ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>嫁姑
日々のできごと

嫁姑

毎度、昨日の朝、バッグの中から食べかけの手羽先が出てきて驚いた徳利のソノコですbottle

 

色々、事情がありまして(バッグから手羽先が出てくる事情って何?)

 

詳しくは聞かないでください(ほな書くな)

 

私も50年近く生きてきて、それなりに色々経験はしてきましたが

 

バッグから手羽先が出てきたんは初めてです。

 

バッグから手羽先が出てきたから11月18日は手羽先記念日

 

サラダ記念日みたいに。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

月に一度、連休を頂いておりまして

 

 

昨日と一昨日はお休みを頂いてました。

 

 

結局、昨日は朝から買い出しに行って、ほぼ厨房におりましたけどね。

 

 

それでも、気持ちはゆったり過ごせました。

 

 

休み前の土曜日はオープン以降で一番忙しかったように思います。

 

 

最近は一人でやっているんですが、バタバタはしましたが何とかできて

 

 

満席でもどうにか一人できるかな、と少しだけ自信がつきました。

 

 

日曜日は朝から母を迎えに病院へ。

 

 

私より女子力の高い母は髪型などをとても気にするので、

 

 

時々外出許可をもらって美容室へ行きます。

 

 

新しくなったお店もずっと見たがっていた母、お店のトイレが広いことを褒めてくれました(笑)

 

 

美容室の予約の時間まであまり時間がなかったので、お昼はお店にあったお惣菜を何品か出して

 

 

母に食べてもらいました。

 

 

20191119132232.jpg超粗食。

 

 

久しぶりの自宅やのに、お母さん、ごめん。

 

 

20191119132349.jpgごはんを食べながら、母が私の作ったものに一つ一つダメ出し。

 

「これは、ちょっと辛いな」

 

「これは、固いな」

 

私「そ、そうか・・sweat01(ちーーーーん)」

 

私、苦笑いしながらも、思いました。

 

 

 

「あぁ、母はやっぱりずっと母で、私はずっと嫁なんだなぁ」と。

 

病気になってもう二十年以上たって、料理好きだった母がおだいどこに立たなくなって

 

もう長いことたちますが、こうして私が作ったものに、ズバズバ意見をいうあたり

 

まだまだしっかりしてるし、なんていうか、うまい言葉で言えないけど

 

介護したり私が手を貸すことは増えたけど、そういうこととは別に

 

母は母なんだと、改めて感じた一日でした。

 

美容室にいる間も、「背中にクッションを入れて」「背中のクッションを取って」

 

「ジュースを飲ませて」「姿勢を直して」等々、注文が多く(笑)

 

私はその度に母の元へ。

 

付き人みたいやなぁーと思いました(笑)

 

 

 

母が病気になって、本人はもちろん、家族も色々大変でしたが

 

母が病気になったことで、色々経験したし、色々考えたし、色々感じて

 

私の人生にとって母の存在が大きいことは間違いなく言えることです。

 

 

綺麗にパーマをかけてもらって、ご機嫌で病院に戻りました。

 

 

 

 

二日お休みを頂いて、パワー充電できました!

 

今日19日は19時以降は満席となっております。

 

ありがたいことです。

 

頑張ります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1653

ページ上部へ