ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>一ヶ月たちました。
日々のできごと

一ヶ月たちました。

毎度、ほろ酔いでポチッたフリースが届いて、よく見たらパッチもんやって大笑いした徳利のソノコですbottle

 

 

ちょっとまだ画像が載せれないのが非常に残念なんですが・・・

 

 

数週間前に、仕事終わってから軽く飲んでほろ酔い状態の時に

 

 

通販サイトでポチッとした商品があるんですね。

 

 

某アウトドアブランドのフリースで、色が可愛かったもんで。

 

 

でも、値段がめっちゃ安くて。

 

 

なんやろ、古着なん?アウトレット?訳あり商品??とか気になりつつも

 

 

酔うてたもんで、あまり深く考えんと購入。

 

 

それから一週間がたち、二週間がたち・・・

 

 

届かない。

 

 

クレジット決済も確かに済んでいるし、遅いなぁ・・・と思っていたら

 

 

三週間過ぎた頃にやっと届いたんですね。

 

 

どうやら海外の通販やったらしく、まず、梱包が粗雑(笑)

 

 

ゴミ袋みたいなんに入ってきた。

 

 

嫌な予感を抱えつつ開けて見たら・・・

 

 

商品がめっちゃ軽い(笑)

 

 

いくらフリースと言っても、異常な軽さ。

 

 

そして、手に取った時の異常な薄さ。

 

 

胸のロゴを見ますと・・・・

 

 

まさかの・・・

 

 

 

 

「potoganio」

 

 

 

ポトガニオやったわ。

 

 

そら安いはずや。

 

 

だから酔って通販サイト見たらあかん。

 

 

でも、もったいないしたまに着てるかもしれないんで、見かけたら指さして笑ってください。

 

 

 

 

さて。

 

 

「徳利と杓文字」をオープンして一か月がたちました。

 

 

あっという間の一か月でした。

 

 

オープン直後よりもしばらくたってからの方が忙しい日が多く

 

 

数日前もオープン以降一番忙しかったんですが、満席でも一人でなんとかできる時と

 

 

もう、わちゃーってなってしまう日があって、

 

 

その「わちゃー」の日は、また出し巻きがどうしてもうまいこと焼けず

 

 

ほんまスクランブルになってました。

 

 

あれ、なんなんですかね。

 

 

温度ですかね。

 

 

メンタル的なことですかね。

 

 

途中でスクランブルをいったんお皿にあけて、深呼吸して落ち着いてから再度やってもダメで

 

 

最終的には、注文してくれたんが親戚やったんで「すまん、お代は要らんし食べといて!」と出しました(出したんかい)

 

 

とにかく一ヶ月、早かったー

 

 

よかった、一ヶ月はお店潰れなくて。

 

 

一日、一日、一週間、一ヶ月、一年を積み重ねて

 

 

気づいたら「ワシも、もう90じゃ」って言いたい。

 

 

ほんで90位になる頃には、目瞑ってでも出し巻きたまご巻けるようになっていたい。

 

 

ほんで「目瞑って出し巻き巻く最高齢ギネス」に挑戦して、成功して

 

 

ギネスに名前残して死んでいくわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1656

ページ上部へ