ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2017年11月

2017年11月

孫からのプレゼントをあまりにも大切にするじーじの話。

毎度、弟の影響か恐竜好きなお米屋の嫁でございますriceball

 

恐竜好きだった(今でも好き)弟は小さい頃から恐竜図鑑を見ていたんですけど

 

一緒になって見ていたからか、今でも結構名前が言えます。

 

プテラノドン

ティラノサウルス

トリケラトプス

イグアノドン

ポセイドン

 

 

「ちーがーうーだーろー」

 

 

 

そんな今でも恐竜好きな私が・・・私としたことが・・・・

 

 

知らんかったわ。

 

ノドサウルスのすんごい化石のこと。

 

昨日、弟に教えてもらって、検索して腰ぬかしました。

 

ほんま47歳にしてちびりそうになりました(お母さん、ごめん)

 

ご興味ある方は「ノドサウルス」で画像検索してみて下さい。

 

見る前に、オムツあてといた方ええ思うわ、ほんまに。

 

ほんっまに、すごいから。

 

あまりに興奮して、早速、その恐竜の写真が載ってる雑誌をAmazonで買いました。

 

そして、その画像をスマホの待ち受けにしました。

 

今年のクリスマスはノドサウルスのフィギアをサンタさんにお願いしようと思います。

 

 

 

 

さて。

 

久しぶりの、じじネタです(時事ネタみたいに)

 

もう、補聴器も結局まったくつけてくれず、私も夫も諦めモードで

 

「補聴器、つーけーてー!!」と絶叫することもめっきり少なくなった2017初冬。

 

補聴器をつけてくれないことや

 

おかずがあるのに、たまごがけごはんをしておかずを残すことや

 

どう見てもまだ洗ってないお風呂にお湯をためることや

 

不満を言えばキリがないんですけど、

 

じーじが人から、特に孫からもらったプレゼントを

 

あまりに大切に思う余り、まったく使ってくれないことは前にも書いたと思います。

 

今年の敬老の日、東京の娘からじーじとばーばに温かい冬物の靴下が届きました。

 

それも、もちろんすぐに押し入れの引き出しにしまわれました。

 

気持ちはわかりますよ、

 

私だって、子どもたちからプレゼントをもらうのは慣れなくて

 

まして東京で社会人として頑張ってる娘からの贈り物なんて

 

ほんまに汗と涙を流して稼いだお給料で買ってくれていることを知っているだけに

 

その贈り物の重みがズシリときます。

 

でも、私はだからこそ、すぐに開封して使います。

 

でも、じーじは、ソッコー、しまいます。

 

ほんで、うっすい、うっすい穴が開きかけた靴下を二枚重ねで履いたりしてるから

 

「Mがくれた靴下、履いたらいいやん!!履いた方がMだって喜ぶねんで!!」と言ったら

 

今にも泣きそうな顔をして

 

「わかってる!わかってるわ!!大事にしまってあんねん・・・・・ほれ」と言いながら

 

押し入れの引き出しから、出された袋がコチラです。

 

 

20171126131741.jpgもう、全く使う気がない。

 

じーじにとっては何をもらっかたとかやなく

 

「孫がワシにプレゼントをくれた」というそのこと自体がプレゼント。

 

「その内、履くやん・・・」という言葉を聞くたびに

 

「その内、その内て、いったいいくつまで生きるつもりなん!?」という鬼の様な言葉を

 

グッと飲み込まずに、はっきり言うてるわ、私。

 

 

 

 

そして、この間は、オーストラリアに修学旅行に行っていた次女がじーじに小銭入れを買ってきたんですね。

 

次女もそれをじーじに渡しながら

 

「しまわんと、使ってな!!な!!!な!!!!!」と言っていたんですが・・・・

 

 

 

 

数日後、机の上を見たら・・・・・!!!

 

 

20171126132140.jpgいつのまに買ってきたのか、こんなケースに入れられて飾られていました・・・・

 

 

「使う」という選択は全くないようです。

 

 

 

そんなじーじも明日が誕生日。

 

81歳になります。

 

おめでとう、じーじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「京の米」評価会に行ってきました~!

毎度、一度だけ気まぐれでスマホの占いサイトをタッチしてしまったことを後悔しているお米屋の嫁でございますriceball

 

元々、占いとかまーーーーったく興味ないんですけど、

 

先日、誕生日がもうすぐだったことと、酔っ払ってたことで

 

つい生年月日を入力してしまったんですね。

 

もちろん、「無料」に惹かれて。

 

※初回だけ無料で、それ以上、知りたかったら有料らしい。

 

 

 

 

そして、すぐに届いたメールには、もう「あなた様にはすんばらしい未来が!」という内容に合わせ

 

私の人柄を絶賛する言葉の嵐、嵐、嵐、、、

 

そして、最後に「何か気がかりなことはありませんか?」

 

「あればそれを教えてください」と。

 

気がかりなこと?

 

そんなん山ほどあるわ。

 

夫はいつになったら髪の毛を切るのか?とか。

 

じーじはいったいいつまで補聴器を充電し続けるのか?とか。

 

私はもしかしてアル中か?とか。

 

思わずそんな気がかりなことを、画面に入力しそうになったわ。

 

あかん、あかん、

 

ほんでスルーしてたんですけど、翌日以降、毎日そのサイトからメールが届くようになり

 

もう、手を変え品を変え法で、

 

最初の占い師の名前がAだとすると、四日目くらいから

 

「Aからあなた様が素晴らしい運勢の持ち主だと聞きました」という占い師Bが現れたり

 

「あなたにお告げの手紙が速達で届きました、速達で来るなんて滅多にないこと

 

私は中身を見ることはできませんが、あなた様にとって重要なことが書かれているはず」とか

 

最終的には「せっかくの素晴らしい未来をこのままでは間違った選択によって失ってしまうかもしれません!!」的な。笑

 

 

 

十日位続いたんですけど、パタリと来なくなりました。笑

 

素晴らしい未来を失ったのか、私。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

北海道から義姉さんが来て以降、金沢、琵琶湖テラスと

 

気が付けばお酒を飲んでる画像しか載せていないことに愕然とした次第でございます。

 

ただの酒飲みのブログになりそうなので(え?もうなってる)

 

たまにはちゃんと仕事してますよ!!的なネタを。

 

 

先日、お米マイスターとして

 

「京の米」オリジナル品種候補系統の食味評価会に参加してきました。

 

昨今は各県が本当に次々と新しい品種をデビューさせていて

 

そんな中、京都も新しいブランド米を育成しようと頑張っているようです。

 

今回の審査会には、京都府下のお米マイスター五名と

 

京都を代表する料亭の料理人さん五名が審査員として呼ばれると知り

 

「なぜ、私が?」と。

 

 

京都には確か100名以上のお米マイスターがいるはずやし

 

しかも私は三ツ星・・・・・(お米マイスターには五ツ星もあります)

 

 

依頼の電話をかけてきてくれた組合の方に「あの・・・なんで、私なんですか?」と率直に尋ねたら

 

主催者の方が「上田さんのブログをみて、是非!とご指名です」

 

 

 

うそん。

 

このブログを見て?

 

このお米の話題なんて、一年に数回しか出てこないこのブログを見て?

 

この飲んだくれのブログを見て?

 

こんなお仕事、私には恐れ多いと思ったんですけど

 

このブログを見て依頼してきはるってことは、こんな私でいいってことやんな!!と勝手に解釈。

 

それに、どんなお米を試食できるのか単純に興味があったし

 

どんな料理人さんが来るんやろー、というミーハー的感情も手伝って

 

身の程知らずな私は、お引き受けすることに。

 

 

 

気がかりだったのは、風邪をひいていたこと。

 

このまま鼻がつまったままやと、食味の評価なんてできない・・・・

 

そう思って、私には珍しくきっちり薬を飲んでたおかげか、当日には鼻もすっきり。

 

当日はギリギリまで店の仕込みをして、バタバタと出発。

 

20171124164322.jpg会場は御所近くのここ。

 

入り口の掲示板で会場を確認して、二階へ上がったんですが

 

目指した会場前の看板には催し名が何も書かれておらず・・・・

 

受付に人もいない・・・・

 

もしかして、シークレットな会なのか?

 

だから、表示もないのか?

 

大事なブランド米を審査するんやし、やっぱり極秘に行われるものなのか?

 

そーろっと会場の扉を開けてみたら、真っ暗。

 

 

 

 

ただ、会場を間違えてただけやったわ。

 

 

 

 

 

ほんまの会場はすぐ近くにあって、受付の人が「コチラです~」って笑ってはったし

 

きっとうウロウロしている一部始終を見られていた模様。

 

20171124164438.jpg「あの・・・今日の内容、ブログとかに上げても大丈夫ですか?」って聞いたら

 

「どうぞ、どうぞ~~~~」って。

 

全然、極秘やなかった。

 

むしろ、オープン。

 

 

 

ちょっと緊張して、いざ入室。

 

主催者の方たちと次々、名刺交換。

 

ほんま名刺交換って苦手やわー

 

未だドギマギする。笑

 

そして指定の席に着席。

 

そこで資料を読んで、初めて今日の出席者のお名前を知る。

 

お米マイスターはやっぱり私以外、みなさん五ツ星で

 

直接のお付き合いはないものの、お名前は存じ上げてる方ばかり。

 

向かい側に座る五名の料理人の方たちも、老舗中の老舗、全国に名前の知られた料亭の方たち。

 

みんな30代後半~40代前半位の若手の方たち。

 

 

 

 

これは・・・・・やっぱり・・・・・

 

 

 

 

さぁ、歌って頂きましょう~

 

THE マイスターズで「BA・CHI・GA・I」

 

張り切ってどうぞ~

 

 

note どうして~私がここにいるのぉ~

 

WOWWOW  YEAH

 

誰が私を呼んだのぉ~

 

WOWWOW  YEAH

 

思いっきりBA・CHI・GA・IじゃないのYO!note

 

 

 

 

という歌が、リフレインしました。

 

 

まもなく開始時間になり、主催者の方からの挨拶、会の主旨説明、評価の仕方についての説明等があり

 

20分くらいたったところで、早速、試食のごはんが運ばれてきました。

 

今回の評価対象になったお米は11品種。

 

まず最初はその内の5品種が目の前に。

 

すると、一人のお米マイスターの方がすかさず

 

「もっと、照明明るくなりませんか?これでは評価しにくい」と。

 

ホテルの方が慌てて、照明器具を足したりして、現場に緊張感。

 

「プロやなぁ・・・・」って関心して他人ごとみたいに見てましたけど

 

いや、あんたも一応、プロとして呼ばれてまんのやでー

 

20171124195241.jpg評価のしかたは、基準となるお米(今回はコシヒカリ)と

 

・外観

 

・香り

 

・味

 

・粘り

 

・硬さ

 

を比べるというもの。

 

 

好奇心とミーハー気分で参加してしまったことを後悔しつつ、

 

でも、せっかく呼んで頂いたのだから少しでもお役に立ちたいと思い

 

未だかつてこんなに真剣にお米の試食・評価をしたことがないって位に

 

もう、めっちゃ真剣に五感をフルに使って試食しました(耳はつかってないわ)

 

 

 

が、しかし・・・・

 

 

正直なところ、ほんまに食べれば食べるほど、訳がわからなくなり

 

「はぁ?」とか「むー」とか独り言いうてました。

 

利き酒とかもそうですけど、やっぱり最初の一口の印象が大事で

 

そこでどれだけ感じることができるか。

 

食べれば食べるだけ、わからなくなるもんです。

 

が、何回も食べてました(笑)

 

あ、この日、時間なくてお昼抜きで行ってたんで、お腹もめっちゃ減ってたんですよ。

 

 

そして、一回目の審査が終了。

 

 

二回目は六品種が運ばれてきました。

 

20171124201337.jpgほんまに11種類も食べたら、正直、頭真っ白になりました。

 

あまり特徴的なお米はなくて、似たような感じだったので

 

余計に訳が分からなくなりました。

 

 

それでも、時間ギリギリまで真剣に評価したつもりです。

 

 

 

最後は審査員一人ひとりから、感想や総評を。

 

私は一人、へらへらしていたように思います。

 

 

 

お米マイスターの方たちの意見はもちろんのこと、

 

料理人の方たちからのお話も、すごく興味深かったです。

 

うちらお米屋はお米を売る側ですが、料理人の方たちはそれを使う側。

 

想像以上にみなさん、お米へのこだわりがあって、

 

いろいろな意見、感想があって、勉強になりました。

 

また、なんていうか、みなさん老舗の若だけあって、品がある。

 

生粋の京都の人!!って感じでした。

 

 

 

時間になり、会も終了。

 

こんな料理人の方たちと会うことなんて滅多にない機会ですから

 

名刺交換でもすればいいものを、わたくし、こう見えて結構小心者でして(笑)

 

そそくさと会場を後にしました。

 

 

 

 

そして、すんごい疲労感。

 

やはりかなりのエネルギーを消費した模様。

 

 

京都から新しいブランド米が誕生するのを楽しみにしています!!!

 

 

 

今日はこれからたまりにたまった伝票の打ち込みをします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

極寒の琵琶湖テラス

毎度、ひっさしぶりに風邪をひいたお米屋の嫁でございますriceball

 

もう9割5分、復活しております。

 

残すはちょっとイイ感じの鼻声だけです。

 

寝込むような風邪ではなかったんですが、咳、くしゃみ、鼻詰まり、微熱といった

 

絵にかいたような風邪の症状でした。

 

でも、仕事はもちろんプライベートも予定が入っていたので

 

普段は極力飲まない薬をきっちり飲んで、栄養ドリンクも飲んで、なんとか酷くならずに済みました。

 

今夜もグンと冷え込んできたので、皆さんもお気を付けくださいましね。

 

 

さて。

 

そんな風邪っぴきの中、行ってきたのが前から行きたかった琵琶湖テラスです!

 

去年の7月に琵琶湖バレイの山頂にオープンした琵琶湖を一望できるウッドデッキのテラス。

 

おしゃれなカフェも併設されていて、一度行ってみたかったんです。

 

 

 

が・・・・・・・

 

 

想像以上の極寒テラスでした。

 

今回は自転車ではなく、京都駅から湖西線~バスを乗り継いで、

 

山頂へはロープウェイで。

 

このロープウェイ、日本で一番高速らしいです。

 

あんま実感できひんかったけど。

 

20171120191638.jpgすごい大きいロープウェイで、一度に100人以上乗れるサイズ。

 

平日にも関わらず、想像以上の混雑ぶり。

 

海外からの団体さんとかもいはって、びっくり。

 

 

 

そして、着いた山頂は・・・・

 

20171120191848.jpgどよ~~~~~~ん

 

どんどよ~~~~~~~~ん

 

 

伝わりますでしょうか、この温度感。

 

もうね、めーーーーっちゃさぶいっ!!

 

とにかく、さぶいっ!!

 

気温0.5度。

 

写真には写ってませんが、雪が降っています。笑

 

はい、私、風邪ひいてます。

 

舐めてました、11月の琵琶湖バレイを。

 

極寒。

 

しかも、一か所しかないカフェには長蛇の列。

 

いや、なんでこんなに人おるん?(いや、あんたもや)

 

とにかく温かい所に入りたかったので、がくがくブルブル震えながら列に並びます。

 

もう、寒くて死んじゃうよーーーーーーっていう寸前で、何とか入店。

 

「熱燗二合!!」って叫びたかったけど、こんなお店に熱燗なんてあるはずもなく・・・・

 

 

20171120192432.jpgとりあえずビールで乾杯です。

 

やっと座れた安堵感で、店内の写真をほとんど撮ってませんが、

 

ゆったりしたソファや、暖炉?みたいのを囲むようにできたグループ席なんかもあって、素敵でした。

 

20171120193516.jpg

20171120212622.jpgあ、串かつ屋に出動要請がかかったので、一旦〆ます!笑

 

 

のちほど、続きを書きます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

はい、ただいま。

 

一時間半ほど働いてきました。

 

月曜日やのに、まさかの満席でございました。ありがとうございます。

 

極寒テラスのつづきです。

 

地ビールで喉をうるおし、ウインナーやオニオンフライでお腹を満たした後は

 

ジェラートも頂き、気が付くと、少し晴れ間も出てきましたので

 

やっと、テラスへ。

 

20171120211842.jpgTちゃん。

 

あったかかったら、ここに座って景色を見ながらビールでも飲みたいとこやけど

 

あまりの寒さにとりあえず写真だけ急いで撮りました。

 

20171120212043.jpgジャンプに失敗した写真です。

 

長居するには寒かったので、やむなく下山。

 

 

チケット売り場の情報板、間違いないわ↓↓↓

20171120212818.jpg

 

20171120212231.jpg駅までのバスを待つ間、冷えた体をゴリ男にあっためてもらいました。

 

 

 

 

そして、向かった先は・・・・

 

2017112021299.jpg冷えた体をあっためるべく、温泉につかって帰ってきました~~

 

たまには電車で行くのもいいなぁ。

 

 

 

今度は、あったかい時期に行こうね、Tちゃん。

 

 

 

金沢へ~最終章

毎度、昨日は揉んでもらって気持ち良かったお米屋の嫁でございますriceball

 

誤解を生む表現(笑)

 

 

 

マッサージです。

 

201711141386.jpg腰からお尻辺りをグッグッって強く押されたら

 

思わず「プッ」って出そうになりません?笑

 

緊張感が必要やわ。

 

気抜いたらあかん。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

金沢、最終章です。

 

長らくお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

泣く泣くカニを食べるのを諦めて、お弁当を買ってサンダーバードに。

 

旅の間、ごはんを一粒も食べていなかったために、すんごいがっついてお弁当を食べました。

 

20171114131350.jpg酒に始まり、酒に終わる・・・・・

 

 

 

この旅では、ほんっまにA子に甘えっぱなしで、全部彼女がエスコートしてくれた。

 

A子が金沢に何度も来てるっていうのもあるけど

 

A子はほんまに何かを企画したり、プロデュースする才能に秀でている。

 

それは前から感じていたけど(日本酒の会の時とかも)、今回の旅でより感じた。

 

行く場所、行く場所でまるでガイドさんのように、いろいろ説明してくれたり

 

私なんてただついてっただけ。

 

あと、カラオケとか行っても、リズム感もなく、歌も上手じゃなく、しかも声も低い私に

 

歌いやすい歌を探してくれて、それがほんまに歌いやすくて

 

「あれ?私、歌うまい?」って勘違いしてしまったり。

 

なんか、人をその気にさせるのがうまい(笑)

 

 

 

色々楽しませてくれたA子、お疲れになったのでしょう。

 

ごはん食べた後は、撃沈。

 

20171114132125.jpg「まもなく、京都~、京都です」ってアナウンス流れて、A子を起こしたら

 

めっちゃ寝ぼけてて、慌てて身の回りを片づけ始めたんやけど

 

お土産をゴミ袋に入れたり、私のかばんを自分のかばんと勘違いしたりしてました。

 

おつかれさま、A子。

 

そして、楽しい旅をありがとう!!

 

 

 

 

 

 

翌日の私たちの仕事中のLINE。

 

 

A子  「なんか・・・めっちゃ現実の世界やな・・・・」

 

私 「ほんまに・・。旅行したん、夢かな?」

 

A子 「笑」

 

私  「笑」

 

 

 

 

さて、現実の世界で頑張ります!!!

 

 

 

金沢へ~その④

毎度、腰痛が悪化して昨夜は寝返り打つのも命がけだったお米屋の嫁でございますriceball

 

 

常に痛いわけではなく、動けないわけでもないんですけど

 

 

じっとしている状態や、寝ている状態から、動き出す時がめっちゃスロー。

 

 

昨日は腰が痛いにも関わらず、また床の上で寝てしまい、

 

 

深夜に目が覚めて、ベッドに移動しようとするも、

 

 

もう体中が硬くて、硬くて、動くたびに「ギ・・・・ギギ・・・・ギィ・・・・」って音がしそうな感じやった。

 

 

そんでベッドに移動して、眠りについたのですが

 

 

何度も目が覚めて、その度に寝がえりを打とうとするものも、

 

 

「!?」

 

 

できない(笑)

 

 

なんか、笑けてきて、一人で天井見つめたままジーッとしてました。

 

 

でも、仰向けの姿勢がしんどいので、めーーーーーっちゃ、ゆっくーーーーーーり寝返ってました。

 

 

病院行きます!

 

 

 

 

さて。

 

 

金沢編。

 

 

すみません、もう飽き飽きしてますよね?

 

 

まだ続きます。

 

 

二日目もめっちゃいい天気。

 

 

前夜は声が枯れるまで歌って、食べて、飲んだので、私はホテルに戻るなりベッドに直行。

 

 

A子はちゃんとシャワー浴びてから寝たらしい。

 

 

朝、大浴場へ行きました。

 

 

化粧落としのクレンジングやと思って顔に塗りたくってマッサージしたのはヘアオイルだったって言う。

 

 

どーりで、ぬっるぬるやったわ。

 

 

部屋に戻って、着替え。

 

20171112145050.jpgA子は前日の赤いトレーナーから白いセーターにお着替え。

 

服に合わせて、アクセサリーまで変えてるし。

 

私なんて二日間とも同じ服。

 

さすがにパンツは替えましたけどもね。

 

 

 

前夜、あれだけお腹ポンポコリン子ちゃんやったにも関わらず

 

「コーヒーだけ飲んでこか」って入ったホテルのカフェで、

 

朝食のバイキングを見て、めっちゃ物欲しげな顔をした私たち。

 

もう、完全に胃が、いや脳がおかしい。

 

 

 

ホテルをチェックアウトした後は、歩いて武家屋敷に向かいました。

 

天気が良くて、歩いてるだけで最高にいい気持ち。

 

20171112145835.jpgなに?かいらしいやん。

 

注)かいらしい → かわいらしい、の意。

 

 

そんで「前田家」・・・・? ちゃうわ、野田家?ん?野村家?

 

 

忘れましたけど、そんな武家屋敷に入りました。

 

 

ここが良かった!(なら、名前くらい覚えておけ!)

 

 

お庭とかこじんまりしてるんですけど、なんかほんまいいお庭やった(語彙力の無さ)

 

 

2017111215137.jpg201711121525.jpgもう少ししたら紅葉して、もっと綺麗かったんやろなぁ。

 

でも、ここは見る価値アリ!でした。

 

武家屋敷へ行ったら、是非、野田家?野村家?へ。

 

 

 

正しい情報・・・・・野村家です。前田利家の直臣、野村伝兵衛信貞のお屋敷跡です。

 

 

武家屋敷をあとにして、ブラブラ歩いていたら、

 

 

「ふ」

 

 

と書かれた大きな看板を発見。

 

 

覗いたら、文字通り「麩」のお店で、麩饅頭とかがその場で食べられるとわかり、ソッコー入店。

 

 

こんなん旦那さんと来てたら、絶対「俺、いらんし、外で待ってるわ」パターンで

 

 

一人急いで喉に麩饅頭詰まらせながら「ふんがっふっふ」言うてるの目に浮かぶわ。

 

 

女はとりあえず、何でも見たいねん。入りたいねん。

 

 

ほんで一回一回、わーきゃー言いたいねん。

 

 

20171112151843.jpg美味しかったぁ~

 

この麩饅頭、もう滑らかで、モッチモチで、プッリプリのピッチピチ(水着のキャンペーンガールか)

 

ほうじ茶ついて、これで380円。

 

A子と 「こんな観光地で、これは安いよな」

 

私 「これ、京都の祇園とかやったら、これだけで600円とかすんで」

 

A子 「するな、絶対するわ!」

 

 

という、おばちゃん丸出しの会話をしつつ、美味しい麩饅頭を頂きました。

 

 

 

 

そして、兼六園へ。

 

 

ずっと歩いての移動だったので、バスでも乗ろうかってなったんやけど

 

イマイチ方角がわからなくて、結局タクシーに乗りました。

 

20171112152349.jpg所々、紅葉も始まっていて綺麗でした。

 

20171112152427.jpg2017111215252.jpg

 

20171112152238.jpgそれにしても、A子の写真へのこだわりが凄くて。

 

兼六園だけでたぶん100枚以上撮ってたんちゃうかな。

 

載せきれない写真はいずれ写真集として出版する予定ですので、お楽しみにnote(誰が買うねん)

 

 

 

ぶ~らぶら、結構時間かけて見て回り、さぁ、そろそろ出よかと、出口に向かった時に気づきました。

 

 

途中で暑くなって、コートとスヌードを手にかけて歩いていたんですけど

 

 

気が付いたら、手がなくなっていて・・・・・(そっちかい)

 

 

このスヌードがなくなっていたんです。

 

20171112152946.jpgこれ、A子が私にプレゼントしてくれたもので、めっちゃ大事にしていたんで、慌てて探しに戻りました。

 

 

喋りながら歩いていたから、二人とも通ったルートが曖昧で

 

 

歩けど歩けど、見つからず・・・・・

 

 

自分で買ったものなら諦めもつくもんの、A子がくれた大事なものだけに

 

 

「また同じのん、ちょーだいな」とは言えず(図々しいにも程がある)

 

 

ひたすら歩いて歩いて・・・・・

 

 

そしたら、

 

 

あったーーーーー!!

 

 

誰かが拾ってくれて、たっかい木のてっぺんに引っ掛けておいてくれた!!

 

 

わーーーーーい!!届かんわーーーーーい!!

 

 

嘘です。

 

ちゃんと、すぐそこに掛けて置いてくれてありました。

 

どこのどなたか存じませんが、ありがとうございます。

 

どっかで会うことがあったら、生の一杯でも奢らせてもらうわ。

 

 

 

 

ほっとして出口を出て、お土産屋さんの通りを歩いていたら!

 

 

また、素通りできないものを発見!!

 

 

20171112153812.jpg

 

 

また、おでんかい。

 

 

「ここを素通りしろ!と言われるのは、足の指で後頭部を掻く位に難しいことだ」

 

 

という、ニーチェの言葉にもあるように(あるかそんな名言)

 

 

いや、でもほんまうちらにとってはその位、スルーはできひんことでありんす。

 

 

しかも!!

 

SHI・KA・MO!!

 

兼六園まで乗せてくれたタクシーの運転手さん情報によれば、この日がカニの解禁日ーーーー!!!

 

ほな、昨日の近江町市場では食べれなかった「カニ面」が食べれるってことやないかい!!

 

 

 

 

人生初、カニ面がコチラです↓↓↓

 

201711122370.jpgTHE エイリアン

 

なかなかのインスタ映え(笑)

 

20171112231538.jpgほんま、美味しいわ~、金沢おでん。

 

金沢と言えば「金」も有名ですが、同じ売り場で金箔ソフトクリームが1000円で売られていて

 

A子が「1000円も出して買う人おる?」って言うたんですけど、思いっきり目の前にいらっしゃいました。

 

見てたら、結構売れてたわ、金箔ソフト。

 

「同じ千円払うんやったら、絶対おでんとお酒の方がええよな!!」と私とA子。

 

いや、それは人それぞれや。

 

 

長くなるんで、サクッといきます。

 

兼六園を後にして、次に向かったのは

 

兼六園の通りを挟んで向かいにある金沢城跡。

 

はい、ここでも喜びを全身で表現してみました。

20171113153728.jpgほんまうまいこと撮るなぁ~

 

 

私 「私も撮るし、A子、跳んで!!」

 

A子 「上手に撮ってや!」

 

私 「任せとき!!」

 

 

はい、こちらがその写真です。

 

2017111315420.jpg

 

 

すまん、A子。

 

グルっと周りを囲んだ塀に何やら等間隔に仕切りみたいのがあって、何やろなぁと思ったら

 

戦の時の鉄砲を撃つためのものやった。

 

A子、再現してくれました。

 

20171113154455.jpg20171113154527.jpgA子がおもろいんか、写真がおもろいんかわからんけど、なんかめっちゃ笑える。

 

敷地内には今年の春にオープンしたばかりの、素敵なお茶処もありました。

 

20171113154712.jpg前方が全面ガラス張りで、めっちゃ気持ちいい。

 

2017111315487.jpg私はきんつばと珈琲という、おかしな組み合わせ。

 

A子はお抹茶と生菓子。

 

2017111315496.jpg家庭画報に出てきそうな二人ですね(絶対、出てきいひん)

 

 

ちょっと長くなってますけど、まだ続けていいですか?

 

いいですよ。

 

 

金沢城跡を出た後は、バスに乗って、東茶屋町へ。

 

20171113155152.jpg東の茶屋街近くを流れる浅野川、通称「女川」というそうです。

 

夜も歩いてもいい雰囲気やろなぁ~

 

橋を渡って、茶屋街へ。

 

20171113155755.jpg小京都といわれる所以がこの辺りの雰囲気なんでしょうか。

 

石畳の両脇に趣のある建物が続いています。

 

気になるお店を覗きながら歩いていると・・・・・

 

 

 

二人、引き寄せられるように入ったのは、ここ。

 

20171113161057.jpgまた飲むんか。

 

素通りできないっスよー、先輩。

 

20171113161147.jpg真剣な顔で利き酒をしているA子。

 

ここ、カウンターの中にいた男性スタッフの方がなんとフランス人で!

 

お酒の説明もちゃんと日本語で説明してはって、感動。

 

聞けばまだ日本にきて二年だそう。

 

A子が私にコソッと「なぁ、日本酒が好きなんですか?って聞いて!」と耳打ち。

 

いや、彼、日本語話せるし、自分で聞きぃな。

 

日本に来て、日本酒を初めて飲んで、その美味しさに魅了されてこのお店で働くようになったとか。

 

ワイン大国フランスの方が、日本酒を美味しいって言ってくれるなんて、嬉しいなぁ。

 

 

 

 

ほんまはこの日、カニが解禁されたから、帰る前に早めの夕食でカニを食べよう!って言うてたんやけど

 

気が付けば、ごはんを食べてる時間がなくなり、カニは泣く泣く諦めて、駅へ向かいました。

 

そして、駅構内でお土産を買おうとしたら!

 

気になるお店、発見!

 

 

 

二人、引き寄せられるように入ったのが・・・・・・

 

2017111316195.jpg

 

 

また、飲むんかい。

 

ここに至っては、お互い「入る?」「入ろか」の掛け合いもなしに

 

ほぼ、無言で席に着いてたわ(笑)

 

ほんま引き寄せられてた。

 

もう、実家の母のお叱りの声が聞こえてくるわ。

 

 

カウンターは9割、女性でした。

 

これからの日本酒業界は女性が支えていくようです!!

 

 

 

お土産と夕食代わりのお弁当を買って、帰りのサンダーバードへ。

 

私、この二日間の旅行で再確認したことがあって。

 

 

 

それは、

 

 

 

「私はごはんが好き!」

 

 

 

と、言うことです。

 

 

考えてみたら、この二日間、ごはんを一粒も食べていなかったんですね。

 

で、夕食用のお弁当を選んでいる時に、モーレツに「ごはん、ごはん、ごはーーーーーーん!!」ってなって

 

お腹が減っていたのもあって、電車に乗って席に着くなり、めっちゃすんごい勢いでお弁当を食べました。

 

もう、とにかくごはんが食べたくて、食べたくて。

 

その時の様子をA子が動画で撮っていたんやけど、早送りしてんの?って思う位の食べ方でした。

 

私にはごはん抜き生活は無理やとわかりました。

 

 

 

 

 

 

あー、ほんまに楽しい旅でした。

 

ブログを書きながら、写真を見返したりして、旅の余韻に浸らせてもらいました。

 

 

 

 

長々と最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

 

あと一回だけ続きます。

 

続くんかーーーーーーい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢へ~その③

毎度、金沢でジャンプし過ぎたんか、腰が痛くて靴下を履くのにも難儀しているお米屋の嫁でございますriceball

 

 

ほんま靴下も履けへんって、どういうことやねん。

 

 

下に落ちたものも拾えへん。

 

 

昨日、郵便局のATMで振り込みをして、帰ろうとしたら、後ろの人が

 

「落としましたよ!」って。

 

ん?と思って、その人が指さした方を見たら、なんと千円札を落としていて。

 

しかも二枚。

 

 

「うーーーっわ!ありがとうございます!!」って言うたもんの

 

拾うのめっちゃ遅いって言う(笑)

 

背中ピーンってしたまま、ゆっく~り腰落として拾ったわ。

 

きっと、何この人、めっちゃ姿勢良くて上品な人!って思わはった思うわ(知らんけど)

 

 

 

あ、それと全然関係ないけど、思い出した時に書いておくわ。

 

 

 

 

兄へ

 

 

 

夜中に酔っぱらって電話してくるのはやめてな。

 

 

 

妹より

 

 

 

 

さて。

 

 

まだまだ続きます、金沢編。

 

まだ一日目も終わってない。

 

 

 

 

紅葉の並木道で華麗なジャンプを決めた後は、21世紀美術館へ。

 

平日やのに、すごい人やった。

 

ヤングが多かったな。

 

えーと、最初に書いておきますけど、あくまでも個人的感想ですけど、

 

多分、芸術的センスがある人や、美術が好きな人にはめっちゃテンション上がる場所やと思うんですけど

 

私とA子は、入るブース、入るブースで無言で顔を見合わせて「チーーーン」ってなってました。

 

いや、A子は私なんかよりずっと芸術に親しんでるし、もしかしたら感動してたんかもしれんけど

 

私があまりに「チーーーン」ってなってたし、合わせてくれたんかもしれん。

 

とにかく、なんていうか・・・・

 

 

 

斬新!!

 

 

 

その一言に尽きます。

 

 

もう、巨大なオブジェとか、意味不明。

 

そもそも、オブジェってそんなもんなやろな(そんなことない)

 

私はそういう物を見ると、意味を求めてしまって「これは何を伝えたいのか?」ってなるけど

 

そういう見方をすること自体、間違ってるんかもな。

 

伝わる人にはビンビンくるんやろな。

 

作品そのものよりも、なんかこういう物体を最後まで作り続けるそのエネルギーに感動したわ。

 

 

撮影が許されてる場所が少なくて、ここで撮った写真は少ないんですが

 

その中から何枚か。

 

 

20171110155041.jpg

 

2017111015518.jpgこれは常設の作品で、ここを代表するものらしい。

 

ほんまふざけてすみません。

 

プールの上部だけに水が張られていて、私がいるとこには水はないです。

 

それを上から覗くと、まるで水の中にいるように見えるという作品です。

 

作者は何を思ってこれ作ったんやろ・・・・・

 

ある日突然、

 

「そうだ!!プールの上部にだけ水を張ろう!!」って閃いたんかな。

 

あかん、あかん、

 

そういう考え方は違うねん。

 

もっと、感じなあかんねん!

 

 

作者は何をおも・・・・・

 

 

ちゃうねん!!そやないねん!!

 

 

もっと、肌で感じろ!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・チーーーーーン

 

 

 

はい、プールについては以上です!

 

 

 

他には、なんやろ、これが作品?って思うような

 

普通にキッチンがあったり

 

めっちゃ大きく拡大されたMUJIの商品タグ?が展示されていたりしました。

 

ほんで、しかも、別に作品に触ったりとかしてないのに、

 

ちょっと手伸ばしただけで、

 

スタッフの人に「お客様っ!!」って手で制されたりしたし。

 

 

 

 

チッ

 

 

 

 

舌打ちーーーーーー!!

 

 

ほんますいません。

 

 

 

20171110181034.jpgここは撮影可やった。

 

写真撮るのに、荷物を下に置いただけで、A子も注意されたらしい。笑

 

 

 

ショップとかゆっくり見れへんかったけど、かわいい物、面白い物が結構あった。

 

何も買ってへんけど(買ってへんのかーーーーーーい)

 

 

 

ほぼすべてのブースを見てまわったから結構時間使って、歩き疲れたのもあって

 

この後、私が唯一行きたいとリクエストした仏教哲学者のなんちゃらたいせつ館(鈴木大拙さんや)は諦めました。

 

 

 

ほんで、とりあえずホテルにチェックインしよかってなって

 

大きなお帽子をかぶったマダムがトレードマークの全国展開しているビジネスホテルに向かいました。

 

とりあえず、部屋に入って休憩。

 

二人ともベッドに横になって、気抜いたら絶対寝るやん!!っていう状態のまま

 

一時間くらいダラダラ喋ってました。

 

「ごはん、どうするー?」

 

「お腹、あんま減ってへんよなー」

 

「あかん、寝てまいそうやなー」

 

「気づいたら朝!とかやったら笑うなー」

 

とか言いながら、ほんまに寝ていまいそうやったんで、とりあえず出かけることに。

 

 

夕食をとる店を探しながら、しばらくブラブラ歩いたんですが

 

結局、入ったんはホテル近くのお店。

 

夜は贅沢しよな!!とか言うてたのに、昼間に飲みすぎ&食べすぎたのと

 

やはり認めたくはないけど二人とも年のせいか疲れていることを認めざるを得ない感じでした。

 

 

 

そんで、二人とも喉カッラカラで、考えてみたら朝からアルコール以外の飲み物を一滴も飲んでおらず

 

しかも喋り通しやったし、そら喉も乾くわ。

 

最初に頼んだ生ビールを飲み干すのが早かったこと。

 

20171111142525.jpgなんやろ、きつく握られた左の拳は。

 

お腹、減ってへんよなぁ、まぁ、軽く食べとこか、とか言うてたくせに

 

結局、お鍋とか注文して、〆に麺まで投入して、もうお腹ポンポコリン子ちゃんやったわ。

 

 

 

そして、お店を出て、ホテルへ・・・・・・と思いきや、

 

A子が「カラオケ行こ!!」

 

 

 

そして4時間近く歌いまくりました。

 

食べ放題、飲み放題、歌い放題の「放題プラン」(そんな名前ちゃう)にしたので

 

飲まな損、食べな損、歌わな損、言うて

 

声が枯れるまで歌い続けましたとさ。

 

 

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

その④へつづく・・・・

 

 

 

 

 

金沢へ~その②

毎度、朝から録画しておいた「陸王」を見て泣いたお米屋の嫁でございますriceball

 

いびきをかきながら寝ている夫の横で、ティッシュで鼻ブーーーってかんでました。

 

「下町ロケット」といい、ああいうみんなで一つになって何かに必死に取り組む経験って

 

あんまりしたことがないので、余計になんか「いいなぁ~」って思いまます。

 

原作もいいので是非、読んでください!(って私が書いたんじゃないけどー)

 

 

 

 

さて。

 

 

金沢です。

 

金沢で食べ過ぎて、胃壁が広がってしまったのか、帰ってきてからも異常にお腹が減ります。

 

金沢に到着して、まず向かったのは近江町市場。

 

駅から歩いて15分くらいだったかな。

 

平日だというのに、賑わっていました。

 

201711816181.jpg口を閉めなさい、口を。

 

201711816191.jpg2017118161925.jpgすでにお腹が減っていたので、とりあえず食べ歩きは後にして

 

どこかに入ろうと(いや、しっかり食べてから、まだ食べ歩きもすんのかーーーい)。

 

すでに行列ができていたお店に入りました。

 

うちら二人は美味しいお魚をアテにがっつり飲むつもりやったんですけど

 

入ってみたら、周りの人はほぼほぼ海鮮丼を食べておりました。

 

しかも「混んでる昼時は一時間でお願いします」の張り紙。

 

そりゃ、そうだわね。

 

でも、酒飲みのうちらは海鮮丼っていう気持ちではなかったので、お造りとあと何品か注文。

 

2017118162341.jpgもう、これだけでお腹いっぱいになったわ。

 

のどぐろのお造りって初めて食べた~(手前の甘えびが枕にしているのがのどぐろです)

 

美味しかったわ~

 

2017118162518.jpgしかし、お酒が似合うわ(笑)

 

もちろん、地のお酒を頂きましたよ。

 

何が楽しいって、こうやってその土地の美味しいものと美味しいお酒を頂くのが最高ですね。

 

2017118162711.jpgすでに出来上がってる様子。

 

後ろの時計を見ておわかりのように、はい、まだお昼です。

 

あっという間に一時間が過ぎ、慌てて退散。

 

 

 

 

そして、また市場をぶらぶら~~~

 

もう、目に入るもの、目に入るもの食べたい。

 

 

2017118162919.jpg次はこれ。

 

私はえびの塩焼き、A子はふぐとこれ何かの肝(忘れた)

 

お酒はこれまた石川のお酒、宗玄。

 

美味しくてえびの殻までバッリバリ食べたわ。

 

201711816312.jpgこんなにカップ酒が似合う人がいるでしょうか。

 

 

 

はい、次~~~~

 

201711816327.jpg金沢と言ったら、おでん!らしいです。

 

知らんかった。

 

しかも聞いたことも見たこともない具が多い。

 

ふかし、カニ面、赤巻き、なんだ、なんだ??

 

2017118163411.jpg私はバイ貝とふかしと言う練り物に。

 

カニ面は残念ながら、カニがまだ解禁になってなくて食べられず。

 

 

 

そして、だし割り~~~~

 

A子はだし割り初体験やったみたいで、「おいすぃぃぃ~~~~!!」って感動してた。

 

※日本酒を少しだけ残して、それをおでんのおだしで割るんです。私の初体験は東京赤羽(笑)

 

2017118163859.jpgこんなにだし割りの似合う人がいるでしょうか。

 

うちもだし割りやりたいな~~

 

でも、こういうのって外で、こういう雰囲気で飲むから美味しいんよね。

 

 

近江町市場を満喫した後は、またブラブラ歩いて移動~

 

2017118192143.jpgほんっまに天気が良くて、暑くも寒くもなく、最高でした。

 

歩いてたら、気になる建物発見。

 

201711819329.jpg昭和の銀幕スターを気取ってみた①

 

2017118193325.jpgその②

 

201711819346.jpg真面目にお参りするA子。

 

 

 

そして、またブラブラ歩き~の

 

尾山神社へ。

 

入り口には神社らしからぬステンドグラスの塔が。

 

2017118193616.jpgいちいち足を上げるな。

 

 

ここは前田利家公とおまつの方が祀られてる神社だそうな(日本昔話)

 

201711819384.jpg昭和のアイドル風。

 

 

ほんまA子は、どんだけ写真撮んねん!っていうくらい、めっちゃ撮ってくれて。

 

しかも、人をいい気持ちにさせるのがめっちゃうまいから

 

ほんま撮影会か?っていう位、篠山紀信か、アラーキーかっていう位

 

私をノリノリにさせて撮ってくれました(ノリノリってひさびさに言うた)

 

全部、載せたいところですが、見てる方もウンザリすると思いますので、これでも省いてます。

 

 

 

そして、尾山神社を後にして、21世紀美術館へ向かっていたら・・・・

 

 

めっちゃ紅葉している並木道が!!

 

 

嬉しくて、ここでも撮影会。笑

 

 

旅の嬉しさを全身で表現してみました。

 

 

2017118194436.jpg

ホーップ

 

 

2017118194511.jpg

ステーーーップ

 

 

2017118194552.jpgジャーーーーンプ!!

 

なんか合成写真に見えますが、ほんまの写真です。

 

そして、結構跳んでるように見えますが、実際は30cmくらいです。

 

カメラマンA子の腕により、いい写真が撮れました。

 

はい、もうすぐ47歳ですが、何か?

 

※因みに、ここは歩行者天国になってます。一応、言うとく。

 

 

 

 

そして、21世紀美術館へ。

 

その③へつづく・・・・・・

 

 

 

 

 

金沢へ~その①

毎度、一泊二日の旅が楽し過ぎて

 

今朝、目を覚ました時に「夢だったのかな?」って思ったお米屋の嫁でございますriceball

 

今回も恐らくかなり長いシリーズになると思われますので、覚悟してお付き合い下さいね。

 

 

 

もう、前置きはこの位で。

 

 

 

旅行したいなーって言いつつ、お互い忙しくて、なんかこのままやったら

 

「きっとこのまま今年、終わる・・・・」と思った私は

 

ある日、突然A子にLINE。

 

「11月5、6日で旅行いかへん?」

 

「うん、5、6ならいける!!行こ!!」

 

 

はい、決まりーーーーー

 

 

でも、それからもお互い忙しく、いや、忙しいとか言いながら二人で飲みに行ったりしてたけど

 

「とりあえず金沢にしとく?」って行き先だけは決めたもんの

 

ここ数日はほんまにA子が忙しく、とりあえずサンダーバードのチケットとホテルをとっただけで

(※ちなみにA子の旦那さんが予約してくれました。ありがとうございます)

 

旅の詳細は何も決めないまま、当日を迎えました。

 

 

京都駅で待ち合わせ、お昼は金沢で美味しいもの食べようってことで

 

朝ご飯は控えめにアルコールとおつまみで済ませることに(不健康極まりない)。

 

 

居酒屋サンダーバード、しゅっぱ~~~~~~つ!!YEAH!!

 

2017117154457.jpg朝からアルコール9%「濃いめ」の焼酎ハイボール。YEAH!

 

キヨスクがなくなり、ホームの売店は今、セブンイレブンになってるんやけど

 

もし、このブログをセブンイレブンの幹部の方が見てらっしゃったとしたら、一つお願いがあります。

 

カップ酒でいいんで、日本酒を置いてくれませんか。

 

以上、私とA子からの強いお願いです。

 

 

 

前回、天橋立に行った時もそやったけど、もう電車が動き出す前から喋りだして

 

一回も外の景色を楽しまないまま、あっという間に目的地に着いてしまった、という失態から学びを得て

 

今回は「ちゃんと外の景色も見よう!」と思っていたんですが

 

せっかくA子が私を窓際に座らせてくれたにも関わらず、のっけから窓に背を向けてA子に喋り倒してたわ。

 

 

話の内容は、お互いの最近の労をねぎらうことから始まり

 

(A子、最近ほんまにめっちゃ忙しくて、でも何とかそれも乗り切ったんで)

 

A子の仕事絡みから高齢化社会、先進を行く医療から、その逆の現場、

 

終末期医療等の話を真剣に語り合い(A子はナースではありません)

 

ホームの売店に日本酒が売ってなかったことへの不満や

 

今日、二人の服装がかぶらんでよかったなっていう話や

(お互いグレーのパーカーを着てこようと思ったりしていた)

 

ここにはとても書けない話や、

 

なんで日本酒売ってへんねん!っていう話(しつこい)を

 

延々してました。

 

 

そして、A子が

 

「見て!紅葉してる!!」って言うたのと

 

「何アレ!!」って言うたんとで、二回だけ外の景色を見ることができました。

 

ちなみに「何アレ!!」って言われて外を見たら

 

めっしゃ大きい仏像?観音様?みたいなのが突然そびえたってて、びっくりしました。

 

 

旅のスケジュールを全く決めてなかったため、A子がわざわざ重いガイドブックを持ってきてくれたのに

 

ほとんど見ることもなく、二時間はあっという間に過ぎて金沢に到着!!

 

 

201711716918.jpg何かポーズをとらずにはおれない昭和生まれです。

 

 

2017117161014.jpg外国人観光客の方に撮ってもらいました(笑)

 

 

あ、ちなみに、私は初金沢でしたが、A子はすでに4回目(笑)

 

すまんの。

 

行ってみたかってん、金沢。YEAH!

 

 

 

 

もう、雲一つない青空で最高の行楽日和。

 

おてんとさん、ありがとう。

 

A子提案により、近江町市場へ向かいまずは腹ごしらえ。

 

 

しゅっぱーーーーーつ!

 

 

その②へつづく・・・・

 

 

 

 

義姉さん、京都に来たる!

毎度、最近ほんとに夜起きていられないお米屋の嫁でございますriceball

 

お酒も弱くなった気がするわ。

 

5、6年前なら、面白い本を読みだしたら、次の日が仕事でも

 

時間を忘れて一気に読んでしまったりしてたけど、

 

最近は数ページ読んだだけで、もう白目。

 

以前なら3、4日に一冊位のペースで読んでた本も、

 

今は一冊読み終えるのに半月位かかる。

 

なのに、本を買うから、読んでない本がたまってゆく。

 

あー、どっぷり読書がしたい。

 

 

 

 

さて。

 

 

先日、北海道から兄のお嫁さん、私にとっては義理のお姉さんが京都に来ました。

 

お姉さんと言っても、10も年下なので、お姉さんと本気で呼んだことはありません。

 

Sちゃん(お姉さん)もお酒が強く、いつも実家に帰れば

 

一緒に飲みますが、二人だけで飲んだことはなかったので、とても楽しみにしてました。

 

 

まず一件目は、うちの串かつ屋(笑)

 

一足先に串かつ屋に行っていて、Sちゃんを出迎えたんですが

 

もう、席に着くなり、すごい勢いで喋りだしました。

 

 

「もうね、ずっと一人で誰とも喋ってないから、今日、私すっごい喋りますから!!」って宣言した通りだったわ。

 

 

そう、実は今回の旅、Sちゃん、初めての一人旅だったんです。

 

まだ小学校入学前の男の子が一人いるんですけど

 

どうしても、どうしても、一人旅がしたい!!という強い思いがあって

 

旦那さん(私の兄)や義両親(私の親)に恐る恐るその計画を伝え、

 

何とか了承を得て、念願叶って、今回の広島~京都、二泊三日の一人旅が実現したというわけです。

 

 

わかるよ、わかる。

 

 

一人旅がしたいっていうか・・・・

 

 

 

一人になりたかったんだよね?

 

 

 

Sちゃんも同居で、うちの両親と暮らしてくれてる上に

 

独身の40過ぎた私の弟まで一緒やし

 

そら、一人になりたいわ。

 

子供だって、もう乳飲み子(乳飲み子って)じゃないし、

 

とりあえずお土産にベイブレードさえ買ってきてくれれば

 

お母さんがいなくても、泣かないらしいから、

 

二泊三日くらい、いいじゃないの、いいじゃないの。

 

 

 

まず、今回の一人旅を家族にお伺いをたてた話から始まり、

 

家を出発してから、広島に到着するまですったもんだあって12時間もかかった話、

 

黙って聞いてたら、串かつを一本も食べないまま、閉店時間が来そうな勢いだったので

 

 

「Sちゃん、Sちゃん、ちょっととりあえず串かつ、頼もか」と。

 

「ですよね~、すみません、ずっと誰とも喋ってないので」(うん、それさっきも聞いた)

 

 

そして、串かつを頼むも、Sちゃんトークはますます炸裂。

 

広島で色んなものを見るたびに、感動してウルウルしていたそうです。

 

そして、スマホで撮った画像や、動画をいっぱい見せてくれたんですが

 

ところどころに、食事の写真があって、

 

「ん?ちょっと待って、これ、何ごはん?」っていう位、よく食べていました(笑)

 

 

例)夕方、広島焼 → ホテルに帰って休憩 → 夜、広島名物、汁なし担々麺

 

 

はい、Sちゃんは気持ちいい位、とってもよく食べる子です。

 

 

2017114143349.jpg2017114143421.jpg「串かつ、メニューに載ってるの、全部制覇しますから!!」って言ってたわりに

 

遠慮してたのか、喋り過ぎたのか、そんなに食べなかったよね(笑)

 

串かつ屋はサクッと飲んで、二軒目に行くつもりが、結構長い間おりました。

 

途中で、実家から電話がかかってきて、息子くん(甥っ子)や母やらが、

 

代わるがわる出て、まぁ、うるさい(笑)

 

 

 

そして、二軒目へ移動。

 

 

タクシーに乗って街中に出たんですけど、

 

sちゃんが運転手さんに話しかける様子が

 

うちの母にそっくりで。

 

うちの母も京都に来て、タクシーに乗ると、

 

愛想のいい運転手さんだと、100%話しかけます。

 

背中を一度もシートにつけることなく、運転手さんが頭を置いている部分の棒、

 

あれ、なんていうんですか、

 

2017114144212.jpgこの赤丸の部分、

 

ここを両手でガッてつかんで、めっちゃ至近距離から運転手さんに話しかけるっていうしぐさが

 

うちの母とそっくりでびっくりしました。

 

義理の親子でも、一緒に暮らしてると似てくるんですかね。

 

 

 

そして、母もタクシーに乗ったら、98%位の確率で言うんですけど、

 

Sちゃん、聞かれてもないのに

 

 

 

「北海道から来たんですよ!!」

 

 

 

お母さんとタクシーに乗ってるんかと錯覚した瞬間です。

 

 

 

ほんま、おもろい。

 

 

 

二軒目に行くのに、また私、道がわからずグルグル歩いて、やっと到着。

 

ここでも喋り倒しました。

 

お寺は商売ではないけど、生活スタイルは商売人みたいなもんです。

 

人の出入りも多いし、勤務時間が決まってるわけではないし、その上、お寺は定休日もない。

 

縁あってうちの兄と一緒になったんだろうけど

 

そら、ほんま色々大変やと思います。

 

でも、Sちゃんはほんとに明るくて、素直で、なんていいお嫁さんが来てくれたんだろうって、心から思います。

 

 

 

私も同じ嫁の立場だから、ついSちゃんの立場で色々実家のことも考えてしまうけど、

 

今はまだ何とか元気な両親も、これからどんどん年を取るし

 

Sちゃんにお世話になることが増えていくんだろうな・・とか。

 

 

 

だから、Sちゃん、一人旅は毎年の恒例行事にしたらいいよ!

 

私が許す!(なんの権限)

 

 

いや、でもほんと思い切って、来てよかったよね。

 

私も色々話せて、良かったし、嬉しかったし、楽しかった。

 

 

2017114145647.jpg右のお二人はたまたま居合わせたカップルです。

 

 

 

帰りのタクシーでも、Sちゃんは運転手さんに話しかけていました。

 

 

一度も背中をシートにもたれることなく。

 

 

ちなみに帰りの運転手さんのお名前は「利雄」と書いて「よしお」と読む、珍しいお名前でした。

 

 

 

 

Sちゃん、また来てね~~~~~

 

 

 

あ、最後に一ついいですか。

 

今回、Sちゃんと話して思ったんですけど

 

やっぱり、北海道の人は声がでかい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学のゼミでお米の話をしてきました~その②

毎度、苦しい坂道を自転車で登る時、めっちゃくだらない方法で自分を追い込むお米屋の嫁でございますriceball

 

「この坂道を登り切れなかったら、私、不幸になる!」とか(ざっくばらん過ぎ)

 

そして、ほんまにしんどくて途中で足をついてしまった時は

 

ついさっき心で呟いたことはなかったことにしています。

 

 

はい。

 

 

今、書いてて思ったんですけど、元々がネガティブ思考なんですよね。

 

「〇〇できなかったら、××になってしまう」っていうマイナス的な感じやなくて

 

「登り切れたら、めっちゃいい事ある!!」とか、プラスには考えられへんものか。

 

でも、後者ではやっぱり、自分の気持ちに負荷をかけるには足りなんですね。

 

この坂、登れへんかったら、明日、車に轢かれる!とかの方が効果はあります。

 

小学生か。

 

 

 

 

さて。

 

 

先日のゼミでの続きです。

 

 

話を終えて、おにぎりを握る実演をした後は、おしゃれな吉田さんにバトンタッチしてお話をしてもらいました。

 

この間に、炊き上がった試食用のごはんを冷まします。

 

お米の試食をする場合は、炊き立てではなく、冷めたごはんを試食します。

 

その方が、お米の特性がわかります。

 

 

2017113145528.jpg吉田さんのお話は私も興味深く、聞かせてもらいました。

 

簡単にまとめると「農家は儲からない」って話だったんですけど

 

お米や野菜作りにかかる経費と、実際の収益の話や、後継者不足の話、

 

話を聞きながら、農業が衰えて困るのは結局、私たちなんだよな~って。

 

そのうち、国産のお米や野菜が食べられなくなる日が来るかも・・・って、ほんとに。

 

 

吉田さんの話が終わりに近づいた頃、私は試食の準備に入りました。

 

ただ白いごはんの試食だけでは味気ないので、前夜に、豚汁を作って置いたんですね。

 

それを温め直そうと、コンロにかけた時、

 

 

 

 

!?

 

 

 

豚汁の入ったお鍋の蓋を開けた時に、感じたかすかな異臭・・・・・

 

 

 

うそん

 

 

前の日の夜に作った豚汁が?

 

 

もう、あかんことに??

 

 

一人、動揺。

 

 

とりあえず温めてみよう。

 

 

グラグラと煮立ったところで、味見。

 

 

 

 

 

完全、アウト!!

 

 

 

思いっきり、味、おかしなってた・・・・・・

 

暑い季節ならまだしも、どうして、たった一晩で・・・・

 

朝は、おにぎり握ったりしなあかんくて、豚汁作る時間まではなかったのと

 

豚汁は二日目の方が断然美味しいから(個人的感想)、前夜に作ったんですけどね。

 

 

動揺を隠し、一旦、席へ戻り、吉田さんの話が終わるのを待つ。

 

そして、吉田さんの話が終わり、私から残念なお知らせをみんなに報告。

 

 

すると、みんな「え~~~~~!!!食べたっかたぁ~~~~」と。

 

学生さんの何人かは、豚汁の鍋を覗き込み

 

「全然、大丈夫ですよ!!美味しそう~、食べましょうよ!!」っていうてくれましたが

 

「いやいやいやーーーーー、絶対、ダメです!!」

 

集団食中毒とかシャレになりまへん。

 

 

 

・・・・というわけで、残念ながら、豚汁なしのごはんだけの試食となりました。

 

 

2017113151017.jpg試食に使ったお米は本格デビューが来年とかで、まだ市場には出回ってないお米も三銘柄。

 

丁度、お米マイスターの協会からサンプルが届いたのと

 

知り合いのお米屋さんに、うちでは扱ってないお米を分けてもらったりして

 

実は私もこの日、初めて食べるお米がほとんどで、楽しみでした。

 

 

 

2017113151516.jpgみんな、これだけの種類のごはんを食べ比べたのは初めてらしく

 

「うわ~、違う~~~」とか

 

「私、これ好き!」とか

 

とても盛り上がってもらえました。

 

 

最後に、みんなで集合写真。

 

「え、ポーズどうする、どうする?」って言って

 

誰からともなくおにぎりポーズになったのが嬉しかったです!!

2017113151549.jpg右端の先生だけ、ほんまにおにぎり握ってるポーズなのが、なんか可愛らしい。

 

 

ゼミの今井先生、そして学生の皆さん、吉田さん、

 

ありがとうございました!!

 

 

 

この後、吉田さんも残ってみんなでハロウィンパーティしたそうです。

 

私はソッコー帰って、着替えて、買い出しに行き、串の仕込み。

 

参加したかったーーーーー!!

 

 

 

ページ上部へ