ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>PTAについて。
日々のできごと

PTAについて。

毎度、時間潰しにたまたま入った本屋さんで思わずこれを買ってしまったMOYでございますriceball

 

2019423143619.jpg中学生の時、仲良かった友達がめちゃめちゃ好きで。

 

もうほんまにめっちゃめちゃ好きで。

 

二人で遊ぶ時、いつも「尾崎の素晴らしさ」を熱く語られた記憶があります。

 

今、思い返すと、私がたのきんとかにワーキャー言うてたのとは全然違って

 

すごく大人な感じで、尾崎を語っていた気がする。

 

私は特にファンとかではなかったけど、そんな私でも没後二十数年たっても

 

思わずこうしてこの本を手に取る位、やっぱり人を惹きつける力を持った人なんでしょう。

 

人にあてて書いた手紙とか書き溜めたノートの内容とか

 

貴重なものもたくさん載っていて読み応えがありました。

 

 

 

さて。

 

今朝のワイドショーでPTAの役員選出についてやってたんですね。

 

ちょっと思ったことを書いてみます。

 

何もPTAの役員に限ったことじゃないですけど

 

一番、感じたのは「大げさやなぁ」と「お互いさま」ということ。

 

今、実際PTAの役員をやってて、実際めっちゃ大変な目にあってる人がこれを読んだら

 

ほんま申し訳ないんですけど、あくまで私の個人的な感想ですので

 

すみませんが、どうか怒らないでください。

 

今朝の番組もそうやけど、今の時代、ほんま情報がありすぎて

 

知らんでもいいこととか、ほんまのことじゃないこととかも目に耳に入ってくるから

 

やりにくいなーと思いますが、こうして番組で特集まで組まれて取り上げられること自体

 

ますます「PTA=大変」というイメージを助長しているように思います。

 

本部の方だったり、実際、学校とかメンバーとかによっては

 

ほんまに大変な思いをされている方もいるとは思うんですけど

 

私としては「そこまで大変じゃないで」って思います。

 

実際、私も子供が小学校の時に二年間だったか会報委員というのをしてたんですが

 

確かに最初、声をかけられた時は正直、

 

「わ~~~~、来た!!とうとう、来た!!」って思いました(笑)

 

昼間は商売もしていたし、「学校の用事で・・・」って出かけるのもなんとなく気がひけたり

 

実際の委員の仕事量がどれだけなのかもよくわからなかったし

 

「やります!」と返事をするまでには数日悩んだと思います。

 

ほとんどのメンバーが仕事を持っていたし、中にはまだ小さい赤ちゃんを連れて来るような人もいたりして

 

みんなでその赤ちゃんをあやしながら、結構、のんびりとした雰囲気で

 

それぞれができる範囲で、無理なくやっていたと思います。

 

二年間やって、不満に思うようなことってほとんどなく、

 

「やって良かったな」っていう気持ちの方が大きいです。

 

根底にあるのは、やっぱり子供がお世話になっている学校で、

 

しかも小学校とかなら6年間も通うわけで

 

何か少しでもお役に立てたら、って気持ちやったと思います。

 

あと、これはよく誘い文句であると思うんですが(笑)

 

「学校のこと、先生のこと、よく知ることができるよ」っていう。

 

ほんまにこれは思います。

 

PTAをしたから、担任以外の先生とも話す機会が増えたりして

 

それはよかったなって思います。

 

何より、自分がPTAの役員をするまでは、正直、「まったく自分には関係ない」位に思ってたんですけど

 

月に一度、委員会全部が集まる会議とかに参加したりして思ったんは

 

会長さんはじめ、本部役員さん、その他委員の皆さんをみて

 

「あぁ、今まで自分はこういう人たちに知らない間にお世話になってたんやなぁ」ということを

 

知れたことが一番大きかったように思います。

 

 

 

ん?

 

 

わたし、めっちゃいいこと書いてる?

 

 

いや、でもほんと、そら「できることならやりたくない」って人がほとんどやと思うし

 

 

それが正直な気持ちやと思うんですけど、

 

 

「案ずるより産むがやすし」

 

 

「きよしの相方はやすし」

 

 

って言葉もあるように、ほんま頭で思うほど大変じゃないですYO!ってことを言いたいです。

 

 

大変なのは、委員の仕事そのものよりも、人間関係だったりするんでしょうね。

 

 

幸いなことに私はメンバーに恵まれて、ほんまにマイペースでやらせてもらって

 

 

人間関係で悩むようなことはなかったので、こんな風に言えるんでしょうけどね。

 

 

私も引き受ける前は「仕事以外でもランチとかいかなあんのかなぁ」とか考えて憂鬱になったりしてましたが

 

 

みんな仕事もあるし、サバサバした人が多かったので、

 

 

ほんまに委員会の仕事がある時だけ集まって、やることやって「ほな!!」って感じだったので楽でした。

 

 

とか言って、私以外のメンバー、ランチ行ってたりして(笑)

 

 

いや、それはそれでいんですけどね。

 

 

子供の学年も違ったりして卒業後に個人的に付き合ってる人っていないですけど

 

 

一緒の時期にPTA役員をしていた人(本部さんとか)は今でも串かつ屋に来てくれたりしてます。

 

 

 

このブログを見て下さってる方の中にも

 

 

「初めて委員になりました~」っていう方もいらっしゃるかもしれませんが

 

 

どうか、肩の力を抜いて、無理をせず、どうせやるなら楽しんで

 

 

気持ちを楽にやってみてください!!

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1584

ページ上部へ