ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>明日から8月って・・・
日々のできごと

明日から8月って・・・

毎度、昨日の深夜、差し入れで頂いたふたばの豆大福を2個も食べてしまった徳利のソノコですbottle

 

久しぶりに頂いたけど、やっぱり美味しいなぁ。

 

一個でやめときゃいいものを・・・

 

でもね、美味しいものは美味しい内に。

 

それが作った方、下さった方への感謝の気持ちってことで(完全に言い訳)

 

 

 

 

さて。

 

 

いやー、もう今日で7月終わりなんですよ?

 

 

なんだか最近はブログの更新頻度も落ちてて、読んでくださってる方には申し訳ない限りなんですが

 

 

どうか「お気に入り」から消さないでくださいね。

 

 

ご心配頂いておりますじーじこと信夫(83歳)は元気にしているようでございます。

 

 

もう入院して一ヶ月半?くらいたったと思うんですけど

 

 

2、3日に一回は電話がかかってきて

 

 

それもいっつも私が仕込みとかしてる時間で、いちいち手をとめて電話に出ると

 

 

じーじ「お!お父さんや!元気か?」と。

 

 

私「あー、元気」(めっちゃ愛想ない)

 

 

じーじ「MちゃんもNちゃん(孫)も元気か?」

 

 

私「あ、元気」

 

 

じーじ「そーか」

 

 

私「お父さんは?」(一応聞、聞く)

 

 

じーじ「俺か?元気や」

 

 

私「そーか、良かった」

 

 

 

・・・・・・・・と言うありきたりな会話を2、3日に一回繰り返しています。

 

 

コロナで面会ができないので、病院は近いんですけど会えてません。

 

 

時々、病院から脱走してるらしく(関係者談)、まぁ元気みたいで良かったです。

 

 

 

ばーばの方は2年以上お世話になった病院を移ることになり、

 

 

長くいた分だけ色々あって、退院する時は主治医の先生、そのフロアの看護師さんやら

 

 

リハビリを担当して下さった理学療法士の方まで総出でお見送りして下さって

 

 

母より私の方が泣きそうになりました。

 

 

特に、リハビリの担当だった若いお二人には本当にお世話になって

 

 

いつ会っても笑顔で、時に情緒不安定になる母の話をいつも聞いてくださってたり

 

 

写真や手紙を下さったり、もう感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

母だけではなく、私も本当に支えてもらいました。

 

 

彼らの多分倍近く生きている私ですが、見習うべきところがいっぱいです。

 

 

母に対し、ちゃんと一人の人として、感情のある一人の人として

 

 

接してくれていることが伝わってきて、私も嬉しかったです。

 

 

きっと母にもそれが伝わっていたから、特にそのお二人には心を開いていたんだと思います。

 

 

 

新しい病院に慣れるまでまたしばらく時間がかかりそうですが・・・

 

 

皆さんのお世話になりながら、ぼちぼちやっていこうと思います。

 

 

 

 

 

明日から8月ってことで、土鍋ごはんが変わります!!

 

202073115337.jpg8月の土鍋ごはんはコレを使います!!!

 

 

 

 

梅雨明け宣言もそろそろかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1717

ページ上部へ