ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>旅立ちの春。
日々のできごと

旅立ちの春。

毎度、やっと赤目から白目に戻りつつあるお米屋の嫁でございますriceball

 

 

痛くも痒くもないんで、病院も行ってなかったんですが

 

 

周りが心配してくれて「目は怖いから行った方がいい」と。

 

 

それで、行ったんですね、眼科に。

 

 

結果、やっぱり結膜下出血っていうもので、心配はなかったんですけど

 

 

検査の時の先生がおもしろくて。

 

 

女医さんやったんですけど、目を診る時って

 

 

「上みて~」「下みて~」とか言うじゃないですか。

 

 

それを、まるで歌うように言わはって。

 

 

 

「うえ~~~~note」(ソソ~~~~)

 

 

「みぎ~~~~~note」(ミソ~~~~~)

 

 

「したぁ~~~~~note(レレファ~~~~)

 

 

「ひ~だ~りぃ~~~~~note」(ソソシ~~~~)

 

 

私、音感全くないんで、()内の音階はテキトーですけど、ほんまに歌ってるみたいやって

 

 

ちょっとおもしろかったです。

 

 

 

 

さて。

 

 

今日もめっちゃいいお天気で、京都は桜の開花が始まっています。

 

 

さっき、近くの天理教さんの桜を見てきたんですけど、今日はまだこんな感じです。

 

 

201832513158.jpg2018325131528.jpg2018325131550.jpgまだまだつぼみの枝も多くて、三分咲きといったところでしょうか。

 

満開の桜を見るのは楽しみですが、アッという間に散ってしまうので、

 

咲くのを待っている今が一番いいんでしょうね。

 

何でも「楽しみに待っている間」が一番楽しかったりしますよね。

 

 

 

春は別れ、そして旅立ちの季節(すでに、しんみり)

 

今日、うちの串かつ屋で二年半働いてくれた学生バイトさんが卒業します。

 

年もうちの娘と近いので、母親のような気持ちです。

 

卒業までバイトを続けてくれて、明日が引っ越しだというのに、ギリギリまで働いてくれて

 

本当にうれしいことです。

 

Hちゃんがいなくなったら、当店のスタッフ、若者がいなくなって

 

一気に平均年齢が上がるわぁ・・・・・笑

 

 

 

大将の串かつと私のおにぎりが食べたくなったら

 

いつでも遊びにおいでやぁ~~~~~

 

頑張れ!!Hちゃん!!

 

今まで本当にありがとう!!

 

 

(あかん・・・・もう、泣きそう・・・・)

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1435

ページ上部へ