ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>日本酒のこと、ちょっと真面目に書いてみました。
日々のできごと

日本酒のこと、ちょっと真面目に書いてみました。

毎度、お店のものを買いにホームセンターに走ったものの、

 

着いた途端、何を買いに来たのか忘れて途方に暮れたMOYでございますriceball

 

 

あれ、不思議ですよね。

 

 

着いた途端、忘れません?(あたしだけ?)

 

 

例えば、スーパーでも

 

 

行くまでは「アレとー、アレとー」って思ってるのに

 

 

スーパーに一歩入った途端、「え・・・・なんやった?」ってなる(笑)

 

 

結局、買うものは思い出したものの、買って帰ったら形状が合わなくて無駄足だったっていう・・・・

 

 

ほんまにしっかりせなあかんで。

 

 

 

さて。

 

 

ただの飲んだくれと思われているであろう私ですが、

 

 

たまには真面目に日本酒について語ろうと思います。

 

 

今宵は真面目です(飲んでるけど)

 

 

今日は日本酒の開封後からの味の経過について書いてみたいと思います。

 

 

普段、あまり日本酒を飲まれない方は「開けたて」が一番、美味しいと思ってる方も多いと思います。

 

 

実際、私もそう思っていました。

 

 

なんとなく「開けたてはフレッシュ!」みたいな、ね。

 

 

自分がお店でお酒を頼んで、それが封切りだったら「ラッキー!」みたいな。

 

 

でも、違うんです。

 

 

いや、違うんです、と言い切る自信もないんですけど

 

 

「開けたてが一番、美味しい」ということはないということです。

 

 

開けたてが美味しいお酒もあるとは思いますが

 

 

開けてから数時間、数日たった方がはるかに美味しくなるお酒もあります!!

 

 

こんな経験はありませんか?

 

 

飲食店で「めっちゃ美味しーーーーーーー!!!」っていうお酒に出会って

 

 

いざ、自分で買って家で飲んでみたら・・・・・

 

 

「あれ・・・・・???」ってなったこと。

 

 

もちろん、それは開封後の経過時間だけではなく、温度帯、保管法、一緒に食べたもの、雰囲気等々

 

 

要因はいくつかあると思いますが、例えば一升瓶。

 

 

家で一升瓶を開けて、一日に約一合半飲んだとして飲み切るまでに一週間かかったとしましょう。

 

 

最初に封を開けた時の味と、一週間目の味は明らかに違います。

 

 

もっと言えば、一日目、二日目、三日目・・・・すべて違います。

 

 

お酒によってももちろん違いますし、人それぞれ好みもありますので

 

 

どれがいいとかいつが美味しいということは一概に言えませんが

 

 

私はほとんどのお酒が「開けたて」より「数日」たった方が美味しいと感じることが多いです。

 

 

もちろん好みですが。

 

 

先日、二夏越えのひやおろしを飲みましたが、開詮した日より翌日、翌々日の方が美味しかったです。

 

 

ただでさえ二夏も越えているのに、です。

 

 

 

 

一番、わかりやすい例でいうと、これは「私あるある」ですが

 

 

家飲みをしていて、途中で眠たくなって寝てしまうことがあります。

 

 

深夜2時、3時、ハッと目が覚めます。

 

 

ちゃんとベッドで寝ようと思って、ふとテーブルの上を見ると

 

 

お猪口に飲みかけのお酒が一口残っています。

 

 

もったいないので飲みます。

 

 

びっくりする位、水臭くて美味しくない。

 

 

そんなことが多々あります。

 

 

時間の経過と共に美味しくなることもあると書いておいて、矛盾しているようですが

 

 

これはお猪口に放置したお酒が空気に触れすぎて酸化し、悪い方に味が変化してしまった例です。

 

 

2019924192958.jpgワインのことはよくわかりませんが、いいワインを空気に触れさせて味わいを深めるために

 

グラスに注ぐ前にデキャンタすることがありますよね。

 

日本酒も同じで、例えば写真のようにチロリに一旦移し替えてから

 

お猪口にそそぐ、それだけで味は変わります。

 

大まかにいうと、角がとれて丸くなります。

 

 

 

 

一応、私は唎酒師の資格を持ってはいますが、こんなものは

 

配布されるテキストをある程度勉強して、後は受験料さえ払えば大抵は取れます。

 

なので、「わたし、利酒師です!」とは恥ずかしくて言えません。

 

だって資格なんかなくても私よりもっと知識もあって、詳しい人はいっぱいいるので。

 

なので、私は「なんちゃって唎酒師」と言っています。

 

堅苦しいのは嫌い、気軽に日本酒を楽しんでもらいたい、

 

でも、「こう思うよー」ってことはある程度伝えたい、

 

そんな感じでやっていきたいと思っています。

 

 

 

 

それにしても、ちょっと涼しくなっただけで、なんてお酒の美味しいこと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1635

ページ上部へ