ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>友、来る。
日々のできごと

友、来る。

毎度、ブラックコーヒーを飲みながら「大人になったなー」と思っている元お米屋の嫁でございますriceball

 

いや、もう充分オトナなんですけどね。

 

最近、家で飲むコーヒーはブラックが多いです。

 

2018121151217.JPGそれにしても、コーヒーって、ほんま苦い飲み物ですよね。笑

 

全然知らんくていきなり飲まされたら、ただの毒やと思うわ。

 

ビールも然り。

 

小さい時に、大人が飲んでるビールの泡とかペロッて舐めて

 

オエーーーーーーーとかなってたのに

 

今なんて自転車乗って汗かいた後のビールなんて、この世で一番うまい!って思うもんな。

 

この一口のために生きてる!とさえ思う。

 

いつも思うけど、ほんま初めて飲んだり食べたりした人ってすごいなー思う。

 

チーズとかも確かたまたまできたんですよね?

 

「くっさー」ってなりますよね、普通。

 

でも、食べてみよ、って思うのが凄い。

 

この話、ながなりそうやから、この辺でやめとくわ。

 

 

 

さて。

 

 

先日の話。

 

 

小学校時代からの友達で今は東京に住んでいるN子が遊びに来てくれました。

 

 

考えてみたらもう40年の付き合い。

 

 

すごいな。

 

 

勤続二十年のお休みをもらったらしく、大好きな京都へ遊びにきてくれました。

 

どうしてN子が京都が好きかというと、めちゃくちゃ歴史、特に幕末が好きだからです。

 

それもだいぶ大人になってから好きになって、今はガイドさん並みに詳しい。

 

だから、私が京都に住んでいることについて

 

「あんた、わかってる?すごいところに住んでるってことを!!」と何度も言われました。

 

「伏見だって凄いんだよ~、そこかしこに歴史が・・・・」って熱く語ってました。

 

幕末が好きで、龍馬が好きで、あと仏像もめちゃめちゃ好きで

 

そんなN子いわく「仏像は東寺が一番!」らしいです。

 

二年位前に一緒に東寺に行った時も、仏像の前でフリーズしてたわN子、本気で瞳をうるませて。

 

 

 

 

ほんで今回は三泊四日で来たんですけど、私もお米屋をやめて昼間は比較的ゆとりがあるので

 

「お昼も少しなら観光付き合えるよ~」って言ったんですが

 

「昼間はあちこち真剣に回るから!」とさり気なく断られました。笑

 

とにかく行きたいところ、観たいものが山盛りのようでして

 

一人ゆっくり気兼ねなく見て回りたかったのでしょう。

 

 

京都に着いた日の夜は私は串かつ勤務で、N子がお店に食べに来てくれたんですが

 

仕事上がりに近所の居酒屋に一緒に飲みに行ったんですね。

 

そこで、N子が興奮気味にその日回ったところの感想や

 

明日はどこへ行こうとか、あそこの仏像はいい!とかそんな話をしていたら

 

カウンターに座っていた私も顔見知りの常連さんが

 

「もし、良かったら」と、なんと、東寺のライトアップのチケットを下さったんです!!

 

大声で話してみるもんですね!!(迷惑極まりない)

 

 

私も京都に住んでいても、ほんっっとに観光とかしなくて

 

こうして友達が来てくれた時に一緒に行くくらいで、

 

もちろん紅葉のライトアップなんてほとんど見に行ったこともなく。

 

 

 

 

 

当日。

 

 

夕方早めにN子と待ち合わせて、ちょっと観光したりお茶したり。

 

東寺のライトアップが6時半からだったんですが、着いたのが開門の15分前。

 

 

 

もう、奥さん、びっくりですわYO!

 

 

 

そら、すんごい人でした。

 

 

 

多分、生まれて初めてあんな長い行列見た、間違いない。

 

 

行列の最後尾を求めて歩くも、全く終わりが見えてこない。

 

 

ほんまに大袈裟やなく、延々と続いてて、途中からもうヘラヘラしてたもん。

 

 

ほんでやーーーーーーーっと、「最後尾」って札持ってる人が遠くにちっさーーーーーーーく見えてきて。

 

 

201812115464.JPGこの写真では全くおわかりいただけないと思いますが、とにかくすんごい人でした。

 

 

ごはんのお店を8時に予約していたんですが、間に合うかなぁ~と不安になるほどでした。

 

 

でも、いざ開門すると思っていたよりも、早く中に入れました。

 

 

 

 

チケットを下さった方も「ここ二、三日が一番見頃やと思います」って言うてはったんですが

 

 

ほんまにキレイでしたshinemaple

 

 

並んだ甲斐がありました。

 

 

201812115499.JPG2018121154932.JPG塔が下の池に写っています。

 

 

2018121155024.JPGN子が五重の塔を見上げながら言いました。

 

「鳥羽伏見の戦いの時、隆盛さんがこの塔の五階から伏見の戦局を見ていたんだよ、凄いと思わない?」

 

私は西郷さんを「隆盛さん」とよぶN子が凄いと思いました。

 

 

 

まぁ、でもほんとに普段は何も考えていませんが、N子の言う通り

 

歴史ある京都にはそこかしこに教科書で習ったことの跡が目の前にあるんですよね。

 

紅葉のライトアップを見た後は、N子が大好きな仏像を見て回りました。

 

 

 

N子はもう何回も見ているというのに、建物の中に入るなり

 

「ダメだ・・・ちびりそう・・・・」と感動していました。

 

ちゃんとパッドをあてておくように。

 

 

あの仏像を見た時の、全て見透かされている感ってなんなんですかね?

 

「ごめんなさい」って謝りたくなる。

 

「煩悩の塊でやんす」って言いたくなる。

 

 

 

 

時間ギリギリまで仏像を見て回り、バスに乗って街中へ。

 

どんぴしゃ、予約していた時間に到着。

 

N子リクエストにより和食のお店にしたんですが

 

美味しいお料理と日本酒で満足、満足~~~~~

 

20181211672.JPG気さくな大将とパチリ。

 

 

 

 

そして、この後は祇園のスナックに行き、

 

兄のボトルで飲みながら、カラオケを楽しみました。

 

N子はここでも「レキシ」の歌をうたっていました。

 

兄へ・・・・ツケはしていないから、安心してくれ。

 

 

 

 

N子は帰りの日、旅の締めくくりに一人飲みながら

 

三泊四日を振り返って、感動して泣いたらしい。

 

感受性豊かな48歳。

 

 

私も楽しかったよ、ありがとう!!!

 

 

 

 

 

そうそう、たまたま宝くじ売り場の前を通った時に、

 

キャリーオーバーが20億円っていうのを見て

 

私がN子に20億あったら何に使うって聞いたら

 

「酢屋に全額寄付して、建物の維持費に使ってもらう!!」って即答してました。

 

因みに、「酢屋」というのは京都の街中にある木材商で

 

その昔、坂本竜馬らが隠れ家(海援隊の事務所的に)として使っていた場所です。

 

 

 

ハイ、どんだけ~~~~~~~~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1530

ページ上部へ