ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>人生初めてのことがまだまだあるYO!って話。
日々のできごと

人生初めてのことがまだまだあるYO!って話。

毎度、お昼ご飯をがっつり食べたのに

 

直後に厚切りトーストにたっぷりバターを塗って食べたMOYでございますriceball

 

昨日、常連のお客様に美味しい食パンを頂いたんですね。

 

まずはその場で、スタッフ全員で厨房にしゃがみこんで、生のまま頂きました。

 

いや、全員いっぺんにはしゃがんでへんよ。

 

急に全員消えたらお客さんびっくりしはるし

 

順番にしゃがんで、時間差で頂きました。

 

生も美味しかったけど、トーストしても美味しかったぁ~

 

Tさん、いつもありがとうございます!!!

 

 

 

さて。

 

 

この年になっても、まだまだ未経験のことなんて山ほどあるのは当たり前で

 

 

エベレストはおろか富士山も登ったことないし

 

 

像やラクダの背中に乗ったこともないし

 

 

外国人と付き合ったこともないし

 

 

レッドカーペットも歩いたことないわ。

 

 

 

あ、ないことないわ。

 

 

数年前、銀シャリの鰻さんが敷いてくれたレッドカーペットなら歩いたことあるわ。

 

 

2019413163132.jpg今思えば、恥ずかしげもなくよく出たなと思うけど

 

人生のいい思い出になりました。

 

てか、部屋もう少し掃除しても良かったんちゃう?

 

 

 

まぁ、そんな大きなことじゃなくても、日々の生活の中で

 

「実は初めて!!」ってことって結構ないですか?

 

 

私の場合、つい数日前に人生で初めて経験したことが

 

 

 

「ガソリンスタンドで灯油を買う!!」

 

 

 

地味やわ。

 

 

でも、ほんと人生初だったんですよ。

 

 

「フリーター家を買う!!」

 

位にちょっとドキドキしました(比べ物ならん)

 

 

まず、実家の北海道ではあの灯油の容器を持って灯油を買いに行くってあんまないので

 

北海道にいた頃は「灯油を買う」ということをしたことがありませんでした。

 

北海道の家庭では家の外に大きなタンクがあって、そこに何百リッターとかの大量の灯油を

 

給油車に給油してもらうのが一般的です。

 

そのタンクから出ている管が各部屋の暖房設備に直結しているので

 

こっちみたいにあのシュコシュコポンプでいちいち給油するってことはないんです。

 

 

 

そして、結婚してからは、自店で灯油の販売もしていたので

 

買いに行くことってなかったんですね。

 

で、お米屋をやめてからも灯油のストックはしばらくあり

 

それが無くなってからは夫が買いに行ってくれていたんですが

 

ここ最近、暖かくなったり寒くなったりの繰り返しで、

 

残りの灯油で行けるかなー、どうかなー位でギリギリ過ごしてたんですが、やっぱり足りなくなり。

 

夫も買いに行ってくれる気配がなく・・・・

 

 

 

そこで、人生初!灯油を買いに行ってみました!!

 

いつも行くセルフのスタンドに行ったんですけど

 

めっちゃ親切な店員さんが「もはやセルフではない」って位に親切にしてくださって

 

無事に灯油を購入することができました。

 

 

 

そして、その翌日には

 

人生初!ではないけど、多分、人生で二回目!位に

 

セルフではないスタンドでガソリンを給油しました!!

 

 

いつもバイクや車はセルフのとこに行ってたんですが

 

その日は母の病院に向かう途中でガソリンがないことに気づき

 

行ったことがないスタンドに入ってみました。

 

これだけでも私的にはまぁまぁ勇気ある行動。

 

ガソリンの値段よりも、セルフかどうかが気になり、

 

入ってみたら、セルフではなく、店員さんが走ってきた!!

 

 

ぎゃーーーーーーーーー!!!

 

 

 

いきなり、動揺。

 

 

とりあえず車を止めたら、給油口が反対だったらしく、笑顔で誘導される。

 

 

そして窓をウィーンって開けたら、「レギュラーですか?」って聞かれたような。

 

 

「は、はい!」

 

 

動揺して、給油口の開け方も一瞬忘れて、何故か車のキーを店員さんに渡そうとした私。

 

 

何をしたいねん。

 

 

ほんまやったら「2000円分」とか言いたいところを

 

何故か見栄をはって「ま、満タンで!!」って言うてもうたわ。

 

ほんで「車内拭きにどうぞ」ってタオル渡されたけど

 

どこをどう拭いたらいいのかわからず、思わず顔拭いたわ。

 

 

ま、それは冗談ですけどね。

 

 

とりあえず、やったことないことを少しずつ経験して

 

大人の階段ノボッテマス。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1582

ページ上部へ