ホーム>米屋の嫁のひとりごと>2018年2月

2018年2月

「そだね~」について。

毎度、風邪なのか?花粉症なのか?という感じのお米屋の嫁でございますriceball

 

咳、鼻水、くしゃみ。

 

体はそんなしんどいことはないんですが、首から上がぼわぁんとした感じ。

 

風邪ももちろん嫌やけど、花粉症もいややなぁ。

 

せっかく一気に春めいて、自転車シーズン到来だというのに。

 

それにしても、春は眠いですね。

 

 

 

さて。

 

 

東京ばなしの途中ですが、「そだね~」問題についてちょっと挟みますね。

 

一応、私も道産子なので。

 

この「そだね~」が話題になっていると知った時、

 

一番、最初に思ったのは

 

「ん?言うかな?」

 

でした。

 

 

「そだね~」

 

言うかな。

 

言うてたかな。

 

確かに「そうだね」とはっきり「う」の音は発音しないかもしれませんが

 

かといって、カーリング選手たちが言ってる様な「そだね~」かと言うと、ちょっと違うような・・・

 

ヨーコ、みなみちゃん、ユキ、このブログを読んだら、情報下さい。

 

待ってます。

 

 

 

まぁ、北海道といってもめっちゃ広いんで、場所によって違います。

 

特に海の近くの浜言葉とか。

 

 

私が今回この「そだね~」問題が浮上して(いや、別に問題にはなっていない)思ったのは

 

「そだね~」という言葉そのものよりも

 

あのオリンピックという大舞台で、まるで会社のランチタイムに女子が会話しているような軽い、と言ったら語弊があるけど

 

そんな緊迫した様子がないあの「そだね~」のやりとりの方に驚くというか。

 

 

 

「今日、どうする?」

 

「あ、飲み会?」

 

「行くよー」

 

「カラオケも行きたくない?」

 

「そだね~」

 

 

 

 

の、「そだね~」のようなノリの「そだね~」じゃないですか?笑

 

 

 

その切羽詰まった感のない「そだね~」にプラス、あのカーリング選手たちの見た目の可愛さ、そして実力というギャップが相まって

 

これだけ話題になっているのではないかと、北海道弁研究者のわたくしは思うわけです(いつからー)

 

 

 

 

 

ちなみに、「そだね~」を関西弁でいうと

 

 

「そやな」もしくは「せやな」となるわけですが

 

 

もし、カーリング女子の日本代表が関西出身だったら…と想像すると

 

氷上では「せやな」「そやな」が連発されていたのでしょうか。

 

もしくは、もっと略されて

 

「やな」

 

 

さらに略されて

 

 

「や」

 

 

だけの可能性もあったわけです。

 

 

 

 

 

 

以上、そだね~問題について上田がお届け致しました。

 

東京ばなし③

毎度、昨日は真面目にお米の勉強をしてきたお米屋の嫁でございますriceball

 

もうね、ほんっとにしっかりと勉強してきましたよ。

 

それが証拠に、ほら。

 

2018226134337.jpg寝とるやないか!!

 

誰や、こんな盗撮したん。

 

これは午後の部で、一番眠い時間帯だったので仕方ないですね(開き直り)

 

この勉強会のことについてはまた改めて書きますね(多分)

 

 

 

さて。

 

東京のつづきです。

 

そうそう、娘の部屋に二泊したんですけど、洗面台使うたんびに

 

カランとシャワーの切り替え間違って、毎回ジャーってシャワー出て、毎回服濡らしたわ。

 

成功したん一回くらい。

 

確か、初めて娘の部屋に行った時も、思いっきり頭からシャワーかぶった記憶あるわ。

 

マジックで書いといて欲しい。

 

 

 

二日目は、私の希望で鎌倉へ。

 

調べたら娘の家から電車三回乗り継いで一時間半位。

 

201822614531.jpg

憧れの江ノ電!

 

立ち並ぶ家のめっちゃきわっきわを走る~

 

そして、う~~~み~~~

 

20182261466.jpgどうして人は海を見るとテンションが上がるのでしょうか。

 

地球ができて約46億年、

 

そして生き物がこの地球上に生まれて約6億年、

 

我々、ホモサピエンスの始まりは海で生まれた生物が起源と考えられているため

 

人は海を見るとじっとなどしていられないのです。

 

 

 

いや、知らんけど。

 

 

初めて見た湘南。

 

口ずさむ歌はもちろんロスインディオス&シルビア。

 

なんでやねん。

 

湘南言うたら、サザンやろ。

 

ほんで、アレやね、やっぱり湘南見て真っ先に出てくるサザンの曲言うたら

 

「松田の子守歌」やね。

 

 

 

2018226142334.jpg風は冷たかったけど、気持ちよかったー

 

2018226142420.jpg201822614251.jpg2018226142534.jpg2018226144934.jpg

そして、記念に湘南JUMP!!

 

下が砂やから、多分10cm位しか飛べてない。

 

降りた駅は「鎌倉高校駅前」っていう駅だったんですけど

 

「絶対、サーフィン部とかあるんやろなー」って娘と話していました。

 

実際は知らんけど。

 

2018226143722.jpg海辺で跳んだりはねたりした後は

 

また江ノ電に乗って、今度は「長谷」へ。

 

アノ大きいものを見に行きました。

 

私だけなんかな、なんかああいう大きいものがどーんと見えると、笑ってしまうのは。

 

2018226145221.jpgどーーーーーーん

 

思いっきり見上げている私(笑)

 

 

大仏さん、中も入れるって知ってました?

 

しかも、見学料20円。

 

いまどき20円て。

 

チロルチョコも買えへんわ。

 

 

 

そして、帰りに長谷寺に寄ろうと思ったんですが、すでに閉まってた・・・

 

時間見たら、閉まった直後やったわ。

 

201822614598.jpg2018226145941.jpg門の近くに咲いていた梅の花がかわいかったです。

 

 

駅に戻る途中でオシャレなカフェを見つけたので、インスタグラマー気取りで一枚。

 

2018226151050.jpgコーヒーも飲まんと写真撮っただけっていう。

 

 

そしてまた電車に乗り「鎌倉」へ。

 

ブラブラと散策。

 

チョコレート屋さんで、娘はカプチーノ購入。

 

2018226151339.jpg2018226151425.jpgここのチョコレート、かなり気になったんですが、一枚1200円。

 

さっきの大仏さんの中の見学、60回もできるやん(換算する対象がおかしい)

 

 

 

「お腹、減ったなー」

 

「晩、どうする?」

 

「こっちで食べて帰ろかー」

 

 「何、食べたい?」

 

「イタリアン」

 

「またイタリアンかい。好きやな」

 

 

そんでスマホで近くでイタリアンを検索し、行くお店に予約を入れました。

 

「海が見えるイタリアンレストラン」という文句に惹かれて。

 

で、歩いていると、回転ずし屋さんがあり、数メートル通り過ぎたところで

 

娘が「あかん、お寿司も食べたい」って言いだして

 

ほな、ちょっと食べよか、と。

 

2018226151941.jpg軽く食べるつもりが、まぁまぁ食べました。

 

食べたいって思った時に、食べたい物を食べれるって幸せやなーって話しながら。

 

 

 

 

そして、この後、海が見えるイタリアンレストランに向かったんですけど、

 

そのお店が思いがけず結構な小高い場所にあって、

 

そのお店に続く階段の登り口の真手前に、江ノ電の線路があるんですね。

 

娘と二人、「え?ここ通るん?」ってなって

 

「電車に注意!」って立て看板とかあって、いや、ほんまコレなかなか危険やなって。

 

ほんまに何の柵もないんですよ、むき出しの線路がただそこに。

 

その線路を普通にまたいで、階段をかなりハァハァ言いながら登って、レストランに到着。

 

で、着席してから気づいたんですけど、もうすでにどっぷり日も暮れていたので

 

海は全く見えませんでした。

 

 

酔っぱらって帰りに階段を転げ落ちたらあかんので、お酒は控えめに。

 

お店の人が言うてましたけど、実際、酔っぱらって転げ落ちて血だらけになった人がいたらしいです。

 

美味しいワインと食事を頂いて、東京へ戻りましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京ばなし②

毎度、一応、商売してるんやからあんま変な恰好でいてたらあかんなって思ったお米屋の嫁でございますriceball

 

今日のお昼過ぎ、突然、JA佐渡の方々がお店に来てくれはったんです。

 

明日、大阪でお米マイスターの集まりがあるので、それでわざわざ当店にも

 

立ち寄ってくださったみたいなんですけど、

 

その時に慌てて家の中から出て行ったんですが、家の中でしか着ない毛玉だらけの袖なしのフード付きベスト?

 

みたいなんを脱がずにそのまま出て行ってしまって・・・・・

 

見送ってから、それを着たままだったことに気づいて、めっちゃ後悔しました。

 

どんだけ毛玉ってるかと申しますと・・・・

 

 

2018224153557.jpg汚すぎやろ。

 

 

ほんま恥ずかしい・・・

 

 

絶対、JAの人たち、うちの店出てから

 

「奥さんの毛玉すごかったなー」

 

「な!!」

 

 

って言うてはるわ。

 

 

いや、言うてへんわ。

 

いい人そうやったもん。

 

明日も会場できっと会うから、言い訳考えとこ(誰も気にしてへん)

 

 

さて。

 

前置きがロングになりましたが、東京のつづきです。

 

一日目はお腹いっぱい、お酒もいっぱい頂いて、娘の部屋に着いたのはすでに深夜。

 

旅の疲れもあり、もうお風呂なんて入る気力もなく、そのまま寝たかったので、

 

娘のベッドに入ろうとしかけたら

 

「やめてーーー!!お風呂、入ってからにしてーーー!!」と

 

まるで思春期の娘が加齢臭漂うお父さんを汚いもの扱いするように言われました。

 

 

どういうことやねん。

 

うちの娘たち、父親に対してはそんなこと一回も言うたことないのに

 

なんで母親の私に言う?

 

そないに汚いのか(47歳女)

 

 

 

ほんで、しゃーなしシャワーを浴びて寝ました。

 

娘本人はシャワー浴びんとそのまま寝てたっていう(笑)

 

自分はええのんかい!

 

 

 

 

 

**********************

 

 

翌朝・・・・・

 

チチチチ・・・・ピピピッ

 

かわいい鳥のさえずりでさわやかに目を覚ましました。

 

 

 

と、いうのはうそぴょんで、真向かいにある小学校に登校する元気な児童たちの声で目覚めました。

 

部屋着とか荷物になるんで、娘に借りたらええわー思って持っていかなかったんですけど

 

娘に前夜「なんか着るもん貸して」って言ったら、出してくれたんがコレ。

 

2018224155020.jpg

いつもブログを欠かさず読んでくださってる方ならご記憶にあるかと。

 

 

そうです、じーじが孫に買ってきたアノ、スウェットです。

 

娘、ちゃんと着続けていたようです。

 

2018224155141.jpgこの時はまだ毛玉もなくきれいやったのが

 

今ではこんなに・・・・

 

2018224155234.jpg

 

拡大

 

201822415535.jpg毛玉ってます。

 

 

身支度を整え、結局、なんやかんや昼近くになったので、近所で軽くランチ。

 

私は前夜の夕食がまだ胃を圧迫していたので、コーヒーだけ。

 

娘はハンバーガーを注文。

 

2018224155456.jpg私、ハンバーガーってあんまり好きじゃないんですけど

 

一口もらったら、美味しかった。

 

アボカドなんちゃらバーガー。

 

201822415567.jpgやっぱりハンバーガーって若い子に似合う食べ物ですね。

 

 

 

毛玉の話だけで長くなったので、③につづく。

 

 

 

 

東京ばなし①

毎度、朝から串打ちをして、なんだか落ち着いた気分のお米屋の嫁でございますriceball

 

日常があることの幸せ。

 

遊びに行かせてもらってこんなこと言うたらなんやけど

 

やっぱり、遊ぶって疲れますよね(笑)

 

まず、家を出るまでに疲れてる。

 

今回はじーじもまだ風邪からすっきり復活しないままやったし

 

火・水とお店を空けるので二日分の仕込みをしなきゃいけなくて

 

毎度のことやけど、ほんっまに出るギリギリまで仕事して。

 

ほんで、東京行ったら行ったで、娘の学校や、ばーばの病院から電話が入るし

 

日常を忘れ去ることもできず、帰る日にはもう翌日の仕事の段取りが頭を占め

 

ほんまにつくづく私って遊び下手やなーって思いました。

 

贅沢な愚痴ですね。すみません。

 

 

 

さて。

 

東京ばなしにお付き合いください。

 

火曜の4時台の新幹線に乗ったんですが、平日やし指定取らんでも大丈夫やろと思って

 

切符買って、いざ自由席に乗り込んだら・・・

 

あ、ちょっと余談ですけど、機械で新幹線の切符をスムーズに買えるようになったん

 

ここ最近なんです(47歳女)

 

前は何回か挑戦するも、もうなんでかうまいこと買えなくて、後ろに人は並んでるし

 

間違って全然違う切符買ってしまいそうやしで

 

あきらめて窓口で買ってたんですけど。

 

ここ最近はちゃんと買えるようになりました(47歳女さそり座B型)

 

 

話、戻りまして、いざ乗り込んだら、

 

まぁ、まぁ、混んでる・・・・

 

最初の車両を通り越し、二つ目の車両へ。

 

ちらほら空いてる席はあるんやけど、窓際とか真ん中とかで。

 

おっきい荷物もって「ちょ、えらいすんまへんなー」言うて、中まで入っていく勇気もなく。

 

えー、二時間立ちっぱなし?って焦りながら、必死で探すも

 

通路側で空いている席はなく、なんとか優しそうな年配男性の隣(真ん中の席)へ着席。

 

そして、いつもなら発車と同時に「プシューッbeer」てやるところを

 

今回は缶コーヒー。

 

何故なら、東京に着いて向かう先が娘の職場だったから。

 

さすがにほろ酔いではちょっとねぇ・・・

 

お酒も飲めず、旅の必須アイテムである本も忘れ、

 

超退屈な二時間をなんとかやり過ごし、品川に到着~bullettrain

 

そこから山の手線に乗って新宿まで向かったんですが、丁度、夕方のラッシュ時とかぶってしまい

 

んまぁ、すんごい人。

 

階段降りる人の波、ホームにあふれる人、人、人・・・

 

一本目は乗れずに見送り、二本目の電車になんとか乗り込んだもんの

 

もう、ぎゅうぎゅうで。

 

ほんっまにぎゅうぎゅうで。

 

一気に脇汗。

 

ほんで、乗っている内に揺れと人のプッシュによって、体が段々手すりに対して90度になってきて

 

手の力だけでなんとか姿勢を保ってる感じで、ちょっと押されたら

 

目の前に座っているサラリーマンの膝の上にちょこんって座ってしまいそうな感じになってるのを

 

必死でこらえてました。

 

もう、しんどすぎて、いっそのこと膝の上に座ってしまおか思ったほどやったわ。

 

 

 

なんとか新宿に着き、そこから地下道を通って娘のホテル近くまで行けるはずが

 

気が付いたら、地上に出てしまっていて(笑)

 

仕方なく地上を歩き、予定していたよりも早く着いてしまったもんで、

 

娘にはちょっとくらい早くても席とったあるしいいよーって言われてたんですが

 

30分くらい早かったので、娘のホテルの間となりにあるお店でまた飲みたくもないコーヒーを飲み

 

時間をつぶしました。

 

 

そして、いざ、娘のホテルへ。

 

 

 

 

今回の東京行きの目的は、「娘のサービスでディナーを頂く」ということだったんです。

 

娘の職場のホテルには行ったことはあるんですが、働いている姿を見たことはなかったもんで。

 

 

 

娘の働くレストランへ向かうと、娘がおりました(そら、おるわ)

 

ニヤニヤして「いらっしゃいませ」って言うてくれたわ。

 

そして、席まで案内されました。

 

2018223144838.jpg2018223145021.jpg暗っ!!

 

2018223145131.jpgすんませんなぁ、じーじは風邪で寝込み、夫は働いているというのに

 

私だけ、こんなええ思いさせてもうて・・・・

 

 

 

ま、いっか。

 

私も頑張ってるしな、まぁまぁ(笑)

 

 

この時、着ていた私のこの服なんですけど、二十年以上前に買ったものです。

 

今回、これを着ていくつもりなんて全くなく、直前まで違う服を用意していたのに

 

何故か、ほんまに何故か着替える段になって、ふと、この服のことが頭に浮かび

 

買って二十年たつけど、着たのは買った当時、二回だけ

 

ずーーーーーっと、クローゼットに吊りっぱなしで。

 

手、つりそうになりながら後ろのファスナーを上げて何とか着てきたわけです。

 

娘に「カーテンみたいやな」って言われました。

 

ほんま、なんでこれを着ようと思ったんか、いまだに謎。

 

2018223145657.jpgご興味ないと思いますが、全体はこんなんです。

 

当時も、友達に「貴賓室のカーテン生地?」って言われた覚えアリ。

 

 

 

そして、ディナーが始まりました。

 

あ、因みに娘のいるレストランはイタリアンです。

 

2018223145855.jpg前菜です。

 

柚子風味のソースがおいしかったなぁ~

 

2018223145927.jpgパスタです。

 

濃厚クリームパスタです。

 

お酒が進みます。

 

食事をしていると、同期の方や上司の方が代わる代わる挨拶にきて下さり

 

ほんとにみなさん、いい方で、こんな方たちに可愛がってもらって幸せな娘です。

 

 

 

しかし、まぁ、なんですなぁ、一人でコース料理を食べるというのは

 

なんとも・・・

 

 

 

 

間が持たない。

 

 

 

思ったんですけど、これ、和食やったら日本酒頼んで、手酌でチビチビいけるじゃないですか。

 

それがないから、余計に、間が持たない。

 

間が持たないから、飲んでしまう。

 

 

 

あかん・・・・・

 

 

酔うてきた・・・・

 

 

しかも、黒服の方が「今日はしっかりとサービスするように料理長から言われてますので

 

なんでも好きなお飲み物を・・・」って言われ、いやいや、もうすでに酔うてますからーーーーー

 

 

あかん、あかん。

 

娘の職場で失態だけは。

 

 

 

でも、気が付いたら、卓上がこんなことに・・・

 

20182231571.jpg勧められるがままに、飲んだ結果(笑)

 

居酒屋の飲み放題やあるまいし、ほんましっかりしなはれや。

 

あかんて、私に飲ませたら。

 

また、ちょうどいいタイミングで「次は何を?」って聞きにきはるんやもーーーん。

 

私の辞書に「断る」いう言葉はない。

 

いや、断れ。

 

 

それにしても、さすがTOKYO。

 

お客さんがおしゃれだわ。

 

ほんで外国人が多いわ。

 

日本人でも私と同じ年位の女性が一人で食事しながら、ゆったり飲んでたり

 

なんかクリエイターっぽい感じのおしゃれな集団が楽しそうに話していたり

(クリエイターっぽいおしゃれな軍団って何)

 

「みんな、ナニモノ?」って感じやったわ。

 

 

ほんで、ふと思ったんですけど

 

周りから見たら、今の私も「ナニモノ?」って感じなんやろな、と。

 

二十年も前のカーテン生地みたいな服着て、

 

グラス目一杯並べて、ディナーを食べている女一人客。

 

いや、そもそも、ここは大都会TOKYOだから、だれも私ことなんて見てもない、か。

 

 

とか、一人あれこれ考えておりました。

 

 

ゆっくり食べて、ゆっくり飲んでたら、最初の二品だけで結構お腹膨れてきました。

 

 

 

 

メインのお肉です。

 

2018223151417.jpgさらにお酒が進みます。

 

 

おそがけからのお客さんも結構来て、娘は忙しそう。

 

遠くで外人さんと笑って話してたりして

 

「え?英語話してんのん?」ってめっちゃ気になったわ。

 

ちょっと酔うてたんのもあるけど、娘が働いてる姿を見てじ~んときた。

 

初めて「社会人になったんやなー」って実感した気がする。

 

もう東京に出て一年近くなるし、娘がいない暮らしにもとっくに慣れたし、

 

働いている様子も動画や写真で見たことはあったんやけど・・・

 

でも、なんか実感がなかったていうか・・・

 

大口開けて泣いていた小さかった時のこととか思い出されて、思わず泣きそうになったわ。

 

これでまた急に泣き出したりしたら

 

絶対、ツイッターとかで

 

「ホテルで一人ディナー食べながら、めっちゃグラス並べて飲んでる中年女、急に泣き出したー!」

 

とか呟かれそうやし、必死で泣くの我慢したけど。

 

いや、誰もみてへんから。

 

2018223151548.jpgデザートもまたボリューミーで。

 

最後まで美味しく頂きました。

 

最後の方は仕事を早めに上がらせてもらった娘も合流して

 

楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

胃もハートも満たされて幸せな夜でございました。

 

職場のみなさん、ありがとうございました。

 

 

②へつづく。

 

 

 

 

東京へ行ってまいります。

毎度、さっきからポテチのコンソメ味を開けては閉め、開けては閉めしているいお米屋の嫁でございますriceball

 

「これで、最後」

 

「あと3枚」

 

とか自分に言い聞かせながら、結局全部食べてしまうんやから、

 

もう、いちいち閉めんでええねん。

 

 

 

さて。

 

今日の夕方から東京へ行ってまいります。

 

長女に会いに。

 

娘はいつも内緒で帰省して、そのたんびにじーじを驚かせているので

 

ほんまは今回、逆ドッキリで娘に内緒でじーじも連れていく計画だったんです。

 

一か月くらい前に、「今度、東京行くけど、お父さんも一緒に行く?」って聞いたら

 

意外にも、「お!行きたいな!」って言うたんです。

 

店もあるし、ええわーっていうかと思ったら。

 

そんで、そんな様子のじーじを見て私も嬉しくなり、「冥途の土産に連れてくわ!」と言うていたら・・・・

 

 

じーじ、風邪でダウン。

 

もう、だいぶマシにはなったんやけど、東京行くのはちょっと無理。

 

ってことで、残念ながら今回は私一人で行くことに。

 

じーじが元気な内に、一度東京へ連れて行ってあげたいなー

 

今夜は娘の職場でディナーを頂く予定restaurant

 

娘の職場なので、飲みすぎないように気をつけようと思います!!

 

 

 

 

あ、また開けてしもた。ポテチ。

 

 

臨時でお休みいたします。

お米工房うえだのお休みのお知らせです。

 

 

明日20日(火)は午後4時で閉店致します。

21日(水)は終日お休みとさせて頂きます。

尚、配達は通常通り致します。

 

 

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

同じ人間なのに。

毎度、ほろ酔いのお米屋の嫁でございますYOriceball

 

今日は串かつ屋、出番じゃなかったんですけど

 

呼ばれて働いてきましたYO!

 

平日なのに忙しくさせて頂いて、ありがとうございます!

 

そして、帰ってきてからの一杯。

 

2018214224043.jpgいつもこんな感じです。

 

そう言えば最近、ブログで日本酒のこと書いてないけど

 

もちろん毎日飲んでます。

 

今日飲んでるのは、長野はぬのや本金酒造さんの「中取り生原酒」

 

長野産の酒米「ひとごこち」100%で造られています。

 

美味しいです。

 

幸せです。

 

バイトさんがお土産にくれたちくわをアテにちびちびやってます。

 

 

 

さて。

 

 

平昌五輪。

 

 

もう、自分の涙の出る速さに驚いています。笑

 

 

特に応援している選手がいるわけでもないので

 

 

その選手の背景とかもよく知らんのに

 

 

日本人が競技している姿を見るだけで、もう、すぐ涙目。

 

 

見るなり。

 

 

アズスンアズ、涙目。

 

 

今日も仕事しもって、何回かテレビの画面を見てたけど

 

 

そのたんびに涙目。

 

 

メダルなんか取ろうものなら、嗚咽。

 

 

これ、もう、知り合いとか、友達とか、まして身内とかが出てたら、ほんまガクガクやわ。

 

 

良かったー、身内にオリンピック選手おらんくて。

 

 

仕込みどこらやない。

 

 

それにしてもです。

 

 

ほんま、ナニ? あのハーフパイプ?とかの技。

 

 

おんなじ人間がしてること?

 

 

私なんてでんぐり返し一回しただけで、オエ―ーーーーってなるのに。

 

 

なんであんなことができるんやろ。

 

 

クルクル空中で回る選手を見て、何回も声に出して「どういうこと?」って言うてたわ。

 

 

ほんで、いつも感心するんが、スケートとかでもそうやけど

 

 

解説の人、なんであんな早い技を見分けられるんやろ。

 

 

てか、飛んでる本人、自分が今どないなってるかわかってるんかな(わかってるわ)

 

 

あんなクルクル回って、ちゃんと着地するってどういうこと?

 

 

自分が北国育ちだからか、雪を背景にした競技って特に興奮します。

 

 

私も3歳くらいから、スノボーやらしてくれたら良かったのに(大きな勘違い)

 

 

 

因みに、スノボーはおろか、スキーを滑るのもやっとな北国育ちの道産子です!

 

 

 

おやすみなさい(唐突ー!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じーじが風邪をひきましてん。

毎度、大笑いしたいなーって思っているお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、いいオトナなんだから

 

昔みたいに涙が出るほど、「死ぬ死ぬーーーーっ!」って思うほど笑うことって

 

そうないんか知らんけど、なんか、大笑いしたい気分。

 

誰か笑わせてくれへんかなぁ。

 

あ、別に落ち込んでるわけじゃないですYO!

 

ご心配なく。

 

 

 

 

さて。

 

 

タイトル通り、じーじが風邪をひきましてん。

 

今年の冬、もう「どんだけ~」っていうくらい

 

周り、みんな風邪やインフルの嵐。

 

いつも飲んでる仲間とか、酔った勢いでチューしてる子とか(あ、女子ね、女子)

 

みんなことごとく風邪、インフルになり

 

もう、次は自分の番か・・・・・と戦々恐々とした日々を過ごして参りましたが

 

本当にありがたいことに、私、元気で(笑)

 

これだけ周りダウンしてるのに、自分だけピンピンしてると

 

逆になんか、あれ?私、大丈夫?みたいな感覚にもなったり。

 

まぁ、でも、本当に元気なのはありがたいこってす。

 

 

ほんで、じーじの話。

 

もう五日か六日になるんですけど、風邪をひいてから。

 

じーじは元々、体は弱くて、私が結婚してからも毎年、冬になると

 

ワンシーズンに2、3回は寝込んでたんです。ほんまに。

 

しかも一回寝込むと長くて、2、3日でなんて復活しなくて、一週間とか寝込むので

 

結局、「冬=じーじ、寝てる」っていうイメージが出来上がる位、よく風邪をひいていました。

 

それが、ここ数年、ばーばが入退院を繰り返すようになってからかなぁ、

 

やっぱり「ワシまで寝てられへん!」と気が張っていたのか、ほんまに風邪をひかなくなり

 

ひいてもひと冬に一回とかで。

 

今年もこれだけ風邪が流行っていたのに、そしてこんなに寒いのに

 

風邪をひかずに元気でいてくれたんですが・・・・

 

とうとう・・・・

 

 

 

即、じーじを隔離。

 

一番じーじと接してる私が、一番うつってる可能性大やと思ったんですが、今のところ大丈夫です。

 

じーじの部屋にごはんを運ぶ時も、マスクはもちろん、息止めてるから、私。

 

しんどそうなじーじを見て、最初の一日、二日は心配もして、優しくもしていた私ですが

 

もう一週間近くなると、「もうええ加減、起きたらどうや」と思い始めています。

 

もう、驚くくらい、ほんっまに寝っぱなしなんですよ、一回寝込んだら。

 

ほんで「腰まで痛いわ・・・」とか言い出すんで

 

「そんだけ寝っぱなしやったら、そら痛くもなるわ」と。

 

 

耳が遠い上に、年がいくと認知症じゃなくても理解力って低下するから

 

病院での説明とかもイマイチ理解できてないんですよ。

 

一緒に薬をもらいに行った時も、薬剤師さんが

 

「これは咳止めの張り薬です」って言うてんのに

 

「張り薬=湿布」と思い込んでるから

 

「痛いとこに貼ったらよろしいですな!!」って。

 

薬剤師さん 「いえ、咳止めの薬なので、胸か背中かどちらかに」

 

じーじ 「胸か背中の痛いところに貼ったらいんですな!!」

 

薬剤師さん 「あ、いえ、張り薬ですけど咳止めなので、背中か胸のどちらでも」

 

じーじ 「わかりました」

 

 

 

 

で、家に帰ってきて、私が「張り薬貼ろうか?」っていうたら、「自分で貼れるしええわ」って言うたんですけど

 

夜になってから、「これ、貼ってるけど、全然効かへん!!ずっと痛い!!」って、見せてきたんが

 

腰にその小さい張り薬を貼ってるっていう・・・・・

 

 

 

「いや、だーかーらー!!」

 

 

「せ・き・ど・め・や!!」

 

 

 

 

ほんで、最後にもひとつ。

 

本人、しんどいんやろし、笑ったらあかんけど、信じられないような笑った話。

 

咳とかのせいで、ゼイゼイ言うじゃないですか。

 

胸とか喉あたりが。

 

その音が、自分の体から出てるとわからずに、誰かの話し声やと思って

 

いちいちそれに反応してるっていう、嘘みたいなほんまの話。

 

 

自分の胸が「ゼロゼロ~」か「ひゅうひゅう」みたいな音したら

 

「ん?なんや?」って言うてる・・・・・・

 

 

 

じーじーーーーーーーーーー!!

 

早く、元気になってください!!

 

 

 

 

 

初マンモ。

毎度、なんかお腹減ってるなーってさっき(二時半くらい)思って

 

よく考えたらお昼ご飯を食べていなかったお米屋の嫁でございますriceball

 

今日は昼過ぎに出かける予定があったんで

 

それまでにできるだけ仕込みを終わらせておこうと思って

 

夫とじーじの分だけとりあえずごはんを用意して、私は出る前にお茶漬けでもかきこもうと思ってたんですが

 

かきこむことを忘れて出かけてしまいました。

 

やっぱり、お腹って減るんですね。

 

無事、かきこみました。

 

 

さて。

 

その今日の出かける用事とは、乳がん検診だったんですけど

 

今までちゃんと検診って受けてなくて、乳がん検診も多分この年齢で

 

2、3回?位かな、受けたの。

 

去年の暮れ、市からのお知らせが届いて、受けてみよーって思って。

 

そして、今日が初めてのマンモグラフィー。

 

略して初マン(言わへん)

 

 

 

えーと、結論から申し上げまして、

 

どうして誰もこんなに痛いってことを教えてくれなかったのか?と思っている次第です。

 

もう、びっくりしたわ。

 

 

検査の前に簡単な問診みたいのがあって、

 

そこにマンモグラフィ検査の様子の写真が置いてあったんですね。

 

まず、それを見た時に、「おっぱいがこんなに潰れるのか?」ってその写真に釘付けになりました。

 

問診の後に、いったん建物から出て、外に止まってる車の中でいよいよ検査となったんですが

 

上半身裸になり、呼ばれて機械の前に。

 

この時はまだ余裕。

 

「知らない」って強いですね。

 

検査技師さんが「ちょっと痛いですよー」って言いながら

 

「右手でここを持って、あ、手の力は抜いてくださいねー」とか

 

「ちょっと、引っ張りますー、痛いですよー」とか

 

ほんで、おっぱいを引っ張られつつ、さらに板で押しつぶすと言うW攻め。

 

もう、想像していた痛みをすぐに超えて、思わず何故か「ワォ!!」って言ってしまったわ。

 

もう、ほんま「いったー!!」とかじゃないねん。

 

「ワォ!!」やねん。

 

痛くて「っん!!」

 

とか

 

「ぬはっ!」

 

 

みたいな声にならない変な声みたいのが出て

 

そんで、更に「もう少しだけ」って板をきつく締められる。

 

もう、拷問。

 

しかも、片手は機械についてる持ち手みたいとこ掴んで

 

「顔はこっち向けてください」って言われて、顔だけ技師さんの方向いて

 

もちろん上半身は裸で、

 

ほんでおっぱいめっちゃ潰されて、

 

更にもう片方の手では潰されてない方のおっぱいを自分で撮影の邪魔にならないように

 

後ろ方向へ引っ張っとくっていう。

 

 

そんな状況の自分の画を客観的に考えた時に、もうおかしくて。

 

痛いのに、おかしくて。

 

それを各おっぱい×二回で計4回も繰り返すんですよ?

 

私、昔からこういう状況に弱くて。

 

前も入院・手術ってなった時に、手術の前日って検査とかが色々あって忙しいんですけど

 

なんか麻酔に耐えられるかどうか調べる検査やったかな?ちょっと記憶が曖昧やけど

 

トイレットペーパーの芯みたいな形状のものを口にくわえてなんかする検査があって

 

もう、それがおかしくて、おかしくて、

 

ヘラヘラ笑ってしまって、検査にならなかったんですけど

 

そんな私を見ても一ミリも笑わない女の技師さんの顔、怖かったわー

 

 

マンモの話に戻ります。

 

おっぱい挟まれながら感じていたことは、

 

これ、おっぱいちっさい人とおっきい人、どっち痛いんやろーって思った。

 

ちっさいとその分、引っ張って潰されそうやし

 

でもおっきいと面積ある分、痛みも多く感じるのか?とか。

 

 

もう、4回目の撮影の時には、笑いをこらえられなくて

 

ピークに潰された状態の時に、とうとう声を出して笑ってしまったんですね。

 

 

 

私  「す、すみません(ヘラヘラ)・・・ちょっと、待ってもらえますか?(ヘラヘラ)」

 

技師さん  「大丈夫ですか?」

 

私 「ふぅーーーーーっ」

(大きく息を吐き、精神を落ち着かせる策)

 

撮影時は息を止めないといけないので、痛みに耐えながら、しかも笑いをこらえて息を止めるっていう

 

ほんまに死ぬかと思う状況でなんとか最後の撮影。

 

 

終わったーって安心したのも束の間、

 

なんかパソコンの画面を覗いて首をかしげた技師さんが悪魔の一言。

 

「すみません、最後の一枚、うまく撮れなかったみたいで・・・」

 

 

 

思わず言うたわ。

 

「ガビーーーーン!!」て。

 

 

ほんまガビーーーンやわ。

 

 

そんなわけで、もう一回撮り直し。

 

技師さんが悪いんやない。

 

笑った私が悪かったんやわ。

 

 

 

 

こんな年になってもまだまだ経験してないことはいっぱいあるなぁーと思いました。

 

 

 

 

昨日、今日。

毎度、とうとうメルカリを始めたお米屋の嫁でございますriceball

 

 

調子に乗って一気に出品し過ぎまして、

 

まぁ、忙しい(笑)

 

マメじゃないとできませんね。

 

「こんな物が?!」っていうものも売れると聞いたので

 

試しに「こんな物」を出品してみたら、ほんまに売れたのでびっくりしています。

 

ぼちぼち、やってみようと思います。

 

 

さて。

 

昨日と今日のことを、ダラダラ書きます。

 

まず、昨日は節分でしたね。

 

毎年、節分には太巻きを作るのが習慣になっていたんですが

 

今年は土曜日と重なって、仕込みも多かったので、どうしようか、作る時間があるか?と思ったんですが

 

毎年していることをしないのは、なんとも気持ちが悪くて

 

とりあえず具だけは前日から炊いて用意しておきまして

 

当日は仕込みの合間を見て、ごはんを炊いて何とか巻きました。

 

201824212011.jpg去年は確か、手抜きして椎茸とかかんぴょうは味ついて出来ているのを買ったんですが

 

今年はやっぱり家で炊きました。

 

201824212144.jpgまぁ、毎年言ってますけど、年に一回しか作らないので

 

なかなか上達しないんですけど、今年はまぁまぁうまくできたと思います。

 

あとこれも、毎年思うことですけど、「お寿司」ってほんまに難しい。

 

なんでも突き詰めようおもたら難しいんやろけど

 

毎日、料理していて、揚げ物とか炒め物とか中華や洋食やらたまご料理やら

 

色々あるけど、そんな中でも「お寿司」って難しいなぁって思う。

 

思わへん?(誰と話してんの?)

 

お寿司って言うても、握り寿司から、バラ寿司や、こんな巻き寿司とか色々あるけど

 

酢飯と具のバランスって、ほんま難しいなぁって思う。

 

 

201824212747.jpgほんで、なんかやっぱり和食ってすごいなぁって思うわ。

 

わざわざ酢飯作って、具巻いて、って。

 

誰が考えたんやろ。

 

こんな面倒なもの(笑)

 

でも、時間たっても食べれるし、そんでこういうのって

 

食卓にあると、おにぎりと一緒でつい手が伸びてしまうねんなー

 

ほんま、昨日から今日にかけての、ごはんの摂取量、すごいわ、私。

 

 

 

いつも節分にしか作らないけど、今年は時々作ってみよ。

 

 

って、言うてみたけど、

 

多分、作らへんやろな。

 

 

 

そして、今日。

 

久々に快晴の日曜日!!

 

これは、走りに行くしかない!

 

そして、今日はコレを履いてみようと。

 

201824214514.jpg(笑)

 

二年ほど前までは自分がこんな物を着る日が来るなんて、想像もしてなかったわ。

 

チャリ仲間の方が、ネットで買う時に間違って同じものを二つ買ってしまったとかで

 

一つ、私にくれはって。

 

これ、着てみて、鏡に映った自分の姿見たとき・・・・

 

 

 

 

もう、、、、、

 

 

 

ヘラヘラ、笑いが止まらんかったわ。

 

 

さすがに恥ずかしくて、その画像は載せませんけどね。

 

 

レスリング選手か思た。

 

 

ビブショーツって言って、股間にごっついパッドがついてるんですけど。

 

「ビブ」って聞いて思い出したのは

 

高校時代の理科?生物やったかな?の先生のこと。

 

アンパンマンみたいな顔した、黒板に書く字がめっちゃ小さい

 

こもった声で、なんかの生物?の「尾部」の説明をする時に

 

「あーーーー、びぶぅーーー」っていうのを、よく真似していたことを思い出しました。

 

 

そんな人生初のつなぎのビブショーツを履いて、走りに出たんですが・・・・

 

 

 

 

暦の上では「立春」らしいけど

 

いやいや、まだまだめっちゃ冬やって。

 

日なたはまだしも、下りの坂道とか、日陰とか、めっちゃ寒くて。

 

もう、手も感覚なくなって、体も芯まで冷え切って

 

小一時間で走るのは諦めました。

 

その後は、自転車用のシューズを買いに。

 

私、ほんまにブランドとかに疎くて、メーカー名とかも知らなくて

 

一度聞いても、覚えられずで

 

「登山用のシューズやけど、自転車にもいいよー」っていうのをお友達に聞いて

 

なんとか覚えていた「アメリカ、登山用、カタカナ三文字」というヒントを頼りにショップへ。

 

でも、さすがです。

 

この三つのキーワード言うただけで、「あ!メレルですね?」って。

 

あ、そうそう、確か、そんな名前やったわ。

 

入荷してもすぐに売り切れてしまう人気商品だとかで

 

「自転車のペダルにも食いつきがいいんで、おススメっすYO!」って。

 

若いノリのいい店員さんが、おススメしてくれました(笑)

 

で、今日はリュック背負ってなくて、背中に背負えるように

 

ひも付きの袋があったら、それに入れてくださいって言ったら

 

「キッズ用のちょっとかわいいのになりますけど、いいっスか?」って。

 

 

 

ほんまにかわいかった。

 

20182422224.jpg

 

そして、寒いので一旦家に帰りました。

 

で、着替えて、今度は電車でお出かけ。

 

前から気になっていたお店へ。

 

20182422729.jpg烏丸御池からちょっと歩いたところにある「日本酒食堂しずく」さん。

 

BARのような雰囲気で、日本酒が頂けます。

 

初めてのお店やったのに、時間が早くてまだお客さんもそんなにいなかったせいか

 

めっちゃ落ち着いて飲めました。

 

また行きたい。

 

お酒もどれも美味しかったなぁ~

 

 

そして、ほろ酔いで二女と京都駅で落ち合い。

 

201824221354.jpgほろ酔いからのアイスコーヒー。

 

楽しい休日でした!!

ページ上部へ