ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>初めて、じーじと。
日々のできごと

初めて、じーじと。

毎度、久しぶりに岩盤浴に行ってきたMOYでございますriceball

 

 

読みかけの本の最後を、一気に読んでしまうのがもったいなくて

 

 

なんか違う所で読み終えたい!って急に思いたって岩盤浴に行くことにしたんですが

 

 

肝心の本を持っていくのを忘れました・・・・・

 

 

てか、アレですかね、

 

 

あのほの暗い岩盤浴の場所で、私の老眼では本はきっと読めなかったですよね。

 

 

汗と湿気で本がヨレヨレになるのは別に良かったんですけど。

 

 

あー、読書はほんとに楽しいなぁ

 

 

また改めて書きたいと思いますが、今読んでいる本は680円なんですけど

 

 

たった680円でこんなにワクワクさせてもらえるんですから

 

 

本って安いですよね。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

ちょっと前のことなんですけど。

 

 

信夫と、あ、じーじと、そう舅と初めて二人きりで食事に行ってきました。

 

 

その日はたまたま父の日で(えぇ、忘れていました)

 

 

昼間に久しぶりに自転車に乗りに行ってまぁまぁ疲れて夕方帰宅して

 

 

夫も娘もいなかったので、じーじと自分の分だけのごはん支度をするのが面倒だなーって思っていたら

 

 

テレビで「父の日」ということを知り、「あ、これや!」と思いまして

 

 

「父の日」にかこつけて、じーじを食事に誘いました。

 

 

「父の日」だから、とは言わなかったんですけどね。

 

 

じーじはてっきり娘でも一緒に行くんやと思ったらしいんですが

 

 

私と二人だけだと知り、「それやったらええわー。なんかあるもんで食べよ」と

 

 

嫁と二人の食事会に恐怖を感じたようでしたが

 

 

こんなことでもないともう二度とじーじと二人きりで食事行くことなんかないかも・・と思い

 

 

無理やり、着替えさせ、無理やり、食事に行きました。

 

 

近所の和食のお店に行ったのはいいんですが

 

 

じーじはめっちゃ少食なので、案の定・・・

 

 

最初のお通しとお造りを食べただけで

 

 

「お父さん、もうおなか一杯や」と。

 

 

 

 

うそん。

 

 

 

「なんかもう一品位、食べたら?」と言うと

 

 

メニューを眺めて「お!鮎、食べよかな」と。

 

 

2019624232215.jpg鮎を食べ終えると

 

 

じーじは小声で「もう、あかんわ。先、帰るし、あんたゆっくり飲んどき」と。

 

 

 

 

うそん。

 

 

じーじはそそくさと帰っていきました。

 

 

びっくりする位に少食なじーじにとっては、外食はほんと苦手のようです。

 

 

まぁ、でも短い時間だったけど、じーじと食事ができて良かったです。

 

 

特に何を話したってわけでもないんですけどね。

 

 

実は最近、じーじとの関係性があまりよろしくなくてですね。

 

 

私が一人勝手にイライラしていたんですけどね、

 

 

一つ屋根の下に暮らしていて、ムスッとしていては毎日気が重いので

 

 

それもあって、いったんちょっと気持ちをリセットしようと思い、じーじを誘いました。

 

 

上田に嫁にきて二十数年、じーじと二人だけで外食したのは初めて。

 

 

これもいつかいい思い出になるでしょう。

 

 

 

 

翌朝、台所に立つ私にじーじが

 

 

「昨日はごっつぉーさん。父の日やし、連れてってくれたんやろ」と言いました。

 

 

わかってたんかい。

 

 

「忘れててん」とは言えず・・・・・笑

 

 

来年の父の日は忘れないようにするから、元気でいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1604

ページ上部へ