ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>あれこれ。
日々のできごと

あれこれ。

毎度、ホタルイカが大好きなお米屋の嫁でございますriceball

 

時期になりましたね~

 

昨日の夕方、「あー、今日は木曜日だ、ゆっくりできるー」とウキウキしておりましたが

 

(※木曜日は串かつ屋が休みなもんで)

 

「はっ!」

 

と、気付きました。

 

せっかくゆっくりお酒が飲めるのに、アテがない!!

 

まだ学校から帰ってきてない娘に連絡をいれ

 

「○○(→下校途中にあるスーパー)でホタルイカ、買って来て!」

 

娘にお酒のアテを買ってこさせる母親です、ハイ。

 

「え~、恥ずかしい~」と言う、娘。

 

ホタルイカを買うことの何が恥ずかしいって言うんだっ!!

 

「好きなお菓子、一つ買って来ていいから!」(お菓子でつる)

 

 

 

娘、ホタルイカ買って来てくれました。

 

最後の一パックだったそうです。

 

 

 

そして、夜。

 

お風呂に入って、さ、準備万端!

 

実は昨日、広島から某酒蔵の方が営業で来られて

 

サンプルを頂いちゃったので、余計にウキウキ。

 

お酒と酒器をだしてー

 

ホタルイカを器に盛ってー

 

さー、飲むぞー!!

 

 

・・・・って思ったら・・・・・

 

 

おいーーーーーーー

 

 

ホタルイカ、酢味噌ついてないし・・・・

 

 

がび~~~~~んsweat02

 

 

普通、パックの中に一緒に入ってますよね?

 

入れ忘れ?

 

ガックシだ。

 

そのまま食べてみたけど、やっぱり物足りない。

 

仕方ないので酢味噌作りました。

 

でも、白味噌がなくて普通のお味噌で作ったし、やっぱりイマイチ。

 

2016226135934.jpg某酒蔵って、書いたけど、丸見えでしたね。笑

 

別に隠す必要はないんですけど、酔心さんです。

 

私の中では広島と言えば酔心さん、ってイメージです。

 

予約を聞いた分だけ瓶詰する春の無濾過生原酒、

 

串かつ店用に注文しましたので、入荷をお楽しみに~♪

 

酒粕も頂いちゃった。

 

201622614744.jpg

 

 

今日はタイトル通り、あれこれ書きます。

 

今日のお昼前、滋賀県は高島から農家さんが訪ねて来られました。

 

「連絡もせずに急に来て申し訳ないです」と、私より若い感じの方でした。

 

うちのホームページをみて来られたそうです。

 

「夢ごこち」に力を入れて作っておられるそうで、

 

「自分が作っているお米を評価してもらいたい」とサンプルを置いて行かれました。

 

温和な感じの方でしたが、内に秘めたる情熱はしっかり持っている、そんな風にお見受けしました。

 

頑張っている農家さん、特に若い方は応援したくなります。

 

試食が楽しみです。

 

2016226143940.jpg

 

 

 

昨日、年配の女性のお客様が買い物に来られて、

 

色々おしゃべりをした中でおっしゃってたこと。

 

 

 

「ほんまにいくらでも時間あるし、子供さんでもちょっと見てあげられんのになぁ~」

 

 

 

子供の虐待のニュースを見ない日がないほど、毎日毎日・・・・

 

「言う事を聞かなかったから」

 

「泣き止まなかったから」

 

それは虐待をしてしまったきっかけであって、原因ではない。

 

私、前も書きましたけど、お母さんが自転車の前と後ろに子供さん乗せて

 

一生懸命、走っている姿を見るだけで、大変だろうなぁ、偉いなぁって思うんです。

 

私も二人の子供を育ててきましたが、私には義父母がいたので

 

どこへ行くにも子供と一緒、24時間子供を見てなきゃいけないって環境ではなかった。

 

それでも、下の子が産まれてからは、しばらく大変でした。

 

あの頃はまだお店と自宅が別でしたから、8時近くまでお店にいて

 

それから二人の子を連れて自宅に帰って、お風呂に入れて。

 

上の子は赤ちゃん返りするし、下はまだちっさいし。

 

手をあげたことはなくたって、イライラして八つ当たり的に叱ったことなんて何度あったか・・・・

 

そして、泣いている娘を見ては、自己嫌悪に陥って・・・

 

 

それが、誰も頼る人がいなくて、ずーっと子供と一緒だったら

 

そりゃ、おかしくなる時もありますよ。

 

そんな時、ちょっと隣近所に子供を見てくれる人がいたら、

 

ちょっと預けて、買い物に行けたら

 

ちょっと見てもらって、コーヒーの一杯飲めたら。

 

それだけで、どれだけ気持ちが軽くなるか。

 

昔はそうやってお互い子供を預けたり、預けられたりが普通だったんだと思います。

 

 

「ほんまいくらでも時間あるし、子供さんちょっとでも見てあげられんのになぁ~」

 

昨日のお客さんのように、そんな風に思ってる方も結構いるはずです。

 

このブログを読んで下さっている方で小さい子供さんを持つお母さんがいたら

 

是非、近所の方たちと関わりをもっておいて欲しいと思います。

 

自分から動くことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/976

ページ上部へ