ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2018年1月

2018年1月

久しぶりのお米ネタです!!

毎度、趣味は自転車と飲むこと、特技はお鍋を焦がすこと、

 

はい、お米屋の嫁でございますriceball

 

今日もまた焦がしました。

 

しかも台所にいてんのに、焦がすという荒技。

 

因みに今日の被害者はおでん用の大根です。

 

そんなわけで、今日の串かつ屋のおでんはちょっとほろ苦です♪(使うんかい)

 

 

 

さて。

 

ひっさしぶりのお米ネタです。

 

私が一応、お米マイスターであることを忘れてもらわないために、

 

たまにはお米の話を書かなければ。

 

昨日のことなんですけどね、

 

ふと思い立って、初めて「銀シャリ」モードでおにぎり用のお米を炊いてみたんです。

 

今の炊飯器ってほんまにめっちゃたくさん炊き分け機能がついてるじゃないですか?

 

でも、ほとんど試したことがなかったんです。

 

購入時の最初の設定が「エコ炊飯」になってたんで、ずっとそれで炊いていたんです。

 

他の機能を使ってこなかったのには二つ理由があって

 

まず「エコ炊飯」の設定で十分美味しく炊けるので、

 

もし他のを試してみて、「あ、なんか違う・・・」ってなるのが嫌だったから。

 

そしてもう一つの理由は、正直、あんまり信じてなかったから(笑)

 

メーカーさん、ごめんなさい。

 

「そないに変わらんやろ」と思ってたんです。

 

ほんま、ごめんなさい。

 

 

 

でも、昨日、ほんまにふと、銀シャリモードで炊いてみよ、って思って設定してみたんです。

 

そして、炊きあがって、蓋を開けてびっくり!

 

炊きあがりの外観からして違いがわかります。

 

しゃもじを入れて、二度びっくり。

 

ほんまに違う・・・・

 

いつもより、しゃっきりしてる・・・・

 

こ、これが、銀シャリか・・・・

 

ちょっとすくって食べてみる。

 

一粒ひとつぶの粒感がいつも以上に際立っている。

 

うちはおにぎり用には山形県のおきたま産つや姫を使っているんですが

 

つや姫は元々、粒のはっきりしたお米、

 

それが更に一粒、一粒が「つ、や、ひ、め、でーーーーーす!!」って主張してる感じ。

 

わかりやすく言ったら、いつもより「硬い」感じなんやけど

 

ただ硬いっていうんじゃなくて、ほんまに粒感が際立っている。

 

その代わり、粘り気はいつもより控えめ。

 

実際に、おにぎりを握ってみても、その差は歴然。

 

ほぐれやすいし、にぎりやすい。

 

いつも6合で18個(1合で3個)握れるのが

 

銀シャリモードで炊いたら、17個握って、あと一口分のごはんが残る位やった。

 

つまりはしゃっきりしている分、粒の膨張率は低くて

 

「ふんわり感」はないってことなんやろな。

 

 

 

同じお米の量に同じ水の量で炊いているのに

 

ちゃんとこうして炊きあがりが違うって、

 

火力だったり圧力のかけかたの違いによるものなんやろけど、

 

やっぱりお米が主食の日本の炊飯器、すごいわーー

 

静かに感動した。

 

 

「しゃっきり」とか「ふんわり」とか「もっちり」とか

 

最終的には好みになってしまうけど

 

改めて色々試して、自分がおにぎりに最適って思うのを探してみよう。

 

2018129143333.jpgう~ん、お米もごはんも、おにぎりも、奥が深いなぁ。

 

おにぎりにはそれなりに自信を持ってやってきたけど

 

まだまだ追求が足りないなぁと感じました。

 

反省。

 

ちなみにうちの炊飯器は

 

パナソニックのIHおどり炊き(SRーPA185)です。

 

 

お米って、どんなにお米自体の質が良くても

 

生で食べるものじゃないから、ほんまに炊き方、扱い方で違ってきます。

 

そのお米の一番ベストな状態を引きだしてあげるのが

 

私たちお米屋の、そしてお米マイスターの仕事です!

 

ヒューヒュー、かっこいー(自分で言う)

 

 

さ、おにぎりの準備してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪型について。その2

毎度、夫と義父の言い合いがおもしろくて仕方なかったお米屋の嫁でございますriceball

 

今日のお昼のこと。

 

夫と義父と私の三人でごはんを食べていたんですが

 

その時に義父が言い出した話題で、夫と義父が言い合いになり

 

どう聞いても義父の言い分がおかしいんですけど

 

絶対にそれを認めなくて、

 

私はただその言い合いを聞きながら黙々とごはんを食べていました。

 

傍で聞いているとおもしろいんやけど

 

当事者だとイライラする。

 

 

 

さて。

 

 

髪型の話です。

 

しつこくてすみません。

 

おもしろいアプリがあったんで試してみました。

 

 

 

 

まずこんな感じ。

 

201812716326.png金髪ボブです。

 

あ、そこのあなた、笑いましたね。

 

はい、退場ー

 

201812716414.pngこれもボブですかね?

 

20181271654.pngこれはちょっとパーマっけのあるショートですね。

 

どこを見ているんでしょうか。

 

 

 

そして、あこがれのロングです。

 

 

 

201812716623.pngあ、笑いましたね?

 

そこのあなたと、そっちのあなた、

 

はい、退場ーー

 

201812716715.pngあら?

 

あらら?

 

まぁまぁいんじゃない?

 

あかん?

 

てか、ここまで伸ばす自信、千パーセントないけどね。

 

 

 

ほんで、得意のショート。

 

201812716845.pngあー、やっぱりなんか落ち着くわー

 

201812716940.pngこれはメンズのですけど、

 

なんか誰かに似てる。

 

2018127161034.pngなんやろ。笑

 

おばさん?

 

いや、確実におばさんなんやけども。

 

201812716121.png憧れの金髪やけど、

 

なんかコスプレしてるみたい。

 

2018127161257.pngん?

 

おさるさん?

 

 

 

 

最後に、

 

 

 

一番、似合ってんなぁ~~~って思たんがコレです↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

2018127161337.png

 

やってみよかな。

 

 

自転車のヘルメット、入るかな。

 

 

因みに、SimFrontっていうアプリです。

 

実際の画面では、なんとまばたきとかするから、ちょっとリアルです。

 

遊んでみてくださいーい!

 

 

 

さ、おにぎりニギニギします!!

 

 

 

髪型について。

毎度、また変な夢にうなされたお米屋の嫁でございますriceball

 

わたし、大丈夫かな?

 

変な夢ばっかり見てるけど。

 

でも、昨日の夢はほんっまに怖くて、夢っていうか、幻覚?っぽくもあり。

 

変なクスリはやってませんYO!

 

なんかポルターガイストみたいな現象が起きて

 

私自身の体も勝手に部屋の隅から隅までヒャーーーーって移動したりして。笑

 

あ、夢ですよ。

 

絶対、ウンウンうなってた思うわ。

 

ほんで、目覚めてあまりの怖さに、娘に一緒に寝てもらおって思って

 

リビングを見たら、もう娘は自分の部屋に寝に行っておらんくて・・・・

 

夫が一人、どん兵衛をすすってました。

 

さすがに夫に「怖い夢見たし、一緒に寝て」とはよう言わんので

 

再び部屋に戻り、電気を煌々とつけて寝ました。

 

 

 

 

さて。

 

 

髪型です。

 

 

だっれーーーーーーーーも私の髪型なんかには興味ないと思うんですけど

 

 

書かせていただきますね。

 

もうずっとショート、それも耳も出るベリーショートと呼ばれる域の髪型で来てるんですけど

 

ここへ来て、ちょっと伸ばしにかかってるんです。

 

今、やっと耳が隠れるほどの長さにまで伸びてきています。

 

でも、昨日の朝に髪の毛を整えていたら、どうにもうまいこといかなくて

 

キーーーーーーーーーィッ!!てなって

 

 

 

「あかん、やっぱ切ろ!!」って思ったわけです。

 

そして、出かけたついでにいつもお世話になっている美容室に立ち寄り

 

「今日、カット空いてます?」って聞いたら

 

「夕方の5時やったら空いてます」ってことだったんで、予約して帰りました。

 

もう、切る!!

 

やっぱり切る!!

 

そんな気持ちで夕方、美容室にいったんやけど・・・・

 

やっぱり気持ちがぐらついてしまい・・・

 

せっかくここまで伸ばしたのに・・・・と。

 

いや、伸ばした言うても、やっと耳が隠れるか隠れないかくらいなんですけどね。

 

でも、私的には久々のロン毛。

 

そんな迷いを口にしたら

 

「迷ってるなら、切らない方がいんじゃない?

 

切りたくなったらいつでも切れるんだし」と。

 

 

 

結局、まだもう少し伸ばすことを前提に、

 

襟足と前髪を切り、トップを少し軽めにしてもらって、横は切りませんでした。

 

2018126144527.jpgちなみにこれは切る前です。

 

なんだ、後ろのハネ毛。

 

もう、しばらくロン毛を楽しみます!!

 

いや、思いっきりショートやないかーーーーーーい!!

 

ちゃんちゃん。

 

 

 

じーじの話。

毎度、この間ひさびさにTHEスナックって感じのお店に行ったお米屋の嫁でございますriceball

 

串かつ屋から帰宅して、さぁ、ごはん食べよ!ってしていた時のこと。

 

ケータイが鳴って出たら

 

「祇園で飲んでるし、来るか?」

 

急いで着替えて、祇園へGOー

 

祇園は花見小路、夜のお店がひしめき合う通り。

 

昔はこんなとこまで配達に来てたよな~って懐かしく思い出す。

 

ビルの一階に目指すお店の看板を見つける。

 

中に入ったら、私を見るなりママが開口一番、

 

「似てるぅぅぅ~~~~~」

 

 

 

うそん・・・・嫌やわ

 

この人と?

 

似てる?

 

201812414276.png兄です。

 

カウンターにもう一人いはった男性のことを、兄が「先輩、先輩」って呼んで親しげに話してるから

 

てっきりお寺さん仲間だと思って挨拶したら、

 

兄、「いや、さっきここで会ったばっかり」って。笑

 

そんで最後には、その人が「会社の仲間連れて、串かつ屋に行くわ!」って言うてくれて

 

かなり出来上がったご様子で、スケジュール帳をベラッベラめくって

 

一か月以上も先のご予約を頂きました。

 

2月26日、お待ちしております!!

 

 

 

さて。

 

じーじの話です。

 

もうね、ここまで書いていんやろか、って正直自分でも思ってるとこはあるんですけど

 

書きます(結局、書くんかい)

 

じーじが私のブログを見ていないことをいいことに、いつも好き勝手書いているけど

 

実はスマホとかほんまは使いこなしてて、全部読まれてたらどうしよ。

 

そんで、たっまーに驚くような嫌味とか言うてくるんやろか。

 

 

 

まぁ、どんな家庭でも、家族にしかわからないことがあるわけで。

 

うちのじーじはきっと、傍から見たら

 

「耳は遠いけど、孫を溺愛するめっちゃ優しいおじいちゃん」っていうイメージなんでしょうね。

 

まぁ、それは間違いではないんやけど・・・・

 

でも、ほんっまに一緒に住んでると、大変なんです。

 

9割方、性格の合わない夫とも、じーじの話だけはいつも解り合えるんで

 

その時だけは「わかってくれる人がおって、良かった・・・・」ってなります。

 

先日も、夫と二人でじーじの話をしていたんですが、

 

その時に夫が

 

「俺が嫁やったら、とっくに家出てってるわ」って言いまして。

 

ほんま、出ていかせてもらいたいわ。笑

 

でもなー、今日、寒いしなー(そういう問題?)

 

 

 

詳しくあれこれ書くと、もうほんまただの悪口になるので(すでになってる)

 

書きませんけど、傍から見て「おもろい家族」は、家族は大変ってことだけはお伝えしたいと思います。

 

 

最後に、この間、じーじが私に「読んでおけ」と言って渡してきたメモ。

201812414556.jpgテレビの情報番組とかで、生活に役立つ話とかあると

 

メモして、こうして私に渡してくるんですね。

 

これはノロウィルスへの対応が書いてあったんですけど

 

仕入れたばかりの知識を、さも「いいことを教えてやろう」っていう感じで

 

渡してくるのが腹立つんです。

 

しかも、大抵は知ってる内容のことがほとんどで。

 

このメモ、左側に「便キにフタオシテカラ水を流す」って

 

あり得ないほどに変なカタカナ混じりで書かれてますけど

 

そんなことより

 

お願いやし、トイレの戸はしめて用を足してくれ!

 

家族からのお願いです。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

新年会 with A

毎度、パソコンがめちゃめちゃに壊れて大泣きしている夢をみたお米屋の嫁でございますriceball

 

今、現在使っているノートの方なんですけどね。

 

私が一番使う頻度の多い、そして、私のトップシークレットが満載のこのパソコン。

 

もう、100パーあかんってわかる位に破壊されてて。

 

パカって開くとこで、真っ二つに割れてたし。笑

 

書きかけの小説とか、いつか本にしようと思っているエッセイとか

 

そんなことを思って、号泣してたわ。笑

 

そこまでのもんか、って話なんですけどね。

 

でも、夢で良かった。

 

 

 

さて。

 

 

新年会のネタです。

 

 

新年会っていうか、ただ単に年明けて初めてA子と飲んだって話です。

 

 

ついこの間、忘年会したやないかって話なんですけどね。

 

 

A子がお店予約してくれたんが7時からやって

 

 

それまでにちょっと時間あったから、まずは軽く一杯。

 

 

201812014191.jpg富小路の立ち飲み、すいばさん。

 

あ、ジョッキのかわいいすいばのロゴが切れてもうてる・・・・

 

色々聞きたい話あったのに、

 

A子は「ここではあかん」とか「もっと酔うてからな」とか言う。

 

ここではあかん話してどんなやねん。

 

 

 

そして、予約してくれていたお店にGO!

 

 

2018120142152.jpg

「ざんぐり綾富」さん。

 

すぐ並びに同じ「綾富」ってお店があるので、注意。

 

 

 

気さくで元気な大将と夜会巻きの似合う女将さん。

 

「ちょい飲みコース」(→こんな名前じゃなかったけど)を注文。

 

ぽたりぽたりっていう好きなお酒があったから、それを注文したら・・・

 

大将が「いきなり、それいきます?」って。笑

 

「その前に飲んで欲しいのあるんですけどね~」って。

 

「あ、じゃあ、お任せします」と言って、出てきたのはコチラ↓

 

2018120142336.jpgちょっとしか入荷してきてない貴重なお酒で、残り僅かやったらしく

 

それを勧めてくれました。

 

美味しかった~

 

その後も、めちゃめちゃ日本酒にこだわってるんが伝わってきて

 

「まさかの、これお燗がイケるんですよ~」とか

 

色々、飲み方も提案してくれた。

 

こういうのって、「好きに飲ませてくれよ」って思う人もいるかもわからんけど

 

大将の人柄もあいまって、全然押し付ける感じがなく私はすごく楽しく飲めた。

 

以前に、A子と行った伝説のあの宿の店主とは真逆やったわ。

(↑久しぶりに読み返して笑った)

 

2018120145154.jpg最初に出てきたのは、まだお正月らしさの残る八寸。

 

どれも美味しかったなぁ~

 

2018120145256.jpg

2018120145331.jpg他にもお造りや焼き物も出てきて、これで2500円って!!

 

めっちゃお得やわー

 

しかも、量が多くないから、飲みながらチビチビ食べるうちらにぴったり。

 

結局、飲み代の方が高くつきましたけど、また来たいな~って思うお店が増えた。

 

A子チョイスに感謝heart01

 

 

2018120145635.jpg「ごちそうさまでした~」

 

お店を出たんがまだ9時半。

 

私「どうする?」

 

A子「歌いに行くか?」

 

 

 

・・・・と、いうわけで、カラオケ二時間。

 

201812015232.jpg「酒と泪と男と女」

 

 

 

楽しい夜でございやした~

 

 

 

 

 

 

 

 

大失敗

毎度、お菓子を買い置く習慣がないお米屋の嫁でございますriceball

 

お菓子を食べないわけではないんですが

 

いや、むしろ食べるんですが

 

今も食べてるんですけど

 

常に家にお菓子あるよーっていうんではないんです。

 

買い物に行って気分的になんか食べたいときは買う。

 

あと、頂くことも多いので、それでしのいでます。

 

でも、ほんっまに、なんっもない時がたまーにあって。

 

なんかちょっと甘いもの食べたいなーっていう時に、家中、狂ったように探しても

 

チョコの一かけらも、飴の一個も出てこない時があって

 

砂糖でも舐めとこかってなります。

 

舐めへんけど。

 

 

そんな今日は、頂き物DAY。

 

2018116132359.jpgどうしましょ。

 

豪華です。

 

上のピーナッツサブレは、お友達の帰省のお土産。

 

もう一枚、食べました。

 

そして、下のチョコはお客様から頂いたもの。

 

すでに三本、食べました。

 

八種類の味があるみたいやし、あと五本食べなあかん(あかんことはない)

 

 

 

 

さて。

 

 

失敗した話です。

 

 

五周年イベントも終わり、確かにちょっとホッとはしていましたが

 

別に気を抜いたとかそんな気は毛頭なく

 

翌日も普段通りに仕事をしていたんですね。

 

いつもの時間にお米を研いで、セットして

 

炊きあがって、炊飯器の蓋を開けてすぐに異変に気付きました。

 

いつもと炊き上がりの感が違う・・・・・・

 

 

恐る恐るごはんにしゃもじをいれてみると・・・・・

 

 

 

 

 

オーマイガットトゥギャザー!!! ※

 

 

 

※ご存知ない方のために・・・・お笑い芸人シャンプーハットのこいちゃんのギャグです。

 

 

ほんっまにオーマイガットトゥギャザーやったわ・・・・・

 

 

串かつ屋を始めて五年、その前にもお米屋でおにぎりを販売していた時があったから

 

それも合わせたら7、8年?おにぎりを握ってきたんやけども

 

こんなことは初めてでした。

 

 

 

どうしてか水加減を間違ったらしく、ごはんがめっちゃ柔らかかったんです。

 

未だに原因が謎で、でも水加減を間違ったことには間違いなく

 

なんで間違ったんかがわからへん。

 

普通にお茶碗によそって食べる分には、柔らかめのご飯が好きな人やったら

 

全然問題ない範囲やと思うんですけど

 

おにぎりにするには・・・・・っていう感じの柔らかさだったんです。

 

 

炊き直す時間もなく、とりあえず握ってみました。

 

愕然としながら。

 

目盛りを見誤ったのか、それともお米の量が間違っていたのか・・・

 

ほんまにショックやったわ・・・

 

握ってる感触ももちろんいつもと違うし、

 

最後の一合くらいはさすがに米粒も若干つぶれてる感じで、握らんかった。

 

 

 

 

さて。

 

どうしたものか。

 

これをお店に並べるのか?

 

 

しばし、考え。

 

 

おにぎりがメインのおにぎり屋やったら、これは間違いなく

 

ゴメンナサイ!!今日は閉店ガラガラ~~~~~って

 

泣く泣くシャッターを下ろす事態。

 

でも、うちの串かつ屋にとっては、おにぎりはサイドメニュー。

 

私の中では一番のこだわりやけど・・・・・

 

 

悩んだ挙句、並べることに。

 

でも、お代は頂かない。頂けない。

 

自分の納得できるものじゃないのに、明らかに失敗やのにお金を頂くことはできない。

 

だけど、おにぎり今日はありません!とも言いづらい・・・・

 

それに、もし今日、初めてのご来店で初めておにぎりを食べる方がいたとして

 

その人に「いつもこんなおにぎり」と思われるのも嫌だし、という変なプライドもあり。

 

正直、どうするのが正解かわからなかったんですけど。

 

 

結局、おにぎりは全部なくなったんですけど

 

ご注文を頂くたびに、「かくかくしかじか」と説明しました。

 

中には「全然、問題ないけど?」とおっしゃる方もいたんですけど

 

こればっかりは、自分の気持ちの問題。

 

 

 

しかし、ほんまショックやったわぁ・・・・

 

 

やっぱり、どっか気が緩んでたんかなぁ。

 

 

 

さ、気を引き締めてお米を研ぎます!!

 

 

 

 

 

 

 

五周年、ありがとうございましたーーーーーー!!!

毎度、たぶん、寒さには強いお米屋の嫁でございますriceball

 

毎年、冬になると1シーズンに100万回くらい

 

「北国出身やし、寒さには強いやろ?」って言われますが

 

果たして、そうなのか一度じっくり考えてみたんですね。

 

で、私なりに出した答えは・・・・・

 

 

 

 

「寒いと感じることに慣れている」

 

です。

 

 

今の時期の北海道は氷点下が当たり前。

 

だからと言って、北海道の人がそれを寒いと思わないわけではありません。

 

ふつーに寒いもんは寒いんです。

 

だってマイナス15度とか20度どかになるんですから、そら寒いです。

 

でも、格好とか実はそんな変わんないんですよ。

 

強いて言えば、靴位でしょうか、違うのは。

 

 

ただ、やっぱり寒い季節が長いから、寒さには慣れているとは思います。

 

だから、寒さに強いっていうのは、寒いと感じることに慣れている、

 

そう、結論付けました。

 

寒さに対して我慢強いと申しましょうか。

 

なので、これから「寒さには強いでしょ?」って聞かれたら

 

「寒いと感じることには慣れています!」と答えます(めんどくさっ)

 

 

 

さて。

 

11日から三日間行った、串かつ上田酒店の五周年記念、

 

お陰様でたくさんのお客様にご来店いただき、盛況のうちに終えることができました。

 

本当にありがとうございます。

 

「もう五年たったんやなぁ~」とか

 

「まだ五年か?」とか

 

お客様の反応も様々。

 

私的にはやっぱり「もう五年」です。

 

しんどい時も何度もありましたけど、お客さんの楽しそうな笑顔に

 

支えられて頑張ってこれらた五年でした。

 

抽選会も盛り上がり、ハズレのスポンジが出るたびに

 

「ハズレですけど、ほんっまいいスポンジなんで!!」と繰り返していました。笑

 

だって、ほんまにいいスポンジやねん。

 

え?これが特賞なん?って個人的には思っていた串かつTシャツも好評で

 

特賞狙いの若者が多かったのも意外で、嬉しかったです。

 

2018115161854.jpg2018115161914.jpg2018115161946.jpg201811516208.jpg2018115162032.jpg

来て頂いただけでも嬉しかったのに、

 

お祝いまで下さった方もいて、本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

まだまだ未熟者ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

抽選会の準備をしています。

毎度、今日からお弁当作りを再開したお米屋の嫁でございますriceball

 

次女の学校も始まり、ゆっくりめに過ごせていた朝も今日からは早起き。

 

朝が苦手なもんで、ましてこんな寒い季節は尚のこと

 

布団から出るのは決死の覚悟です。

 

今は「あ~、早くお弁当作りから解放されたいなぁ~」って思っているけど

 

ほんまにそういうのもなくなったら

 

「なんやかんや大変だったけど、あの頃はよかったな~」みたいに思うんやろな。

 

勝手なもんで。

 

 

 

 

さて。

 

 

今週、木・金・土の三日間で行う串かつ上田酒店の五周年の準備をしております。

 

抽選会の景品はこんな感じです。

 

20181915498.jpg特賞が「串かつTシャツ」っていうんもちょっと笑けるけど

 

本数の関係上、そうなっております。

 

スタッフが店で着用しているあの串かつTシャツです。

 

コーディネートに困った時は、あのTシャツさえ着ておけばトレンドに乗り遅れることもなく

 

一目置かれる町のファッションリーダーになれること間違いナシ!!

 

私的にはハズレの食器洗い用のスポンジが一番おすすめです!

 

ハズレなんて言ったらほんまスポンジに申し訳ない位の、最高のスポンジです。

 

うちの店で使用しているスポンジで、もちろん自宅でも

 

私が嫁いだ時にはすでにこのスポンジを使っていて

 

このスポンジ以外使ったことないって位、いいスポンジです。

 

スタッフの間でも、このスポンジは大好評で

 

食事会の席でもこのスポンジについて、ずっと語り合っていた程です。

 

なので、もし、ハズレを引いても、落ち込む必要はナッシングです!!

 

そんなスゴいスポンジやけど、子供さんにはスポンジとかが当たっても、「ちーーーーん」ってなるやろうから

 

駄菓子のつかみ取りをご用意しています!

 

 

 

201819161555.jpg今日、中に入れる駄菓子を買いに行ったんですけど、

 

これも買ったんですね。

 

201819161739.jpgほんで、箱の中に投入しようと思って、開けてみたら・・・

 

201819161910.jpgあのコンビニとかのレジ横で売ってる20円、30円のやつやなく

 

普通の板チョコサイズのやつやって。

 

ビッグって、書いたあるがな。

 

201819162030.jpgこれを入れたら、こんな感じになり

 

20181916216.jpgもちろん、引っかかって手が抜けず、で。

 

201819162141.jpgでも、うまいこと縦に掴めば、抜けないこともなく。

 

 

このビッグサンダーを入れるかどうか悩んでいるところです。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

串かつ上田酒店、五周年です!!

毎度、串かつ屋のカウンターに座った若い男性の会話に

 

心の中で深く深く頷いたお米屋の嫁でございますriceball

 

「俺のオカン、言うてたわ」

 

「なんて?」

 

「女は40になっても、50になっても乙女やからな!って」

 

「そうなん」

 

「うん、57のオカンが言うてた」

 

 

そやで。

 

 

お客さんの会話って、別に聞こうと思って聞いてるわけやないんですけど

 

さすがに、カウンターの目の前で大きな声で話してはると、自然に聞こえてくるわけで。

 

思わず「ほんまやで!!」って会話に入りそうになったわ。

 

自分のオカンが乙女な姿ってあんま見たないかもしれませんが、

 

どうか、乙女として接してあげてください。

 

女将からのお願いです。

 

 

さて。

 

 

結局、お正月気分もあまりないままに気が付けばもう7日。

 

大晦日からの壊れた満腹中枢がずっと続いている件から、ご報告いたします。

 

今日も串かつ屋から帰宅後、めっちゃ食べました。

 

いや、今も食べてます。

 

まず、軽く串かつを7本ほどお持ち帰りして、ビールと。

 

それから、晩ごはんに作っておいたカレーを一皿。

 

日本酒に切り替え、アテはホタテの貝ひも。

 

そして、カラムーチョ。

 

〆はコチラ↓

 

20181723271.jpg具はネギのみのうどん。

 

 

私の胃、いや、脳、どうかしてるゼ。

 

 

 

 

本題に入ります。

 

 

11日で串かつ上田酒店はお陰様で五周年を迎えます!!

 

 

これも一重にいつも足を運んで下さるお客様のお陰です。

 

 

本当に本当にありがとうございます!!

 

 

201817233037.jpgこの開店の日からもう五年もたったんやなぁ~

 

夫の髪もまだ短い(笑)

 

商売を始めることはできても、続けていくのって本当に大変で

 

この五年は濃い濃い時間だったなー。

 

感謝の気持ちを込めまして、周年イベント行います!!

 

201817233447.jpg生ビール飲み放題券とか

 

串かつ食べ放題券とか

 

太っ腹な賞もあります!!

 

 

 

ぜひ、来てくださーーーーーーーーい!!

 

 

 

あかん・・・・・

 

 

食べ過ぎた・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましたよ、2018!

毎度、大晦日の夜からずーーーーーーっと口を動かし続けているお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、機械と化したように、ずーーーーーーっとモグモグ、モグモグ。

 

ほんで、わかったことが一つあるんですが

 

人は、がっつりやなくて、ちびちびなら一日中食べ続けていられるってこと。

 

ほんまにずっと食べてるし、飲んでる。笑

 

今も、食べながら、飲みながら書いてるんですけど、かれこれ二時間くらいモグモグしてます。

 

 

 

 

いやいや、そんなことより。

 

 

 

皆様、新年あけましておめでとうございます。

 

どうぞ本年もブログ共々よろしくお願い致します。

 

大晦日には入院中の母が二泊三日で自宅に久しぶりに帰ってきました。

 

なんせ半年ぶりの帰宅だったので、私もちょっと勘が戻るのに時間がかかりました。

 

母も帰ってくるので、私の串かつ屋の出勤は30日で最後の予定だったんですが

 

予想外に忙しく、31日も出勤になりました。

 

今まで大晦日は数人の常連さんとゆる~い感じの年越しだったんですが

 

この暮れは忙しくさせてもらいました。

 

そして、ちょっと落ち着いたところで私は先に上がらせてもらい、帰宅。

 

味見がてらおせちをつまみながら、年越し。

 

テレビのカウントダウンを聞きながらの年越しの瞬間、

 

「なんかせな!」って思った私は、一人変顔。笑

 

年が変わっても、何の感慨もなかったわ。

 

お正月だとワクワクしていたのは遥か昔の話。

 

 

そして、迎えた元旦。

 

京都は暖かくて穏やかな元旦でした。

 

201813211123.jpg最低限のおせちだけを作り、三日生まれの次女のお誕生日も母がいる間にと元旦にお祝い。

 

じーじとばーばがお餅を喉につまらせないか、最新の注意を払いつつの宴。

 

千枚漬けを食べたばーばが

 

「これ、あんたが漬けたんか?」と聞いたので

 

「ちゃうで、買ったやつや」って答えたら

 

「そやろな、美味しいわ」

 

「いや、どゆことやねん!!」

 

そんな楽しい会話をしつつ。

 

ほんま、どゆことやねん!

 

ばーばが帰ってきている間、「白髪染めをする」と「お風呂に入れてあげる」だけはしようと思っていたので

 

まずは、白髪染め。

 

201813211552.jpgそして、お風呂へ。

 

久しぶりの我が家のお風呂に、「気持ちええわぁ」と喜んでました。

 

久しぶりのばーばとの生活に、改めて家で介護するのは大変やなーと思った二泊三日。

 

それでもお正月、一緒に過ごせたのはよかったと思います。

 

ばーばを病院へ送る日、先月から入院している伯父(じーじのお兄さん)の容態が悪いと連絡が入り

 

ばーばも会うのが最後になるかもしれないと思って、ばーばを連れておじさんの入院している病院へ。

 

同じように連絡を受けた他の親戚とも思いがけず会うことができ、

 

おじさんが会わせてくれたんかなぁ~と。

 

 

 

そして、今日。

 

私が丁度、本山でお参りをしている時に、ケータイが鳴り

 

おじさんが亡くなった知らせを受けました。

 

昨日、顔を見に行ってよかったなぁと思いました。

 

そんなこんなで慌ただしいお正月ですが、私は元気です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ