ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>「白い巨塔」とチャンネル争い、総回診など。
日々のできごと

「白い巨塔」とチャンネル争い、総回診など。

毎度、気が付いたらお酒を二日間飲んでいないことに気が付いて

 

我が事ながらちょっと驚いているMOYでございますriceball

 

あ、補足ですが、私の言う「お酒」とは「日本酒」のことです。

 

アルコールを飲んでいないわけではありません。

 

もう、こんだけ暑かったら、やっぱビール飲むわ。

 

ほんで、私はビールを飲むと眠たくなる傾向が強く

 

日本酒に移る前に寝てしまう・・・・・

 

と、言うわけで、二日間日本酒を飲んでおりません。

 

 

 

はい、どーでもいい情報でしたね。

 

 

そうそう、北海道、めちゃめちゃ暑いみたいですが、

 

みんな大丈夫ですかー?

 

ついこの間まで「寒くてストーブつけてる」って言うてたのに・・・

 

「北海道=涼しい」という考えはもはや通用しませんね。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

五夜連続の「白い巨塔」、ご覧になりましたか?

 

 

普段、録画してまで見る番組って「吉田類の酒場放浪記」と「おんな酒場放浪記」位の私ですけど(酒まみれ)

 

 

「白い巨塔」は録画して見ましたよ、ああいうの好きなんで。

 

 

ほんで、毎晩、仕事から帰宅してからビールをプシューっと開けてですね

 

 

再生ボタンを押すのを楽しみにしていたわけです。

 

 

そしたら、第四夜の放送日だった一昨日。

 

 

仕事を上がったのが11時半くらいで

 

 

疲れてはいましたが、やっぱりすぐに見たいので、帰宅するなり再生ボタンを。

 

 

見始めて20分くらいたった頃でしょうか、

 

 

突然、ブチっと画面が消えまして・・・・・

 

 

え?と思って、見てみたら・・・・

 

 

なんと録画が途中で切れてしまってたんです。

 

 

がーーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

 

ががーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

 

 

どぉして・・・・

 

 

五郎ちゃん・・・・・(五郎ちゃん関係ない)

 

 

原因はわかりませんが20分しか録画できてませんでした。

 

 

そして、ふと不安になりちゃんと最終話が録画予約できているか調べてみると・・・・・

 

 

更に驚愕の事実が・・・・

 

 

 

 

なんと確かに予約しておいた「白い巨塔」の予約が消され、他の番組が予約されていたんです。

 

 

「どういうことだっ!財前!!」

 

 

犯人はロン毛の夫です。

 

 

断りもなくこんなことをするのはロン毛しかいません(全国のロン毛に謝れ)

 

 

リモコンを持つ手がわなわなと震えました。

 

 

そして、夫に確認しました。

 

 

「白い巨塔、予約消した・・・?」

 

 

 

 

「あー、だって毎週見てる(ドラマ)やし。笑」

 

 

 

夫が毎週どんなドラマを見ているのかは知りません。

 

 

夫だって、毎日遅くまで仕事をしているのですがら、録画しておいた番組を見るのは楽しみでしょう。

 

 

でも、でもですよ、

 

 

一言あっていいんじゃないでしょうか。

 

 

「俺も毎週見てるドラマあるし、録画したいんやけど・・・」と。

 

 

 

 

これ、私が先に気づいたからよかったもんの

 

 

録画が取り消されていることを知らずに、昨日の夜、

 

 

帰宅し、録画した番組表の中に「白い巨塔」の文字がなかった時のショックを想像すると・・・・

 

 

もう、きっと発狂してテレビをベランダから放り投げていたことでしょう。

 

 

そして、それがテレビのせいではなく、夫の仕業と知った時には

 

 

もう、わたくし、手を血で染めてしまうわ・・・

 

 

 

 

いや、でもほんまこれ、訴訟大国アメリカやったら、大ごとや。

 

 

結局、別に暮らしている長女に連絡をして、録画を頼みました。

 

 

 

 

ところで、教授の総回診のシーンあるじゃないですか?

 

 

ほんまにあんなのあんの?って思いません?

 

 

 

 

あるんですよ。

 

 

 

40代の初めに大学病院に入院した時、ありました。

 

 

その時も「ほんまにあるんやー」って小さく感動した覚えがあります。

 

 

あんなドラマほど大げさな感じはありませんでしたが、それでもやっぱりなんか緊張感はありました。

 

 

「ベッドにいてくださいねー」とか言われたような気がします。

 

 

あれ、なんの意味があるんでしょうね。

 

 

患者にしてみたら、いくら教授って言っても「誰?」って感じですし

 

 

簡単な説明を周りの先生が教授にして、「どうですか?」とか「お大事に」位の会話があるだけで。

 

 

 

 

 

 

あと、気になることがあるんですけど、

 

 

手術のシーンで、二階席みたいなところがガラス張りになってて

 

 

先生とか研修医の人たちが手術を見学してるじゃないですか?

 

 

もしかして、私も知らない間にああやって見られてたんかなーって。

 

 

まぁ、私の症例が少しでも医学のお役に立てたなら、いんですけどね。

 

 

 

早く、最終話見たいわー

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1596

ページ上部へ