ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>明けましたよ、2018!
日々のできごと

明けましたよ、2018!

毎度、大晦日の夜からずーーーーーーっと口を動かし続けているお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、機械と化したように、ずーーーーーーっとモグモグ、モグモグ。

 

ほんで、わかったことが一つあるんですが

 

人は、がっつりやなくて、ちびちびなら一日中食べ続けていられるってこと。

 

ほんまにずっと食べてるし、飲んでる。笑

 

今も、食べながら、飲みながら書いてるんですけど、かれこれ二時間くらいモグモグしてます。

 

 

 

 

いやいや、そんなことより。

 

 

 

皆様、新年あけましておめでとうございます。

 

どうぞ本年もブログ共々よろしくお願い致します。

 

大晦日には入院中の母が二泊三日で自宅に久しぶりに帰ってきました。

 

なんせ半年ぶりの帰宅だったので、私もちょっと勘が戻るのに時間がかかりました。

 

母も帰ってくるので、私の串かつ屋の出勤は30日で最後の予定だったんですが

 

予想外に忙しく、31日も出勤になりました。

 

今まで大晦日は数人の常連さんとゆる~い感じの年越しだったんですが

 

この暮れは忙しくさせてもらいました。

 

そして、ちょっと落ち着いたところで私は先に上がらせてもらい、帰宅。

 

味見がてらおせちをつまみながら、年越し。

 

テレビのカウントダウンを聞きながらの年越しの瞬間、

 

「なんかせな!」って思った私は、一人変顔。笑

 

年が変わっても、何の感慨もなかったわ。

 

お正月だとワクワクしていたのは遥か昔の話。

 

 

そして、迎えた元旦。

 

京都は暖かくて穏やかな元旦でした。

 

201813211123.jpg最低限のおせちだけを作り、三日生まれの次女のお誕生日も母がいる間にと元旦にお祝い。

 

じーじとばーばがお餅を喉につまらせないか、最新の注意を払いつつの宴。

 

千枚漬けを食べたばーばが

 

「これ、あんたが漬けたんか?」と聞いたので

 

「ちゃうで、買ったやつや」って答えたら

 

「そやろな、美味しいわ」

 

「いや、どゆことやねん!!」

 

そんな楽しい会話をしつつ。

 

ほんま、どゆことやねん!

 

ばーばが帰ってきている間、「白髪染めをする」と「お風呂に入れてあげる」だけはしようと思っていたので

 

まずは、白髪染め。

 

201813211552.jpgそして、お風呂へ。

 

久しぶりの我が家のお風呂に、「気持ちええわぁ」と喜んでました。

 

久しぶりのばーばとの生活に、改めて家で介護するのは大変やなーと思った二泊三日。

 

それでもお正月、一緒に過ごせたのはよかったと思います。

 

ばーばを病院へ送る日、先月から入院している伯父(じーじのお兄さん)の容態が悪いと連絡が入り

 

ばーばも会うのが最後になるかもしれないと思って、ばーばを連れておじさんの入院している病院へ。

 

同じように連絡を受けた他の親戚とも思いがけず会うことができ、

 

おじさんが会わせてくれたんかなぁ~と。

 

 

 

そして、今日。

 

私が丁度、本山でお参りをしている時に、ケータイが鳴り

 

おじさんが亡くなった知らせを受けました。

 

昨日、顔を見に行ってよかったなぁと思いました。

 

そんなこんなで慌ただしいお正月ですが、私は元気です!

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1399

ページ上部へ