ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>料理について
日々のできごと

料理について

毎度、甘いものの摂取が止まらない徳利のソノコですbottle

 

 

あかん・・・・

 

 

このままでは糖尿になる。

 

 

うちは糖尿家系なんで私も気をつけなければ。

 

 

いや、甘いもの=糖尿ってわけでもないのか?

 

 

知らんけど。

 

 

とにかく最近の私は間違いなく甘いものを食べすぎなので、気をつけます。

 

 

 

 

さて。

 

 

先日、ご来店頂いたお客様からお祝いに額を頂きました。

 

 

あ、額って言うても、額だけちゃいますよ(わかるわ)

 

 

絵を頂戴したんですね。

 

 

その絵がまたサイコーで。

 

 

ちょっと今、パソコンの不具合により画像がアップできないもので

 

 

その絵の画像を載せることができないのが残念なんですが

 

 

お客様曰く、「ブログに載っていた園子さんの笑った顔が良かったから」と。

 

 

もしや、、、、、あの顔?とピンときました。

 

 

20191122153742.jpg

 

これ(笑)

 

(あ、以前に使った画像はアップできるんです)

 

 

依頼した絵描きさんにもこのブログを見てもらって

 

これを参考に描いてもらったみたいで、ほんま

 

似てる。

 

ほんま福が来るようないい絵なので、いい場所に飾ろうと思います。

 

お店にきた際は是非、見てくださいね。

 

 

Tさん、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

あ、このまま終わるとこやった。

 

 

料理の話でした。

 

 

結婚して25年、毎日包丁を握ってきましたが

 

 

今が一番真剣に、そして楽しく料理をしている気がします。

 

 

言うても私なんて「料理人」なんてもんじゃまだまだなく

 

 

「これどやって作るの?」なんていう難しいものや

 

 

「どこの国の料理?」なんて珍しいものも作れてはいませんが

 

 

やっぱり「美味しい」と言って頂きたいし

 

 

お金を頂く以上、お店をしている以上、美味しいものを提供しなければいけないし

 

 

それは毎日プレッシャーでもありますが、

 

 

お客さんが「美味しい」とか「うまっ」って言ってくださっているのが耳に届くと

 

 

それはもう、何にも代えがたい喜びで、それが私のエネルギーとなっているのは間違いないです。

 

 

日々勉強、日々挑戦、日々反省、、、、

 

 

実家にいた頃、母が作ってくれたごはん、

 

 

京都に来てから義母が教えてくれた味、

 

 

子供たちに作ったお弁当、

 

 

25年家族に作ってきたもの、

 

 

それが全て今に繋がっているんだなぁと思います。

 

 

家族のごはんを作ってきた日々は、正直、楽しさより「めんどくさ・・・」って思う方がおおかった(ごめん)

 

 

でも、それでも作らなきゃいけないわけで。

 

 

だけど、そんな日々も今に繋がっているんだし

 

 

やっぱり人生無駄なことなんてないなー。

 

 

今日は「お酒は飲めないけど、ごはん食べにきてもいい?」ってご近所のご年配のご夫婦が来てくださいます。

 

 

愛を込めて、ごはん炊きまーす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1655

ページ上部へ