ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>新しい家族と営業再開と。
日々のできごと

新しい家族と営業再開と。

毎度、ちょっとご無沙汰してます徳利のソノコですbottle

 

書こう書こうと思いながら、なかなかパソコンに向かう気になれず・・。

 

今日はやっと書く気持ちになれたので、書きます。

 

 

まず。

 

本題に入る前に、我が家に来た新しい家族を紹介します。

 

可愛すぎるので、びっくりしないでくださいね。

 

 

行きますよ。

 

いいですか?

 

準備はいいですか?

 

よく見てくださいね。

 

行きますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイ!!!

 

 

 

 

 

20205622363.jpgぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~heart01

 

 

いやいやいや、なにこれ。

 

 

可愛すぎて、もう・・・・・・

 

 

去年の8月に15年飼っていた愛猫が死んで

 

 

「もう飼えないな・・・」って思ってたんです。

 

 

最後にしようって。

 

 

それでも、私も娘たちもずっと日々の暮らしの中に動物が当たり前に一緒にいる生活を

 

 

送ってきていたので、なんだろ、寂しいとかいう言葉では表わせられない何か・・・

 

 

そんなのがずっとありました。

 

 

そしたら、昨日、突然、この子がうちの家族に。

 

 

これはもう縁だと思いました。

 

 

川に流されて首までつかって溺れかけていたのを救出された3匹のうちの1匹です。

 

 

もう、昨日から家族みんなが癒されまくっています。

 

 

今朝も朝6時くらいに起きたら、リビングの真ん中で夫がこの子を抱っこしてました。笑

 

 

特に今、こんな世の中やから、余計に・・・

 

 

 

名前は5月5日の子供の日にやってきたので「兜」からとって

 

 

「カブト」と名付けました。

 

 

202056224434.jpgまだ手乗りサイズです。

 

 

ちなみに写真左の壁がボロボロなのは、前の愛猫の爪痕(まさに爪痕)です。

 

 

動物大好きな母にもこの小さい内に見せてあげたいなぁ・・・

 

 

そんなわけで、少し、いやだいぶ賑やかになった我が家です。

 

 

カブト、うちに来てくれてありがとう。

 

 

 

 

さて。

 

 

「徳利と杓文字」そして「串かつ上田酒店」

 

 

明日7日より営業を再開することにしました。

 

 

京都府は緊急事態措置が延長となったので、その中での営業再開には

 

 

もちろん賛否両論あるのは承知の上です。

 

 

4月の頭に休業を決めて約一か月弱テイクアウトをしました。

 

 

テイクアウトは思っていた以上に大変でしたが、それでも何もやらないよりは

 

 

やって良かったと思います。

 

 

テイクアウト期間中、ご来店頂いた方には本当に感謝しています。

 

 

どれだけ励まされたかわかりません。

 

 

でも、それと同時に「店をやりたい」「店に立ちたい」という思いは強くなるばかりでした。

 

 

一度は休業した店を再開すること、それはそれでまたエネルギーのいることでした。

 

 

書き出せば終われなくなるほど、いろんな思いがあります。

 

 

とにかく、明日からまた暖簾を出します。

 

 

今月いっぱいは短縮営業(5時~8時)になりますが

 

 

仕込みが早く終わった日はもう少し早く開けて、外飲みも同時にしようかな、とか

 

 

考えています。

 

 

 

 

 

そうそう、今日、久しぶりにうちのお客さんに会ったら言われました。

 

 

「園子さん、そら色々疲れてるんやろけど・・・キラキラしてない・・・」って。笑

 

 

やっぱりな。笑

 

 

わかってたし、自分でも。

 

 

彼女いわく、店に立ってる私はどうやら「キラキラ」して見えるみたいです。

 

 

そう、それがすべての答えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1698

ページ上部へ