ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>680円(税別)
日々のできごと

680円(税別)

毎度、遅ればせながら、やっと、やっと

 

 

PayPayの申し込みをしたMOYでございますriceball

 

 

お店で使えるようになるまでには10日位かかるみたいなので

 

 

もう少しだけお待ちくださいませ。

 

 

今日、PayPayの人が説明に来てくれて(PayPayの人て)

 

 

その場で串かつ屋の登録をしたんですが

 

 

個人的にもPayPayを入れてなかったので、夫婦でアプリをインストールしたんですが

 

 

それすらやり方がよくわからなくて、PayPayの人に教えてもらいながらなんとか。

 

 

初めてスマホを持つおじいちゃんおばあちゃん状態でした。

 

 

それにしても、今日来てくれたPayPayの人、

 

 

なんだかめっちゃ面白かった。

 

 

ギャグとか言いまくるTHE面白い人!っていうんじゃなく、説明とかは的確で、

 

 

しっかり仕事もしているのに、時々ボソッと言う一言が面白くて

 

 

人当たりもよく、こういう人は営業向きなんだろうなーって思いました。

 

 

 

 

 

 

さて・

 

 

この間、書いていた本の話です。

 

 

早く先を読みたいけど、読み終えてしまうのがもったいない・・・って思う本に久しぶりに出会った。

 

 

なんかね、恋しい人とのデートを待ちわびるような(何、言うてんねん)

 

 

早く会いたい、、、、でも、会ってしまったら、また次いつ会えるか・・・

 

 

そんな気持ちにさせてくれる一冊でした。

 

 

最後を岩盤浴で読まなくて良かったって思いました。

 

 

読み終えた後もしばらく余韻に浸っていたので、岩盤浴で読んでいたら

 

 

きっと脱水起こしてたと思われます。

 

 

裸で救急車とか絶対嫌ややわ。

 

 

せめて、ホタテ貝を(武田久美子)

 

 

せめて、ふんどしを(宮沢りえ)

 

 

 

あ、すんません。

 

 

好きな作家さんの一人、原田マハさんの一冊です。

 

 

新刊ではないです。

 

 

2019625165222.JPG

あんまり書くとネタバレになっちゃうんで書きませんが

 

もう、とにかく良かった。

 

私、絵画とかのアートって正直、あんまり興味ないんですけど

 

この本を読んでいる最中から、もう、この本の軸となる絵を見たくてたまらなくなりました。

 

ニューヨークの近代美術館(MoMA)に展示されているらしいんですが

 

絶対、生きている間に、見に行こう!って思いました。

 

 

 

ここの書かれていることがどこまで史実なのか、作家さんによるフィクションなのかわかりませんが

 

もう、そんなことはどうだっていい!ってなりました。

 

史実だとしたらすんごい興奮することだし

 

フィクションだとしたら、それはそれで、ほんまに作家さんってすごいなーって。

 

 

 

 

でも、私が一番言いたいことは。

 

 

 

本、安い。

 

 

 

この本はちなみに680円(税別)

 

 

こんなにワクワクして、心躍らせ、震わせてくれるのに

 

 

680円って・・・

 

 

うちやったら<生ビール一杯と串かつのししゃも・豚バラ・しいたけ>で680円。

 

 

それで、お客さんをそれだけ感動させられますか?って話です。

 

 

 

さ、NY行くための積み立てを始めよう!!

 

 

 

 

 

私信→→→ボブ、ブログ読んでくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1605

ページ上部へ