ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2016年6月

2016年6月

2016、前半を振り返って。

毎度、もうこの時期になると素足が多いお米屋の嫁でございますriceball

 

2016630122347.jpgもうね、今年の夏は腹筋を割ってやろうじゃないかと思いましてね、

 

これ、腹筋しながらの自撮りです(場所を考えろ)

 

一度、素足になっちゃうともう靴下はくのいやんなります。

 

夏はほぼビーサンか下駄ですが、困ることが一つ。

 

やっぱり、素足は何かあった時にめっちゃ痛い。

 

自販機に飲料を補充とかしてて、缶ビールなんか足の指に落とした時にゃあ、あんた

 

「お、お許しくだせぇ、お代官様、うちにぁ、乳飲み子と病気のおかぁがおるもんで」って言いたくなります。

 

そういえば、昨日のブログ、ほんまにタイトルつけるの忘れてた。

 

 

 

 

さて。

 

すっごいびっくりする話なんですけど

 

私も今朝知ったんですけどね

 

まぁ、ご存知の方もいるかとは思うんですけど

 

あ、すみません、例のごとく前置きが長いですよね

 

いや、でもほんとびっくりしたんですけど

 

 

 

 

今日で6月が終わるって知ってました?

 

 

 

もう、びっくりですよね。

 

「奥さん、聞いて、2016年がもう半分終わるんですって!」

 

回覧板、回ってなかったぞ(回るか)

 

三日位前に「良いお年をー」って言ってた気がしますけど

 

私はこの半年間何をしていたのでしょうか。

 

きっと、悲喜こもごも、一喜一憂、踏んだり蹴ったり

 

色々あったとは思うんですが・・・・・

 

見事に思い出せません。

 

前半も終わるということで、ちょっと振り返ってみようと思います。

 

<1月>

 

娘、留学

 

あ~、そやった、そやった。

 

そう言えば、留学してたな。

 

<2月>

 

女二人旅

 

楽しかったなぁ~

 

もう4か月も前か・・・

 

<3月>

 

一人ボート

 

今となってはイタい思い出です(笑)

 

<4月>

 

弟、入院

 

あれから酒量は減ったのか?

 

<5月>

 

娘、内定頂く

 

膝から崩れ落ちて泣いたわ

 

<6月>

 

THE瑞巌寺

 

シリーズ化したいわ

 

 

 

見返すと、色々あったなー

 

ほんとまだブログ書いてるしこうして振り返られるけど

 

そうやなかったら、もう記憶流れ出てるわ。

 

 

 

記憶って不思議ですよね。

 

楽しかったり、感動したりしたことって何度も思い返したりして

 

そうしている内に記憶のひだに刻み込まれて思い出になっていくように思うんですけど

 

ちっさい時のなんの変哲もない一場面のことを

 

やけに鮮明に覚えていたりすることってありません?

 

あれって何なんでしょうね。

 

 

いやぁ、それにしてもばかうけが止まらない。

 

2016630143529.jpgこりゃ、腹筋割れんな。

 

 

 

さぁ、明日から7月!!

 

後半戦もぼちぼち頑張りま~~~~す!!

 

 

毎度、小学生の律義さに感動しているお米屋の嫁でございますriceball

 

昨日、お店見学に来たちびっ子、

 

学校帰りにほんまに店に寄ってくれたそう。

 

「今日は、ありがとう」ってお礼を言いに。

 

そしたら、今日も学校帰りに

 

「今日も来たよ~」って。

 

「昨日はありがとう~」って。

 

私が「昨日も来てくれてんてな、ありがとうね」って言ったら

 

「昨日な、お菓子もらってん!」って。

 

じーじがうまか棒をあげたらしいわ(笑)

 

今日ももらえると思ったのか?

 

世の中、そんな甘ないで。

 

今日は店番してたんがおばちゃんで残念やったな。

 

じーじが人生の「甘い」を教えてくれるなら

 

おばちゃんは人生の「酸い」を教えてあげよう。

 

子供相手にどんだけ厳しいねん(笑)

 

 

 

 

 

さて。

 

しかし、よう降りますね。

 

「今日は降らんやろー」とか

 

「こんだけ降ったしもう降らんやろー」とか思っても、

 

 

じゃーーーーーーーrain

 

もう、じゃーーじゃーーrain

 

 

 

子 「お母さん、お母さん、今日のごはんはなぁに?」

 

母 「雨がじゃーじゃーだから、ジャージャー麺だよ!」

 

子 「あはは!お母さん、おもしろい!」

 

 

 

そんな感じのジャージャーだわ。

 

 

なんか梅雨の雨っていうと、シトシトって感じやけど

 

最近の降りって言ったら、もうスコールみたいな感じ。

 

ジャジャぶりのスコールみたいな雨見てたら

 

学生時代、アフリカのサバンナで自然保護活動してた時のことを思い出すわ。

 

あの時は若かったなぁ。

 

日焼けなんて一切気にせず、ジャングルの動物にも恐れず。

 

月あかりの中でハンモッグに揺られ、

 

時々聞こえる動物の鳴き声を遠くに聞きながら寝たあの夜。

 

怖いものなんてなーんもなかった。

 

唯一、怖かったんは「怖さを知らない自分の若さ」だけ。

 

 

 

 

 

 

ま、嘘やけどね。

 

サバンナにも行ったことないし

 

自然保護活動もしたことないわ。

 

 

 

ほんま前置き長い。

 

 

さて。

 

 

いや、さてって言ってみたものの、今日のお題は特にない。

 

因みに今夜はちょっとワケありで

 

二階のリビングではなく、一階のおだいどこで飲んでます。

 

2016629215657.jpgお酒は石川県の手取川。

 

これ、頒布会のお酒で、今日届いたばっかりなんですけど

 

問屋さんが

 

「奥さ~~~ん、お願いしますぅ~~、一口だけでも~~~」って言うから

 

「じゃあ、一口ね!」って注文したら

 

「どうせ奥さんの飲みしろになるんでしょ~~~?」って。

 

 

 

図星だな、おい。

 

 

ソッコー、開けたわ(笑)

 

 

 

最近、中学時代の同級生とSNSを通して、交流がにわかに始まったんだけど

 

下手したら中学卒業以来交流のなかったウン十年ぶりの人とかでも

 

すぐにあだ名が出てくるあたり、自分でもびっくりだわ。

 

もう懐かしすぎて、笑けてくる位。

 

本名忘れてても、あだ名は覚えてる、みたいな。

 

しかし、なんつーか、すごい時代ですね。

 

鼻垂らしてたあの頃には考えられない位(さすがに鼻は垂らしてない)

 

このネットワーク社会って言うんですか?

 

デジタル社会って言うんですか?

 

誰かがちょちょってグループ作ったら、あれよあれよと

 

何十年ぶりの同級生たちがあちこちから参加してきて

 

なんだかすごいことに。

 

私の通ってた中学はほとんどが小学校からの持ち上がりで、

 

中学でも3クラスしかなかったし、みんなお互いよく知ってる。親の顔まで覚えてる。

 

思い出して驚くのは、あの頃、生徒名簿なるものが配布されてて

 

そこには自宅の住所や電話番号から親の名前、職業まで記載されてた。

 

今では考えられない個人情報ダダ漏れ時代。

 

ま、でも、今は違う形態でダダ漏れですけどね。

 

同窓会しよー!って盛り上がってますけど、とりあえず会ったら多分

 

5分間位は懐かしさのあまり、ずっと笑い続けるわ。

 

 

まだ10時過ぎかぁ。

 

夜、長いな。

 

 

 

そう言えば、この間の「グランドシャーの夜」、

 

あれ見て、どっかの音楽事務所にスカウトされたらどーしょーって真剣に悩んでるんですけど

 

今のところ、オファーはないです。

 

 

いつでもデビューできるんだけどなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生がお店見学にやってきた~

毎度、お昼ごはんの時にほぼ毎日じーじが呟く言葉にイラッとするお米屋の嫁でございますriceball

 

食事の準備が整うと、家族を呼ぶじゃないですか。

 

お店にいるじーじにも「ごはんですよー」って声をかける。

 

ほんで家の中に入ってきて、見渡してこう言います。

 

 

 

「なんや、子供らだぁれもおらんのか」

 

 

ほぼ毎日ですよ、このセリフ。

 

 

平日の昼間に子供ら二人ともおったら、めっちゃ心配やわ、私。

 

姉妹そろって不登校か、引きこもりか?ってなるやん。

 

わかりますよ、呟きたいじーじの気持ちも。

 

わかってて言う、みたいな。

 

さみしいんでしょう。

 

でも、ほぼ毎日ですから。

 

これが来年の春以降は、ほんまに長女がいんようになるから

 

ますます拍車がかかるんでしょうね。

 

ダミーの人形でも置いとくか。

 

 

 

さて。

 

今日は地元の小学2年生が、お店見学にやってきましたよ。

 

前回は先生が帰っちゃって、子供たちだけになって、走り回るわ、玄米触りまくるわで

 

最初笑顔だった私も最後は怖い顔で注意してたからね(笑)

 

今回は先生も最後までいてくれたし、助かりました。

 

毎年、この見学授業はあるんだけど、楽しみなのは子供たちの質問。

 

前は

 

「いつまでお店をするつもりですか?」とか結構突っ込んだこと聞かれて

 

「ウッ」ってなったわ。

 

あと、「ジュースは一日何本売れますか?」とか

 

「一番人気のアイスクリームは何ですか?」とか

 

お米に関する質問以外のことも結構聞かれたわ。

 

今回は先生もいてくれたから、子供たちもお行儀よくて

 

質問も言葉に詰まるような質問はなく、スムーズに終わった。

 

毎回思うのが、男の子の可愛さっていうか、おもしろさ。

 

私は女の子しか育てたことないから余計に見ていて楽しい。

 

今日も曇ってたから傘を持って来た子が何人かいたんだけど

 

その傘を持ったまま、メモを取ろうとするから、

 

傘落とす → 拾う → 鉛筆落とす → 拾う

 

の繰り返しみたいになってる男子が2名ほどいて、

 

思わず「傘、置いたらどうや」と言ってしまいました(笑)

 

ほんまかわいい。

 

一通りの質問が終わると、精米する様子を見せてあげるんだけど

 

いつもここが一番盛り上がる(笑)

 

「精米機のスイッチ押したい人ーーー」って聞いたら

 

「はい!」「はい!」「はい!」「はい!」ってみんな手あげる。

 

今日一番たくさん質問してくれた女の子を指名。

 

茶色い玄米が白くなって出てくる様子にみんな興味津々。

 

2016628144923.jpg2016628145011.jpg「またわからないことあったら聞きにきてな~」って言ったら

 

「うん!帰りに来るわ!」って。

 

友達か(笑)

 

みんな、炭水化物抜きダイエットなんてしちゃダメだぞ!

 

ごはんいっぱい食べるんだよ~

 

そして、できれば「うえだ」でお米を買ってな!(笑)

 

 

 

201662814537.jpg角を曲がるまで何度も何度も振り返って手を振ってくれた子供たち。

 

いつまでも、綺麗な瞳のままで・・・・・

 

 

 

「夫婦仲はどうですか?」とか

 

「嫁姑問題」とか聞かれなくて安心したわ。

 

 

 

縁と書いてえにしと読む。

毎度、薬味が大好きなお米屋の嫁でございますriceball

 

ネギに生姜にわさびにからし、七味や一味の類。

 

大好きです。

 

家族みんなお豆腐が好きなんで

 

特にこの季節はほぼ毎日のように食卓に冷奴が並びますが

 

生姜とネギは外せねぇ。

 

お豆腐よりも薬味が食べたい、そんな感じですもん。

 

薬味が何もないなら、お豆腐は食べなくてもいいかな・・・その位の勢いで薬味が好き。

 

そう言えば、昔、ある男性と何かの話から夫婦の愚痴話みたくなり

 

その人が「うちなんて、素麺にネギすらついてないんスよ・・・。

 

ほんま、素麺って言ったら、素麺だけなんスよ。どう思います?」って言われて

 

そん時は「まぁ、まぁ」みたいに聞き流してたんですけどね

 

しばらくしてから、違う人経由でその人が離婚したって聞きました(笑)

 

 

 

恐るべし、薬味!!

 

夫婦を離婚にまでいざなう薬味!!

 

いや、ネギだけが原因ではなかったやろ。

 

でも、あれですよね、ほんまそういうちっさいことの積み重ねなんですよね。

 

いいことも、悪いこともね。

 

相手のことをどれだけ思いやるかっていうね。

 

考えてみたら、子供の喜ぶ顔は見たいなーって思うし、

 

お客さんを笑顔にしたいなーって思うけど

 

夫を喜ばせようとか、夫の笑顔が見たいとかここ数年思ったことないな(激白)

 

あかん、あかんね。

 

付き合ってた頃なんて、彼を喜ばせることばっかり考えてたのに

 

今なんて、やることや考えること多すぎて、脳内メーカーで私の頭ん中見たら

 

きっと「仕事・仕事・仕事・ばーば・子供・たまにじーじ・お酒・薬味」位で

 

夫の断片も出てこないわ。

 

すまんね。

 

 

 

ま、でもそんなもんですよね、

 

一番、身近な人に、人は甘えるもんです(悟りの境地)

 

 

しかし、前置き長いわ。

 

この間、友第にも言われたわ

 

「あんたのブログ、ほんま長いねん」って(笑)

 

とか言って、ちゃんと毎日チェックしてるくせにぃーーーーーーー(A子よ)

 

今この↑文章打ってる時、「くせにぃーーー」の「にぃーーー」のとこで、アゴしゃくれてた(笑)

 

どうやら、声に出して文章を打っているようだ。

 

 

 

 

 

さて。

 

今日も長い前置きの後の本題です。

 

 

 

昨日の夜も団体さんやお一人様や、このブログを見て来て下さったっていう方で賑わった串かつ屋。

 

 

奥の部屋は夫の中学の同級生のみなさん。

 

201662713325.jpgいつもこうして、夫の同級生のみなさんが来てワイワイ楽しそうにしているのを見ると

 

「地元はいいなーー」ってうらやましく思います。

 

夫は仕事があるのでもちろん参加できてませんけど、

 

時々、奥から「しんぞーー」「おーい、しんぞーーー」って呼ばれてました(笑)

 

たまに奥に顔を出して同級生に囲まれている夫を見たら

 

一人小柄なので、みんなにカツアゲされているみたいに見えて面白かったです。

 

みなさん、ご来店ありがとうございます!!

 

因みにみなさん50歳です(言うな)

 

 

 

そして、この方もご来店。

 

岐阜のお米屋さん「熊さん」

 

2016627135930.jpg熊さんとは福島の農家さん繋がりのご縁。

 

東日本大震災で被災された当店の契約農家さんのことをブログに書いていたら

 

その農家さんとお付き合いがあって安否を心配されてた熊さんが

 

色々調べていて私のブログにいきついて、電話をかけて来て下さったのが始まり。

 

ほんとどこで繋がるかわからないものですね。

 

熊さんは何故か私のことを「兄貴」と呼びます(笑)

 

お土産、ありがとーー!!

 

仕事上がりに甘味が体に染みて美味しかった!!

 

 

そして、昨日はバイトさんがお休みだったから、次女に手伝いを頼んだんだけど

 

用事が早く終わったからと途中から長女も手伝いに来てくれて

 

珍しく親子4人の営業でした。

 

201662714431.jpg201662714459.jpg次女も最近ちょっと慣れてきて、自分から動いて仕事してくれるようになってきました。

 

 

でも、ほんとにありがたいし、何ていうか不思議ですね。

 

お店をしていなかったら出会ってなかった人たちがたくさんいるわけで

 

一つ一つがご縁なんですよね。

 

人との出会いが私の人生そのものです。

 

お店に来て、癒されるわ~とか元気出たわ!とか言って下さる方がいますけど

 

うちらはうちらでそういう一言に元気を頂いているわけで

 

ほんとに人という字は支え合い、ですね、きんぱっつぁん。

 

 

 

それでは、最後に「THE瑞巌寺」のデビュー曲

 

「グランドシャーの夜」をお聞きください・・・・・・

 

 

 

「グランドシャーの夜」   作詞/作曲  芭蕉

 

あの月の丸い夜  お前にあった

 

それが俺の縁(えにし)

 

こんなにたくさんの人がいる中で お前にあった

 

それが俺の縁(えにし)

 

足元の石ころたちの中に 何故か気になる石が一つ

 

拾い上げ手に握る 

 

それが俺の縁(えにし)

 

人との出会いもそんなもん

 

偶然じゃない

 

でも必然でもない

 

惹き合う何かがそこにあるのさ

 

ラングドシャーの夜の月

 

俺を導く月あかり

 

月はいつもそこにある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作詞家になろっかなーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏酒入荷のお知らせと直子お手製のメモ入れ

毎度、この間、ある人が話してくれたことに静かな感動を覚えたお米屋の嫁でございますriceball

 

その人とは哲学的な話や宗教的な話もするんですが

 

この間、言ってたことは。

 

「ある」の反対は「ない」じゃないってこと。

 

目の前にあるものに時間が加わると、そこに「ある」ものは何一つない。

 

そこに同じ状態で「あり続ける」ものはこの世に何もないって話。

 

「行く川の流れはー」みたいに、たとて「流れ」という動きがない物体でも

 

この世に存在するものは全て時と共に刻々と変化をしているわけで

 

そこに「ある」ものというのは何一つないんだって。

 

だから「ある」の反対は「ない」じゃなくて「空(くう)だと。

 

仏教の本か何かに書いてあったらしいんですが

 

「ほー」と思いました。

 

だから、なんや?って話なんですけど

 

私、結構こういう話を聞くの好きなんです。

 

 

さて。

 

 

久しぶりに晴れ間も見える日曜日。

 

洗濯物が外に干せる!

 

それだけで、ありがたや~って感じです。

 

そうそう、この間、うちの「タオルの使用量がハンパない」っていうブログを読んで

 

バンド仲間のシンジ(あ、ヨーコな)が教えてくれた「ビッグフェイスタオル」とやら。

 

普通のフェイスタオルよりビッグだけど、バスタオルよりは小さいらしい。

 

まだ買ってみてないんだけど、情報ありがとう。

 

 

外に飲みに行ったら、もうすっかり「夏酒」が並んでいて「あ!」ってなったわ(笑)

 

うち、まだ一本も置いてなかった。

 

だって、なんかこんな雨続きじゃ「夏酒!」って感じにもならなくて。

 

でも、もう今日は晴れたんで(ちょっと曇ってきたが)

 

夏酒、出しまーーーーーーーす!!

 

アムロ、いきまーーーーーーす!!

 

2016626145312.jpgたまたまたどっちも長野のお酒だった。

 

右は本金の「雨上がりの空と」っていうなんとも惹かれるネーミング。

 

これ、去年の夏に初めて飲んだんですけど

 

ほんっまにこの名前にピッタリのお酒。

 

まさに今日、飲んで!今、飲んで!って感じ。

 

 

 

イメージするのは・・・

 

 

 

朝方まで降り続いた雨が上がり

 

田んぼの稲の緑が濃い、そんな晴れの日。

 

一升瓶片手に畦道に腰を下ろし

 

コップにトクトクと注いで一杯。

 

見上げると空には虹。

 

「おい、母さん、お前も飲むか?」

 

「あら、いやですわ、お父さん、朝からですか」

 

「たまにはいいじゃねぇか」

 

「ま、たまにはいいですね。じゃ、頂きます」

 

そんな、

 

そんなイメージのお酒です。

 

 

どんなやーーーーー!!

 

いや、でもほんと爽やかな夏酒。

 

 

左のサマーカープ。

 

直訳すると「夏の鯉」

 

ラベルにも鯉が描かれています。

 

日本酒度をみるとマイナス8なんで、それだけとると甘めのお酒ですけど

 

コクもありながら、でもスッキリしていて、しつこくない。

 

お、珍しく利き酒師らしいコメントだな。

 

 

 

ほんと日本酒は一年中、おいしーなー。

 

 

 

そして、そして!!

 

前から不便だなぁ~って思ってて、自分で作ろうかなぁって思いながらもなかなか作れずにいた

 

メモ&ペン入れ。

 

うちの串かつ屋の前掛け、ポケットがないんですよ。

 

だからメモとペンはいつもジーパンの後ろポケットに入れてるんですが、これが不便で。

 

そしたら、お裁縫得意な関東の友達・直子が作ってくれた!!

 

201662615557.jpg仕様違いやデザイン違いでこんなにたくさん!!

 

直子は昔からお裁縫が得意で、自分の服も作ってたし

 

私の子供にも作ったりしてくれて。

 

この間、京都に遊びに来てくれた時は、手作りのトートバッグをくれた。

 

「何か作って欲しいものあったら言って!」って言われて

 

「あ!!そうだ!!」って思い出したのが、コレ。

 

お願いしてからほんの数日でこんなにたくさん送ってきてくれた。

 

 

 

早速、装着!!

 

201662615827.jpgいいよ、いいよ~~~~

 

20166261598.jpgスタッフのちささんも「めっちゃ、ええやん!!」って喜んでた。

 

顔出しNGいうから隠したけど、隠さんでええのに。

 

べっぴんやのに。

 

恥ずかしげもなくいつも顔出してる自分が恥ずかしいわ、ほんま。

 

 

 

直子、忙しいのに作ってくれてありがとー!

 

また一緒に仏像見に行こうな!!

 

 

 

 

今日は団体さん20名、そしてお米屋仲間さん、愛する友、

 

たくさんご予約頂いてますので、いつも以上に気合入れて頑張りまっすrock

 

 

 

私たち夫婦の見た目のイメージと実際。

毎度、失礼な電話にご立腹のお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、ほんまにおこだぞ、おこannoy(かわいくないから)

 

ついさっきのことなんですけどね。

 

お店の奥にあるお米の倉庫で作業してたら

 

電話が鳴ったんで、小走りでお店に戻って受話器をあげたんです。

 

私 「はい、うえだです!」

 

そらぁ、もう元気ハツラツ、空元気で出ましたよ(空なんかい)

 

そしたら、

 

相手 「自動音声システムで失礼致しま・・・」

 

 

って。

 

 

最近、たまにかかってくるこの手の電話。

 

最後まで聞いた試しないけど、ロクな電話じゃなかろう。

 

「失礼致します」の「す」も聞き終わらない内に、

 

「ほんま失礼やわ」と声に出して呟いて、受話器を置いたわ。

 

これ、じーじが出てたら、絶対、相手が機械音声やと気づかずにずっと話してるわ、間違いない。

 

「もしもーーーーーし!!上田です!上田ですけどーーーーー!!」って。

 

ほんで最終的にはいつものセリフ。

 

「園ちゃん、代わって!何言うてはるかわからん」って受話器を持ってきたであろう。

 

ほんま、人件費の削減になるんかしらんけど

 

こんな電話で商売できると思ったら大間違いぜよ(突然の竜馬)

 

 

 

って、変な電話やと決めつけてるけど、どうしよう、めっちゃ大事な電話やったら。

 

今日の5時までにお金を振り込まないと、家を爆破するとか。

 

デイサービスに行っているばーばを人質にとってるとか。

 

(どうかそのままお世話して)

 

 

 

 

さて。

 

この手の話、前にも何度も書いてると思いますけど書きます。

 

昨日、串かつ屋のカウンターに座っていたお客さんとの会話。

 

その方は私がラジオに出たのを聞いて、お店に来てくれて

 

今ではすっかり常連さんになってくれはった方なんですが

 

とにかくうちの夫のことをべた褒めしはるんです。

 

昨日も「僕、ご主人のめちゃファンですもん!女性やったらキスしたいくらい」って(笑)

 

どうぞいくらでもしたって下さい。

 

その方いわく、夫のイメージは

 

「優しくて、男気があって、寡黙で」と

 

まるで健さんやないかい!

 

不器用男の代表やないかい!

 

そんなお褒めのお言葉を頂いても尚、

 

うちの夫は口元に軽く笑みをたたえたまま、無言で串を揚げ続けておりました。

 

なんか、一言、言え。

 

ほんま無口な人は得ですなぁ。

 

そのお客さん、私のことも褒めてくれはるんですよ。

 

「奥さんも、男前っていうか、テキパキ働いて、ほんまカッコええし」って。

 

そしたら、横にいてた別のお客さんが(昔からのお客さん)

 

「いや、ここの夫婦はね、奥さんが完全に仕切ってるんですよ!」

 

「ご主人はね、奥さんの言われるがままでね、もうただ揚げてるだけ!!」

 

 

 

おい、Yさん、うちの夫婦の何を知ってるっていうんだい?

 

ほんま、100人いてたら103人位は

 

うちの夫婦はかかぁ殿下で、夫は大人しく・・・って言われる。

 

 

 

 

ほんまは違うのにーーーーーーーーーー

 

見た目のイメージからすると、まぁ、そう思われても仕方ないというか

 

私はいつも必要以上におっきな声でしゃべり倒し、

 

夫は静かにただひたすら揚げ続けって感じなんで

 

そら、そう見えますよね。

 

私 > 夫

 

みたいな。

 

 

うちの夫、見た目はあんなロン毛で、楽器一つ弾けないのに

 

「ロックやってます、よろしくぅ」みたいな感じですけど

 

中身はほんまTHE昭和です。

 

下手したら、昭和通り越して、大正生まれですか?っていう位。

 

まぁ、良くも悪くも、頑固で融通ききません。

 

まぁ、でもね、昼も夜も働いてくれてるんで、それだけは感謝しています。

 

ほんま、それだけは。

 

ほんまに、それだけな。

 

ただ、それだけ。

 

 

 

 

 

最後に、とある夜の楽しい一コマより。

 

2016625152739.jpg

 

 

以下、私信です。

 

I坪さん、昨日はなんだかお顔の色がすぐれなかったですけど、大丈夫ですか?

 

同い年、お互い体を労りましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

恐怖のコーヒータイム

毎度、いくつになっても「美」は大事ね~と思ったお米屋の嫁でございますriceball

 

今日は串かつ屋がお休みで、時間に余裕があったので

 

母の美容院の付き添いに行ってきました。

 

母は元々身なりにとても気を遣う人で、

 

だらしがないのが嫌いな人。

 

特に髪の毛にはとても気を遣います。

 

でも、病気になって車いすでの生活がほとんどになった今では

 

さすがに母一人だけを「お願いしますー」と美容院に置いてこれないので

 

私が付き添うとなるとなかなか行ける時間がなく。

 

今日はデイサービスを休んで、美容院に行ってきました。

 

女性は特にそうだと思うのですが、やっぱりいつまでもきれいにしていたいですよね。

 

トンチンカンなことも増えてきた母ですが、

 

まだこうして身なりを気にしているってことはいいことです。

 

パーマをかけて、きれいにしてもらって母も上機嫌でした。

 

 

 

 

さて。

 

夫がこのブログを読まないことをいいことに

 

そんな母のことをネタにしている私ですが

 

病気の母のことをネタにして、ごめんなさいっていう気持ちも3%位あるんですけど(少なっ)

 

残りの97%はこうでもしないと私の精神の均衡が保たれないんでーーーー!!

 

という、全くもって身勝手な思い。

 

ほんますんません。

 

 

色々やらかしてくれる母ですが

 

そんな中でも一番刺激的な時間が「恐怖のコーヒータイム」です。

 

調子が良くて、体が少し動く時は

 

「コーヒー入れてあげようかー」と言います。

 

正直「いらん」のですが(笑)、そんなつれないことも言えないので

 

「ありがとー」と返します。

 

すると、しばらくして

 

「できたえ~」と母の声。

 

毎日、どんなドリンクが出されるかとっても楽しみで、震えます。

 

 

 

今日の母特製ドリンク。

 

2016623143259.jpgん???

 

コーヒーではなかったのか??

 

コーヒーにしては色が薄いぞ。

 

 

毎度のことですが、意を決して一口ゆっくり口に含みます。

 

今日のドリンクは、多分ですが、私が思うに水で薄めたリンゴジュースのようです。

 

そこに更に氷が投入されているので、めーーーーっちゃ薄いです。

 

飲んだ私の反応を見て、母が

 

「おかしいか?」というので、

 

「まぁ、かなり薄いけどな」と正直な感想を伝えると

 

「足そうか?」というので、いったい何を足されるのか怖かったので断りました。

 

 

この間は、「コーヒー、できたえ~」と呼ばれたので行くと、

 

めちゃくちゃ濃い茶色(ほぼ黒)の飲み物が湯呑にたっぷり入っていました。

 

2リットルのお湯で煮出す麦茶のTパックが出てきました。

 

 

その前には、見た目はコーヒーっぽく、飲んでもまぁコーヒーの味はするんですが

 

なんか変な味・・・・と思っていたら、最後にカップの底からだし昆布が出てきました。

 

 

 

そんな刺激的な我が家のコーヒータイム。

 

あと何年続くんやろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガソリンスタンドの人の笑顔と夫の擬音語について。

毎度、酔った勢いで約束なんてするもんやないと反省しているお米屋の嫁でございますriceball

 

まぁ、でもね、約束は約束なんでね。

 

頑張ってみます!

 

 

 

さて。

 

私がいつも三輪バイクの給油をしに行くスタンドのお兄さん。

 

お兄さんと言っても、40~50代。

 

その人がめちゃめちゃ愛想がよくて、いっつも満面の笑みで挨拶してくれる。

 

ほんまにほんの数リットルの給油で申し訳なく思う位に

 

めっちゃ笑顔で、元気よく挨拶してくれる。

 

私のこと好きなん?って勘違いするほど(自意識過剰過ぎ&ストーカー的勘違い)

 

今日も給油に行ったんですが、やっぱり満面の笑み。

 

梅雨のどんより空でなんか気分もすっきりしない朝に

 

あんな笑顔で挨拶されたら、ほんまそれだけで元気になれる。

 

ありがとう。お兄さん。

 

名前も知らぬお兄さん、あなたの笑顔に私は元気を頂きましたよ。

 

ガソリンスタンドのお兄さん、略してガソスタ兄さん、もっと略してガソ兄。

 

ありがとう、ガソ兄。

 

笑顔ってほんまにいいですね。

 

 

 

 

そして、夫の擬音語の話へ移ります。

 

関西人の擬音語については時々話題になりますが

 

うちの夫も漏れなく酷いです。

 

もう、言わんとこーって思うんですけど、横で聞いててたまりません。

 

お店をしているので、よく道を聞きに来る人がいます。

 

「○○はどこですか?」

 

夫 「あ、この道をビ~って行って」

 

 

ビ~って。

 

ビ~って行くって、どんなん?

 

とか

 

「あっこの角をバ~曲がって」

 

 

バ~曲がるって。

 

バ~曲がるってどんなん?

 

どんな曲がり方したら、バ~ってなるんかがまずわからん。

 

「あの角を曲がって」じゃ、あかんの?

 

バ~って必要?

 

 

この間、娘とワロたんが、

 

串かつ屋で出している「ネオショコラ」という商品についてお客さんに聞かれた時のこと。

 

因みに、ネオショコラというのはこんなものです↓↓↓

 

2016622152433.jpgここ藤森の中学を出た人なら知っている、地元のパン屋さんの人気商品です。

 

パンなんだけど、冷凍されてて間にチョコクリームが挟まってます。

 

冷たいので当店ではデザート的にお出ししている商品です。

 

「ネオショコラってどんなんですか?」ってお客さんに聞かれたら、

 

私は「冷凍されたパンの間にチョコクリームが入ってて、冷たいまま食べて頂くパンです」みたいに答えていますが

 

 

 

夫のこの間の説明は

 

 

「冷たいパンにピ~ってクリームが入ってます!」

 

 

 

なんなん、それ。

 

 

 

隣で聞いてた私と娘は

 

「出たでた、またわけわからんの出たで」って感じでおかしくておかしくて。

 

それに気づいた夫は「なんやねん」と逆ギレ気味。

 

娘と「なんなん?ピ~って(笑)」と笑ってました。

 

 

なんで、イチイチ「バ~っ」とか「ピ~」とか「ビ~」とか言うんやろ。

 

 

 

ま、そういう私も言ってしまうときありますけどね。

 

でも、「パンにピ~」はないわぁ~

 

 

 

 

 

~今日の冷蔵庫&冷凍庫報告~

 

冷ややっこが冷凍庫でカチコンコチンに、

 

アイスクリームは冷蔵庫でベチョベチョに。

 

絶対、わざとやろ!と思いました。

 

以上です。

急速な子離れについて。

毎度、ポテトチップスはコンソメが好きなお米屋の嫁でございますriceball

 

いや、こんなん書いて全国の園子ファンがコンソメのポテチ、

 

コンテナ一台分送ってきはったらどないしょーーーーーー

 

でもほんま有名人とかやったら、うかつにつぶやけないですよね。

 

いいことも悪いことも。

 

なんか言うたらすぐ反応されるし。

 

叩かれるし。

 

有名人やなくてよかったぁ。

 

メンタルばっきばきに強くないと、有名人にはなれませんね。

 

言いたいことも言えない世の中じゃーnoteポイズン!だぜ、全く by反町

 

 

あ、お菓子の話しで思い出しましたが

 

この間の仙台旅行の時、

 

「うちら、めっちゃ女子やん!!!」っていう話になりました。

 

その「めちゃ女子らしいーーー!!」(すんまへん、45歳で女子女子言うて)って話題というのは

 

「どこのケーキ屋さんが美味しいか」とか

 

「たけのこの里ときのこの山、どっち派か」とか。

 

結果は、たけのこ2、きのこ2で引き分けーーー!!

 

あ、因みに私はたけのこ派なんですが、最近、あのちょっと固めのきのこの山も好きです。

 

少し、大人の階段のぼったかな?(だから45やて!!)

 

どーしよーーー、明日、コンテナでたけのこの里、届いたらーーーー!!!

 

半分はきのこの山でお願いしまぁす!!

 

 

 

 

 

さて。

 

本題へ。

 

 

あ、本題に入る前に、最近、何人かの方から

 

「近頃のブログ、なんかすごいですね」って言われます(笑)

 

暴走気味だとか、大胆だとか、何か吹っ切れたのか?とか。

 

そうですね、私も思います。

 

 

思ったんです。

 

せっかくこうしてわざわざ貴重な時間を私のブログにきて頂いているんですから

 

もう、ありのままの私を見せちゃえ!ってね。

 

もう、アナもびっくりする位に、ありのぉ~ままのぉ~姿見せまーーーーーす!

 

 

 

 

さて。

 

やっと本題です。

 

長女、来春から東京での就職が決まり、

 

「早めに部屋も決めなきゃ」とか言い出して、「えっ!?もう早?」なんて思っている私ですが

 

昨日、長女と交わした会話に、衝撃を受けました。

 

いやね、私だって思ってましたよ。

 

東京に決まった時点で「もうお嫁に出すのと同じや」って。

 

そんな覚悟で送り出さなあかんなって。

 

まぁ、でもね、また関西に戻ってくることもあるかも・・・?とかも思ったりね。

 

で、昨日の会話。

 

私 「ほんまに東京行くねんなー。なんか実感湧かんわ」

 

娘 「ほんまそれ、私も」

 

私 「ホームシックとかなっても、泣いて電話してきんといてな」

 

娘 「もしそうなっても、電話するとしたら友達やろ!」

 

私 「あ・・・そ、そやな」

 

 

 

しばしの沈黙。

 

 

そして、私は結構な覚悟をもってこう言いました。

 

 

 

私 「お母さん、おもてんねん。あんたを東京に出す時は、もう家には帰ってきいひん思って送り出すわ!」

 

 

 

まるで、ライオンの親が子供を崖から落とす気持ちで。

 

 

 

すると、娘が言いました。

 

 

 

 

娘 「え?そやろ!もう帰ってきんひんやろ!え?どういう意味?」

 

 

あっさりーーーーーーー!!!

 

 

もうこの瞬間、娘の背中に羽が生え、遠くへ羽ばたいていく幻覚が見えました。

 

 

私 「あっ、いやっ、そうやんな!そうやんなぁー。もう帰ってきぃひんわなぁ。あはははーーーーー」

 

 

 

 

 

そうか・・・・

 

 

もうこの家で一緒に暮らすことはないんか・・・

 

 

私、そんなに子育てにどっぷりって感じできたわけでもなく

 

 

もう子供が一番です!!(いや、一番やし、宝ですけどね)っていう感じでもないんですが

 

 

それでも、子供が家から出ていくって・・・・

 

 

やっぱり大きな出来事。

 

 

そういえば、下の子が中学生になった時の子離れも突然きたもんなぁ。

 

 

小学校卒業のその日まで玄関まで見送らないと気が済まなかった次女、

 

 

中学生になった途端、「行ってきまーす」っていう声と同時にもう姿がなかった(笑)

 

 

そんなもんですね。

 

 

娘が家を出て行った後、ロスにならないように今から訓練しときます!

 

 

 

 

 

 

~今日のじーじとばーばの会話より~

 

ヨレヨレの服を着ているじーじを見て、ばーばが。

 

ば 「カッターシャツかなんか、あるやろ」

 

じ 「へ?発泡酒?」

 

 

 

カッターシャツ

 

 

発泡酒

 

 

カッターシャツ

 

 

発泡酒

 

 

カッターシャツ

 

 

ハッポウシュ

 

 

うん、確かに似てる!!

 

 

 

似てへんわーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

ばーばのこと

毎度、二日目のカレーをじーじに食べさせることに失敗したお米屋の嫁でございますriceball

 

二日目の方が美味しいのにー

 

昨日はカレーを食べてくれたじーじ、

 

さすがにお昼はいらんやろ思って、

 

心優しい私は「玉子焼きでもしよか?」と聞いたのですが(聞かんと作ったれ)

 

私に気を遣ってか、じーじは

 

「いらん、いらん!なんもいらん!あるもんでええ!」って。

 

どうですか、このお互いのいたわり合い。

 

 

 

まさに、いたわり愛。

 

 

 

 

うちら夫婦にはない、いたわり愛(笑)

 

 

「そやけど、あるもんでええって、なんもないで、ほんまに」って私が言うと

 

「ほんまに、なんもいらん」って。

 

 

 

 

いや、

 

 

 

ほんっまに

 

 

 

なんも

 

 

 

ないで。

 

 

 

なんもいらん言うし、おじゃことお漬もんと二日前位のキュウリの酢の物、並べといた。

 

 

 

それ見て、じーじ、

 

 

 

「十分や」って・・・・・

 

 

 

じーじ・・・・・

 

 

 

死なんといてな。

 

 

そんな思うなら、なんか作ったれ。

 

いや、でもうちお米屋なんで、ごはんだけは美味しいんで(なんの言い訳)

 

でも、ほんま80にもなったら、栄養いらんと思う(んなわけない)

 

 

 

 

 

さて。

 

 

そんなこんなの我が家(どんなこんなや)

 

 

あ、その前に、昨日の「がっくし」事件、

 

もう大丈夫ですから!

 

ご心配おかけしましたm(__)m

 

私、落ち込みも激しいんですけど、その分、立ち直りも早いんで!!

 

ガクーーーーーッdowndowndown

 

ってなっても

 

一晩寝たら、もう

 

ビヨ―――――――ンupupup

 

って、なるんで。

 

ビヨーーーーーーンって言わへんか。

 

とにかく、もう元気なんで。

 

 

 

 

さて。

 

 

そんなこんなの土曜日ですが

 

 

今日もばーば、やってくれました。

 

 

冷凍庫と冷蔵庫を開けたら、珍しく何も問題なかったんで

 

 

「おー!今日は何もない!!」って思ったのも束の間・・・・・

 

 

 

 

製氷機、開けたら

 

 

「!!!!!」

 

 

201661813115.jpgまず、出てきましたのは、マヨネーズでございます。

 

これはカチコチにはならんけど、程よく硬くなっておりました。

 

 

そして、製氷機の引き出しを引っ張ろうとしたら

 

なんか奥で引っかかってる感。

 

もう一つ、出てきたーーー

 

 

201661813318.jpg昨日の残りのサラダ。

 

よう入ったって思う位、キチキチにはまってたわ。

 

凍ってシャッキシャキのレタス!!

 

今日は暑くなるおもて、凍らしてくれてたんやね!!

 

ありがとーーーー!!

 

 

 

 

 

・・・・・って、ならんわ。

 

 

 

 

ま、ほぼほぼ毎日、こんな感じです。

 

現場からは以上です!!

 

 

 

ほんまに・・・・

 

 

現場はしんどいわ(笑)

 

 

 

昨日のガックリ感MAXの状態の時に、これやられてたら

 

もう間違いなく、発狂してたわ、私。

 

今日は、笑えたけど。

 

よくね、育児でも、介護でも「心にゆとりをもって」とか

 

「前向きに、笑顔で接しましょう」とか言いますけどね

 

いつもいつもそんないい状態でいれるわけがない。

 

いや、これ、開き直りとかじゃなく(それもあるか)

 

私、お釈迦さまじゃないんで、

 

子供が小さい時は泣いてばかりの娘にイライラもしたし

 

認知症のばーばに訳のわからないことばっかりされたりしたら、

 

ほんまに心折れそうになるとき、あります。

 

 

 

 

そら、もっと優しくできたらなぁ・・・って、ほんといつも思います。

 

ばーばにきつい言い方して、でもよく理解できてないばーばが

 

私が何で怒ってるのかもわからなくてキョトンとした顔したりすると

 

悲しくもなるし、その度に自己嫌悪になります。

 

外で、体が不自由な人を見かけたら、めっちゃ優しくできるのに

 

一番、身近なばーばには優しくできなくて。

 

でも、こんな事書いて、「いや、園子さん、十分頑張ってるやん」って言ってもらえるのも

 

どこかで期待したりしてる自分もいたりして。

 

 

 

 

あ、なんか柄にもなく、しんみりしてもうた。

 

 

 

更年期かな(笑)

 

 

 

 

 

 

せっかくのいいお天気!

 

元気だしていこーーーーー!!

 

 

 

 

 

ページ上部へ