ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2014年11月

2014年11月

毎度、先日京都駅の地下街を歩いていたら、修学旅行生らしき学ラン姿の男子10名程が寄ってきたので

 

集団ナンパかと思ったお米屋の嫁でございますriceball

 

え?誰もおばさんなんてナンパしないって?

 

いやいや、世の中にはモノ好きもおられるんですよ。笑

 

見るからに純朴そうな顔をした男子が近寄ってきて何を言うかと思ったら

 

「この辺にトイレはありますか?」って・・・

 

トイレかい。

 

丁度、京都タワーとつながる所だったので

 

「この中に入ったらあると思うよ」と答えました。

 

「どこか美味しいごはん屋さんはありますか?」とか聞いてくれたら

 

うちの串かつ屋にご案内しましたのに。ふふふ。

 

 

 

さて。

 

とってもいいお天気の日曜日。

 

出かける用事がないこともないのだけれど、今日は体を休めることにします。

 

最近、守りの体勢。

 

ちょっと前ならこんないいお天気の日に、家にいるなんてなかったんだけどなぁ。

 

明日から12月だし、休める時に休んでおこう。

 

え?明日から12月!

 

自分で書いててびっくりしたわ。

 

もう12月なのですね・・・・・

 

 

えーっと、なんだっけ?何を書こうとしたんだっけ?

 

あ、夢、夢です。ドゥリームです。

 

ちょっと最近、将来のことを考えています。

 

第二の人生ってやつです。

 

この間、お店の見学にきた小学生に「いつまでお米屋を続けますか?」と

 

聞かれたからってわけじゃないけど、自分なりに考えていることはあります。

 

ぼんやりとだけど、将来の、まだまだずーっと先の目標というか夢があります。

 

その夢を叶えるためには、今はもっとしっかり地に足をつけて頑張らなきゃ。

 

それがなかなかできなくて、いつもフワフワしてるんですけどねぇ。

 

 

 

あーーー、やっぱりこんないいお天気、出かけたくなってきたぁーーーーー

しっかり、自分!

毎度、酔っている時は極力スマホやパソコンをいじらないように心がけている

 

お米屋の嫁でございますriceball

 

酔うといい気分になります

 

 

気が大きくなります

 

 

勢いで変なメールをしたり、ついクリックをして買い物をしてしまいます。

 

 

後で落ち込みます。

 

 

だから、酔っている時はなるべくスマホやパソコンはいじらないようにしています。

 

 

さて。

 

 

 

今日は朝一番の電話で落ち込みました。

 

 

「○○でございます」(時々、利用している通販会社)

 

「園子様はいらっしゃますでしょうか?」

 

「あ、私ですが」

 

「いつもご利用頂き、ありがとうございます。この度、ご注文頂きました件で、ご確認がございます」

 

「あ、はい、何でした?」

 

「実はですね、ご記入頂きましたカタログ番号や商品番号が、当社のものとは一致しないようでして・・・・」

 

 

 

 

やっちまいました。

 

恥ずかしい・・・・

 

カタログ見ながら番号を記入してたんですが、違う通販会社のハガキに書いたようです。

 

商品番号の桁が違ったりしたから、なんか違和感を感じたんだけど

 

どうしてそこで確認しなかったのか・・・・

 

 

先方さん、ご丁寧に「改めてご注文される時のために、番号を申し上げますのでお控え下さいませ」って。

 

すみません。お手数をお掛けしました。

 

また利用させて頂きます。

 

いやになる、全く。

 

最近、こんなことばっかりです。

 

今日行ったスーパーでも、レジのとこで何もないのに結構な勢いでつまづいて

 

レジの人に「大丈夫ですかっ!」って心配されるし。

 

野菜室にしまったつもりが、キュウリが冷凍庫からカチンコチンで出てくるし。

 

 

もしかして、今、流行りの妖怪の仕業か?

 

んなわけない。

 

 

 

話は全然変わりますけど、昨日、串かつ屋で旦那さんが奥の部屋から何やらガサゴソ出してきた。

 

これ↓

 

レジ1.jpgレジ2.jpgすごい、レトロなレジスター。

 

昔、ほんとに使ってたものらしい。

 

キーが「イロハ」だ。

 

消費税対応できないんだろうな。笑

 

 

 

「新米食べ比べセット」、お陰さまでたくさんのご注文を頂きました。

 

ありがとうございます!

 

心を込めて作らせて頂きますので、楽しみにしていてくださいね~♪

 

 

 

 

 

 

 

キラリ

毎度、子供にはかなわないなーと思ったお米屋の嫁でございますriceball

 

子供の発想とか発言って、どうしてあんなに面白いのか。

 

私にもあんなピュアな時期があったんだろうか・・・

 

 

今日も学習の一環で、地元の小学生2年生がお店にやってきました。

 

前回のことがあるので、内心ドキドキ。

 

前回は10人くらいのちびっこがきて、しかも先生は帰っちゃうし、

 

私一人でちびっこパワーに押されて大変だったのです。

 

でも、今日は先生もいてくれたし、6名と少な目だったので一安心。

 

 

 

インタビュースタート~~up

 

「どーして、お米屋をしているのですか?」

 

お、いきなり核心をついてきますね。

 

「昔はね、酒屋だったの。でも、お酒も段々売れなくなってね、ほら安売りとかできてね

 

(夢のない現実的な話だな)で、お米やったら食べない人はいないし、おばちゃんもごはんが好きだから、

 

お米で頑張っていこうって思って、お米屋さんになりました」

 

次の質問。

 

「いつまでお米屋をやるつもりですか?」

 

笑。

 

知りたいんだね。

 

「気力、体力の続く限り頑張ります!」

 

 

はい、次の子。

 

「何年、お米屋をやっていますか?」

 

「お米専門になったのはまだ10年ちょっとです。でも酒屋から数えると90年位です」

 

「90年!!すげーーーーー!!」

 

「うちのおばあちゃんもまだ生まれてない。だっておばあちゃん63歳だもん」

 

若い、おばあちゃんですね。

 

 

 

次の質問。

 

「お米屋の仕事をしていて辛いことは何ですか?」

 

いいの?言っちゃっていいの?

 

話すと長くなるよ。泣くよ。

 

いやいや、ちびっこ相手に愚痴言ったらあかん、あかん。

 

「う~ん、辛いっていうか、大変なのはやっぱり重たいのが大変かな」

 

 

次の質問。

 

「仕事をしていてワクワクすることは何ですが?」

 

お~!いい質問だねぇ~!

 

「ワクワクするのは、秋の新米の時期かな?お米は年に一回だけとれるものだから

 

秋に新米が入ってくると、今年のお米はどんなんかなぁ~ってワクワクします」

 

 

「何年、お店をしていますか?」

 

 

さっきも同じ質問あったよね??

 

「わーーーー、またおんなじこと聞いてしまったーーーー!!間違ったーーーー!!」

 

崩れ落ちる男の子。

 

かわいい。

 

 

 

「いつまでこの仕事を続けますか?」

 

あ、またですか?

 

そんなに知りたいんですね。

 

「定年はないので、続けられる限り続けます!」

 

先生「はい、もう質問ないかな?キラリは見つけられた?」

 

キラリ?

 

なんですか?

 

「働いて輝いてる人を見つけようって学習なんです!」

 

わわ・・・わたし、輝いて見えたかな?(不安)

 

輝いていたのは銀歯位じゃなかろうか・・・

 

 

 

そして、インタビューが終わり、最後に恒例の精米を見せてあげることに。

 

(玄米を見せて)「この茶色いお米を白くすることを『精米』って言います。

 

これがその機械で精米機って言います。

 

ボタン、押したい人~?」

 

 

ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!

 

みんな手を上げる。

 

「じゃあ、ジャンケンしてください!」

 

 

最初はグーっ、ジャンケンホイッ!

 

わーーーー

 

最初はグーっ、ジャンケンホイッ!

 

男の子二人で決勝。

 

最初はグーっ、ジャンケンホイッ!

 

「ヤッタ――――――!!!」

 

両手でガッツポーズrock

 

そんなに喜んでくれるのかい(涙)

 

そして、みんなで狭い精米室をのぞき込み、勝った子がスイッチ、オーン!!

 

 

ガガッガガッ

 

そして

 

ザ――――――ッ

 

白いお米が出てきたら、みんな「ウォー―――――――!!」

 

大歓声。

 

めっちゃ感動している様子

 

探検.jpgみんな、今日はありがとう。

 

おばちゃん、楽しかったです。

 

ごはんいっぱい食べておっきくなるんだよーーーー

 

そして、大人になったらお米買いにきてねーーーー

 

それまで何とか頑張るから!!(笑)

 

 

 

 

お米屋のみなさん

毎度、昨夜は一緒に寝ている娘に何度も揺り起こされ

 

「いびき、うるさい!!」と言われたお米屋の嫁でございますriceball

 

自分ではわからないんですが・・・

 

ほぼ毎日、かいてるそうです。

 

すまん。

 

 

さて。

 

昨日は明るい内から美味しいお酒を飲ませて頂きました。

 

明るい内に飲むお酒というのはどうしてあんなに美味しいのでしょうか。

 

解放感や仕事をしている人に対して(昨日の場合は旦那さん。笑)

 

ちょっとの罪悪感などを感じながら飲む昼のお酒、

 

最高です。

 

大阪は富田林、

 

兵庫は尼崎、

 

愛知は岡崎から

 

お米マイスターの方たちが串かつ屋へおいで下さいました。

 

うちに来る前に午前中から市内観光をしてきた皆さん、

 

私が最寄り駅に着いたと連絡を受けてお迎えに行くと

 

向こう側からすでに出来上がった状態のお三人さんがいい感じのフラフラ感で

 

こっちに向かって歩いてくるのが見えました。

 

お米屋の方をちょっと見て頂いた後に串かつ屋へ。

お米屋.jpg

Facebookでは普段やりとりをしている方たちですが、ちゃんとお会いしてお話をするのは初めて。

 

人生の先輩でもあり、お米屋の先輩でもある方たちのお話は

 

実に中身のあるお話でした(本当か?)

 

いやいや、でも本当にコッテコテの大阪弁のKさん始め、それに絶妙なツッコミを入れるYさん、

 

その様子を見てお腹を抱えて笑っているNさん、

 

ただ楽しいだけじゃない、やっぱり商売人だなぁ~と思わせる方たちばかりで

 

お会いできて、ほんとに嬉しかったです。

 

お話していて一番感じたのは皆さん、ほんとにお米屋が好きだということ。

 

お米屋の仕事に誇りをもってらっしゃるということ。

 

元気注入していただきました!

 

遠いところお越し頂き、ほんとうにありがとうございました。

 

またお会いできる日を楽しみにしています!!

ごはん、消費拡大作戦!

毎度、この間近所のTSUTAYAさんに行ったら、まだ自分の本が表紙を表にして陳列されてて

 

喜んでいるお米屋の嫁でございますriceball

 

もうすっかり新刊ではないのに、こうして陳列されているってことは

 

ボチボチでも売れているのかなぁ~といい方に考えておりますが(笑)

 

実家の母からも写メ付きでメールがきて、

 

「あんたの本、まだ並んでたよ。買ってきた」と。

 

地元・旭川の何だっけな?何回聞いても覚えられない本屋さんの名前、

 

えーっと、あーっと・・・コンフーチャー?違う、ゴンチャロフ?違う、

 

えーっと、えーっと、ダメだ思い出せない、とにかく本屋さんらしからぬ名前のその本屋さんでは

 

まだ平積みで販売してくれているみたい。ありがたや、ありがたや。

 

 

 

さて。

 

新米も出揃い、本当にごはんが美味しい毎日ですが

 

数年前と違って、子供たちも大きくなったり、串かつ屋を始めたりなんだりで

 

家族6人そろってごはんを食べるという事がほとんどなくなりました。

 

なので、ごはんもその時々で、余ったりして。

 

と、なると次の食事で残った冷やごはんは私が食べることが多い。

 

子供たちにはやっぱり炊き立てを食べさせてあげたいし。

 

でも、ごはんが美味しい季節、やっぱり母も炊き立てを食べたい!

 

だから、「お米消費拡大大作戦!!」を決行中!!

 

別にカレーとか丼とかご飯もののメニューばかり作っているとかじゃなくて。

 

これ、前にも書きましたけどね、もう一度書きます。

 

名付けて

 

「残ったごはんはすぐにおむすびにしちゃって、

 

みんなついついつまんじゃって冷やごはんなくなる作戦~~~!!」

 

長っ!

 

ごはんを食べ終わって、お釜にごはんが残っていたらその時点でおむすびにしちゃいます。

 

できれば一口サイズの小さなおむすび。

 

ごま塩混ぜるだけで、海苔もなくたってOK。

 

 

おむすび.jpg

そうして、このお皿をテーブルの上に置いておくと・・・

 

あら不思議。

 

一つ、

 

そしてまた一つ、

 

減って行きます。

 

配達から戻ってきた旦那さんが、「お!おにぎり」と一つパクッ、

 

新聞でも読もうか、と家に上がってきたじーじが「お!おむすび」と一つパクッ、

 

ちょっと小腹が空いたなぁ、とばーばがパクッ、

 

学校から帰ってきた子供たちが、お腹空いたーとパクパクッ

 

・・・・か、どーかは知りませんが、ほんとに置いておくと

 

知らず知らずの内に減って行きます。

 

そして、気が付けばおむすび完売。

 

冷やごはん、なくなる。

 

イコール

 

母、炊き立てごはん、食べれる!!

 

冷やごはんは冷やごはんで美味しいんですけどね、頻繁だとね(笑)

 

この作戦を日本全国の家庭で実践したら、お米の消費量アップするだろうなぁ~

 

おむすびにする手間はちょっといるけど、大した手間ではありません。

 

小腹空いた時に、スナック菓子とかで空腹を満たすより

 

育ち盛りの子供さんなんて特に、おむすびがあるとママもラクちんです。

 

お試しください~~~

 

 

あ!!

 

思い出した!!

 

本屋さんの名前!!

 

コーチャンフォー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き継がれるもの。

毎度、北海道の友達から「私もブログにあった駐車場の事件は経験済み」とメールがきて

 

あぁ~、私だけじゃないんだ、と安心したお米屋の嫁でございますriceball

 

この間、書いた「錯覚事件」のことです。

 

ほんとに焦った。

 

Y子も焦った?笑

 

今日は今日で、あちこちに車で出かける用事があったのですが

 

道に迷って、本当にぐったり疲れました。

 

毎日、何かあります。

 

 

さて。

 

昨日は誕生日でたくさんの友人・知人からお祝いメッセージを頂き、本当に嬉しいことでした。

 

みなさん、ありがとうございます。

 

わたくし、フォーテーフォー、

 

ゾロ目の44になりましたbirthday

 

恐ろしいですね。

 

この年になると、一年一年があっと言う間なのに、一年の重みだけは怖いくらいに感じます。

 

いい一年だったと来年の誕生日に思えるようにします!

 

 

月に一度か二度、車で通る道に昔からやってる天ぷら屋さんがあります。

 

天ぷらといっても、衣をつけて揚げる天ぷらじゃなく、練り物の方です。

 

京都ではさつま揚げのような練り物のことを「天ぷら」と呼びます。

 

そのお店の前は道がとても細いので、後ろから車が来ていない時しか買えない。

 

いつも「買いたいなぁ~」って思っても、タイミングが合わないと泣く泣く素通り。

 

今日は珍しく後ろに車が来てなかったので、サッと停めて天ぷらを買ってきました。

天ぷら.jpg

 

私が一番好きなイカ天はまだ出来上がってなくて、残念だったけど

 

三種類(普通の平天、のり天、しょうが天)を買いました。

 

いつからお商売をされているのかわからないけれど、私が京都に来た時にはすでにあったし

 

お店の造りからして、歴史がありそうな感じです。

 

一間ちょっとの間口の小さなお店で、昔はおじいちゃんが店先で揚げていました。

 

いつ頃だったか、特に理由はないのだけれど、しばらくお店に行かないことがありました。

 

久しぶりにお店に行ったら、前にいたおじいちゃんではなく若い(と、言っても40代くらい?)男性に

 

変わっていました。恐らく、息子さんなのでしょう。

 

おじいちゃんはどうされたのかと気にはなりましたが、聞くこともできず・・

 

今日も息子さんが黙々と仕事をされていました。

 

味はおじいちゃんの頃と変わっていません。

 

練り物はあまり好きではない私でしたが、ここの天ぷらは大好きです。

 

昨日が誕生日だったからか、ふと思いました。

 

こうして何かを引き継いでいくことってすごいなぁ、と。

 

技術であったり、考え方であったり、想いであったり。

 

受け継いだものを、引き継いで、そして誰かに伝えて行く。

 

私にはそれができるかな。

 

 

一つオトナになったので、今日はこのまま真面目に終わります。笑

アレルギー

毎度、今朝はハプニング続きのお米屋の嫁でございますriceball

 

まず、朝から通帳が見当たらない。

 

いつもあるはずの場所にない。

 

しかも、お金を挟んだままの通帳。

 

最後の記憶を辿るも、はっきりと思い出せない。

 

どうしよう・・・・

 

あちこち探すも見つからない。

 

とりあえず一旦、探すのを諦め買い出しへ。

 

スーパーの駐車場でうまい事一発でバッグ駐車を決め、いい気分になったのも束の間、

 

ギアをパーキングに入れたはずなのに、車がバックしていくーーーーーsweat01

 

わわわぁぁぁ~~~~

 

すでにパニック!

 

車止めで止まるはずなのに止まらないし。

 

後ろの車にぶつかるーーーーーーっっっ!!!

 

時間にしてほんの2秒とか3秒だったと思うけど、とにかく何もできずパニック。

 

いや、どこか踏んだりギアを触ったりした気もするけど、記憶にない。

 

 

 

そして、気が付きました。

 

 

なんと、

 

錯覚だったんです。

 

私がバックで車を入れ停止したのと同時くらいに、右隣に止まっていた車が発進したんです。

 

それで、自分の車が動いていると錯覚してしまったという・・・・

 

こんな経験初めて。

 

ほんとに焦った。

 

よくパニックになってアクセルとブレーキを踏み間違って事故を起こしたとか聞きますが

 

非常によくわかります。

 

錯覚だと気付いた後も、しばらく車から降りれませんでした。

 

誰かに見られていたら、かなり怪しかったはず。

 

停まっている車の中で、一人アタフタしている自分。

 

あー、何ごともなくて良かった。

 

そして、そんな帰り道、「あflair」と思い出しました。

 

通帳の場所を。場所というよりもどうして気が付かなかったか。

 

場所はいつもと同じところ、姿が通帳そのものではなく封筒に入れておいたから

 

通帳ばかり探していた私は気が付かなかったのです。

 

パニックで脳の引き出しが開いたようです。笑

 

これから年末に向けて慌ただしくなりますから、皆さん、事故にご注意を(→自分に言ってます)。

 

 

 

さて。

 

また前置きが長くなりましたが、アレルギー。

 

皆さん、多かれ少なかれ何かアレルギーがある方がほとんどかと思います。

 

私は「これは絶対に食べられない!」というものはなく、特に大きな問題もなく大人になりましたが

 

40歳の時に受けた手術前の検査で生まれて初めて自分が「ヨード」アレルギーと知って

 

※ヨードチンキ?とかの。うがい薬とかね。

 

それもすごいアレルギー症状が出て(大げさではなく「死」を意識したくらい)びっくりしたんですが

 

最近になって、もう一つ「あれ?もしかしてこれもアレルギー?」と思う物が。

 

それは、コレ↓

 

りんご.jpg

 

そう、アポー(馬場さんちゃいますよ)、リンゴですapple

 

昔から、リンゴを食べるとなんか口の中や唇が少しかゆくなってたんですが

 

子供の時はみんながそうなると思っていて・・・

 

大人になってからも、それは変わらなかったのですが、ずっとそうだったから気に留めず。

 

そしたら、友達が「私、バラ科の果物アレルギーなんだ」と言っているのを聞いて

 

「へぇ~、バラ科のアレルギーってあるんだぁ」なんて言っていたら

 

「りんごとか、さくらんぼとか、食べるとかゆくなる」って言う。

 

あれ?りんご?さくらんぼ?かゆくなる?

 

私もだ。

 

そう、さくらんぼも小さい時から食べると口がかゆくなっていた。

 

でもそれがアレルギーとは思ってなくて。

 

でも、普通に食べてますけどね。

 

ひどい症状が出たヨードだけは二度とごめんですが

 

他はあんまり神経質になることもないかと。

 

調べたらきっと他にもありそうですけど、知ると余計反応してしまいそうで。

 

皆さんは何かありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

プチ同窓会in京都

毎度、昨日の夜は女子高生気分に戻ったお米屋の嫁でございますriceball

 

高校時代の友達3人が京都に来てくれました~♪

 

プチ同窓会.jpg

それぞれ東京、三重、大阪から。

 

東京の友達とは約20年ぶりの再会。

 

朝、事故があって新幹線が遅れるハプニングがあったものの、無事京都に到着。

 

私以外の三人は昼間、京都観光。

 

私は仕事があったので夜に合流~

 

八坂神社の階段で待ち合わせ。行くと階段途中でキャッキャ言いながら写真を撮ってる三人を発見。

 

「わ~~~~~、久しぶり~~~~~~~!!!」

 

「変わんないねぇ~~~~」

 

「ほんと、変わってない~~~~」

 

いや、でも変わってないわけないんだよね、あははーーーなんて言いながら、食事のお店へ。

 

東京の子に「最後に会ったのいつだっけ?」

 

「結婚してから会ってないよね?」というと、

 

三重の子が「いや、でも赤まっちゃん(私のこと)が子供産んで実家帰って来た時、一緒にいったよね?」

 

東京の子「え?ほんと?覚えてない」

 

私「短大の夏に会ったのが、最後だと思ってたぁ」

 

 

みんな記憶が曖昧。

 

「そりゃそうだよね、昨日、何食べたかも思い出せないんだから。あははーーーーー」

 

せっかく他府県から来てくれたので、京都らしいお店を、と思い

 

石塀小路の「豆ちゃ」さんへ。

 

みんな、お店の雰囲気も、お料理も喜んでくれました。

 


 

オトナになってみんなそれぞれに違う場所で違う生活を送っているけれど

 

こうして集まってワイワイ賑やかな時間を持てるって、いいですね。

 

とても楽しいひと時でした。

 

みんなありがとう!!

 

 

サプライズ!

毎度、明日の夜がとーっても楽しみでワクワクしているお米屋の嫁でございますriceball

 

高校の同級生が京都に集合します!

 

一人は東京から、

 

一人は三重から、

 

一人は大阪から。

 

東京の子とは会うの20年ぶり位で、めちゃめちゃ楽しみですup

 

ハメを外さないように・・・

 

いや、ハメを外して楽しみますscissors

 

 

さて。

 

 

昨日は、思いがけないサプライズがありました。

 

結婚記念日でしたが、先日の温泉旅行で一応乾杯はしたので、昨日は特に何もなく。

 

そしたら、夕食を終えた後に

 

娘たちが「ちょっと待っててな」と言い残し、二階へダダダーッdash

 

間もなくダダダーッと降りて来たと思ったら

 

「はい」と渡された赤い包みpresent

 

思いもかけないプレゼントに大喜びの図↓

 

 

サプライズ1.jpg

そして、感動して「じ~ん」の図↓

サプライズ2.jpg

あ、一応隣に旦那さんいてます。笑

 

そして、寝ぐせ?は気にしないで下さい。

 

 

プレゼントはこれ↓↓↓

 

ジャ―――――――ン!!!

 

 

サプライズ3.jpg

わはは、どうですか?

 

似てますか?

 

ちゃんと串かつ屋の前掛けまで!

 

私、めっちゃグラマラス&腰のくびれ!

 

旦那さん、濃い・・・笑

 

これはカリカチュアっていう技法の似顔絵なんです(娘が描いたんちゃいますよ)

 

嬉しい&思いがけないプレゼント、ほんとうに嬉しかったです。

 

ありがとね。大切にします。

 

 

 

ついでに昨日の晩ごはんをアップ。

 

土鍋で炊き込みごはんshine

 

土鍋ごはん1.jpg

焼いた鮭を入れて、炊きま~す

 

蒸らし終わったら、ほぐして混ぜ混ぜ~

 

土鍋ごはん2.jpg

最後に三つ葉を散らして、出来上がり。

 

子供たち、「美味しい~」ってモリモリ食べてくれました。

 

さ、今日も頑張りマッスル~~~rock

 

 

 

 

 

 

夫婦

毎度、こんな時間に珍しく家に一人のお米屋の嫁でございますriceball

 

今朝は冷え込みましたねぇmaple

 

でも晴れている日の朝の冷たい空気って気持ちがいい。

 

猫背の背がシャキッと伸びる感じです。

 

 

久しぶりに朝、ゆっくり新聞をめくっていましたら・・・

 

ある読者の方からの投稿が目に入りました。

 

読み終わって思わず、涙が・・・

 

その内容は、ご主人が入院している病院に、今日はやめておこうか・・と

 

思いながらも結局は毎日足を運んでしまう、という奥様。

 

病院に行っても、脚をさすってあげて、洗濯物を持って帰ること位しかできないのに

 

一日でも顔を見ないと不安になる、と。

 

ご主人もそんな奥様を気遣われ、「もうええぞ」と毎日同じことを言う。

 

そして、最後に「元気になり、もう一度二人で暮らせますように」とあった。

 

 

私が涙したのは、投稿者の奥様の年齢を見た時。

 

86歳とあった。

 

お互いを思い合うこのご夫婦の姿が目に浮かぶよう。

 

 

今日、11月13日は私たち夫婦の20回目の結婚記念日。

 

あの日からもうそんなに時がったのかと、ただただ驚くばかり。

 

いろーんな事があった20年。

 

きっと、これからも、いやこれからの方がいろーんな事がありそうだけど

 

人生の大先輩の投稿に、朝からいい気持ちにさせてもらった記念日です。

 

 

 

 

ページ上部へ