ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>豚汁と粕汁。
日々のできごと

豚汁と粕汁。

毎度、聖子ちゃんの「秘密の花園」を聞きながらパソコンに向かっている徳利のソノコですbottle

 

きっと「聖子ちゃん」は70歳になっても、

 

80歳になっても「聖子ちゃん」なんやろなー

 

~私のことを口説きたいなら三日月の夜~

 

ひゃー

 

口説かれたいわ、三日月の夜に

 

~ほかの子に気を許したら 思いきりつねってあげる~

 

つねるって、あんまりしないですよね、日常生活で

 

します?

 

蹴るか叩くかじゃないですか?(あかん)

 

 

 

 

さて。

 

 

今日は大荒れのお天気。

 

朝から急に雨やらあられふってきたー!って思ったら

 

ピタってやんで、晴れてきたり。

 

風も強いし。

 

変なお天気。

 

まるでアップダウンに忙しい私の心のようでございます。

 

本題に入る前に、ブログではお知らせし忘れていたことが・・・

 

 

 

実は、

 

 

 

この度、

 

 

 

わたくし、徳利のソノコ、

 

 

 

とうとう、、、

 

 

 

いや、かなり悩んだんですけどね、

 

 

 

でも、先々のことも考えると

 

 

 

思い切ってですね、

 

 

 

いや、でも、ほんまに悩んだんですよ、

 

 

 

いやー、でもね、

 

 

 

 

 

あ、すんません、長いですね、

 

 

言います!

 

 

 

 

 

お休みを一日増やしました!!

 

 

202035161118.jpgお知らせが遅くなってすみません。

 

月に二回の連休を頂くことにしました。

 

「皺が増えて」というのは、まぁ冗談でもないんですが(ないんかい)

 

こんな感じでやっていこうと思いますので、宜しくお願い致します。

 

 

そして、本題に入る前にもう一つ。

 

202035161450.jpg今日、ドラッグに行ったら、普通にティッシュとかトイレットペーパー売ってましたが

 

もし、少しでも足しになれば、ご自由にお持ち帰り下さい。

 

お米屋時代の景品のティッシュが結構たくさん残ってましたので。

 

「お店は影響ない?」とご心配の声を頂きますが

 

お陰様で、と言っていいものかどうかわかりませんが

 

今のところそう影響はない感じです。

 

もうこうなってくると何が正しい情報なのかほんとわかりませんが

 

とりあえず気を付けられることは気をつけて、

 

ごはんを食べて、しっかり睡眠をとって。

 

 

 

 

やっと、本題です。

 

本題いうほどのものじゃないですけどね。

 

しかも、これ前にも書いた気がしないでもないんですが、ダブってたらごめんちゃい。

 

 

 

 

豚汁と粕汁。

 

まぁ、もちろん地域やご家庭によって、具材は違ったりすると思いますが

 

私の中では「豚汁」と「粕汁」は全く別物だったんですね。

 

豚汁は・大根・人参・ごぼう・お豆腐・玉ねぎ・豚バラ・おあげ・ねぎ

 

こんな感じでしょうか。

 

そして、これにお味噌を溶いたもの。

 

一方、粕汁は私の中では上田の母が作っていた粕汁が基本です。

 

多分、粕汁って実家ではあんまり食べたことがなくて

 

お嫁に来てから「はぁー、こういうものか!」って思った気が・・・

 

そんな上田の母の作っていた粕汁は

 

・大根・人参・油揚げ・鮭・ねぎ

 

こういう具材だったんです。

 

京都に来てからも、外食で粕汁を食べることってほとんどなくて

 

私の中では家の粕汁が一般的とずーっと思ってきたんですが

 

 

 

徳利と杓文字を始めて、季節が寒い季節だったので

 

定番ではありませんが、時々「豚汁」や「粕汁」を作っていたんですが

 

ある時、両方作ってメニューに書いてあったことがあって。

 

そしたら、あ、いや、ちょっと待って

 

なんかめっちゃ長々書いてるけど、ほんましょーもない内容ですよね(今さら)

 

ごめんなさいね

 

みなさんの貴重な時間を。

 

速読で流し読んで下さいね。

 

続けますね。

 

 

そう、ある時、豚汁と粕汁を両方出していたんです。

 

そしたら、あるお客さんが

 

「豚汁と粕汁、両方あるけど、何が違うん?」っていわはって。

 

「え?」ってなりますよね、私的には。

 

「トンジルトカスジル、ナニガチガウ?」

 

どこの星からいらっしゃったのかな?ってなりますよね(失礼か)

 

 

びっくりして、「え?どういうことですか?」って聞き返したら

 

 

「だって、豚汁に粕いれたんが粕汁やろ?」って。

 

まぁ、びっくりしました。

 

天地がひっくりかえるほどに。

 

尻もちついて、尾てい骨を粉砕骨折するほどに。

 

目ん玉がきよし師匠になるほどに。

 

 

その方いわく、「豚汁と粕汁は具材が一緒で、豚汁に酒粕を溶いたものが粕汁」と。

 

そうするとカウンターのお客さん同士で、その話題で持ち切りになり

 

「確かにほぼ一緒やなー」とか

 

「鮭入ってるのは初めてだった」とか

 

まぁ、多少の具材の違いはあれど、豚汁と粕汁はほぼ一緒っていう意見が多くて。

 

それから、粕汁を作る時は豚汁を作ってから、酒粕を溶くようにしている私です。

 

唯一、鮭だけはやっぱり外せないので、入れてますけど。

 

 

そんなわけで、今夜は粕汁作ってます。202035164126.jpgあったかい日が増えてきて、今期はもう作らないかなって思ってたんですが

 

今日はとても寒いので。

 

豚粕汁、と命名しよう。

 

 

 

最後に、この間の一枚。

 

20203516432.jpg両端の男性は、数年前の私のラジオを聞いてくださって以来のお客様で。

 

そして、丁度この日、A子も来てくれてたんですが

 

考えてみたら、ラジオの話を持ってきてくれたんはA子で。

 

ご縁に感謝です。

 

 

 

長いダラダラの文章に最後までお付き合い、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1683

ページ上部へ