ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>愛宕山千日参り~その③
日々のできごと

愛宕山千日参り~その③

毎度、ひっさしぶりの健康診断で自分のヘタレ加減を改めて再認識したMOYでございますriceball

 

胃カメラなんて・・・

 

拷問でしかない・・・

 

 

それにしても私の胃、めっちゃキレイやったわぁ。

 

生でもイケるんちゃう?ってくらい(ホルモンか)

 

その胃の画像がこちらです↓↓↓

 

 

 

 

 

 

あ、ないですよ。

 

 

すみません。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

愛宕山のつづきに入る前に、今、お店の工事の関係で断水中なんですけど

 

ほんっとに「水」って大事ですね。

 

水に限らず、電気もガスもやけど

 

普段、当たり前のようにジャージャー使ってますけど

 

断水中に何回も蛇口動かしては「あ、出ないんやった・・」ってなって

 

ほんまに今更ですけど、普通の生活ができるありがたみを噛みしめておる次第です。

 

 

 

はい、愛宕山です。

 

登頂したと思ったのも束の間、

 

「あと階段200段」と聞いて膝が爆笑してました。

 

気合を入れ直して、階段へGO!!

 

201986161432.jpg201986161525.jpg20198616167.jpgちょっとわかりづらいですけど、なんか儀式も行われていました。

 

 

 

そして、やっと、やーーーーーと

 

201986161734.jpgてっぺんのお堂に到着!!

 

 

あーーー、しんどかったーーーーーー

 

最初はどうなることかと思ったけど、みんなで無事に登りきることができました。

 

みんなでお参りして、お神酒まで頂いて、休憩。

 

20198616200.jpg伏見の蔵、神聖さんのお酒がふるまわれていました。

 

この一口が美味しかったぁ。

 

20198616232.jpgふもとで買った玄米おにぎり。

 

滋味深い味わいで美味しかったです。

 

201986162411.jpgそして家から冷やして持ってきた泡。

 

ハーフボトルなんで四人で分けたらほんまコップに半分ずつ位でしたけど

 

酔っぱらって下山するのは危険なので、この位でちょうど良かったです。

 

冷え冷えで美味しかったぁ。

 

 

トイレや着替えを済ませ、下り始めたのは10時45分頃。

 

下りは楽勝だろうと思っていたら・・・

 

まぁ、下りもしんどかったぁ。

 

ぬかるんでる箇所も所々あったから滑りそうやったし、

 

ずっと足に力を入れっぱなしやったんで

 

「足がつる寸前」状態がずっと続いてた気がする。

 

登りと同じように何度か休憩を挟みながら、

 

さっきは「おくだりやすぅ~」って言ってたのを、

 

今度は「おのぼりやすぅ~」に言い換えてひたすら下ります。

 

 

 

下山はまた違う意味でほんまにしんどかったわ。

 

結局、登りと同じだけの時間をかけて下山。

 

無事に下山したのは深夜1時前でした。

 

 

そして、ほんまにありがたいことにというか

 

とんでもなく申し訳ないことに、なんとまた友達の旦那さんが

 

深夜にも関わらず、仕事用の黒塗りの高級車で迎えに来てくれてまして

 

汗だく泥だらけの私たちを乗せて、各家まで送り届けてくれました。

 

ほんっまにありがとうございます。

 

 

 

 

 

家に帰って、ソッコーお風呂に入り、死んだように眠って、翌朝・・・・・

 

 

あれ?

 

 

筋肉痛がない・・・

 

 

絶対、ひどいことになる思って覚悟してたのに、案外、私元気やな

 

 

まだまだイケそうやな、私

 

 

 

 

 

 

 

って、思ってたのも、その日だけ。

 

 

翌日、下半身が死んでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

想像してたよりしんどい山だったけど、

 

みんなで登れて楽しかったーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1618

ページ上部へ