ホーム>米屋の嫁のひとりごと>お米について>分づき米を始められるなら、今!
お米について

分づき米を始められるなら、今!

毎度、北海道あるあるの記事を読んでは「うんうん」と頷いている

 

お米屋の嫁でございますriceball

 

京都に来て二十年以上たって、北海道の習慣や言葉に触れなくなっても

 

やっぱり北海道で生まれ育ったので、もう体に染み込んでいることは多いです。

 

「手袋」は未だに「履く」だし。笑

 

台風きても雨戸閉める習慣ないし。笑

 

雪が解けたら何になる?は「水」じゃなくて「春」でしょ!

 

北海道はこれから真っ白な季節が始まるんだなぁ。

 

大雪降った朝なんて雪かきわけて学校行ってたなぁ~

 

屋根から伸びるツララを折ってはアイス代わりに舐めてたし。

 

 

今、考えるとかなり不衛生ですが、子供の頃はそんなの普通にやってました。

 

懐かしい。

 

やっぱり思い出すのって冬の景色が多いな。

 

 

 

 

さて。

 

今日も朝からとってもいいお天気です。

 

昨日は滋賀県のお客様に送る荷物を作りました。

 

元々は当店のご近所にお住まいだったのですが、数年前に引っ越されて

 

それ以降もずっとお米をご注文して下さっています。

 

N様、いつもありがとうございます。

 

引っ越された後も、お米をご注文下さる方は他にも何軒もいらっしゃって

 

ずっとご縁が続いていることは本当に嬉しい事です。

 

本も三冊もご注文下さいました。

 

滋賀・N様1.jpg

 

「園子さんのサインと、なんか座右の銘みたいの書いて下さ~い!」と言われ・・・

 

サインはともかく、

 

座右の銘って・・・・(照)

 

書きましたよ、思い切り、カッコつけて。

 

何を書いたかはヒミツ。ふふふ。

 

そして、お米や米油などと一緒に梱包。

滋賀N様2.jpg

N様、初めての「分づき」にも挑戦。

 

N様が「園子さん、あのね、私、いつもせっかく美味しいお米送って頂いてるから

 

私も、もっと真剣にお米に向き合おうと思って!」と。

 

私「ほうほう」

 

N様「で、家庭用精米機を買おうと思うんですけど、どうでしょう?」

 

ふむふむ。

 

いつもN様には10kgずつ送らせて頂いているのですが、その消費にかかる日数は

 

約1ヶ月弱。子供さんが成長してきたらもっとペースは速くなるでしょう。

 

それに当店はご注文頂いてから精米してお届けしているので、つまり精米したて。

 

それを一か月かからず食べ切って下さっている現状を考えると

 

わざわざ家庭用精米機を買う必要はないのでは?と私なりの考えを言わせて頂きました。

 

実際、我が家には家庭用のコンパクトなものはないので、何とも言えませんが

 

よく持ってらっしゃる方から聞く話としては、

 

「時間がかかって面倒」とか

 

「思うような分づき加減にならない」とか。

 

N様も「そうですね、それなら必要ないですねぇ~」と納得されたご様子。

 

そして、続いてN様は言いました。

 

「あと、分づきってどうですか?やっぱりせっかくの新米は白米がいいですか?」

 

まぁ、確かに、白いごはん、この季節は特に美味しいですよね~

 

でも、新米の時期は「分づき」を始めるチャンスでもあるんです。

 

夏場はどうしても酸化しやすくてニオイとかも気になってきますから。

 

「じゃあ、一回食べてみたいです!」とN様。

 

でもいきなり全部、分づきにしてもしお口に合わなかったら困るので

 

10kgのご注文の内、2kgだけを7分づきで。

 

小さい子供さんが3人もいらっしゃるから、ごはん支度も大変だと思いますが

 

いつも明るくて元気なお声で「園子さ~ん、お米送ってくださ~い!」って

 

電話をかけて来てくださるNさんに、私、本当に元気頂くんです。

 

顔が見えなくても、声だけで人はこんなに元気を分けてもらえるんですね。

 

初めての分づき米、気にって頂けるかな?

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/629

コメントする

ページ上部へ