

 

最近はお店を空けることがなかなかできなくて、行けてませんでした。

 

今回は私一人で行かせて頂きました。

 

JRと地下鉄を乗り継いで行ったんですけどね、やっぱり、道に迷いました。

 

なんとなくそんな気はしてたんです。

 

スマホがあっても、東西南北のわからない私には役立たずsweat02

 

炎天下の中、歩いて歩いて・・・

 

なんか逆の方向に行ってる気がする・・・と思い、自転車を押しているおばちゃんに尋ねました。

 

そしたら、「あんた、逆やで!」と。

 

やっぱりか・・・crying

 

紙の地図を見せると、

 

「えーと、ここか?姉三六角蛸・・・やからぁ」

 

わ~、道聞いて、リアルにこの歌聞いたの初めてかも(ちょっと感激)

 

姉三六角蛸錦~♪(あねさんろっかくたこにしき~)

 

これは碁盤の目になっている京都の通りの名前を歌にしたもの。

 

目的の通りは蛸=蛸薬師(たこやくし)。

 

汗をかきかき、道を戻って、なんとか辿り着きました。

 

ただでさえ限られた時間の中で出かけたのに、大幅にロスsweat01

 

会場前の受け付けで、私が結婚した頃にセールスでまわってきてくれてた営業の方に

 

久しぶりに会ってお互いびっくり。

 

やっと、中へ。

展示会1.jpg

わーいわい!お酒が飲み放題!

 

・・・・って、違う違う。あくまで、試飲です、し・い・ん。

 

自分に言い聞かせる。

 

でもね、私、あの効き酒の「口に含んで、ペッ」って出すやつができない。

 

見てるとかっこよくしてる人いるんだけど、私がやると「だらーっ」ってdown

 

だから、いつも普通に飲んじゃう。

 

酔っぱらって帰れなくなると困るので、ほんとにちょっとずつ注いでもらう。

 

好みの純米酒を探したけど、純米酒はあんまりなかったな。

 

京都の定番のお酒から、夏限定酒や飲食店限定酒なんかも色々あって、楽しかった。

 

 

 

お酒だけじゃなくて、食品もありましたよ。

 

展示会2.jpg

ここは、おだしの会社。

 

試飲でおだしを頂いたんですが、お酒を飲んだあとだったので余計に美味しく感じました。笑

 

お土産に頂いたのはコレ↓

 

展示会3.jpg

佐々木酒造さんの「白い銀明水」

 

佐々木さんって言ったら、あの「蔵之介はんheart01」のご実家です。

 

残念ながら蔵之介はんは来てなかったけど(当り前か)。

 

 

 

道に迷ったおかげで、会場の滞在時間は30分ちょっとだったけど

 

久しぶりの展示会、楽しかったです!

 

 

さ、串かつ屋、いってきま~す!

 

 

 

 

持つべきものは・・・

毎度、自分がしたいことは何なのか最近、真剣に考えているお米屋の嫁でございますriceball

 

やりたいなぁって思うことは、いくつかあるんですけど

 

その中でも本当にしたいことってどれだろう・・・

 

それに自分が「したい!」って思う事と、こういうことをしたらお客さんが喜んでくれるかなぁ~って思う事は

 

また違ったりもするわけで・・・

 

 

 

 

 

さて。

 

私の本が発売になって、以前取材をしてもらった業界新聞さんとかには

 

一応、本を出したことをお知らせして、あわよくば「宣伝してもらえたら」なんてね思ったりもしたんですけどね、

 

北海道の友人に「北海道では宣伝しないの?北○道新聞とか」って言われて

 

そうか、故郷で宣伝することをすっかり忘れてた!って思った私。

 

そしたら、その友人が「たしかMさん(中学の同級生)が月刊誌の記者やってたから、聞いてみようか」と。

 

お願いしまーーーーす!!!

 

Mさんとは小学校・中学校の同級生で部活も一緒だった(因みに卓球部)

 

でも中学卒業以来、会ったことがない。

 

間に入ってくれた友人に連絡先を聞いて、早速メールしてみる。

 

いくら生徒数の少ない学校だったとはいえ、中学卒業から30年近い年月が流れている・・・

 

恐る恐る「覚えていますか?」と。

 

そしたら「もちろん!赤まっちゃん!」と。

 

あかまっちゃん・・・・・私のあだ名。

 

嬉しいなぁ~

 

一緒に卓球をしていた頃を思い出す。

 

 

 

そして、先日送られてきた月刊誌。

北海道経済1.jpg

その名も「北海道経済」

 

そして、記事がこれ↓

北海道経済2.jpg

わーい!

 

思ってたより大きな記事で、感謝感謝でございます。

 

Mさん、本当にありがとう。

 

それにしてもこの雑誌、じっくり読むと道産子の私にはローカルネタ満載で面白い。

 

一番、興味深かったのは表紙の右下「常盤ロータリーの正しい回り方とは?」の記事。

 

私のふるさと・旭川の町にはロータリーと言ったら、ここ!という地元の人も通るのを嫌がる場所がある。

 

私も車を運転していて、実家から10分ほどのこのロータリーは何度も通ったことはあるけど

 

できれば通りたくないところ。

 

でも、私にとっては昔からあるし、そんなに珍しいものという認識はなかったのだけど・・・

 

この記事を読んで驚いた。

 

なんとこのロータリーは国内最大級で、6本の道路が合流し「魔のロータリー」なんて言われたりもしてるらしい。

 

他県から来た人や免許取りたての人にとっては、本当に避けて通りたい場所らしい。

 

入るタイミングも、出るタイミングもわからず、一度入ったら出るに出られずグルグルとまわってしまうとか。

 

そう言われたら、私も一回りしたこともあるし、仕方なく出たい道路と違う道路に出た経験もあると言えばある。

 

でも、こんな記事になるほど、大変なロータリーだったとは知らなんだ。

 

因みに道路標示はこんな感じ↓

常盤ロータリー.jpg

帰省しても車の運転はもう何年もしてなかったけど

 

今度帰ったら魔のロータリーに挑戦してみようかしら・・・

 

 

 

 

 

 

 

酒屋なもんで・・・

毎度、ほろ酔いでいい気分のお米屋の嫁でございますriceball

 

旦那さんはまだ働いてるっていうのに・・・すみません。

 

でも、私もいっぱい働いてますからーーーーー

 

いい気分なので、本日二度目の更新です。

 

秋を思わせる涼しい風が窓から入って来て、気持ちがいいです。

 

うちはお米屋であると同時に、酒屋でもありますbeer

 

「あー、嫁にきてよかった」と思うのは、新商品がいち早く飲めること。(って、それかいっ!)

 

セールスさんが新商品の試飲缶とかを置いていってくれます。

 

試飲缶ですから、

 

ちゃんと試飲しないと。

 

普段、酎ハイは飲まない私ですが、これは惹かれたheart01

 

酎ハイ.jpg

キリンから出る、オトナの酎ハイheart04

 

まずね、缶のデザインが気に入った!

 

やっぱり見た目って大事ね。

 

そして、アルコール度数8%

 

まさに、オトナの酎ハイでございます。

 

もう少し辛口でもいい位だけど、この酎ハイなら飲みたいな。

 

 

 

そして、お次はこれ。

 

すだち冷酒.jpg

菊正宗の「すだち冷酒」

 

最近、こういうの多いです。

 

日本酒やビールに果汁を混ぜたリキュール系。

 

日本酒好きな私としては「邪道だな・・・・」と正直思うのですが、せっかく頂いたので飲んでみます。

 

うーむ・・・

 

氷入れて飲むと、やっぱりアルコールが薄まって・・・

 

だけど、普段日本酒飲まない人は、これなら飲める!って感じになるのかも。

 

あ、写真の「かんかい」は北海道を代表する乾物です。

 

噛めば噛むほどいい味でます。

 

 

まだ、火曜日なのに、何だか明日休みみたいな気分になっちゃった。

 

飲み過ぎ注意報発令だ!

 

ページ上部へ