ホーム>米屋の嫁のひとりごと>日々のできごと>姉さん、事件です(いや、事件ではない)
日々のできごと

姉さん、事件です(いや、事件ではない)

毎度、年下の男性から時々「ねえさん」って言われるんやけど

 

ラインとかの文字の時、「姉さん」じゃなくて敢えて「姐さん」なのが

 

極妻っぽくてわりと好きな徳利の姐さんですbottle

 

 

 

 

さて。

 

事件ではないんですが

 

一応、お知らせしとこうと思いまして。

 

よくここに登場する信夫(義父84歳)のことです。

 

この度、圧迫骨折で3度目の入院となりました。

 

いや、去年の秋に3か月の入院から帰ってきたばかりなんやけど・・

 

さすがに3度目ともなると、じーじの様子を見てすぐに私も「あ、またや」ってわかったわ。

 

一回目はただの腰痛やと思って、痛がるじーじに「大げさやな」とか言ってほんまごめんって感じやったんやけど

 

もう、今回はソッコーわかった(自慢にもならん)

 

私「またやな・・・」

 

父「またやろか・・・」

 

そんな感じ。

 

 

一回目、二回目はそれぞれ原因となる行動があったんやけど(重い自転車動かしたり)

 

今回はほんまに本人もこれといった無理なことはしていなくて。

 

だから余計に、ほんまに骨がもろいねんなぁ・・ってわかって、、、、

 

 

 

病院に行ったら、すぐに知り合いの看護師さんに会って

 

その方も「え・・・もしかして・・・また?」みたいな感じでした。

 

もう三度目となると顔見知りの看護師さんも多く

 

「うえださぁ~ん、こんなところで会いたくなかったよぉ」って言ってもらったりして。

 

検査の結果、やはり圧迫骨折と判明。

 

入院となりました。

 

 

 

せっかく、免許を返納してから毎日の散歩を楽しみにしていたのに・・・・

 

また元気に復活してくれることを願うばかり。

 

 

 

骨、大事ですね!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okome-ueda.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1746

ページ上部へ