ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>JGGのその後。
日々のできごと

JGGのその後。

毎度、「海の日」に泳ぎに行ったことはあっても

 

「山の日」に山に登ったことはないお米屋の嫁でございますriceball

 

明日なんですね、山の日。

 

さっき、カレンダー見て知りました。

 

「海の日」は子供たちが小さい時は、毎年必ず琵琶湖とかに泳ぎにいってたんで

 

馴染みがありますが、「山の日」は全く・・・

 

やっぱりご家庭によっては、毎年「山の日」に山に登るおうちもあるんでしょうね。

 

登山なんて、最後にしたのはいつだろう・・・・

 

稲荷山位、登りにいこうか。

 

 

そういえば、登山と聞いて思い出すのは、高校の時の先生。

 

登山部の先生だったのかどうかは記憶にありませんが

 

学校の行事で登山がある時にいつも

 

落石があったら、即座に後ろの人に伝えるために、大きな声で

 

 

「落!!(らく)」

 

 

と、叫びなさいと教わりました。

 

 

そんなんで、私たちは小石がちょっと転がるだけで

 

「落!!」

 

「落!!!」

 

 

とふざけていたことを思い出します。

 

青春の一ページですね。

 

 

 

 

さて。

 

 

JGGです。

 

 

GG(ぎっくり腰)になったじーじですが

 

 

一進一退の状況です。

 

 

一度、起き上がると何とかゆっくりではあるものの歩けるんですが

 

何せ、寝起きが一人でできない。

 

朝も「起こしてーーーー」と呼ばれたんですが

 

ちょっと起こしただけで

 

 

 

「っわわわーーーーーーーーーーっっ!!!っつーーーーーーーーー!!!」

 

 

って絶叫してました。

 

 

「もう、声を出さんとおれん!!」というてました。笑

 

 

 

結局、「もうええわ、一人で起きるわ」と言われ

 

その後、30分位かけて起きてました。

 

 

昨日は休みだったんですけど、朝はじーじの病院の送り迎え

 

午後からはばーばの病院へ、と病院三昧寿司三昧の一日でした(お寿司たべたーい)

 

子供たちも大きくなって手を離れ、

 

ちょっとゆっくりできるようになったと思ったら、

 

ちゃんとこうして次にやるべきことが巡ってくる。

 

人生とはうまいことできてるもんですね。

 

まぁ、でも、こうやって自分が結婚して、子供うんで

 

子供が成長して、親は年老いて、

 

子供がいたり、親がいたりって当たり前のことでは全然ないから

 

順繰り、順繰りと

 

こういう経験をさせてもらえてることは幸せなことなんやろな、って思います。

 

 

 

いやー、それにしても、

 

じーじ、はよ元気になってくれんかなぁ。

 

もうすぐお盆休みやのに、出かける予定があるんやわ。

 

じーじの心配より、自分の予定を心配する嫁でした。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1489

ページ上部へ