ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>成人式の前撮りとじーじのお祝いと母の忘れ物その②
日々のできごと

成人式の前撮りとじーじのお祝いと母の忘れ物その②

毎度、龍角散のノド飴をなめすぎて口の中が痛いお米屋の嫁でございますriceball

 

ただでさえ低くて野太い声がぁ・・・・

 

ますますカラオケのレパートリー、減るわ。

 

 

 

さて。

 

 

前回からのつづきです。

 

 

無事に、成人式の前撮りを終えた日の晩。

 

 

あ、そうそう一つ言い忘れたんですけど、私の母も含めて七人で家族写真撮ったじゃないですか、

 

 

やっぱりね、七人もいると全員が「バッチリ!」とはいかないらしく

 

 

誰かが必ずおかしな顔になってました。

 

 

ちなみに娘が選んだのは、じーじの目が半開き(笑)

 

 

話を戻します。

 

 

その日の晩は、じーじの80歳のお祝いをしました。

 

 

20161123141741.jpg近所のお店、「みのり」さんでカニ鍋を。

 

じーじの年金でご馳走になりました(嘘ですよ)

 

20161123141928.jpg「生麩とか湯葉があるのが、京都らしいね~」と母。

 

もうほんまびっくりする位、小食なじーじなので

 

会席なんか頼んでも、最初の先出し位でご馳走さましそうやから(いや、ほんまに)

 

お鍋なら、食べれる量だけ食べればいいからと思って、お鍋に。

 

20161123142346.jpgでも、この日のじーじはすごい食べてた。

 

いっぱい食べて、飲んで、〆の雑炊も頂いたところで・・・・・

 

 

20161123142622.jpgハッピーバースデー、じぃ~じぃ~~~~note

 

あ、首についてる白い紐みたいのんは、お鍋に入ってたマロニー

 

 

 

ではなく、

 

 

補聴器の紐です(笑)

 

 

一応、首に巻いてきたらしい。

 

 

いや、お願いやし、耳につけてくれへんかな。

 

 

そんな危なっかしいつけ方してて、もし落としたらどうすんねん!!

 

 

いくらした思てんねん。

 

 

肺活量のないじーじ、ろうそくの火を消すのに難儀してました。

 

 

そして、家族を代表して、長女からお祝いの言葉です。

 

 

20161123143010.jpg※髪型が前撮り時のままです。

 

じーじの膝に手を置いて、娘が話しかけます。

 

娘 「じーじ、80歳のお誕生日おめでとう」

 

じ 「おう、ありがとう!」

 

20161123143429.jpg娘 「いつも私たちのこと、心配してくれたりして色々ありがとう」

 

じ  (うんうん、と無言でうなずく)

 

 

20161123143546.jpg娘 「私、来年の春には東京行くやん?そやし、一緒に暮らせるのも後、ちょっとやで」

 

じ  「そやなぁ・・・・・・」

 

 

あかんて、じーじ、泣くって!

 

 

20161123143838.jpg娘 「な?あとちょっとしか一緒におれへんねんから、いっぱいじーじと話、したいねん」

 

じ (うんうん、と頷く)

 

 

 

 

娘「そやし、お願いやから、補聴器つけて!」

 

 

20161123144055.jpgそっぽ向いたーーーーーー!!!

 

 

娘 「頼むし!な?な?じーじ、ちょっ、聞いてる??」

 

 

ほんま、補聴器の話になったらこれや。

 

 

 

 

まぁ、でもね、ほんまに家族そろって写真も撮れて

 

実家の母にも娘の着物姿、見てもらえて、いい一日でした。

 

ありがとう。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1194

ページ上部へ