ホーム>米屋の嫁のひとりごと>串かつ上田酒店>「日本酒を楽しむ夏の夜」その②
串かつ上田酒店

「日本酒を楽しむ夏の夜」その②

毎度、今朝スーパーで買い物したものを丸ごとスーパーに忘れてきたお米屋の嫁でございますriceball

 

朝、買い出しに行って、家に帰ってリュックから買ったものを出そうとしたら

 

リュックの中が空っぽで。

 

記憶を巻き戻してみたんですけど、どこに置き忘れたのか思い出せず・・・

 

いや、そもそも、よく考えてみると、商品をリュックに入れた記憶がない(笑)

 

買い物は確かにした。

 

お会計もした。

 

でも、商品をしまった記憶がない。

 

スーパーに戻り、商品を入れるカウンターを見ると・・・・・

 

丁度、私のレジを担当してくれたお姉さんが、カウンターにポツンと残ったレジかごを見て首をかしげているとこだった。

 

入ってきた私と目が合い、お互い「これ・・・?」「それ!!」と(笑)

 

 

 

ほんまに恥ずかしいわ。

 

買い物の量が多いと、そのお姉さんいつも「運んでおきますねー」ってわざわざカウンターまで

 

カゴを運んでおいてくれはるんですね。

 

そして、私はお会計だけを済ませ、そのまま商品を置いて帰ってきた模様(笑)

 

暑さのせいやわ、間違いない。

 

そうしとこ。

 

 

あ、それからヨガの件を教えてくれたIさん、すみません!!

 

メール、ありがとうございます!

 

返信したのですが、何故かエラーで・・・・

 

ヨガ体験、一度行ってみますねーーーー!!

 

 

 

 

さて。

 

 

日本酒の会のつづきです。

 

念入りな打ち合わせ(飲み会ともいう)を重ね、いよいよ当日。

 

A子は前日帰宅が遅かったにも関わらず、帰宅してから深夜に何品か仕込んでくれて

 

当日も仕事を早めに切り上げて、駆けつけてくれた。

 

2017812152540.jpg会の開催までまだ3時間以上あるし、と余裕ぶっこいてたのも最初だけで

 

時間はあっ!という間に過ぎてゆく・・・・

 

今回一番頭を悩ませたのが、やっぱりお料理。

 

お酒のアテになるものを二人で色々考えて、というか、お料理はほとんどお料理上手なA子頼みで。

 

ほんまに今回の企画はA子なしではできひんかったなぁ・・・とお気楽な私は改めて思う。

 

準備してる時も、私よりずっと緊張してた、A子。

 

お料理をお猪口に入れるっていうアイディアは私が提案したんやけど、そのお猪口を提供してくれたのもA子で。

 

2017812153541.jpg酒の肴として写真の七品と別に二品で計九品。

 

・チキンとパプリカのイタリアン南蛮(A子)

・しらたきのガーリックたらこ炒め(A子)

・新ごぼうのぺペロン(A子)

・クリームチーズのかにみそのせ(私。のせただけ)

・〆鯖(私。切っただけ)

・ねぎじゃこ(私。超カンタン混ぜるだけ)

・三つ葉と貝柱のお浸し(私。茹でて和えただけ)

・アンチョビオリーブ(既製品)

・タコときゅうりのマリネ(私、切って和えただけ)

 

手の込んだものは全てA子担当(笑)

 

盛り付けも全部A子におまかせ。

 

すまんな。

 

 

 

このお猪口料理の他に、串かつが五種。

 

2017812154220.jpg・えび

・ししとう

・子持ちししゃも

・れんこん

・うずら

 

 

そして、〆は私の個人的な好みでにゅう麺。

 

〆の一品まで出せる余裕あるかなぁ・・・と直前まで悩んでいたのですが

 

やっぱり、日本酒好きな方が集まるからには、外せないだろうと。

 

これだけはわたくし、頑張りました(笑)

 

2017812154541.jpg串かつ屋の厨房の隅っこに、カセットコンロを置いて

 

お湯を沸かし、麺を茹で、作っておいたおだしを温めて、なんとか時間内に出すことができました。

 

具は、ネギ、とろろ昆布、梅干し、鱧(ほんまにちっさい一切れやけども)

 

 

2017812154824.jpgセッティング完了!!

 

あとはお客様を待つのみ。

 

 

その③へつづく・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1332

ページ上部へ