ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>次女の三者懇談と脇汗
日々のできごと

次女の三者懇談と脇汗

毎度、我が家の和室をなんとかしてくれと思っているお米屋の嫁でございますriceball

 

「なんとかしたい」じゃなくて

 

「なんとかしてくれ」と書いている時点で

 

もう、人頼み(笑)

 

最後に掃除したのいつやろ・・・・・

 

あれは確か、長女がまだヨチヨチ歩きだった頃・・・・

 

 

いや、さすがにそんな前やないけども。

 

もう、物置と化して何年たつやろ。

 

子供たちが着なくなった服や要らないものをどんどん和室に放り込むようになり

 

そこで勉強している姿を一度も見るこのないまま解体された学習机とか

 

扇風機やら暖房器具やら、思い出やら、忘れたい過去やら、しがらみやら、なんやかんや。

 

とにかく、もう、ひどいんです!(川平慈英風)

 

物の重さで床抜けへんか心配。

 

真下の部屋、じーじとばーばの部屋やしな。

 

 

 

さて。

 

先日、この暑い中、次女の高校の三者懇談に行ってまいりました。

 

次女は何か高みを目指しているわけでもなく

 

先生からの告知で娘の人生が左右されるようなこともないわけで(あるやろ)

 

なので、よく「三者懇談」=「親、緊張」みたいなのはまーーーーったくないんですけど

 

ただ、ただ、成績を見て愕然・・・・というだけで。

 

娘の学校までは電車に乗り換えて、1時間くらいかかるので

 

自転車やったらドアtoドア30分で行けるし、

 

一緒に自転車で行かへんか?という私の提案は即刻却下され

 

私だけ自転車で行くことに(どんだけ乗りたいねん)

 

いや、娘は友達と電車で行くっていうもんで。

 

娘には「ガチのチャリの恰好してきんといてな!!」と念を押されました。

 

 

 

読み通りジャスト30分で着いたんですけど、ありえないほどの脇汗が・・・・

 

自転車やったんでリュック背負ってたんですけど(懇談会にリュックー)

 

リュック背負ってたらまだかろうじて隠せる汗染み、

 

先生に呼ばれて着席したもんの、リュックがおろせない・・・・・

 

 

 

先生 「あ、お母さん、お荷物こちらに置いてくださいねー」

 

私 「あっ、あぁ・・・・リュックをおろせない理由がありまして・・・・

 

先生「え?あ、そうなんですねー(笑顔)」

 

リュックを下ろせない理由って(笑)

 

謎やわ。

 

 

先生 「まず、本題に入る前にですね、学園祭のTシャツのお代金をですね・・・」

 

 

あ、そやった!

 

懇談会の時に払ってくださいって確か前にプリントで読んだわ。

 

えっと、お財布、お財布・・・・・

 

 

 

もう、しょっぱなからリュックを下ろさないとあかんことに相成りました(笑)

 

リュック下ろさんと、次女にお財布を出してもらうって言う手もあったんですが

 

そんなんしたら、先生に「この人、どんだけリュック、おろしたくないねん」って思われるやろし。

 

潔く下ろしました。

 

先生に気づかれる前に、ソッコー、自分から言いましたから。

 

もう、リュック、下ろすと同時に。

 

いや、なんなら下ろす動作と同時に。

 

私 「いや、もう、汗がすごくてですね」

 

 

先生、一瞬、見たかなー?

 

って位ですぐに視線を外して、「暑いですもんね~」って。

 

 

 

今度から、懇談会に自転車で行く時は、汗染みの目立たない色の服で行こうと思いました。

 

 

さ、炊飯器のスイッチ、いれまーす!!

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1330

ページ上部へ