ホーム>米屋の嫁のひとりごと>自転車>友達の家に呼ばれたよ
自転車

友達の家に呼ばれたよ

毎度、ヒルクライムのレースへの出場を決心したMOYでございますriceball

 

 

ヒルクライムって何?という方のために。

 

 

ヒルクライムとは「こっとし~の春はどこ行こうか~」でお馴染み、

 

 

「春夏秋冬」がヒットしたヒップホップユニットではなく(現在はソロ活動をしている)

 

 

ロードバイクで山などの坂道を登る競技のことです。

(自転車じゃなくても、ヒルクライムっていうらしい)

 

 

今まで何度か一緒に走ったことのある人から「今度、ヒルクライムあるし出えへん?」と誘われたんですが

 

 

多分、二年位前やったら迷わず「出る出るーーーーー!!」って返事してたと思うんですけど

 

 

日一日と衰えを感じる昨今、今回は結構悩みました(「今晩のごはん、何しよー」レベルで)

 

 

一応、レースやし制限時間もあるし、どんな程度の坂なのか斜度を示す%の数字を見ても

 

 

それがいったいどの位の坂なのか全く想像できないし・・・・

 

 

でも、「そんなきつくないで」と言ってくれた仲間の言葉を信じ、

 

 

とりあえず参加することに意味がある!と思い、出場することにしました。

 

 

きっと、もうこんなん出るの最初で最後と思うから、楽しみたいと思います!

 

 

あ、あとみんなでおそろいのサイクルジャージを作ってて、

 

 

きっとそのレースの時までには完成してくるから、それも楽しみです。

 

 

かなり斬新なデザインで、一人で着る勇気はないのでみんなと着たいと思います。

 

 

 

 

さて。

 

 

先日の夕方、近所に住む文通友達が「晩ごはん、食べにこない?」と誘ってくれました。

 

 

小走りで行けば10分とかからない近所に住んでいるのに

 

 

年に数回、お互い手紙を送り合って、近況報告しています。

 

 

前にも一度お呼ばれしたんですが、本当に素敵なおうちで。

 

 

 

 

 

約束の時間、ピンポンを鳴らすと「はーい」って頭に手ぬぐいを巻いたいつものスタイルで出迎えてくれました。

 

 

リビングへ通されると、ほら、もう素敵。

 

 

201961141243.jpgこの照明の感じ。

 

明るいか暗いかしかない我が家では見られない照明具合です。

 

私が座る席にはすでに先付けが(ほんま料理屋さんみたい)。

 

また、窓から見えるグリーンの癒し効果。

 

「なんか・・・・・長野県来た気分・・・」とか意味不明なこと言ってたわ、私。

 

長野県、行ったこともないのに。

 

いや、でもほんと家からめっちゃ近いのに、なんかどっかの山奥に来た気分になるんですよね。

 

そして、今、写真を貼って初めて気づいたんでんすが、この食卓テーブルの椅子4脚

 

全部、違う椅子だった・・・・

 

我が家の、家族分椅子がないからその辺の椅子を適当に混ぜたのとは意味が違う。

 

 

201961141640.jpgこれまたおしゃれなドライフルーツとミョウガときゅうりのお酢のもの。

 

「もうこれだけでずっと飲めるわー」って飲む気満々。

 

とりあえずビールで乾杯。

 

 

 

201961141821.jpg「考えたら、またひき肉料理になっちゃたー」って言いながら出してくれたのはラザニア。

 

そういえば、前回はひき肉たっぷりのボロネーゼだった。

 

家ではほぼ和食、調味料と言えば、お酒、しょうゆ、みりんのワンパターンだから

 

こうやって普段、家で作らないものを食べれるだけで、最高に幸せ。

 

しかも上げ膳据え膳(いや、手伝え)

 

本当にこんなリラックスしていんだろうか・・・って思うこともない位にリラックスしてしまいました。

 

この友人は「人に気を遣わせない気遣い」のできる人なんですよねぇ(いや、気を遣え)

 

思い返したら私、椅子に座ってから帰るまでの約4時間、一回も立ってないわ。

 

今更、ジローごめん・・・って感じやわ。

 

 

 

またこのラザニアが美味しくて。

 

二言目には「店、出したらいいのに!」って言うてた気がする。

 

 

 

 

そして、次に出てきましたのが

 

201961143622.jpgタコスーーーーーーーーーー!!!

 

しかも、私の食べるタイミングでパンとかも温められて出て来るし、

 

このタコスのソース?具?ももちろん手作りやし。

 

ほんま「タコス屋さんしたらいいのに」ってまた言うてた気がする。

 

 

 

あとね、器一つ、調理器具や道具の一つ、どれをとっても素敵でね。

 

何が素敵って、そういう物の一つ一つがちゃんとしっかり暮らしの中で使われてるのがわかるからなんですね

コメンテイターか。はたまた暮らしアドバイザーか。何目線や。偉そうに。

 

 

いや、でもほんとにそう思うんですよね。

 

私なんぞが憧れだけでたまーにいい物とかおしゃれなものを買っても

 

結局、家に馴染まないままただの置物みたくなってるしね。

 

そして、頑張ってる感がないというか(いや、頑張ってくれたんやろうけども!)

 

なんか色々出てきても「きっと、普段もこうなんやろうなぁ」って。

 

私が人とか家に呼んだら、やっぱり張り切って、ちょっと見栄も張るわけじゃないですか。

 

普段、作らないもの作ってみたりね。ほんで、失敗したりね。

 

 

タコス、美味しかったなぁ~ with YO・DA・RE

 

 

 

私が日本酒好きなのも知ってくれてるから、美味しい冷酒も用意してくれてて。

 

201961144454.jpgこの錫の酒器。

 

盗んで帰ろうか思ったわ、素敵すぎて。

 

友達はなんか聞いたことも見たこともない洋酒を飲んでた。

 

 

かなり時間がたってから、しゃべり倒してて自分の声で全然気づいてなかったんだけど

 

ずっと静かにかかってたBGMが変わった曲で、

 

聞いたら「民族音楽」って。

 

民族音楽・・・・・・

 

ほんとに趣味の幅が広い。

 

だって、見た目の物静かなイメージからは想像できないんだけど

 

彼女、パンクも好きで。

 

本も好きだから、おススメの作家さんとかも教えてくれる。

 

それがまた全部おもしろい。

 

 

「ギャップ」ってすごい魅力じゃないですか。

 

彼女の魅力の一つはそれなんだと再確認。

 

出会った当初は絶対そんなこと言う人だとは思わなかったけど

 

下の話とかもするし。

 

でも、それがそんな下品な感じでは全くなく、いつもどこかユーモアがあって知的で。

 

彼女と一緒にいるときっと自分までちょっと賢くなった気分になれて居心地がいいんかな。

 

 

 

最後に手作りのデザートまで出してくれて。

 

20196115622.jpg手作りの寒天!!

 

彼女自ら海でとってきた天草から作った寒天

 

ではないけど、ほんとに美味しかったぁ。

 

 

幸せな休日のひとときでありました。

 

どうもありがとう。

 

 

 

 

 

入った時には気づかなかったんだけど、帰り際にふと玄関スペースに置かれた椅子を見たら・・・

 

 

201961151014.jpg!!!

 

 

椅子の下に、バナーナ!

 

 

「え?なんかのおまじない?」って聞いたら

 

「いや、ただちょっとでも風通しのいい所に置いとこうと思って」って。

 

バナナの置き方までおしゃれやったわ。

 

 

 

ずっと友達でいてね(小学生か)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1598

ページ上部へ