ホーム>米屋の嫁のひとりごと>食べ物>お彼岸のお参りとおにぎりカフェ。
食べ物

お彼岸のお参りとおにぎりカフェ。

毎度、「おんな酒場放浪記」に出演させてもらえへんかなぁ

 

と、本気で思っているMOYでございますriceball

 

でも、あれ関東やしなぁ(そういう問題ではない)

 

絶対、いいリポートする思うんやけどなぁ。

 

あぁいう番組に出たい。

 

 

 

 

と、今だ夢見がちなことばかり考えている48歳です。

 

 

 

さて。

 

 

今日は「日焼けするーーーー!!」って位にいいお天気でした。

 

あったかいのを通り越して、暑かったです。

 

京都は昼間、20℃以上あったみたいですよ。

 

Tシャツでいけるくらい。

 

お彼岸なので、仕込みを終わらせてからお墓参りに行ってきました。

 

 

まず、上田家のお墓へ。

 

上田家のお墓は、あの有名料亭「菊乃井」さんの真裏。

 

結婚して初めてお墓参りに行ったとき、

 

ほんまに菊乃井さんの敷地の中を通って行くのでびっくりした記憶があります。

 

ガラス張りの厨房が見えるので、毎回楽しみです。

 

201932019222.jpg

上田家のお墓に手を合わせた後は、すぐ近くにある大谷祖廟へ。

 

 

しかし、平日でも観光客がすんごい。

 

 

自転車を押して歩かないと危険な人の多さです。

 

 

大谷祖廟には北海道の祖父母が分骨されています。

 

体のどの部分の骨が分骨されてるんやろう(急に気になる)

2019320193357.jpgそういえば祖母が亡くなった時、火葬場で骨を少しだけ持ち帰ったな。

 

当時、私はすでに京都に嫁いでいたので、咄嗟になんか持ち帰りたいと思ったのかなぁ・・・

 

その骨は形見分けにもらった指輪と共にしまってあるんやけど

 

その指輪は金のシンプルなリングで、祖母は指が太かったので結構サイズも大きくて

 

今、金が高いから、いくら位になるんやろ・・・・とか考えた私は、

 

ほんまにおばあちゃんごめんなさい。

 

 

 

祖父母に手を合わせた後は、

 

前から気になっていたおにぎりカフェへ。

 

2019320194758.jpg何種類かあったおにぎりの中から、「本日のおにぎり」をチョイス。

 

かやくごはんのおにぎりは、それぞれの具の味がちゃんとして美味しかったです。

 

使用しているお米は岩手県産のひとめぼれだそうです。

 

また違うの食べにいってみよー

 

 

 

 

そして、おにぎりのお米を洗う時間も迫っていたので

 

汗をかきかき、自転車をコギコギ、コギコギ

 

途中、短大時代に一人暮らしをしていた地域の商店街を通るので

 

「久しぶりに、あそこのコロッケ買ってかえろー!!」って思い

 

思い出の味、「京家」さんを目指して、ひたすらコギコギ。

 

ラードで揚げたコロッケ、ほんのり甘くて、おかずにもおやつにもなるコロッケ。

 

「何個、買おうかなー」なんて思いながら、見えてくるであろう看板を探すも・・・・

 

 

 

ん?

 

 

んん??

 

 

え?

 

 

建物についているはずの看板がない。

 

 

え?

 

 

シャッターしまってる。

 

 

 

あれ、なんか張り紙したある。

 

 

 

 

 

 

 

うそん

 

 

2019320201017.jpgショック・・・・

 

 

16日って、ついこの間やん・・・

 

 

最後に食べたのいつやったかなぁ・・・

 

 

最後にもう一回食べたかった・・・

 

 

私の青春の味、「京家」さん、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1574

ページ上部へ