ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>聞いておくれ、変な夢の話を。
日々のできごと

聞いておくれ、変な夢の話を。

毎度、にゅう麺を作ろうと思ったのに冷蔵庫にネギがないと知って絶望しているMOYでございますriceball

 

ネギがないにゅう麺なんて・・・・

 

「それはもうサドルのない自転車のようなものだ」  ニーチェ(言わんわ)

 

いや、ほんまがっくり。

 

にゅう麺にネギないなんて・・・

 

自転車はサドルなかっても、なんとか走れるやん(立ち漕ぎで)

 

でも、にゅう麺にネギは絶対必要やん!!

 

麺なくてもいいからネギは欲しい(もはやにゅう麺ではない)

 

でも、ほんまにその位ネギは必須です。

 

ほんまがっくり。

 

 

 

 

さて、また変な夢みたんですけど、聞いてもらえます?

 

夢の中でも私は寝ていて、夢見てうなされてる設定なんです。

 

あれ?なんか今書いてても自信ないんですけど

 

夢なのか、なんか金縛りみたいなのにでもなってたのか

 

ちょっとはっきりわかりません。

 

そして、その夢というのは、必死になって自転車のペダルを踏んでいるのに

 

何故か全然進まなくて、空回りしているわけでもなく、ペダルは重たくて。

 

周りの景色もなんか見えなくて、見えないっていうか、暗がりで。

 

そして、パッと目が覚めたら(夢の中で)

 

横向きで寝てて、めっちゃ体が丸まってて、

 

「絶対、布団の中でほんまに漕いでたやん!」って思うような姿勢で

 

それで、内容的には怖い夢とかではないはずやのに、

 

何故か目が覚めた時(あ、夢の中です)、すっごい恐怖を感じて

 

ドア一枚隔てた向こうの部屋にいる家族を呼ぼうと大声を出すんですが

 

声が出なくて、そのことにも更に恐怖を覚え

 

何とか、体を起こして助けを求めてドアの方へ向かって行く途中で

 

スローモーションのようにめっちゃゆっくり体が倒れていって

 

ゆっく~り床に横たわったところで、目が覚めました(これはほんまに覚めた)。

 

 

 

 

なんなん、この夢。

 

 

暗がりで必死にペダルを漕ぐも、まったく進めず、って。

 

 

何かを暗示している夢だとしたら、私、今めっちゃ精神的に行き詰ってるんかな。笑

 

 

いや、特にそんな感覚はないんやけど。

 

 

そして、最後のスローモーションでゆっくり倒れた時の感覚が

 

 

目が覚めてからも体が覚えていて、今まで経験したことがないような感じで面白かったです。

 

 

貴重なお時間、しょーもない夢の話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

*********************************************

 

 

 

昨日、このブログを書きかけて途中で寝てしまったんですけど

 

結局、にゅう麺はネギなしで作りました。

 

にゅう麺の前にも色々食べていて、もうお腹ポンポコリンで。

 

また深夜に食べてしまったことをすんごい後悔してしまい、ほろ酔いだったこともあって

 

普段なら絶対買わないようなダイエットサプリみたいのを注文してしまったわ・・・・

 

それこそ、後悔。

 

 

腹筋でもしよ。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1594

ページ上部へ