ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2015年6月

2015年6月

国産長粒米ホシユタカ

毎度、最近眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めるお米屋の嫁でございますriceball

 

昼間の労働が足りないのでしょうか・・・

 

思い当たる理由がないのですが、昼間、眠いので困ります。

 

 

で、

 

そうだ!

 

京都へ行こう!

 

 

じゃなくて、そうだ、なんか前にじーじが足裏シートなるものを

 

私に買ってくれてたなぁ~って思い出した。

 

フライパンに続き、通販でじーじが購入した「足裏シート」

 

2015626124117.jpg「疲れが取れるらしいで」とじーじがくれたけど

 

何だか抵抗あって使ってなかった(じーじ、ごめん)

 

ずっとしまいっぱなしにしてたのを思い出して、やってみた。

 

2015626124243.jpg足の裏から、毒素がでるそうな。笑

 

朝、足の裏どころかベッド中が毒素まみれになってたらどうしよう・・・と

 

不安もありましたが、これで寝てみた。

 

どうか、どうか、朝までぐっすり寝れますように。。。

 

 

 

 

ダメだった。

 

ぐっすりどころか、2時から5時位までほとんど寝れなかったし。

 

もう、開き直って読書とかしちゃったし。

 

 

で、朝。

 

大丈夫でした、ベッドは毒素にまみれてはいませんでした。

 

恐る恐る足の裏に貼ったシートを剥がしてみると・・・・・・

 

写真は撮りましたが、お見せできません。

 

「コレガ・・・ドクソナノカ・・・」

 

しばらくシートを見つめた私。

 

特にスッキリした感もなく・・・笑

 

効果があるのかどうか、正直わかりませんでした。

 

以上、「足裏シートを使ってみた!」でした~~~

 

 

 

 

いや、違う違う。

 

 

ここからが本題。

 

足裏の話の後に、お米の話。

 

ごめんあそばせ。

 

 

前も一度、国産の長粒米の話題を書きましたが

 

今回は販売用に仕入れましたので、お知らせしまーす!

 

普段、私たち日本人が食べているのは短粒米です。

 

それに対しタイ米などに代表される粒の長いお米が長粒米と言います。

 

世界ではこの長粒米の方が主流なんですよ。

 

長粒米というと、何となく「まずい」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが

 

今日、ご紹介するのは長粒米のいい所と日本のお米のいい所を合わせもつ

 

デビューしたばかりの新品種「ホシユタカ」です。

 

長粒米の玄米を見たのは、実は初めて。

 

いのちの壱の玄米と見た時と同じ位の衝撃でした。笑

 

ほんとに長い・・・・

 

2015626125211.jpgちょっと写真ではわかりづらいかなぁ

 

左がホシユタカ、右が普通のコシヒカリです。

 

実際に手に取って見てもらえると、その違いは歴然。

 

ちゃんと精米できるかと不安でしたが、大丈夫でした。

 

細くて長いので割れるんじゃないかと心配しましたが、きれいに精米できました。

 

 

早速、実食!

 

長粒米に合うって言ったら、まずはやっぱりコレでしょう~

 

2015626125435.jpgスープカレーです。

 

2015626125837.jpgやっぱり、合いますね~

 

思った以上にパラリ感がありますが、ちゃんと甘味もあるお米です。

 

そして、今日は残った冷ごはんでチャーハン。

 

201562613019.jpg普通のお米の冷ごはんも残っていたので、半々くらいで混ぜて作ったんですけど、

 

それでも十分、パラリとしたチャーハンができました~

 

もうね、作ってる最中、

 

私は「陳さんか?」

 

はたまた

 

「周さんか?」って思う位、

 

チャーハン作りが上手になった気がしてしまいました。笑

 

最初からごはんがパラリとしてるから、調理時間も短くて済みます。

 

 

一つ、ご注意頂きたいのは、いつもの調子でフライパンをふって作ると

 

コンロ周りがエライことになります。

 

ごはん、飛ぶ飛ぶ。

 

 

こちらのお米は店頭精米は致しません。

 

白米にしたものをパックして販売致します。

 

 

間もなく、販売開始です~

 

 

◇佐賀県産ホシユタカ   1.5kg入り¥950(税込¥1026)

 

※数量限定です。

 

 

 

 

 

マッサージ

毎度、気持ちのいいマッサージを受けて目がとろ~んとなっている

 

お米屋の嫁でございますriceball

 

2015624155720.jpgお米を買いにきてくれたお友達のTさんが

 

「園ちゃん、ちょっと時間ある~?」って。

 

「何ナニ??」

 

「手のマッサージ、してあげたくて」

 

 

マッサージheart04

 

いやん。

 

して。

 

 

 

丁度、串打ちした直後で手が疲れてたのよ~~~

 

 

商品山積みで狭い店内に椅子を置きモミモミしてもらいました。

 

手のマッサージって私も以前、してもらったことあるんですけど

 

ほんと気持ちいいんですよねぇ~

 

レモンなんちゃら(すみません、疎いもんで忘れました)のオイルの香りに癒されながら

 

心地いい時間。

 

もう、すぐに目がとろ~ん。

 

 

Tさんとはずっと「ごはん、行こう」「ごはん、行こう」って言ってて

 

最近なかなか行けなくて、やっと、やっと

 

数か月越しにこの月曜日に行く約束をしてたのに・・・

 

私の事情で行けなくなり・・・・down

 

 

残念でございました。

 

 

マッサージまでしてくれて

 

おまけに、こんなカワイイお菓子までheart01

 

201562416528.jpgお米をつかったお米の形のおかし。

 

ありがとーーーーー、Tさん!

 

近い内にまた必ず!!

炊飯時に氷

毎度、眠くて眠くて仕方ないので

 

仕事をしているフリをして寝てみたお米屋の嫁でございますriceball

 

 

2015623152744.jpgバリバリ、仕事してるみたいでしょ?

2015623152841.jpg腕組みして真剣に何か考えてるみたいでしょ?

 

寝てませんよ、寝てません。

 

 

 

さて。

 

ふざけてないで、

 

たまには真面目にお米の話を。

 

私がお米屋だってことを忘れられてしまいそうなので。笑

 

 

早いもので、もう沖縄なんかの新米が出てたりするんですけど

 

一般的には新米まではまだ数か月。

 

去年の秋に収穫されたお米も、ずっと同じ水加減では美味しく炊けないものもございます。

 

うちも串かつ屋のおにぎり用の山形県産つや姫は

 

一ヶ月ほど(いやもうちょい前かな)前から

 

水加減を増やしています。

 

最初の頃は寿司めしのラインよりまだ下だったのを

 

今は丁度寿司めしのラインくらい。

 

なんか、いつものお米が硬い・・とか、粘りがない・・・と思ったら

 

ちょっと水加減を増やしてあげて下さいね。

 

あと、この時期、お米はできたら冷蔵庫での保管を

 

特に分づきの方は・・・ってお願いしていますが

 

必ず密閉して保管してください。

 

例えば配達時のクラフトの紙袋のまま冷蔵庫へ・・・とかは絶対しないで下さいね。

 

乾燥してしまいますから。

 

それから、これも夏場になると毎年書いてますが

 

水道から出る水の温度がなまぬるい季節は

 

氷を適当に何個か入れて冷たい水で炊飯するようにするだけで

 

炊き上がりがふっくら、艶やかになりますよ。

 

2015623153757.jpgお試し下さいね~

反省。

毎度、昨日は少し、いやだいぶ、家飲みが度を過ぎた

 

お米屋の嫁でございますriceball

 

 

久しぶりに、そして一気に書き上げた手書き通信、

 

それが終わってホッとしたのと、充実感からか・・・

 

ちょいと飲み過ぎてしまいました。

 

反省・・・・・

 

2015619112719.jpg人間で言ったらきっともう100歳近い印刷機も

 

昨日は止まることなく頑張って印刷してくれたし。

 

嬉しくて、つい。

 

 

娘に「なぁなぁ、アスパラ食べてトイレ行ったらな・・・」

 

って言ったら

 

めっちゃ冷たく、「それ、さっきも聞いたし」って言われる始末。

 

そして、深夜に娘に揺り起こされ

 

「歯ぎしり、ハンパないし!段ボールかなんか、噛んどいたら?」って

 

更に冷た~く言われるし・・・

 

 

 

大人になるとね、こうなるんですよ(笑)

 

二十数年前、極寒の札幌ススキノで、

 

酔って転んだ私を、上から冷たい視線で見下ろして

 

置き去りにしていった旦那さん。

 

あの頃から、酔ったらたちが悪いこと、見抜いていたのね。

 

 

昨日、わたくし、名言を残しました。

 

「大人になるほど不器用になる」

 

いかがでしょうか。

 

色んな経験して大人になったからこそ

 

あれこれ色々考えて慎重になったり、結果、不器用になったり。

 

子供の時は、こんなあれこれ頭で考えてなかった気がします。

 

 

 

昨日のアスパラの話。

 

全国からもうジャンジャカ報告が届いて、ちょっとパンク状態です。

 

・・・・って言うのは嘘です。

 

数件、メールがありました。

 

地元の友達、Yちゃんは「わかる!」って。笑

 

東京のKさん一家に置いては「家族全員、わかります!」って。

 

すごいぞ、すごい!!

 

「アスパラを食べた後の臭いを嗅ぎ分けられる会」を結成せねば!!

 

年に一度集まって、報告会を兼ねた懇親会をせねば!!

 

お料理はもちろん、アスパラづくし!!

 

 

引き続き、皆様からの報告をお待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

 

アスパラを食べた後・・・

毎度、ちびっこに人気のお米屋の嫁でございますriceball

 

お昼前にバイクで近所を走っていたら

 

(あ、いつもの三輪ですよ。笑)

 

近所の神社で今、開催されている「あじさい祭」を見学した後と思われる

 

小学生の軍団に出くわしました。

 

小学生が通り過ぎるまでバイクを停めて待っていたら・・・

 

 

「あ!うえださんや!!」

 

 

「あ~、お米屋さんや~~~」

 

列のあちこちから声があがり

 

見ると近所の子だったり、お客さんの子供さんだったり。

 

町探検の授業でお店に見学に来てくれた子だったり。

 

中には「え?誰だれ?」と不思議そうに私を見る子も。

 

「串かつ屋さんやで!!」という男の子は

 

いつも家族で串かつ屋に来てくれる子でした。

 

二十年後、三十年後、

 

うちの大事なお得意さんになるかもしれない子供たち。

 

私は満面の笑みを返しましたよ(笑)

 

 

二十年後、三十年後・・・・。

 

私、まだ働けてるか?

 

 

 

 

さて。

 

今日の話題は、ちょっとお下品な話題なので

 

読みたくない方はスルーして下さいね。

 

いや、下品ではなかいか。

 

当たり前の生理現象だから。

 

いや、でもトイレの話なので(笑)

 

書こうかどうしようか迷ったんですけど、すごく気になることなので

 

皆さんのご意見が聞きたくて。

 

ズバリ!書きます!

 

「アスパラを食べた後のおしっこの臭い」についてです!

 

 

 

あちゃ~~~~、書いちゃった・・・・・

 

 

これで、私のブログを読む人が、減ったらどうしよう・・・・・・

 

 

でも、そんな私の大事な大事なこのブログの運命をかけてでも

 

聞いて欲しいことなんです!!(大げさ)

 

 

私はアスパラが大好きです。

 

特にこの時期、故郷の北海道のアスパラは最高です!

 

串かつ屋の方でも期間限定でお出ししていて、とても好評です。

 

親戚からもアスパラが送られて・・・

 

 

って、書いてたら!!!

 

今、ほんとに今!!

 

親戚から届きました、アスパラ。

 

201561812400.jpg

 

 

あまりにタイミングよくて、びっくり。

 

 

あ、話を戻します。

 

そう大好きなアスパラ、旬のこの時期、

 

食べる機会が多いんです。

 

まず、このことを書いておきます。

 

 

ここ一ヶ月前位からでしょうか。

 

トイレで用を足した時(小の方です)

 

いつもと違う臭いが気になりました。

 

詳しく書くのもアレなんで書きませんが

 

なんとも形容しがたい臭いであることは確かです。

 

ほんとすみません、こんな話題で。

 

読むのいやだったら、やめてくださいね。

 

 

それが何度も続いたんです。

 

段々、気になってきました。

 

排泄は健康のバロメーター。

 

いつもと違うということは・・・

 

???

 

私、なんか病気???

 

 

で、気になって調べました。

 

確か検索キーワードは

 

「尿  臭い 気になる」とかだったような・・・・

 

 

そしたら!!!

 

 

そしたらですよ!!!

 

 

検索結果の何個か目に驚きの答えが!!!

 

 

なんと、

 

アスパラを食べると

 

尿の臭いが変わるっていうんです!!!

 

 

びっくりだぁ~~~~

 

 

しかもです!!

 

なんとその臭いの変化に気づく人(その臭いをかぎ分けられる人)が

 

5人に1人って言うんです!!!

 

 

私、その5人に1人??

 

 

あんまり、嬉しくないな。

 

 

アスパラが出回るこの時期、

 

皆さん、是非、気にしてみて下さい。

 

そして、嗅ぎ分けられた方、是非、ご連絡下さい!!

 

友達になりましょう!!

 

 

 

 

東京の酒屋さん

毎度、ブルーマンデーなお米屋の嫁でございますriceball

 

そんな気持ちを切り替えるために

 

朝から濃い濃いエスプレッソをcafe

 

そして、拭き掃除。

 

拭き掃除は「無」になれます。

 

そして、旬の新生姜をひたすらスライス。

 

2015615155559.jpg無になり過ぎて、危うく自分の指までスライスしそうになりましたが。笑

 

新生姜の甘酢漬け。

 

大好きheart01

 

 

さて。

 

東京の酒屋さん。

 

私が時々、お酒を購入している地酒専門店です。

 

うちも一応、お酒売ってますが

 

うちでは仕入れられないような、全国各地の小さな蔵のお酒を

 

蔵元さんと直接取り引きして販売しているお店です。

 

偶然、ネットで見つけた酒屋さんなんですが

 

商品の説明文やブログ等から、店主さんの真っ直ぐな人柄が

 

伝わってきて、すぐにファンになりました。

 

ありきたりな言葉ですが、「自分を持ってる」

 

いい意味でちゃんと「自信がある」

 

そんな方です。

 

丁度、私が利酒師の資格を取ろうと決めてから

 

このお店に出会ったのも何かのご縁と勝手に思っています。

 

自家消費用だけではなく、串かつ店用にも少しお酒を仕入れようと思い

 

どのお酒にしようかと、商品リストの説明文をくまなく読んだけど

 

どれもこれも美味しそうで、決められない。

 

そこで、私は直接お店に電話をかけてこう言いました。

 

「決められないので、お任せでおススメのものを何本か・・・・」

 

返ってきた答えに、私は自分が恥ずかしくなりました。

 

「選んで差し上げたいのは山々なんですが・・・

 

私はうえださんとこのお店に伺ったことも

 

お料理を食べたこともないので、どんなお酒が合うか正直わかりません。

 

無難なものを送ることは可能ですが・・・

 

それでもよろしいですか?」

 

 

おっしゃる通りです。

 

これだけ仕入れるお酒や品質管理にこだわって

 

真剣にお酒に向き合ってる方に

 

「お任せで・・・」とは本当に失礼なことを言ってしまったと反省しました。

 

この事があって、ますますファンになった私です。

 

間もなく開店5周年を迎えるその酒屋さん、

 

記念イベントに用意した300枚のチケットがなんと完売、

 

そして取引のある全国の30程の蔵元さんがほとんど駆けつけてくれるって言うんだから

 

どれほどその店主さんが愛されているか、信頼されているか

 

あの人のためならって思われているか、わかることですね。

 

あーーーーーー、私も参加したかった・・・・・

 

 

敢えて東京の何ていう酒屋さんかは書きませんが

 

私が今、直接会ってみたい人ベスト3に入ってます。

 

さ、今夜も美味しいお酒、飲むぞーーーーーい!!

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19才

毎度、今朝、出先で挨拶された方がどこのどなたか

 

思い出せなくてずーーーっとモヤモヤしているお米屋の嫁でございますriceball

 

郵便局の前ですれ違って、お顔は知ってるんですよ。

 

間違いなく知ってる方なんです。

 

あちらから先に挨拶されて

 

挨拶を返したのはいいんですが・・・・

 

あぁ・・・・思い出せません。

 

お客様では・・・ない。

 

子供の学校関係でも・・・ない。

 

いつも制服を着ている姿しか知らない方が

 

私服だったりすると、わかならなかったりします。

 

一応、挨拶はしたのですが、

 

もっと他に「いつもお世話になっております」とか

 

「先日はありがとうございました」的なことを言わなければならない方だったのでは??

 

とか、気になっております。

 

そう言えば、以前、私が人違いをして知らない方に挨拶をした時、

 

軽く受け流してくれたらいいのに

 

真顔で「どちら様ですか?」と聞かれ、アタフタした経験があります。笑

 

人類、皆兄弟。

 

とりあえず、笑顔で挨拶しましょう。

 

ははは。

 

 

 

さて。

 

昨日は少し早い長女の誕生日祝いをしました。

 

家族全員揃う日が昨日しかないとわかり、急きょ。

 

2015612124857.jpg19才です。

 

もう早、19才。

 

私が友達と夜に出かけるなんて言ったら

 

「行かないで~」って大泣きしてたのがついこの間のようです。

 

それが今ではすっかり、私よりオトナな発言をする時もあり

 

図星な忠告をしてくるまでに成長しました。

 

ロウソクの灯りを消す時、じーじがハーモニカで「HAPPY BIRTHDAY」を演奏してくれました。

 

ちょっと半音ずれてて、何だか悲しい曲になってましたが(笑)

 

娘もとても喜んでいました。

 

2015612125256.jpg昼間に一生懸命ハーモニカの練習をしていたじーじの姿を

 

こっそり隠し撮り。

 

さぁ、部屋の電気を消して、歌を歌おうっていう時に

 

じーじの姿がないから、どこ行ったんだ?と思ったら・・・・

 

洗面所で髪を整えていました。

 

愛する孫娘に演奏するため、身だしなみまで整えてくれていたようです。

 

お店もあって手の込んだお料理はできなかったので

 

焼肉メインで(笑)

 

娘の好きな生春巻きは頑張って作りました。

 

2015612125657.jpg

 

 

娘を初めてこの手に抱いた時の大切な写真

 

2015612125756.jpg戦いを終えた後の私の顔はとてもお見せできません。

 

この日から19年、たったんだなぁ・・・

 

そう言えば、この間、実家に帰った時に聞いた法話の中で

 

「人は『生まれよう』『生まれたい』という意識を持って

 

この世に生まれてきてるんです」というお話がありました。

 

「だから、生きて行く責任があるんです」と。

 

 

これから社会に出て、大変なこと、辛いこと

 

たくさん経験すると思うけど、

 

それを糧にして生きていける人間になって欲しいと思います。

 

あ、自分に言い聞かせてます。

 

おめでとう。

美味しいビールのその訳は・・・

毎度、やっと元気復活の兆しが見えてきたお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日はもうそれはそれはぐっすり寝ましたsleepy

 

早目にお風呂に入り、軽く飲んでテレビを見ていたら・・・・

 

ソファでぐっすり。

 

「もうっannoyちゃんと部屋行って寝!」

 

と、いつも娘に言うてるくせに・・・・

 

あ、夜中にちゃんとベッドに移動しましたけどね。

 

 

 

さて。

 

串かつ屋の話です。

 

当店に来て下さるお客様がよくおっしゃる言葉、

 

「うえださんとのこ生ビール、美味しい~~up

 

ありがとうございます。

 

「串かつ、美味しい~」と言って頂くのと同じくらい、嬉しい言葉です。

 

生ビールなんて、銘柄が同じだったら、どこも同じ味じゃない?

 

ノン、ノン、ノン(石野真子ちゃいますよ)

 

生ビールの美味しさにはいくつかのわけがあります。

 

まず、

 

ビールそのものの鮮度です。

 

樽を開封してから何日も消費にかかるようでは、味が落ちます。

 

それから、

 

サーバーの清潔さです。

 

家の掃除なんてまーーーったく手伝ってくれない旦那さんですが

 

サーバーの洗浄は毎日欠かさずしています。

 

美味しいビールがあったって、通ってくる管が汚ければ意味がありませんから。

 

そして、最後はこれです。

 

2015611142126.jpgエンジェルリングと呼ばれる泡のライン。

 

きれいなジョッキでなければこうはなりません。

 

臭いも気になる所です。

 

時々、外食をすると生臭いジョッキがあります。

 

ジョッキを食材と一緒にしまってあったり

 

他の食器を洗うのと同じスポンジで洗ってたりが原因です。

 

美味しいビールは、クーッと飲めるんです。

 

だから、私はジョッキの洗浄にはとても気を遣っています。

 

お客様が美味しそうな顔でビールを飲んでる姿は

 

私もとても嬉しいです。

 

横に座って一緒に飲みたくなります。笑

 

 

あ、また雨が降ってきました・・・

 

 

 

 

帰省その②

帰省ネタの続きです。

 

 

そして、二日目。

 

目的の法要、二つ目は

 

宗祖・親鸞聖人の七百五十回忌記念法要です。

 

京都の本山での七百五十回忌は数年前にで行われ

 

その時は私もお参りをさせて頂きました。

 

回忌にあたる年からだいたい十年以内くらいに

 

全国の末寺でも記念法要が行われるそうです。

 

この日、母と兄のお嫁さんは留袖を着ました。

 

「法要なのに、留袖?」と普通に疑問に思った私。

 

母に聞くと「だって、七百五十回忌だよ。お祝いみたいなものでしょう」との返事。

 

確かに。

 

五十年に一度しかない記念の法要に参加できたことは嬉しいことです。

 

 

2015610192540.jpg外での記念撮影。

 

このような大きな法要などには普通のお袈裟ではなく

 

七条という、いわゆるお寺さんで言うところの「いっちょうら」を着ます。

 

いっちょうらを着た父、兄、弟。

 

こんな姿を見ることも、もうないかもしれません。

 

兄のお嫁さんに、聞きました。

 

「サラリーマンとかの奥さんが、新しいスーツとか着た旦那さんを見て、

 

『かっこいい~』とか思うみたいに、こういうお袈裟着てるの見て、キュンとするもの?」

 

「それは・・・・ないかな。笑

 

でも、『あ、今日はいい声heart01』とかは思う」

 

そう、お寺さんは声が命。

 

本当にいい声のお経は鳥肌が立ちます。

 

 

2015610193122.jpgおじゃる丸です。

 

違います。

 

お稚児さんです。

 

めんこいでしょ。もうすぐ4歳になる甥っ子くんです。

 

201561019362.jpg今にも蹴鞠遊びが始まりそうな感じです。

 

そして、行列がスタートします。

 

2015610193248.jpg近所を歩きます。

 

 

2015610193421.jpg私も着物をきて、おしとやかを気取って参加。

 

結構な長い時間を、お稚児さんたちも頑張って歩いてくれました。

 

2015610193731.jpg記念法要が始まりました。

 

中央に住職である兄が座るのを見て

 

「あ、そうか・・・兄が住職なんだな」と改めて思った私。

 

兄が住職を継いでからもう何年にもなりますが

 

兄がこの場所に座る姿をほとんど見たことがない私には新鮮でした。

 

記念法要とあってお経も特別なもので(多分。笑)

 

滅多に見れない儀式(?)のようなものもあり

 

興味深く、また本当に感慨深くお参りしていました。

 

201561019427.jpg法要後の祝賀会。

 

総代さんや婦人会の方々。

 

私が小さい頃から知っている方もいて、本当に懐かしさを感じると同時に

 

こんなにも長い年月をお寺のために尽くして下さる方がいるんだなぁ・・と

 

私はもうお寺を出た身ではあるけれど、本当にありがたく思いました。

 

私はただ法要の時に帰っただけですが

 

祖父の法要から、記念法要までをみて

 

これだけの法要をするのにどれだけ大変な準備があったことだろうと思い、

 

それを手伝って下さった方々には本当に頭が下がる思いでした。

 

二泊三日という慌ただしい帰省ではありましたが

 

今回の帰省は一生の思い出となりそうです。

 

 


6月とあって、いつもは見れない庭の花々も見ることができました。

 

一番、見たかったのは・・・

 

201561184145.jpgすずらん。

 

久しぶりにみました。

 

201561184235.jpg201561184335.jpg

そして、三日目。京都に戻る日です。

 

〆はやっぱり・・・

 

201561184453.jpg近所で小・中の同級生がラーメン屋さんをやっています。

 

次々とお客さんがきて、繁盛している様子でした。

 

残念ながら同級生は支店に行ってるみたいで不在でしたが

 

美味しいラーメンを食べてシアワセでした~

 

ご馳走様でした。

 

 

色々なこと感じた今回の帰省。

 

帰省させてくれた家族や留守の間、家事をしてくれた娘たちにも感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰省その①

毎度、今日になって帰省の疲れが出始めているお米屋の嫁でございますriceball

 

週末から二泊三日で帰省してきました。

 

しかも一人での帰省は二十年ぶりairplane

 

そしてこの季節の帰省も十何年ぶり。

 

いつもの帰省は雪景色の季節だから、また違った景色が見られるかと楽しみでした。

 

 

 

 

 

今回の帰省の目的は法要です。

 

一つ目の法要は私の祖父の二十五回忌。

 

今まで節目の法要にも帰っていなかったので、

 

今回は思い切って帰省することにしました。

 

伊丹発8時10分の飛行機に乗るため、早朝に京都を出発。

 

ゆとりを持って出たのですが、バス乗り場が変わっていたり

 

空港に着いてからもちょっとハプニングがあったりで、結局搭乗時刻ギリギリに。

 

朝、早かったせいか、離陸前にすでに爆睡sleepy

 

離陸時のあの圧でも起きませんでした。笑

 

目が覚めたのも着陸の数分前。あっと言う間でした。

 

そして、千歳からが長い!

 

飛行機に乗る時間より長く電車に揺られ、故郷の旭川駅に到着。

 

すぐにタクシーに乗り込み、実家に着いたのは読経が始まる15分ほど前。

 

間に合ってよかった~~~~

 

201569163145.jpg

201569163018.jpg20156916316.jpg

奥から、父(前住職)、兄(住職)、弟(副住職)の三人です。

 

普段、遠く離れている私にとって、こうして三人がそろって読経する姿を見るのは

 

滅多にないことなので、とても感慨深いものがありました。

 

この姿を見れただけでも、帰省した甲斐があった

 

そんな風に感じたほどです。

 

法要が無事終わり、続く法話のテーマは「亡き人を偲ぶということ」

 

亡くなった人の思いで話をしながら、飲んだり、食べたり、

 

そんなことが「偲ぶ」ということではない。

 

それはそれでいいのだけれど

 

本当の「偲ぶ」という事は、

 

亡き人に我が身が照らされて、

 

自分という人間を見つめたり

 

亡き人の教えに出会う場だと。

 

訛りのある独特な口調の法話が心に沁みました。

 

私の祖父は、頑固で、口うるさく

 

いつも口を真一文字に結んで怖い顔をして

 

子供時代の私には「大好きなおじいちゃん」という感じでは正直ありませんでした。

 

でも、亡くなって二十数年がたち

 

私も一応年齢だけは大人になった今、

 

思い出の中の祖父は何故かいつも笑顔で

 

口うるさく言われた色んなことも、素直に心に響きます。

 

あぁ、今、今の私であの頃の祖父に会いたかった。

 

そう思いました。

 

 

 

法要後は境内に屋台が出ました。

 

201561014515.jpg201561014552.jpg中央で焼き鳥を焼くのは近所の焼き鳥屋のご主人。

 

じゃなくて、兄です。住職です。笑

 

2015610141258.jpg「私も一応、手伝いましたよ」の証拠を残すべく。笑

 

 

そして、夜はお寺でコンサート。

 

屋台にコンサートに、何だか私がお寺を離れて何十年かの間に

 

お寺も変わったものですね。

 

 

 

その②につづく・・・・

 

ページ上部へ