ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>頭が爆発しそうになった話。
日々のできごと

頭が爆発しそうになった話。

毎度、何回も言いますけど自分の老眼加減にびっくりのMOYでございますriceball

 

 

昨日の夜、薄暗い雰囲気のいいお店に食事に行ったんですけど

 

 

「仕事帰りのお化粧の崩れたOLさんでもキレイに見える」というコンセプトの照明らしいんですが

(ほんまかどうか知らんけど)

 

薄暗いを通り越して、ほんまに足元が見えない位の暗さなので

 

私がサービスする側の人間やったら絶対一時間に一回はつまづいたり

 

なんかこかしたり、サービスするテーブルを間違ったり

 

トラブルのオンパレードやろなーと思いながら、美味しく食事を頂いたんですが

 

ドリンクメニューを渡されても、文字が小さい上に暗いので

 

ほぼ読むことができず、結局「おまかせします」を通しました。

 

今度、あのお店に行くときはヘッドライトをつけていこうと思います。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

三日間の休みも今日が最終日。

 

 

台風も来るってことで(今は嘘みたいに静か)、朝の内に買い物などを済ませました。

 

 

そして、ここ二週間ほど「やらな、やらな」と思いつつ、手を付けずにいたことに着手。

 

 

昔はやらなあかんことはとっとと済ますタイプやったのに、

 

 

いつから私はこんなギリギリ人間になってしまったのだろう・・・

 

 

やらなあかんかったこと、それは「paypayの消費者還元事業の申し込み」

 

 

これは、消費税が10%に引き上げられる10月から9か月間、

キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です(そーなんやー)

 

 

商売しててこんなん言うたらあかんのかもしれんけど

 

ほんまにこういうことに全く疎い私なので、

 

キャッシュレス決済を導入するだけでも大ごとで。

 

でも、最初の導入自体はもう「営業マンの鏡か!」っていう位の的確な説明とユーモアのある方が

 

来てくれて親切丁寧に教えて下さったので、思ってた以上に簡単にできたんですが

 

今回の「消費者還元事業の申し込み」は自分で入力をしなあかんくて

 

しかも入力画面も数ページに渡ってあるので、ある程度まとまった時間を確保して挑まなあかんくて

 

それも、ギリギリまでできなかった(いや、やらなかった)理由の一つです。

 

 

 

でも、早よ申し込みせんと10月に間に合わないよーって知り合いが教えてくれて

 

このお盆休みでやらなければ!!と決めていたのです。

 

いざ、申し込み専用のメールを開き、入力スタート。

 

のっけから、paypay申し込み時に作ったメールアドレスがわからない。

 

どっかをなんかしたらわかるんやろけど、調べ方がわからない。

 

こういうの控えておかないとあかんって頭ではわかってるんやけど

 

それができない私はほんまに何か欠落してるんやろなっていつも思う。

 

早速、専用窓口に電話をかけてる。

 

なんとこの専用電話、365日24時間対応なんです。

 

びっくりやわ。

 

でも、きっとすぐつながらんのやろなー

 

音声ガイダンスでボタン押したりして、時間かかるんやろなーって思ってかけてみたら

 

めっちゃすぐほんまの人が出た!(ほんまの人)

 

そして、無事メールアドレスを教えてもらい、入力。

 

次の画面へ・・・

 

今度は書かれている文章の意味がわからない。

 

適当でいいかーとか思うも、「後から訂正はできません!」とか赤い太字で警告のように出るから

 

適当に入力もできず、結局また専用窓口に電話をかける。

 

その後も次の画面に進むたびに、「はい」「いいえ」とかで答える問いが

 

なんかひっかけ問題みたいな書き方をしてるものもあって

 

あまりに意味がわからなくて、声に出して読んでみたりしてる内に

 

段々、おかしくなってきて、一人でヘラヘラ笑ったりしてました。

 

日本人なのに日本語が理解できないってどういうことでしょう。

 

単に私がアホなんやろとは思いますが、

 

意味がわからな過ぎて、頭がパッカーーーーンって割れそうになりました。

 

結局、ほんの30分ほどの間に4回も電話をかけてしまい

 

最後の方には「もう何度もかけているので、すみませんが入力が終わるまで付き合って頂けますか?」って言ったら

 

「あー、はい(クスッ)」ってとても快く引き受けてくださいました。

 

きっと、私と同じような人がたくさんいるんだと思います。

 

どの方もとても親切だったのがせめてもの救いで

 

これで対応が悪かったら、もう心が折れて断念していたと思います。

 

 

 

 

そして、無事、最後の入力をして、無事完了。

 

「申し込み受付完了」の文字を見た時は倒れこみました。

 

結局、2時間近くかかりました。

 

非常に疲れました。

 

きっと普通はもっと簡単にできると思います。

 

私だからこんなに面倒なことになるんだと思います。

 

 

 

 

 

それにしてもほんとにどんどん時代についていけなくなってる気がします。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1622

ページ上部へ