ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>9月でっせ。
日々のできごと

9月でっせ。

毎度、センスがある人が羨ましいMOYでございますriceball

 

昨日会った友達が珍しくイヤリングをしていて。

 

それも片方だけ。

 

「かわいい!」って言ったら

 

「作ってみたの」って。

 

20199216727.jpgしかも、これ何からできてると思います?

 

 

 

 

 

 

チチチチチチチ・・・・・・

 

ブッブーーーーーーーッ!!

 

 

正解は「洋服のタグ」

 

 

確かに洋服についてるタグって丈夫な紙でできてるのが多いし

 

デザインもかわいいのあるけど

 

それを見て「あ、イヤリングにしよ!」って思いつくセンス、私には皆無だわ。

 

写真では脱いでますけど、彼女キャップも被ってて

 

そのキャップと片方だけのイヤリングのバランスが絶妙で

 

こういう人がほんとのおしゃれさんなんやなぁって羨ましく思いました。

 

今度からタグ、とっとこ(すぐ真似る)

 

 

 

さて。

 

 

もう、びっくりですよね、そこの奥さん。

 

 

世間では9月らしいですよ!

 

 

いつも新しい月になって数日してからカレンダーを破ったりするので

 

 

今月は早めに破っとこうと8月の最終日に破っておいたんですが

 

 

今朝、まだ破ってないと勘違いしてもう一枚破ってしまいました。

 

 

我が家のトイレのカレンダーは一気に10月に(9月早かったわー)

 

 

恐ろしい速さで今年も終わるわ。

 

 

あ、ちょっと串かつ屋に、お酒届けてきますね。

 

 

すぐ戻ります。

 

 

 

 

******************

 

 

あ、ただいま。

 

 

昨日、北海道に住む叔母から手紙が届きました。

 

 

ちょっとクセのある字で、すぐに叔母からだとわかります。

 

 

201992164310.jpg叔母は苫小牧という町で一人で暮らしています。

 

最後に会ったのはもう随分前のこと。

 

姉にあたる私の母がいる旭川へも、足の悪い叔母はもう何年も行けてないとのこと。

 

叔母は毎年、暑中見舞いのハガキをくれます。

 

いつもなら私もすぐに返事を送るのですが、

 

今年は出そう出そうと思いながら、暑中見舞いの時期も過ぎ・・・・

 

返事が遅くなったお詫びも兼ねてちょっとしたお菓子と共に手紙を送りました。

 

するとまたお菓子のお礼の手紙がこうして届きました。

 

 

 

 

叔母は元々絵を書くのが好きで、私も小さいころは似顔絵なんかを書いてもらっていたのを

 

うっすらと覚えています。

 

手紙にも「絵描きになりたかった」と書いてありました。

 

こうしてマメに手紙をくれる叔母は文章も上手で

 

「文章を書くのが好きな園子ちゃんはきっと私に似たのでしょう」と。

 

本当にそうかもしれません。

 

「京都に遊びに行きたいけれど、足が痛くて・・・」とも書いてあり

 

長いこと会っていない間に叔母もすっかり年をとったのだなぁと寂しくなりました。

 

 

 

つい先日も、母と叔母の話になり「もう75だからね」と聞いてびっくりしました。

 

母の妹なのだから、その位の年齢になっていて当たり前なのですが

 

私の中での叔母は年をとってない昔のままの感じでした。

 

 

 

会いたいなぁ。

 

会って、また似顔絵を描いてもらいたいです。

 

 

 

 

あ、なんだかしんみりしてしまった・・・・

 

もう9月ですからね。

 

串かつ屋のおでんも、そろそろ始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1626

ページ上部へ