ホーム>米屋の嫁のひとりごと>串かつ上田酒店

串かつ上田酒店

6周年、ありがとうございました!!!

毎度、お鍋の〆は雑炊がいい元お米屋の嫁でございますriceball

 

 

麺も捨てがたいんですけどねぇ。

 

 

悩むところですね。

 

 

麺と雑炊のWだとサイコーですね。

 

 

 

 

 

ハイ、どーでもいい前振りでした。

 

 

 

 

さて。

 

 

昨日と一昨日の二日間、6周年イベントをしまして

 

 

たくさんの方にお越し頂き賑やかに営業できたこと、

 

 

心から感謝申し上げます!!

 

 

6年たって、7年目に突入です。

 

 

私まだ40代前半やったんやなぁ・・・

 

 

下の子なんて小学生で。

 

 

営業中も「まだ帰ってきいひんの?」ってよく電話かけてきてたなぁ。

 

 

夜にごはんを食べないで出勤してる私たち夫婦に、自分でおかずを作って一人夜道を歩いて

 

 

店まで届けに来てくれたのに、そんなこととはつゆ知らず、

 

 

忙しくてゆとりのない私は何をしに来たのかも聞かずに子供を追い返し・・・

 

 

その夜、へとへとになって家に帰ったらテーブルの上に娘が作ったオムレツが置いてあって

 

 

寝ずに待っててくれた娘が「これ、届けにいってん・・・・」って・・・

 

 

 

 

あかん・・・・

 

 

思い出したら泣けてきた・・・・

 

 

ほんまあん時はごめんやったわ。

 

 

 

 

 

その子がもう今では時々店も手伝ってくれるようになってるんやもんなぁ。

 

 

お米屋の仕事や家事や介護もあっていっぱいいっぱいで

 

 

何度か発狂して、壊れたなぁ・・・とか。笑

 

 

そんなことも今ではいい思い出。

 

 

 

最初は慣れない仕事にドタバタでどうなることやらと不安に思う毎日でしたが

 

 

こうして一年、一年と営業を続けてこれて

 

 

6周年を無事に迎えられたのも、本当にお客さまのお陰です。

 

 

そして、いつも一緒に働いてくれているスタッフのお陰です。

 

 

これからも7周年、そして10周年目指して頑張って参りますので

 

 

どうそよろしくお願い致します!

 

 

2019113152348.jpg2019113152415.jpg2019113152443.jpg201911315257.jpg2019113152528.jpg2019113152552.jpg2019113152653.jpg2019113152719.jpgお花とかお祝いの品や、差し入れを下さった方もありがとうございました!!

 

 

高級食パンを下さった方がいたんですけど

 

 

ここだけの話、

 

 

仕事してる最中、めっちゃお腹減っていて

 

 

頂いた食パンをむしって厨房で隠れるように食べていました。

 

 

喉つまって死ぬかと思いましたけど、サイコーに美味しかったです!!

 

 

ご馳走様でした!!

 

 

 

今日は日曜日、5時から営業です。

 

本日も皆様のお越しをお待ちしておりまーーーーす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の気持ち。

毎度、性別逆転夫婦の元お米屋の嫁でございますriceball

 

 

ロン毛で小柄な夫は時々、女性に間違われ

 

 

髪が短く声の低い私は時々、男性に間違われます。

 

 

この間も、初めて串かつ屋に来てくれた方が

 

 

揚げ場に立つ夫を見て「パートのおばちゃんが重要な揚げ場を!!」と思っていたらしいです。笑

 

 

私は私で、この間行った居酒屋さんで、カウンターに隣り合わせたおば様に

 

 

「ボンが入ってきたんか思た」と言われました。笑

 

 

ややこしい夫婦やで。

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

人の気持ちって、どうしてこうも変わってしまうのでしょうか。

 

 

昨日のことです。

 

 

高3の次女、今日から学校だったんですけどね

 

 

いつも冬休みとか夏休みとか、長い休みの後は

 

 

「あー、またお弁当始まるーーーー」ってげんなりしてたんですけど

 

 

聞けばもうお弁当がいるのはあと二週間ほどだっていうじゃありませんか。

 

 

うちは上の子と下の子が4つ離れているので

 

 

数えてみたら長女の中一から始まったお弁当生活も、もう十年!!

 

 

十年、お弁当作ってたんだぁ・・・・ってしみじみしていました。

 

 

来月半ばには卒業式もあるし、なんだか子供たちの小さい頃からのことを思い出して

 

 

昨日はちょっとしんみりしたりして。

 

 

朝が弱くて、ほぼ白目を剥きながら作っていたお弁当だったけど

 

 

それもあと二週間ほどで終わるとわかると、

 

 

頑張って心を込めて作ろうって。

 

 

 

 

昨日はほんまに思ってたんですけどね。

 

 

 

 

 

そして、今朝。

 

 

6時半。

 

 

なんっかい起こしても、次女が起きない!!

 

 

お弁当を作るのは一階で、部屋は二階だから、階段上って起こしに行くのも大変で。

 

 

お弁当作りながら、娘のケータイに電話するも出ない。

 

 

 

イラッ

 

 

 

イライラッ

 

 

 

何回目かの電話でやっと出る。

 

 

「ほんま、一回で起きてーや!!」

 

 

「わかってるわっ!」

 

 

 

なんやねんっ!!!!!!

 

 

わかってんねやったら、自分で起きれーーーーーーーー!!!!!!!

 

 

 

 

 

発狂。

 

 

 

 

もう、めっちゃイライラしながら、お弁当作ったわ。

 

 

ほんまなんやってん、昨日の気持ちは。

 

 

最後の日位、穏やかに作りたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、告知です!

 

 

早いもので今月11日(金)で串かつ上田酒店、6周年を迎えます!!

 

 

201918155724.jpg

 

6周年・・・・・

 

 

もうそんなにたつんやぁ・・・・

 

 

お店始める前は、お客さん、来てくれるかなぁ・・・ってめっちゃ不安やったのを

 

 

今でもすっごい覚えています。

 

 

なんとかこの日を迎えられるのも、お店に来て下さるお客様があってのこと。

 

 

本当にありがとうございます!!!

 

 

言葉にしてしまうとほんと薄っぺらいんですけど、

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

ささやかながら11日、12日の二日間、くじ引きをご用意して

 

 

皆様のお越しをお待ちしております!!

 

 

20191816143.jpgお会計2500円毎に一回引けます!

 

もちろん、空くじなしYO!!

 

 

お待ちしてま~~~~~~す!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっちゃん、来る!

 


毎度、じーじと二人無言の夕食をとることが多い元お米屋の嫁でございますriceball

 

 

二か月超の入院生活のあと、お米屋も閉めて

 

 

じーじは大丈夫だろうか・・・とちょっと心配したんですけど

 

 

お陰様で元気にしております。

 

 

でも、そうそう話す話題もなく、お互い無言でひたすら食べるという時も珍しくありません。笑

 

 

外でじーじを見かけたら、どうか話しかけてあげてください!!

 

 

ボケられると、嫁が困りますんで!!

 

 

 

 

さて。

 

 

この間、北海道から元上司が会いに来てくれました。

 

 

私は京都の短大を卒業してから、地元の北海道・旭川に戻り

 

 

結婚するまでの三年ちょっとホテルの営業課で働いていました。

 

 

その当時の上司が奥さんと二人で京都に旅行にきて、わざわざ串かつ屋にも来てくれたんです。

 

 

会うのはめちゃめちゃ久しぶり。

 

 

2018124192822.JPGホテルの営業課というと、結婚式や宴会をとってくるのが仕事。

 

 

私たち女性は内勤で、サロンでお客様と打ち合わせをしたり

 

 

営業マンがとってきた宴会の伝票を調理場や宴会場などの各部署に回すのが仕事。

 

 

内勤女性の新人の仕事には「変更」という仕事があって、これが一番大変だった。

 

 

今でこそ、パソコンのキー一つで各部署に変更の連絡も行くんだろうけど

 

 

うちらの時代は「足」で変更にまわって歩いてた。

 

 

例えば、宴会の人数が一人減ったとする、

 

 

そうすると、調理場に行き、「一人減りました」と報告し伝票を赤ペンで直す、

 

 

今度は宴会場に行き、「一人減りました」と言って、セットの図面を赤ペンで直す、

 

 

経理にも行って、数字を赤ペンで直す。

 

 

この「変更」が例えば前日とか当日とか、間際であればあるほど、調理場では叱られ、

 

 

もう会場のセットが済んでいれば宴会場でも「チッ」と舌打ちをされる。

 

 

別に宴会の人数が減ったのはうちらのせいではないんだけど、それでも嫌な顔をされる。

 

 

「お前ら営業はいいよなー、宴会とってきたらいんだから」と何回言われたか。笑

 

 

うちら営業の女子の制服の胸ポケットにはいつも赤ペンが刺さっていた。

 

 

「変更」は本当に嫌な仕事で、大抵の新人はこの「変更」で泣くのが恒例だった。

 

 

この「変更」が多いのが、何故かYさんがとってきた宴会だった。笑

 

 

Yさんが串かつ屋に来てくれたときもこの話になって、

 

 

「俺の宴会、変更多かったよなー」って。

 

 

「ほんまそれ!!」

 

 

 

あーーー、懐かしい。

 

 

ほんとに懐かしい。

 

 

私はあの「変更」作業で結構鍛えられたと思う。

 

 

今でも覚えている。

 

 

入社して、先輩に付いてもらって仕事を覚えて、やっと一人で変更とかにも回るようになってしばらくした頃

 

 

初めて洋食の調理場で大声で怒鳴られて。

 

 

「お前らは簡単に『一人減りました』とか言うけどな、ここで働いてるみんなは朝早くから

 

 

お前ら営業が回すこの伝票一つを頼りに仕事してるんだっ!!」

 

 

それまでも変更に言って「減りました」って言うたびにいい顔はされてなかったので

 

 

感じてはいたんですけどね、人数減るって言いにくいわぁ~って。

 

 

でも、ちゃんとはわかってなかったんですよね。

 

 

自分らの回す伝票の重みが。

 

 

それ一枚で、何十人という調理場の人が動いてるっていう事の重大さを。

 

 

今までの新人やったら、ここが泣く場面やったらしいです。笑

 

 

でも、私は、この時言われた言葉が重すぎて、泣くのを通り越して「チーン」ってなってて

 

 

とぼとぼ調理場を後にしたんです。

 

 

 

 

 

 

そしたら、その私を怒鳴った副料理長が営業課に来て、私の上司に向かって

 

 

「なんだ、あの今年入った新人は。泣かなかったぞ」って言うてたらしいです。

 

 

そして、後日、その副料理長が私に言いました。

 

 

「人数減るのはお前らのせいじゃない。そんなことはわかってる。

 

 

でもな、あそこで俺が一言いわないとな。朝早くから働いてる調理場の奴らも気持ちもわかってくれ」

 

 

副調理長も怒鳴りたくて怒鳴ってるわけじゃない。

 

 

現場の声を代弁してるんだなぁって、わかりました。

 

 

 

 

 

ホテルで勤めたのは三年ちょっとやったけど、本当に楽しかった。

 

 

今、65になったYさんも、私が入社した頃はまだ三十代後半だったんだってことに気づいて

 

 

今の自分がとっくにその年も追い越していることにびっくり。

 

 

いつも飲み会ではベロベロになってたYさんやけど

 

 

優しくて、仕事は真面目で、面白くないギャグを連発して

 

 

うちら内勤の女性陣にとっては、距離が近くて、存在が大きい人だった。

 

 

よく上司が若い営業マンたちに「お前ら、Yを見習え!」って言ってたのを覚えている。

 

 

その位、マメにお得意さんのところに顔を出していたんだと思う。

 

 

 

ひっさしぶりにあったYさんは昔と変わらずギャグを連発して

 

 

飲んだら目が座って、得意の腰振りダンスも健在で、ほんとに会えてうれしかった。

 

 

2018126105342.JPG201812610543.JPG二人でこの写真を撮った後、Yさんの目がウルウルしているのに気が付いた。

 

 

涙もろいのも健在やった。笑

 

 

 

いつもこのブログも読んでくれているらしい。

 

 

Yさん、会いに来てくれてほんとにありがとうございました!!

 

 

また会える日を楽しみにしています!!

 

 

・・・って、またコレ読んで泣かんといてなーーーー!!

 

 

 

小さいお子さん、大歓迎!

毎度、あまりの暑さにうっかり昼間から缶ビールをプシュッてしそうになるお米屋の嫁でございますriceball

 

 

ダメダメ、仕事中。

 

 

どんだけ暑いかといいますと、もう「灼ける」じゃなくて、

 

 

ほんまに「焼ける~」っていうくらい暑いです。

 

 

三連休と祇園祭が重なって、街中はすんごい人なんでしょうね。

 

 

みなさん、焼けないように気を付けてください。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

「小さいお子さん、大歓迎!」って話です。

 

 

ありがたいことに、串かつ屋には老若男女問わず、本当にいろんなお客様が来てくださいますが

 

 

中にはまだ歩けない小さいお子さんをお連れのご家族もいらっしゃいます。

 

 

この間も若いご夫婦と、生後5、6か月位かな?の赤ちゃんがご来店。

 

 

そういうご夫婦の場合、よくある光景がご夫婦で変わりばんこにお子さんを抱っこされて

 

 

その間に急いで食べる、というスタイル。

 

 

パパが抱っこしている間にぐずりだして、苦笑いしてママにバトンタッチ、というのもよく見かけます。

 

 

それでも泣き止まなくて、本格的に泣き出すと、他のお客さんに気を遣って外に出ていかれることも度々。

 

 

そういうのを見ていると、「あぁ、ゆっくり食べて欲しいなぁ」と心から思います。

 

 

うちに場所的ゆとりと資金があるのなら、保育士さんの一人でも雇って託児スペースを設けたい位です、ほんとに。

 

 

私も一応、子育て経験者なので、子供が小さい時の大変さはわかっているつもりです。

 

 

とにかく自分の時間がありません。

 

 

私なんてまだ同居でじーじ&ばーばがいたので、ちょっと見ててもらうってことができたんで

 

 

全然マシでしたけど、それでも大変でしたから

 

 

核家族の方なんて、ほんまに大変だと思います。

 

 

言葉も話せるようになって、意思疎通もできる位の月齢のお子さんならまだしも

 

 

泣くしかできない赤ちゃんの泣き声は、私なんかは全然うるさいとおもいません。

 

 

泣けば泣くほどかわいくて、もっと泣け!と思うほど(笑)

 

 

まぁ、これは今だからこそ思えることなんかもしれませんけど

 

 

逆の立場だったら他のお客さんに気を遣ってしまうだろうけど

 

 

過剰になりすぎるのもどうかな、と。

 

 

電車内のベビーカー問題とか色々、なんか小さい子どもに厳しい世間、みたいなニュースもたまに耳にしますが

 

 

実際、どうなんですかね。

 

 

優しい人もいっぱいいると思うんですが。

 

 

泣くしかできない子供の泣き声を「うるさい!」とか言う人がおったら

 

 

「あんたも昔は泣いてたやろ」と言いたい。

 

 

私は普段、腹立つ人に会ったら、「この人も昔は赤ちゃんやったんやなー」って思うようにしています。

 

 

そうすると、怒るより、なんか笑えてきます。

 

 

話がちょっとズレましたけど、

 

 

小さい子供さんがいたら、外食もそうそうできないだろうし、たまにうちに来てくれた時くらい

 

 

ゆっくりしてください!

 

 

ほんま子供さんさえ大丈夫やったら、私がおんぶ紐(今どき言わんね、おんぶ紐)でおんぶしててあげたい位。

 

 

でも、それやったら余計気遣って、はよ食べな!ってなるやろから

 

 

なんなら有料サービスで。

 

 

おんぶ10分100円とか。

 

 

でも、なかなかいい考えじゃありませんか?

 

 

私は癒されて、お客さんはゆっくり食事ができる。

 

 

 

 

 

そんなわけなんで(どんな?)、小さいお子さんがいても遠慮せず串かつ食べに来てくださいねー!

 

 

あ、でも、歩き出した位のお子さんが串カツ食べながら歩いてたりするのは

 

 

非常に危険なので、それは注意させて頂きます!!

 

 

 

それでは今日もご来店、お待ちしております!!

 

 

 

 

 

 

飲みに行った話やお店の改装の話。

 

毎度、ひっさびさに「ほちょーき、つーけーてー!!」と絶叫したお米屋の嫁でございますriceball

 

もう、ここ最近ずっと補聴器の話も出なかったんですね。

 

私も夫も諦めていて。

 

相変わらず、補聴器はじーじの部屋の机の上でずーっと充電されっぱなしで。

 

前はそれを見るのさえイライラしてたんが

 

最近はもう何も思わなくなり。

 

たまに充電器を持ち出してると思ったら、何かの集まりとかで

 

「〇〇さんにつけさせてあげたら、『よう聞こえるなー』言うてはったわ」とか。

 

いやいや、人に貸さんでいいし。

 

「高いんんやろ?って聞かれたし、そうやー、高いねんでーって言うといた。はっはっはー」

 

 

 

 

何がおかしいねん。

 

全く笑えへん。

 

ほんで今日は、家の中の電話で受けたご注文を、伝票切るのを忘れたらあかんし

 

家の中からお店にいたじーじに「〇〇さん、伝票切っといて」って頼んだんですね。

 

そしたら、まずその「〇〇さん」が聞こえない。

 

じ「△△さんか?」

 

私「ちゃう、〇〇さん!」

 

じ「そやし、△△さんやろ?」

 

私「〇〇さん!!土偏の〇!!」

 

 

・・・というやり取りを大声でして、後から伝票見たら、字全然違ってたし。

 

 

ほんま、腹立つ(→ストレート過ぎや)

 

 

 

いや、ごめん、じーじ(すぐ謝る)

 

 

 

 

さて。

 

 

この間、お友達と行ったお店がとても良かったの、載せたいと思います。

 

 

私の頭をいつもしてくれる美容師さんが教えてくれたお店なんですけど

 

 

めっちゃ流行ってるお店で、平日やのに満席やったわ。

 

 

町屋風のお店で、丁度開店のちょっと前に着いたんですが、

 

 

中からめっちゃ元気なスタッフの掛け声みたいなんが聞こえてました。

 

 

「炭火とワイン」っていう店名だけあって、ワインも豊富。

 

 

2018414152848.jpg

思いっきりビールやないか。

 

まぁ、まず最初はね。

 

ほんで、グラスの奥に写ってるサラダはなんとおかわり自由。

 

「野菜高った時、大変やったやろなー」と思わず、店側の気持ちになったわ。

 

2018414153052.jpg

これ、前菜の盛り合わせなんですけど、どれも美味しかった。

 

あと、写真撮り忘れたんですけど、豚肉のやつ(豚肉のやつって)も美味しかったー

 

どれも、味付けがちょっと一ひねりあって、何を食べても美味しかったです。

 

これはリピート間違いない。年イチで行くわ(年イチかよ)

 

うそ、またすぐ行きたい。

 

 

 

「炭火とワイン京都駅前店」っていうお店です。

 

京都駅から歩いて5、6分かな。

 

 

 

 

 

ほんで、ここでたらふく食べて、結構飲んだのに、時間が早かったしもう一軒行こかとなりまして。

 

2018414153538.jpg

 

たらふく食べた後の餃子。笑

 

新しくなった京都タワーの地下です。

 

ここも賑わってたなぁ。

 

お互い子供も大きくなって、でももう親の手を離れつつあるから、それはそれで悩みにもなり。

 

だけど、いつもニコニコ笑って私の話を聞いてくれる友達に救われてます。

 

よう飲んで、よう食べた夜やったねー

 

また行こう!!!

 

 

 

 

 

 

 

そして、串かつ屋の改装の話です。

 

 

この度、おかげさまでビルを建設することになりました。

 

 

一階、二階が客席、三階が仕込み場、四階はカラオケ、五階がサウナという五階建てビルです。

 

 

まぁ、嘘ですけどね。

 

 

 

 

改装工事をしたのはほんとです。

 

 

お店の定休日に合わせて何度かに分けて工事をして頂いたので、休まずに済みました。

 

 

2018414154356.jpg

入口の場所を変える工事です。

 

BEFORE

2018414154634.jpg

画像が・・・横や・・・・

 

以前はお米屋の時の入り口をそのまま利用してまして

 

お店の正面に入り口があって、ガラガラーの引き戸だったんですね。

 

 

それを・・・

 

 

AFTER

2018414154859.jpg

今まで入り口だったところにガラスをはめ込み、入り口は右側に移動しました。

 

これだけで、なんか雰囲気変わるもんですね~

 

2018414155055.jpg

 

2018414155129.jpg

 

なんか会員制スナックのような入り口ですが、会員制ではありませんので、ご安心を。

 

防音性を考えて、引き戸ではなくこのドアにしました。

 

 

 

それから、お客様には申し訳ないお知らせです。

 

去年の11月、そして今年三月の飲料メーカーの値上げに伴い

 

当店でも泣く泣く一部値上げをさせて頂くことになりました。

 

例)生(中)290円 → 330円

 

チューハイ 250円 →  280円

 

等です。

 

これでも頑張った価格です。

 

なにとぞご理解をよろしくお願い致します。

 

本日も雨の予報ですが、ご予約結構頂いております。

 

まだ若干、空いてはございますので、

 

 

「もーーー、今日、ごはん支度したくなーーーーーい!!」と絶叫している方や

 

上司のパワハラにくじけそうな方などいっらっしゃいましたら、お待ちしております。

 

 

では、炊飯器のスイッチを押してまいります!!

大失敗

毎度、お菓子を買い置く習慣がないお米屋の嫁でございますriceball

 

お菓子を食べないわけではないんですが

 

いや、むしろ食べるんですが

 

今も食べてるんですけど

 

常に家にお菓子あるよーっていうんではないんです。

 

買い物に行って気分的になんか食べたいときは買う。

 

あと、頂くことも多いので、それでしのいでます。

 

でも、ほんっまに、なんっもない時がたまーにあって。

 

なんかちょっと甘いもの食べたいなーっていう時に、家中、狂ったように探しても

 

チョコの一かけらも、飴の一個も出てこない時があって

 

砂糖でも舐めとこかってなります。

 

舐めへんけど。

 

 

そんな今日は、頂き物DAY。

 

2018116132359.jpgどうしましょ。

 

豪華です。

 

上のピーナッツサブレは、お友達の帰省のお土産。

 

もう一枚、食べました。

 

そして、下のチョコはお客様から頂いたもの。

 

すでに三本、食べました。

 

八種類の味があるみたいやし、あと五本食べなあかん(あかんことはない)

 

 

 

 

さて。

 

 

失敗した話です。

 

 

五周年イベントも終わり、確かにちょっとホッとはしていましたが

 

別に気を抜いたとかそんな気は毛頭なく

 

翌日も普段通りに仕事をしていたんですね。

 

いつもの時間にお米を研いで、セットして

 

炊きあがって、炊飯器の蓋を開けてすぐに異変に気付きました。

 

いつもと炊き上がりの感が違う・・・・・・

 

 

恐る恐るごはんにしゃもじをいれてみると・・・・・

 

 

 

 

 

オーマイガットトゥギャザー!!! ※

 

 

 

※ご存知ない方のために・・・・お笑い芸人シャンプーハットのこいちゃんのギャグです。

 

 

ほんっまにオーマイガットトゥギャザーやったわ・・・・・

 

 

串かつ屋を始めて五年、その前にもお米屋でおにぎりを販売していた時があったから

 

それも合わせたら7、8年?おにぎりを握ってきたんやけども

 

こんなことは初めてでした。

 

 

 

どうしてか水加減を間違ったらしく、ごはんがめっちゃ柔らかかったんです。

 

未だに原因が謎で、でも水加減を間違ったことには間違いなく

 

なんで間違ったんかがわからへん。

 

普通にお茶碗によそって食べる分には、柔らかめのご飯が好きな人やったら

 

全然問題ない範囲やと思うんですけど

 

おにぎりにするには・・・・・っていう感じの柔らかさだったんです。

 

 

炊き直す時間もなく、とりあえず握ってみました。

 

愕然としながら。

 

目盛りを見誤ったのか、それともお米の量が間違っていたのか・・・

 

ほんまにショックやったわ・・・

 

握ってる感触ももちろんいつもと違うし、

 

最後の一合くらいはさすがに米粒も若干つぶれてる感じで、握らんかった。

 

 

 

 

さて。

 

どうしたものか。

 

これをお店に並べるのか?

 

 

しばし、考え。

 

 

おにぎりがメインのおにぎり屋やったら、これは間違いなく

 

ゴメンナサイ!!今日は閉店ガラガラ~~~~~って

 

泣く泣くシャッターを下ろす事態。

 

でも、うちの串かつ屋にとっては、おにぎりはサイドメニュー。

 

私の中では一番のこだわりやけど・・・・・

 

 

悩んだ挙句、並べることに。

 

でも、お代は頂かない。頂けない。

 

自分の納得できるものじゃないのに、明らかに失敗やのにお金を頂くことはできない。

 

だけど、おにぎり今日はありません!とも言いづらい・・・・

 

それに、もし今日、初めてのご来店で初めておにぎりを食べる方がいたとして

 

その人に「いつもこんなおにぎり」と思われるのも嫌だし、という変なプライドもあり。

 

正直、どうするのが正解かわからなかったんですけど。

 

 

結局、おにぎりは全部なくなったんですけど

 

ご注文を頂くたびに、「かくかくしかじか」と説明しました。

 

中には「全然、問題ないけど?」とおっしゃる方もいたんですけど

 

こればっかりは、自分の気持ちの問題。

 

 

 

しかし、ほんまショックやったわぁ・・・・

 

 

やっぱり、どっか気が緩んでたんかなぁ。

 

 

 

さ、気を引き締めてお米を研ぎます!!

 

 

 

 

 

 

 

五周年、ありがとうございましたーーーーーー!!!

毎度、たぶん、寒さには強いお米屋の嫁でございますriceball

 

毎年、冬になると1シーズンに100万回くらい

 

「北国出身やし、寒さには強いやろ?」って言われますが

 

果たして、そうなのか一度じっくり考えてみたんですね。

 

で、私なりに出した答えは・・・・・

 

 

 

 

「寒いと感じることに慣れている」

 

です。

 

 

今の時期の北海道は氷点下が当たり前。

 

だからと言って、北海道の人がそれを寒いと思わないわけではありません。

 

ふつーに寒いもんは寒いんです。

 

だってマイナス15度とか20度どかになるんですから、そら寒いです。

 

でも、格好とか実はそんな変わんないんですよ。

 

強いて言えば、靴位でしょうか、違うのは。

 

 

ただ、やっぱり寒い季節が長いから、寒さには慣れているとは思います。

 

だから、寒さに強いっていうのは、寒いと感じることに慣れている、

 

そう、結論付けました。

 

寒さに対して我慢強いと申しましょうか。

 

なので、これから「寒さには強いでしょ?」って聞かれたら

 

「寒いと感じることには慣れています!」と答えます(めんどくさっ)

 

 

 

さて。

 

11日から三日間行った、串かつ上田酒店の五周年記念、

 

お陰様でたくさんのお客様にご来店いただき、盛況のうちに終えることができました。

 

本当にありがとうございます。

 

「もう五年たったんやなぁ~」とか

 

「まだ五年か?」とか

 

お客様の反応も様々。

 

私的にはやっぱり「もう五年」です。

 

しんどい時も何度もありましたけど、お客さんの楽しそうな笑顔に

 

支えられて頑張ってこれらた五年でした。

 

抽選会も盛り上がり、ハズレのスポンジが出るたびに

 

「ハズレですけど、ほんっまいいスポンジなんで!!」と繰り返していました。笑

 

だって、ほんまにいいスポンジやねん。

 

え?これが特賞なん?って個人的には思っていた串かつTシャツも好評で

 

特賞狙いの若者が多かったのも意外で、嬉しかったです。

 

2018115161854.jpg2018115161914.jpg2018115161946.jpg201811516208.jpg2018115162032.jpg

来て頂いただけでも嬉しかったのに、

 

お祝いまで下さった方もいて、本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

まだまだ未熟者ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

抽選会の準備をしています。

毎度、今日からお弁当作りを再開したお米屋の嫁でございますriceball

 

次女の学校も始まり、ゆっくりめに過ごせていた朝も今日からは早起き。

 

朝が苦手なもんで、ましてこんな寒い季節は尚のこと

 

布団から出るのは決死の覚悟です。

 

今は「あ~、早くお弁当作りから解放されたいなぁ~」って思っているけど

 

ほんまにそういうのもなくなったら

 

「なんやかんや大変だったけど、あの頃はよかったな~」みたいに思うんやろな。

 

勝手なもんで。

 

 

 

 

さて。

 

 

今週、木・金・土の三日間で行う串かつ上田酒店の五周年の準備をしております。

 

抽選会の景品はこんな感じです。

 

20181915498.jpg特賞が「串かつTシャツ」っていうんもちょっと笑けるけど

 

本数の関係上、そうなっております。

 

スタッフが店で着用しているあの串かつTシャツです。

 

コーディネートに困った時は、あのTシャツさえ着ておけばトレンドに乗り遅れることもなく

 

一目置かれる町のファッションリーダーになれること間違いナシ!!

 

私的にはハズレの食器洗い用のスポンジが一番おすすめです!

 

ハズレなんて言ったらほんまスポンジに申し訳ない位の、最高のスポンジです。

 

うちの店で使用しているスポンジで、もちろん自宅でも

 

私が嫁いだ時にはすでにこのスポンジを使っていて

 

このスポンジ以外使ったことないって位、いいスポンジです。

 

スタッフの間でも、このスポンジは大好評で

 

食事会の席でもこのスポンジについて、ずっと語り合っていた程です。

 

なので、もし、ハズレを引いても、落ち込む必要はナッシングです!!

 

そんなスゴいスポンジやけど、子供さんにはスポンジとかが当たっても、「ちーーーーん」ってなるやろうから

 

駄菓子のつかみ取りをご用意しています!

 

 

 

201819161555.jpg今日、中に入れる駄菓子を買いに行ったんですけど、

 

これも買ったんですね。

 

201819161739.jpgほんで、箱の中に投入しようと思って、開けてみたら・・・

 

201819161910.jpgあのコンビニとかのレジ横で売ってる20円、30円のやつやなく

 

普通の板チョコサイズのやつやって。

 

ビッグって、書いたあるがな。

 

201819162030.jpgこれを入れたら、こんな感じになり

 

20181916216.jpgもちろん、引っかかって手が抜けず、で。

 

201819162141.jpgでも、うまいこと縦に掴めば、抜けないこともなく。

 

 

このビッグサンダーを入れるかどうか悩んでいるところです。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本酒を楽しむ夏の夜」その②

毎度、今朝スーパーで買い物したものを丸ごとスーパーに忘れてきたお米屋の嫁でございますriceball

 

朝、買い出しに行って、家に帰ってリュックから買ったものを出そうとしたら

 

リュックの中が空っぽで。

 

記憶を巻き戻してみたんですけど、どこに置き忘れたのか思い出せず・・・

 

いや、そもそも、よく考えてみると、商品をリュックに入れた記憶がない(笑)

 

買い物は確かにした。

 

お会計もした。

 

でも、商品をしまった記憶がない。

 

スーパーに戻り、商品を入れるカウンターを見ると・・・・・

 

丁度、私のレジを担当してくれたお姉さんが、カウンターにポツンと残ったレジかごを見て首をかしげているとこだった。

 

入ってきた私と目が合い、お互い「これ・・・?」「それ!!」と(笑)

 

 

 

ほんまに恥ずかしいわ。

 

買い物の量が多いと、そのお姉さんいつも「運んでおきますねー」ってわざわざカウンターまで

 

カゴを運んでおいてくれはるんですね。

 

そして、私はお会計だけを済ませ、そのまま商品を置いて帰ってきた模様(笑)

 

暑さのせいやわ、間違いない。

 

そうしとこ。

 

 

あ、それからヨガの件を教えてくれたIさん、すみません!!

 

メール、ありがとうございます!

 

返信したのですが、何故かエラーで・・・・

 

ヨガ体験、一度行ってみますねーーーー!!

 

 

 

 

さて。

 

 

日本酒の会のつづきです。

 

念入りな打ち合わせ(飲み会ともいう)を重ね、いよいよ当日。

 

A子は前日帰宅が遅かったにも関わらず、帰宅してから深夜に何品か仕込んでくれて

 

当日も仕事を早めに切り上げて、駆けつけてくれた。

 

2017812152540.jpg会の開催までまだ3時間以上あるし、と余裕ぶっこいてたのも最初だけで

 

時間はあっ!という間に過ぎてゆく・・・・

 

今回一番頭を悩ませたのが、やっぱりお料理。

 

お酒のアテになるものを二人で色々考えて、というか、お料理はほとんどお料理上手なA子頼みで。

 

ほんまに今回の企画はA子なしではできひんかったなぁ・・・とお気楽な私は改めて思う。

 

準備してる時も、私よりずっと緊張してた、A子。

 

お料理をお猪口に入れるっていうアイディアは私が提案したんやけど、そのお猪口を提供してくれたのもA子で。

 

2017812153541.jpg酒の肴として写真の七品と別に二品で計九品。

 

・チキンとパプリカのイタリアン南蛮(A子)

・しらたきのガーリックたらこ炒め(A子)

・新ごぼうのぺペロン(A子)

・クリームチーズのかにみそのせ(私。のせただけ)

・〆鯖(私。切っただけ)

・ねぎじゃこ(私。超カンタン混ぜるだけ)

・三つ葉と貝柱のお浸し(私。茹でて和えただけ)

・アンチョビオリーブ(既製品)

・タコときゅうりのマリネ(私、切って和えただけ)

 

手の込んだものは全てA子担当(笑)

 

盛り付けも全部A子におまかせ。

 

すまんな。

 

 

 

このお猪口料理の他に、串かつが五種。

 

2017812154220.jpg・えび

・ししとう

・子持ちししゃも

・れんこん

・うずら

 

 

そして、〆は私の個人的な好みでにゅう麺。

 

〆の一品まで出せる余裕あるかなぁ・・・と直前まで悩んでいたのですが

 

やっぱり、日本酒好きな方が集まるからには、外せないだろうと。

 

これだけはわたくし、頑張りました(笑)

 

2017812154541.jpg串かつ屋の厨房の隅っこに、カセットコンロを置いて

 

お湯を沸かし、麺を茹で、作っておいたおだしを温めて、なんとか時間内に出すことができました。

 

具は、ネギ、とろろ昆布、梅干し、鱧(ほんまにちっさい一切れやけども)

 

 

2017812154824.jpgセッティング完了!!

 

あとはお客様を待つのみ。

 

 

その③へつづく・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本酒を楽しむ夏の夜」のご案内

毎度、昨日は久しぶりに家でゆっくりしていたお米屋の嫁でございますriceball

 

午前中は用事があって珍しく夫と行動を共にしていたんですが

 

午後からはずっと家にいて、自転車も一回もまたがらなかった。

 

昼寝も二時間位して、夜も夜でガッツリ寝ました。

 

元気チャージできたかな。

 

 

 

さて。

 

前々からやってみたいなぁ~と考えていた催し、

 

日程が決まりましたので、ご案内させて頂きます。

 

 

 

題して、

 

「二日酔いになると『もうお酒はやめよう』と思うのに、何故やめられないのか」

 

 

ではなく、

 

 

「日本酒を楽しむ夏の夜」

 

です!!

 

 

わ~~~~、パチパチパチ~~~

 

 

日本酒にあまり馴染みのない方からすると、お酒=冬、みたいなイメージがあるかもしれませんが

 

私のような酒飲みには季節は全く関係なく、年中、日本酒カモーンっていう感じでございまして

 

何もそんな真夏に・・・・とお思いの方もいらっしゃるかとは思うのですが

 

クーラーの程よく効いた部屋で美味しい日本酒を飲みませんか?

 

 

以下、会の詳細です。

 

 

201771712215.jpg「日本酒を楽しむ夏の夜」

 

 

とき:8月9日(水) 午後7時~9時

 

場所:串かつ上田酒店

 

参加費:おひとり様 3500円(税込)

 

定員:10名

(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

※日本酒の会ですので、当日のお飲み物は日本酒のみになります。

※堅苦しい会ではありませんが、せっかくなので利き酒っぽいこともする予定です。

 

 

お申し込みは コチラまで  → info@okome-ueda.com

 

もしくは私個人のケータイへ、LINE、メールでも承ります!

 

タイトルは「日本酒の会参加希望」でお願い致します。

 

 

初の試み、皆さんと一緒に楽しい時間を過ごせるようにしたいと思っております。

 

ぜひ、ご参加ください!!

 

 

ページ上部へ