ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2015年7月

2015年7月

最近、飲んだお酒たち~

毎度、まだ月曜日なのに何だかもう週末気分のお米屋の嫁でございますriceball

 

しかし、暑いですね。

 

北海道もすごいですね、気温が。

 

もう「北海道=涼しい」ではない。

 

北海道コシヒカリも誕生しそうだな。

 

 

 

さて。

 

 

久しぶりに日本酒ネタです。

 

最近、お酒ネタが少なかったですが、飲むのは毎日飲んでます。

 

最近飲んだお酒たち~

 

2015713212321.jpg頂きものの高知のお酒。

 

その名も「文佳人(リズール)」

 

「精読者」って意味もあるらしい。

 

活字好きの私にぴったり。

 

一口目、口に含んだ印象は「梨」を思わせる香り。

 

飲みやすくて、クイクイいけました。

 

 

2015713212742.jpg今年初の夏酒。

 

兵庫は龍力さんのお酒。

 

自分用に注文した頒布会の一品です。

 

水色の瓶が涼しげですな。

 

2015713213952.jpgこれまた頂きもの。

 

一口飲んで・・・・

 

「お!」

 

「お?」

 

 

古酒でした。

 

三年古酒。

 

古酒って、アテを悩みます。

 

個性が強いので、アテもいぶりがっことか合うのかなぁ~って思ったり。

 

 

 

そして、今日は・・・

 

2015713214416.jpgふなぐちカップ。

 

あま~~~~いheart01

 

 

 

 

 

夏もお酒がおいしゅうございます。

 

 

あ~~~、おいしい鱧食べたいっっ!!!

 

 

 

頂きもの

毎度、今日はモヤモヤ気分のお米屋の嫁でございますriceball

 

ちょっと仕事がらみで、ありまして・・・

 

でも、そんなモヤモヤ気分を吹き飛ばす頂きものがありました~

 

201571016345.jpg夏野菜をいっぱ~いheart01

 

お客様の畑でとれた野菜です。

 

かわいい文字のメッセージも添えられて。

 

20157101658.jpgビタミンカラーを見て、元気になりました!

 

食べてもっと元気になります!

 

Kさん、いつもありがとうございます!!

 

自然の色って本当にキレイ。

 

 

あ、自然の色と言えば・・・

 

昨日の夕焼けがすごかった。

 

201571016626.jpgちょっと加工してますけど。笑

 

でも、ほんとにすごい色でした。

 

まさに「焼け」てました。

寿司めし

毎度、夢で会った人が誰か気になるお米屋の嫁でございますriceball

 

娘に「寝言で『はじめまして』って挨拶してたで。笑」

 

と言われました。

 

誰に会ってたんだろう・・・・・

 

全然、夢の内容が記憶にない。

 

 

夢に出てくる全然知らない人って気になりませんか?

 

勝手に作り上げた人なんでしょうか。

 

それとも一度でもどこかで会ったことがある人で、

 

記憶の奥の方に残っている人なんでしょうか。

 

私と夢の中で会った方、いらっしゃいましたら名乗り出て下さい。

 

 

 

本題に入る前に、最近面白かった実家の母からのLINE。

 

少し前に体で「何だかちょっと気になることが・・・」と言ってたので

 

「早めに検査してよ」と言っていたのですが

 

その検査に行った日に送られてきたもの。

 

201579155237.png

異常なくてほんと良かったけど、

 

腸を汚したくないから寝ます、ってよく意味がわかりません。

 

 

 

 

 

さて。

 

暑くなってくると、時々、バラ寿司が食べたくなります。

 

今でこそ猛暑日もある北海道ですが、

 

私が子供の頃は、夏でも涼しかったので、こっちに比べると

 

「寿司めし」を食べる機会って少ないように思います。

 

にぎりは普通に食べますけどね、

 

家庭でバラ寿司とか出るのって、何か行事があったりとかの時で

 

普段はあんまり食卓に並ぶことはなかったと思います。

 

因みに関西で言うバラ寿司って言うのは、五目寿司のことです。

 

寿司めしって難しいなぁ~といつも思います。

 

ごはんの炊き加減であったり、

 

酢の量、酢の味、

 

なかなか「ん!うまい!」と絶妙な仕上がりになることがありません。

 

市販の寿司酢は甘いものが多いような気がして

 

大抵は自分で合わせて作りますが、

 

うまくいかないと、ほんとに具と酢飯が「バラバラ」でまさに「バラ寿司」な感じ。

 

たまに全てがうまいことまとまった味に仕上がると、ほんと嬉しいです。

 

これから暑くなって、寿司飯の登場する機会も増えそうです。

 

ワンパターンのバラ寿司だけじゃなく

 

今年は押し寿司とかにも挑戦してみたいなぁ。

 

 

昨日作ったバラ寿司。

 

201579161110.jpg

 

 

情けは人のためならず

毎度、ここ2、3日、最近では珍しくグッスリ寝れてるお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日なんて、はっきり記憶にないけど、多分8時前には寝ちゃってたような・・・

 

服のまま寝ている私に、娘たちが何度か声を掛けてくれたみたいだけど

 

全く反応がなかったらしい。

 

で、目が覚めたら11時半位。

 

それからお風呂に入って、ちょっとテレビ見て。

 

3時間以上寝ちゃってるから、寝れないかなぁ~っと思ったけど

 

そこからまた朝までぐっすり。

 

逆に、寝過ぎか?笑

 

 

さて。

 

今日、私宛に一通のハガキが届きました。

 

裏表に、びっしりと文字が書いてあります。

 

20157713030.jpgご高齢のお客様からのお葉書でした。

 

先日、串かつとおにぎりをお届けしたお礼が書いてありました。

 

半月ほど前でしょうか、お電話があったのは。

 

「ちょっとケガをしてお店まで行けないから、串カツとおにぎりを配達して欲しい」とのお電話でした。

 

当店では基本的に串かつの配達はしていません。

 

そして、その日はタイミング悪く、とても忙しい日で

 

予約でほぼ席は満席、目一杯作ったおにぎりも数に余裕はないと思われました。

 

ご高齢の方の、しかもケガをされているということで、

 

私も、申し訳ない・・・と思いながら、理由を言ってお断りさせて頂きました。

 

すると、先方さんは「無理言ってすまんかったね、また買いに行くわな」と言って

 

電話を切りました。

 

主人に手短かに内容を伝えると、主人も眉根を下げて「あぁ・・・」と。

 

すぐに仕事に戻って、バタバタしながらも

 

胸の中に残るモヤモヤ・・・・・

 

 

その方は、前にお米屋の方でおにぎりを販売していた時に、よく買ってくださって

 

いつも「奥さんのおにぎり、美味しいわぁ」と言って下さってた方でした。

 

串かつ屋を始めて、お米屋でのおにぎり販売をやめた後も

 

「もう、売ってへんねんなぁ。また奥さんのおにぎり食べたいわぁ」と

 

何度も言って下さってたのです。

 

私もそれが嬉しくて、今度、ちょっと余分に握ったら、おにぎりを届けてあげようと思っていたのです。

 

でも、思っていただけで、その今度は、また今度、また今度・・になって

 

結局、おにぎりを届けることはしていませんでした。

 

 

 

その方はご高齢の姉妹で二人暮らし。

 

電話をかけて来られたのは、いつもお店に来て下さる妹さんの方でした。

 

 

後悔する、と思いました。

 

すぐに主人にお願いして、串を揚げてもらいました。

 

おにぎりも2個位なら何とか・・と思い、容器に詰めました。

 

そして、串が揚がってすぐにバイクで向かいました。

 

でも、インターホンを押してもなかなか出てくる気配がありません。

 

ケガをされているから、すぐには動けないのだろうと思って

 

置いて帰って、後から電話をしようと思っていると、中から返事がありました。

 

名乗ると、「いや~、来てくれはったん!」と。

 

私も急いで店に戻らねばならず、ゆっくり話すことはできませんでしたが、

 

品物を渡すと、とても喜んで下さったので、、良かったなぁ・・と思いました。

 

翌日には、妹さんの方からお礼の電話があり

 

「本当に美味しかった。ありがとうございます」と何度も何度もお礼を言って下さいました。

 

そして、今日のお葉書。

 

これは93歳になるお姉さんからものでした。

 

頼りにしている妹もケガをして、大変であることや

 

おにぎりと串かつのお礼などがびっしり書かれていました。

 

 

私が言いたいのは、

 

私、いいことしたでしょ?ってことではなく

 

「人は人のために何かをするということはないんだ」ってことです。

 

私が、あの日に、串かつとおにぎりを届けたのは、

 

お客さんのためではなく、ほぼ自分のため。

 

自分が後から後悔したくないと思ったからです。

 

詳しくは書けませんが、実は以前、これもお年寄りのお客さまでしたが

 

悔やんでも悔やみきれない出来事があったんです。

 

そのこともふと頭をよぎりました。

 

ご高齢のお客様が、食べ物も買いに行けなくて困っている、ということを想像して

 

いたたまれない気持ちになったのもあります。

 

でも、それは「お客さんのため」とおこがましくも勘違いしながら

 

実は、本当は間違いなく「自分のため」なんだと、はっきり思いました。

 

 

 

そして、この時、同時に感じた思い。

 

私はいつからこんな人になったんだろう。

 

「決まりだから」「商売だから」とか、損得勘定やその他色んなことを考えて

 

気持ちで動くことができない人になっている気がしました。

 

昔はこんなんじゃなかった気がします。

 

 

 

 

情けは人のためならず、と言う言葉があります。

 

これは「人に情けをかけるのは、その人のためにならない」という意味ではなく

 

「人に情けをかけるのは、回り回って結局は自分のためだ」ということです。

 

人は、どうやら自分のためにしか生きられない生き物のようです。

 

でも、それでいいと思います。

 

それでいいというか、それが当たり前なんだと思います。

 

 

前が降り続く七夕に届いた一枚のハガキ。

 

大切にします。

 

 

 

 

すみません、今日はオチありません。笑

 

こんな日もたまにはいいでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舅と二人

毎度、高いところにある物をおろそうと

 

脚立に乗って作業をしていたら

 

棚から落ちてきた何かが、喉の奥にスポッと入り

 

虫か何かかと思ってパニックになり

 

危うく脚立から落ちかけたお米屋の嫁でございますriceball

 

皆さん、口を開けて仕事をしないように。

 

 

喉のど真ん中に落ちたソレは切れた輪ゴムでした。

 

 

さて。

 

前回、ブログを更新した日の夜、

 

実家の母からLINE。

 

「今日のブログ、訳わからない」

 

 

はは~ん。

 

うるう秒を知らなかったんだな。

 

そりゃ、知らなけりゃ、「59分60秒」だの、「ワープ」だの

 

訳わからないわよね。

 

娘、とうとう頭おかしくなったんじゃないかって思ったんだろうな。

 

大丈夫ですよー、元気ですよー

 

 

 

 

雨の降る土曜の昼下がり。

 

台所で父と二人。

 

ひたすら串打ちをしている私の横にきて

 

父がニンニクの皮をむきはじめた。

 

焼酎で漬けてニンニク酒を作るらしい。

 

隣の部屋からは演歌が流れてくる。

 

しかも今どきカセットテープ。

 

私、ひたすら串打ち。

 

父もひたすら皮むき。

 

二人とも無言。

 

隣の部屋からはエンドレス演歌。

 

大川栄策 「さざんかの宿」

 

ちあきなおみ 「喝采」

 

八代亜紀 「舟歌」

 

都はるみ 「アンコ椿は恋の花」

 

新沼謙治 「津軽恋女」

 

 

演歌を聞きながら、

 

二人で黙々と作業。

 

ひとっ言も話さず。

 

たちこめるニンニク臭。

 

父と二人の空間は苦痛ではない。

 

でも、そんな状態が40分位続いた時、

 

ふとおかしくなって吹き出した。

 

急に笑い出した私に父が「どないしてん」

 

「いや・・・なんか急におかしなって。二人で無言でひたすら作業して。

 

演歌もずーっとかかってるし」

 

父 「なんもおかしいことあらへんやん。幸せなことやろ」

 

 

幸せなことやろ。

 

幸せなことやろ。

 

 

はい。

 

そうですね、お父さん。

 

幸せですね。

 

旦那さんとはあり得ない会話ですが、父に言われると

 

素直に「はい、幸せですね」と思えます。

 

 

そんな土曜の昼下がり。

 

 

 

「舅」っていう字、「鼠」に似てる。関係ないけど。笑。

 

 

201574171121.jpg

 

 

7月!

毎度、記念すべき8時59分60秒に

 

ワープでもできるんじゃないかと試みましたが、

 

失敗したお米屋の嫁でございますriceball

 

2015719851.jpg(多分)8時59分60秒の瞬間。笑

 

よかった・・・

 

ほんとにどこか知らない世界に飛んでたら、怖かった。

 

 

さて。

 

今日から7月!

 

2015年の後半戦です。

 

上半期の記憶がすでにもう薄くなりつつありますが・・・

 

後半戦もボチボチいきます。

 

 

今日は一日、雨なんだろうな。

 

雨音も悪くない。

ページ上部へ