ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>聖子ちゃんカット
日々のできごと

聖子ちゃんカット

毎度、昨日の夜のBGMは演歌にした徳利のソノコですbottle

 

いつもは大して知りもしないのに、ジャズとかかけてBAR感を出してるんですが

 

ほんまやったら毎日演歌かけたい。

 

すっごい落ち着く。笑

 

一気に町はずれの酒場感が出て、いい感じになります。

 

着物と割烹着に着替えたくなる。

 

************************

 

時計を見上げて、ため息・・・

 

私 (今日は暇だったわ・・・もう、閉めようかしら・・)

 

暖簾をしまいに出る。

 

その背中で人の気配。

 

私 「あ、すいません、今日はもう・・・」

 

振り返る。

 

私 「あ、、、」

 

男 「ご無沙汰です」

 

私 「ほんとね」

 

男 「もう、しまいですか?」

 

私 「特別に延長するわ」

 

 

 

・・・・・・・ってなことは実際ない!!!

 

 

 

 

 

さて。

 

 

外出規制でおうちに居る方も多いと思うので

 

 

せめてちょっと笑える小話を。

 

 

でも、この話、多分ずっと前にも書いたことがあるかも・・・

 

 

前も読んだわ!って方がいらしたら、すんまへん。

 

 

いつも一人で飲みに来てくれる同年代の女性と聖子ちゃんカットの話になった時に

 

 

思い出した昔の思い出です。

 

 

 

 

*********************

 

ソノコ、(確か)中学二年のときのこと。

 

 

その時、私は好きな男の子がいて(K君とする)

 

 

その男の子が私のことを好きでいてくれてるのもわかってて。

 

 

でもお互い気持ちは確認してなくて、って言ういっちばん楽しいとき。

 

 

当時、私は髪の毛にすごいコンプレックスがあって。

 

 

超クセ毛で剛毛。

 

 

なかなか思い通りの髪形にならなくて。

 

 

それが、ある日。

 

 

ほんとに珍しくきれいにブロウができて、バッチリ聖子ちゃんに。

 

 

あのサイドの髪がきれいに後ろへ流れる「聖子ちゃん」になっていた。

※いや「聖子ちゃん」ではない。あくまで髪型。

 

 

綺麗に髪型が決まって、ウキウキ気分。

 

 

そして、その日。

 

 

友達を通じてこんなことを伝えられた。

 

 

「K君が明日の放課後、話があるから待っといて」って。

 

 

 

 

 

 

キターーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

とうとう、、、、この日が、、、、、、

 

 

 

 

え、でも、明日?

 

明日なん?

 

今日ちゃうん?

 

せっかくバッチリ聖子ちゃんやのに・・・・

 

今日じゃアカンの?

 

今日にして!

 

 

 

 

また髪を洗って明日になったら、どんな髪型になるかわからない・・・

 

それなら、今日だけは洗わずにこのまま寝ようか・・・・

 

でも、せっかくの記念すべき日を脂っこい頭で迎えるのも・・・

 

 

 

散々悩んで、結局わたしはその日は頭を洗わずに寝ました。

 

脂っこさより髪形を取ったわけです。

 

 

 

そして、翌日。

 

多少、脂っこい頭皮になりましたが、髪型はなんとかキープ。

 

 

 

 

放課後、K君に呼ばれて、待ち合わせの屋上へ通じる階段へ向かうと

 

階段の一番上にK君の姿。

 

少々、脂っこい聖子ちゃんカットを揺らしながら、私は階段をあがりK君の元へ。

 

狭い踊り場に二人で立ち。

 

ただ一言、K君が「好きです」って言ってくれて(きゃーーーーーー)

 

私は「私も」と一言返し(きゃーーーーーーー)

 

 

 

 

あれ?

 

なんか今書いててふと思ったんですけど、

 

これ、夢やったんかな。笑

 

ほんまにあったことやろか・・・

 

私にもこんな甘酸っぱい思い出があったんかな、ほんまに??

 

え?

 

いや、多分、ほんまにあったことやと思うんやけど。

 

 

 

 

 

そんなわけで、私にとって「聖子ちゃんカット」は青春の思い出。

 

 

 

 

 

 

って、ブログ書くのに夢中になってたら、またやらかしました。

 

2020328133715.jpg鶏肝の甘辛煮~焦げを添えて~

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1688

ページ上部へ