ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>営業を再開して。
日々のできごと

営業を再開して。

毎度、久しぶりに日本酒が美味しいと思えた徳利のソノコですbottle

 

ほんとに体って正直なもので

 

休業していた一か月、大好きな日本酒が全然美味しいと思えなくて。

 

アルコールは毎日飲んでいましたが

 

普段はあまり飲まないビールやワインばかり。

 

大好きで、お店の柱にもしている日本酒が美味しいと思えないなんて・・・と

 

少なからずショックを受けていたのですが

 

もちろんお酒の味に原因があるわけではなく

 

私の味覚がおかしくなったわけでもなく。

 

ほんとに気持ちの問題なんやろなって思ってました。

 

あ、なんかこのまま本題に入りそうなんで、

 

その前に。

 

 

 

今日の我が家のアイドル「カブトくんheart01」の画像です。

 

興味ない方、ごめんなさいね

 

しばらくは毎回、続くと思われます。

 

202058133658.jpg202058133726.jpg私の毛玉だらけのヨッレヨレの部屋着はスルーでお願いしますね。

 

こんな風に足元をウロウロするので、ほんとに気をつけないといけません。

 

しかし、ほんとにかわいいです。

 

たまらんheart04

 

 

 

お店で仕事をしていて「あ、アレない」って思って、二階に取りに行くじゃないですか、

 

二階に上がってリビングにいるカブトを見ると、とりあえず絶対

 

「元気でちゅか~、おりこうさんしてまちゅか~」ってちょっかい出すじゃないですか、

 

そうやって数分、カブトと戯れて、満足して階段おりてお店に戻るじゃないですか、

 

ほんで「あ!」って物を取りに二階に行ったことを思い出して、また二階に行くじゃないですか

 

ほんでまた、カブトを見て「かわいいでちゅね~」って愛でるじゃないですか

 

そしてまた満足して、階下に戻ってきて「あ!」って思い出して

 

また二階に行く・・・

 

 

 

 

っていうことを繰り返しています。

 

いい運動だわ。

 

 

 

 

さて。

 

 

昨日は一か月ぶりの営業。

 

 

色々、不安もありましたが、暖簾をかけた時、スッと覚悟が決まったような気がしました。

 

 

営業すること自体を「悪」のようにいう意見も目にするし

 

 

そういったことが気にならないって言ったらウソで

 

 

むしろそらすごく気になるし。

 

 

何が正解とか何が間違っているとかじゃなく

 

 

自分の本当の気持ちはどこにあるのかということをずっとずっと考えていました。

 

 

言葉にはうまくできない自分の気持ちを代弁してくれているような誰かの言葉にすごく

 

 

励まされたり、すがってみたり

 

 

反対に、違う意見を目にすると、気持ちが揺らいだり。

 

 

 

もちろん感染の危険に日々さらされながら医療現場で働いている人や

 

他にも大変な思いで頑張ってくれている人たちには心から感謝している。

 

その気持ちはみんな同じだと思うんやけど

 

じゃあ、だからその人たちのために、自分のお店を閉め続けるっていうのはまた違うって思ったんですね。

 

医療現場で働く人にとって病院が自分の使命を果たす場所であるように

 

私にはこの店が、ここが、自分の生きる場所。

 

「大変な医療現場と飲み屋を一緒にすんなよ」ってご意見もあるでしょうし

 

実際、これを読んで気を悪くされる方もいると思うんですけど

 

ごめんなさい、これが私の正直な気持ちです。

 

 

 

うちで、ごはんを食べたり、お酒を飲んだりして

 

ホッとしたり、楽しんでもらえたり、愚痴や弱音を吐いたり

 

笑ってもらえたり、時には泣いてスッキリしてもらえたり

 

「また明日もがんばろ」って思ってもらえたり

 

そういう場所を、特に今、こんな時だからこそ

 

私にできることをって。

 

 

 

 

昨日は普段仲良くしてる仲間が来てくれたり

 

知り合いの飲食店のご夫婦がお店を早じまいしてわざわざ来てくれたりして

 

本当に嬉しかったです。

 

 

久しぶりに炊いた土鍋ごはんはうっかり焦げが出来すぎてしまったけど(あかんやん)

 

「あー、ごはん、美味しい」って言って食べてくれる顔を見ていたら

 

ほんと、背中を押してもらえた気がしました。

 

 

 

20205814443.jpg

 

換気を少しでも良くするために、お店の入り口に網戸を設置します。

 

20205814544.jpgお店の入り口の戸のサイズに合わせて木枠から作ってもらったので

 

まぁまぁのお値段・・・

 

この時期に大きな出費は正直ツライですが、これで少しでもお客さんに安心して

 

ご来店いただけるなら、必要なものかと。

 

 

 

今日もいい天気。

 

 

さて、お酒を仕入れに行ってきます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1699

ページ上部へ