ホーム>米屋の嫁のひとりごと

米屋の嫁のひとりごと

初めて、じーじと。

毎度、久しぶりに岩盤浴に行ってきたMOYでございますriceball

 

 

読みかけの本の最後を、一気に読んでしまうのがもったいなくて

 

 

なんか違う所で読み終えたい!って急に思いたって岩盤浴に行くことにしたんですが

 

 

肝心の本を持っていくのを忘れました・・・・・

 

 

てか、アレですかね、

 

 

あのほの暗い岩盤浴の場所で、私の老眼では本はきっと読めなかったですよね。

 

 

汗と湿気で本がヨレヨレになるのは別に良かったんですけど。

 

 

あー、読書はほんとに楽しいなぁ

 

 

また改めて書きたいと思いますが、今読んでいる本は680円なんですけど

 

 

たった680円でこんなにワクワクさせてもらえるんですから

 

 

本って安いですよね。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

ちょっと前のことなんですけど。

 

 

信夫と、あ、じーじと、そう舅と初めて二人きりで食事に行ってきました。

 

 

その日はたまたま父の日で(えぇ、忘れていました)

 

 

昼間に久しぶりに自転車に乗りに行ってまぁまぁ疲れて夕方帰宅して

 

 

夫も娘もいなかったので、じーじと自分の分だけのごはん支度をするのが面倒だなーって思っていたら

 

 

テレビで「父の日」ということを知り、「あ、これや!」と思いまして

 

 

「父の日」にかこつけて、じーじを食事に誘いました。

 

 

「父の日」だから、とは言わなかったんですけどね。

 

 

じーじはてっきり娘でも一緒に行くんやと思ったらしいんですが

 

 

私と二人だけだと知り、「それやったらええわー。なんかあるもんで食べよ」と

 

 

嫁と二人の食事会に恐怖を感じたようでしたが

 

 

こんなことでもないともう二度とじーじと二人きりで食事行くことなんかないかも・・と思い

 

 

無理やり、着替えさせ、無理やり、食事に行きました。

 

 

近所の和食のお店に行ったのはいいんですが

 

 

じーじはめっちゃ少食なので、案の定・・・

 

 

最初のお通しとお造りを食べただけで

 

 

「お父さん、もうおなか一杯や」と。

 

 

 

 

うそん。

 

 

 

「なんかもう一品位、食べたら?」と言うと

 

 

メニューを眺めて「お!鮎、食べよかな」と。

 

 

2019624232215.jpg鮎を食べ終えると

 

 

じーじは小声で「もう、あかんわ。先、帰るし、あんたゆっくり飲んどき」と。

 

 

 

 

うそん。

 

 

じーじはそそくさと帰っていきました。

 

 

びっくりする位に少食なじーじにとっては、外食はほんと苦手のようです。

 

 

まぁ、でも短い時間だったけど、じーじと食事ができて良かったです。

 

 

特に何を話したってわけでもないんですけどね。

 

 

実は最近、じーじとの関係性があまりよろしくなくてですね。

 

 

私が一人勝手にイライラしていたんですけどね、

 

 

一つ屋根の下に暮らしていて、ムスッとしていては毎日気が重いので

 

 

それもあって、いったんちょっと気持ちをリセットしようと思い、じーじを誘いました。

 

 

上田に嫁にきて二十数年、じーじと二人だけで外食したのは初めて。

 

 

これもいつかいい思い出になるでしょう。

 

 

 

 

翌朝、台所に立つ私にじーじが

 

 

「昨日はごっつぉーさん。父の日やし、連れてってくれたんやろ」と言いました。

 

 

わかってたんかい。

 

 

「忘れててん」とは言えず・・・・・笑

 

 

来年の父の日は忘れないようにするから、元気でいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手なこと。

毎度、今日、家でお昼ご飯を食べていて

 

ふと横を見たら、もんたよしのりがいてびっくりしたMOYでございますriceball

 

 

 

 

 

 

 

いや、夫なんですけどね。

 

 

 

 

最近、またパーマをあてまして、それも結構しっかり目ので。

 

 

もんたさんみたいなドレッドまでいかないんですけど、なんか似てるって気づいて

 

 

お味噌汁を吹き出しそうになりました。

 

 

あ、ナイショですよ。

 

 

 

もう、諦めました、ロン毛のことは。

 

 

この間、美容室行くって出て行ってから3時間くらい帰ってこなくて

 

 

3時間もかけてどんな頭にしてんだ?って思いまして、

 

 

まさか、あの長さでストレートとかにしてへんやろな・・・とかめっちゃ不安になってたら

 

 

帰ってきて、

 

 

見たら、

 

 

そこには、もんたよしのりが。

 

 

あ、そういえば、今書いてて思い出したんですけど

 

 

この間、一人で飲みに来て下さった初めてのお客さんが(男性、30歳くらい)

 

 

「マスター、なんか音楽とかやってるんですか?」って聞いてこられて

 

 

「あー、よく言われるんですけど、何もやってないんです」って答えたら

 

 

「え~、そうなんですか~?え、でも、昔好きだったミュージシャンとか誰ですか?」って聞かれて

 

 

多分、バンド系、それもロックとかパンクとかの名前が出ることを期待して聞かはったと思うんですけど

 

 

夫が

 

 

「う~ん・・・・明菜」って答えて

 

 

お客さん、ズコーッてなってました。

 

 

当店の柱のどこかにウン十年前の「明菜命」ステッカーが貼ってあるので、探してみてくださいね。笑

 

 

 

さて。

 

 

苦手なこと。

 

 

まぁ、色々あるんですけど

 

 

例えば、これ、自分でもちょっと病的やなって思うんですけど

 

 

電話一本かければ済む用事をずっと放っておいて、結局、期日ギリギリに慌てるとか。

 

 

そういうのを何件も溜め込んで、いよいよやばいよーってなってからやっと動くっていう。

 

 

若い頃はめっちゃ計画性のある人間で、何でも早め早めにできていたのに

 

 

いつからだろう、こんなギリギリ人間、略して「ギリ人」になったのは。

 

 

なんか一つ一つを片付けていけないんですよ。

 

 

区役所いかなあかん用事とか、電話して確認せなあかんこととか

 

 

記入して送らなあかん書類とか、クリーニング出さなあかん冬物とか(もう6月やー!)

 

 

そういうのを溜め込むだけ溜め込んで、

 

 

もう、あかーーーーーーん!!ギリやーーーーーー!!ってなってから、動く。

 

 

 

 

いや、ちゃうねん。

 

 

苦手なことはこんなことやなくて、いや、こういうのも苦手なことなんやけど

 

 

最近、巷にあふれている色んなポイントあるじゃないですか

 

 

ポイントに限らず、なんかペイ?なんちゃらペイ?とか、

 

 

もうそんなんを利用するのがめっちゃ苦手いうか、不得手いうか。

 

 

うまく利用したらめっちゃ得なんわかってるんやけど、

 

 

もうその手続きの時点で、「あかん・・・めんどくさ・・・」っておもってしまう。

 

 

キャッシュレス化のこの時代、お店も導入せなあかんのはわかってるんですけど

 

 

もう全くその気が・・・・

 

 

ほんま商売しててこんなんあかんのわかってるんですけどね。

 

 

私が今、貯めてるポイントといえば、Tポイントといつも行くスーパー位で。

 

 

そのスーパーで普通の買い物でたまるポイント以外に

 

 

今、お買い物1000円ごとにシールを一枚もらえて、それを台紙に貼ってためたら

 

 

調理器具をお得に買えるキャンペーンみたいのをやってて

 

 

そういうアナログなポイントは貯めたりするんですけど

 

 

律儀に台紙にシール貼ったりしてね。

 

 

でも、結局、商品交換はしないんですけどね(しないんかーーーーい)

 

 

 

とにかく、デジタルなポイントを貯めるのが苦手ですって話です。

 

 

最後に、この間、長女とごはんに行った時の写真なんですが

2019619224446.jpgこれ、一軒目で

 

 

 

 

娘が「もう一軒行こー」っていうんで、娘の知っているお店に行って

 

 

隣にいたイタリア人だかフランス人と(たぶん、フランス人)

 

 

めっちゃ盛り上がってる写真が後日娘から送られてきましたが

 

 

まったく記憶になかった母でございました。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

歯医者さんに行ってきたYO!

毎度、あばれる君とデートする夢を見て、

 

目覚めた時にはすっかりあばれる君を好きになっていたMOYでございますriceball

 

夢に出てきたのは、その日たまたまテレビであばれる君を見たからだと思うんですが

 

まぁー、夢の中のあばれる君はとってもジェントルマンで。

 

「欧米かっ!」って言いたくなるくらい、レディーファーストで。

 

また、それがとってもさりげなくて。

 

面白いわ、ジェントルマンやわで、

 

目覚めた時「あばれる君・・・・heart01」ってなってたわ。

 

ほんま、私のハートが暴れる君やったわ(ドクンドクン)

 

 

 

 

さて。

 

 

今日は「自分で自分を褒めてあげたい」

 

 

そんな日です。

 

 

行ってきましたよ、歯医者さんに。

 

 

もう、朝からソワソワ、心拍数高め。

 

 

友達に教えてもらった初めて行く歯医者さんやったので、

 

 

問診表を書いていただくので、少し早めに来てくださいと言われ

 

 

予約時間の15分前に到着。

 

 

広くてきれいな医院で、受付のお姉さんはアレ、あれ、なんやっけ

 

 

イヤホンじゃなくて、ワイヤレスマイクじゃなくて、ほれ、あの無線の。

 

 

あかん、出てきいひん。

 

 

とにかくそれをつけていて、受付のお姉さんはそれで誰に何を伝えるのかなぁ、、、とか気になりました。

 

 

「ご新規さん、お見えでーす!」とか?

 

 

「アラフィフ女性、銀歯多めでーす!」とか?

 

 

問診表を渡され、記入。

 

 

ほどなくして、奥から名前を呼ばれました。

 

 

とりあえず二本分のかぶせが取れて、噛むとこがなくて困っていると伝えました。

 

 

優しい女性スタッフさんに簡単な処置をされた後、先生が来るのを待ちました。

 

 

ドキドキ、ドキドキ・・・・

 

 

ハンカチを握りしめて待ちます。

 

 

診察台にはテレビがついていて、大久保佳代子姉さんといとうあさこ姉さんのロケ番組をやっていたので

 

 

ちょっとだけ気分がほぐれました。

 

 

 

 

そして、とうとう先生が来ました。

 

 

心の声 「キターーーーーーーーー!!」

 

 

ドキドキドキドキ・・・・

 

 

先生 「はい、こんにちはー!」(結構、若い先生)

 

 

私 「よろしくお願いします・・・」(声、ちっさ)

 

 

先生 「かぶせが取れて、噛むところがないと」

 

 

私 「はい・・・

 

 

先生 「じゃあ、ちょっと見せてもらいますねー

 

あ、リラックスしてくださいよー」(まだ何もしてない)

 

 

 

 

口の中を見てもらったあと、今後の治療計画みたいなんを簡単に説明され、

 

レントゲンを撮り、再び診察台へ。

 

 

先生 「では、取れたピンを立てるための穴をですね、作っていきますね」

 

 

私 「穴!!!い、痛いですかっ?」

 

 

先生 「神経はもうないんでね、痛みはないと思うんですけど

 

 

ドリルみたいな感じでちょっと振動があります」

 

 

私 「ド、ドリル!?すみませんが、私、ほんと苦手で・・・」

 

 

先生 「みたいですねー(笑)大丈夫ですよー。

 

もし怖くなったら手を挙げてください、すぐ、やめますから!!」

 

 

私 「たぶん、その時はもう両手挙げてしまうかと・・・」

 

 

先生 「あははは、いや、片手で大丈夫ですよー」

 

 

傍らの女性スタッフさんもめっちゃ優しく

 

 

「ほんとに怖かったらすぐ手上げてくださいねー」って。

 

 

ちっさい子ならまだしも、ほんまいい年して情けない・・・

 

 

 

 

 

そして、ドリルは思ったより振動もなく、なんとか手をあげずに済みました。

 

 

そのあと、型を取ったんですが、実はアレも苦手で。

 

 

なんか窒息するんじゃないかって不安になるんですよ。

 

 

どんだけ怖がりやねんって話。

 

 

きっと涙目になってたと思う。

 

 

治療、終わったら脇汗べっしょりでした。

 

 

今度は脇汗パッドをつけて挑もうと思います!!

 

 

 

隠れ家

毎度、覚悟を決めたMOYでございますriceball

 

 

えぇ、決めましたとも。

 

 

その勇気には我ながらスタンディングオベーションをしたいほどです。

 

 

自分の苦手分野に挑む、えぇ、人はそれを「挑戦」と言います。

 

 

好きなこと、楽なことばかりをしている人生には成長がありません。

 

 

だから、私は敢えて、敢えて、嫌なことにトライするのです。

 

 

その第一歩。

 

 

さきほど、震える手で電話をかけました。

 

 

 

 

 

来週、歯医者の予約を入れましたーーーーー!!!

 

 

 

よっ!!自分!!よくやった!!

 

 

 

 

だって、ほんまに歯医者嫌いやねんもん・・・・

 

 

蚊と同じくらい苦手。

 

 

歯医者に蚊いたら、もう白目剥いて倒れるわ。

 

 

でも、もうあかん、もう限界ラバーズ(※)や思って。

※1980年代にデビューした女性5人組ロックバンドの代表曲。

 

 

歯の不調のせいで食べたいものもちゃんと食べれへんし、

 

外食とかしててもいつまたかぶせが取れるかと気が気じゃないし。

 

実際、この間も友達と外食してた時も外れてフガフガ言うて、トイレ駆け込んだわ。

 

しっかり治してきます!!

 

応援よろしくぅ~!!(何の?)

 

 

 

 

さて。

 

 

よく、飲食店とかで「隠れ家的なお店」ってフレーズがありますが

 

この間行ったお店が、「隠れ家的」っていうより、ほんまに隠れてたんでご紹介します。

 

 

 

まず、通りにあるこの行灯?を見逃したらアウトです。

 

 

201961116555.jpg

あ、写真の向こう側が通りです。

 

 

この行灯を目印にこの路地に入ります。

 

 

そして一つ目の角を右に曲がります。

 

 

201961116835.jpg

 

すでに「ほんまこんなところにお店が?」と不安になっています。

 

 

突き当りを今度は左です。

 

 

2019611161054.jpg普通の住宅密集地です。

 

 

かなり不安です。

 

 

201961116123.jpgほんまにこの先にお店が・・・・??

 

 

どうしよう・・・・二度と戻れなくなったら・・・・

 

 

 

「おかあちゃーーーーーーーーん!!」(心の声)

 

 

 

 

角を曲がったその先に見えたのは・・・・

 

 

 

201961116142.jpgデーーーーーン!!

 

 

まさかの大仏!!

 

 

 

 

 

 

ではなく、

 

 

2019611161448.jpgどんつきにあったーーーー!!

 

 

提灯を見つけて、ホッ。

 

 

ほんま隠れてた。

 

 

ここまで隠れてると、この細い路地を進んで、このお店の暖簾をくぐるまでが

 

 

一つのエンターテイメントになってるので、立地としては最高ですね。

 

 

お店の雰囲気も良くて、気に入りました。

 

 

気になる方は、私に直接聞いてください。

 

 

こっそり場所をお教えします。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨入りはまだか

毎度、先日、思いもよらぬ人に「似ている」と言われてびっくりしたMOYでございますriceball

 

時々、お仲間と当店に来てくださるお姉さまたち。

 

お年の頃は・・・ん~、七十歳前後でしょうか。

 

みなさん、お酒も強くらっしゃって、「ハイボール、濃いめで!!」とか

 

カッコいいオーダーを下さるんです。

 

あ~、私も十年後、二十年後もこんな風に元気にお酒を飲んでいたい!と思わせて下さるお姉さまたちです。

 

テーブルに行くたびに

 

「あなた、目がキラキラしてるわね~」とか言ってくださって

 

「若いっていいわね~」なんて。

 

そりゃ、お姉さま方かた見たら、私なんてまだお尻の青い若者なんでしょうね。

 

私が二十代の子に「肌、きっれ!」とかいうのと一緒で。

 

そのお姉さまたちのテーブルに何度目かに行った時に、私を見て一人の方が言いました。

 

「誰かに似てるよね~、芸能人で、えーっと・・・・」

 

芸能人・・・・

 

私は不安と期待でいっぱいです。

 

他の二人の方も「あ~、確かに、、、、誰かに似てるわ~」とアバウトなリアクション。

 

 

 

そして、

 

お姉さま 「あ!わかった!!」

 

私 (ドキリ)

 

 

「柏原芳恵!!」

 

 

 

私と他の二人のお姉さまがフリーズ。

 

 

柏原芳恵・・・・・

 

 

いわれたことない。

 

 

一ミリもかすってないと思う。

 

 

他の二人のお姉さまも「かしわばら・・・よし・・・え?」ってなって

 

 

言った本人も「ちゃっ、ちゃうな!!ちゃうわ!!」って即否定してました。笑

 

 

咄嗟に「こうちゃのおいしぃ、きっさてんnote」って歌ったら良かったんでしょうけど

 

 

意外すぎる答えに動けませんでした。

 

 

てか、似ている人が「柏原芳恵」って、年齢は違えど私もお姉さまたちも

 

同じ昭和グループなんだなって、再認識した出来事でありました。

 

 

 

さて。

 

 

近畿の梅雨入り宣言がまだです。

 

 

今日もきつい雨が降りましたが、確かに梅雨の雨という感じではなくスコールのような激しさ。

 

 

東海や、関東、東北南部とかは宣言があったのに・・・

 

 

東北南部が近畿より先に梅雨入りしたのは1974年以来だそうだから、45年ぶり!

 

 

だから、なんだって話ですか?

 

 

すみません。

 

 

梅雨って雨や湿気も嫌なんですけど、もう一つ嫌なのが

 

 

食べ物がすぐ腐る!!

 

 

 

真夏より、梅雨の方が腐る率高いと思うのは私だけでしょうか。

 

 

お味噌汁なんてうっかりしてたらすぐ酸っぱくなる。

 

 

 

 

 

あと、気温が高くなってきて、めっちゃ嫌なんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季、もう二匹の蚊を見ました。

 

 

ほんっま、蚊には悪いけど、大っ嫌いです。

 

 

誰も好きな人はいないと思うけど、たぶん、私の蚊嫌いはレベルが違います。

 

 

見つけたら仕留めるまで、諦められません。

 

 

あの耳元でするブィ~ンって音が大嫌いです。

 

 

そのクセに殺虫剤とかも嫌いだから、どうせっちゅーねん!って話なんですけど。

 

 

手で仕留めるという原始的な方法で戦っております。

 

 

子供のころ祖母と寝ていたんですけど、北海道はこっちより断然、蚊は少なかったんですが

 

 

毎年、夏になると蚊帳をつって寝ていました。

 

 

蚊帳、つろかな。

 

 

 

2019610192312.jpg

 

こんな昔ながらのとか

 

 

2019610192348.pngこんなベッド用のも!!

 

これいいな。

 

ほんまに検討しようかな。

 

何がいやって、寝ている時に来られるのが一番嫌だからなぁ。

 

おすすめの蚊帳があったら教えてください!!

 

 

おすすめの蚊帳て。

 

 

 

日本酒のイベントに行ってきたよ!

毎度、今日はなんだかブルーなMOYでございますriceball

 

原因はわかっています。

 

書きませんけどね。

 

書かんのんかーーーーーーーい。

 

そんな日もあるわ。

 

だって、人間だもの(そのこ)

 

 

 

さて。

 

気分はちょいブルーやけど、この間の楽しかった日のことを書きます。

 

思い出して元気になるわ。

 

この間、友達とこんなイベントに行ってきました。

 

20196416041.jpg滋賀の大津にある商店街と滋賀の酒蔵さんのコラボイベント。

 

こんなに日本酒LOVEなのに、実はこういうイベントに行くのは初めてで。

 

行きたいな~って思うイベントはよくあるんですが

 

休みとなかなか合わなかったりで。

 

友達と京都駅で待ち合わせ、琵琶湖線に乗ること10分、大津着。

 

そこから会場となっている商店街まで徒歩10分って書いてあったんやけど

 

方向音痴&大雑把な私たち二人、とりあえずよく調べもせずに

 

「だいたいこっちやんな」で歩きだすと言ういつものパターン。

 

人に聞いたらええやんって感じで。

 

その内、前方に同じチラシを手にした人を発見して、「着いてこ!」となりました。

 

 

商店街に到着~~

 

この日はうす曇りで暑くも寒くもない気温でお酒を飲むには最適!

 

チケットブースで前売り券をお酒の件に交換。

 

100円券が20枚セットになっていて、前売りなら500円もお得。

 

まだ開始早々だったからか、人はそんなに多くない。

 

とりあえず一杯目!!

 

さぁ、行ってみよーーーー

 

 

20196419268.jpg一博っていう人の名前みたいなお酒。

 

人の名前なんかも。

 

そして、アテは

 

201964192813.jpgサザエの焼いたの。

 

のっけから旨し。

 

お酒もモチロン楽しみだったけど、アテも楽しみよね~

 

商店街のお店だけじゃなく、大津周辺の人気店も出店してたわ。

 

201964193157.jpg

 

お酒は、一杯がほぼ200~400円で最初に配られたプラカップを使いまわすシステム。

 

200円のばかりなら10杯も飲める=酔うシステム。

 

はい、どんどん行ってみよーーーーー

 

 

お次は「天井川(てんじょうがわ)」さん。

 

 

写真奥に移りこんでいる「ん?アムロ?」っていうコスプレが気になったので聞いてみたら

 

「社長がガンダムファンで(笑)」という返事でした。

 

あ、こちらは「美冨久酒造」さんっていうところです。

 

銘柄の「三連星」っていうのは飲食店さんで飲んだことあったけど

 

蔵の名前までは覚えていなかったな。

 

 

 

おつまみは

 

201964193941.jpg焼き鯖寿司に餃子、枝豆。

 

もう、何を食べても何を飲んでも美味しい(笑)

 

201964194049.jpg若いご夫婦がやってるパン屋さんも出店してて、

 

アテに一つ買いました。美味しかったーーー

 

201964194323.jpg燗酒コーナーもあったよん。

 

20196419442.jpg喜楽長さんは有名ですね。

 

 

滋賀のお酒をこんなに一度に飲んだのは初めてやったけど

 

なかなか個性豊かなのが多くて、楽しかったなぁ~

 

 

私の大好物、おつけもん屋さんもあって、また美味しくてこれが。

 

201964194819.jpgお酒が進むわぁ~~~~

 

 

気が付けば、人も多くなっていて、大賑わい。

 

みんな、ほろ酔いやから、知らん人同士気楽に喋ったりして楽しかったー

 

たまたまなんかで話しかけた若者と一時間くらい喋ったりしてね。

 

おばちゃん二人のパワーに恐怖を感じたんじゃないかな。てへ。

 

 

 

あと、めっちゃ思いがけない人にも会えて。

 

201964195313.jpg大阪の日本酒BARの女将さん。

 

ファンキーでしょ。

 

お店ではこの金髪で着物に割烹着着てはります。

 

前から一度行ってみたくて、数か月前に勇気を出して一人で行ってみたんですが

 

初めて行ったというのに、最初の方こそちょっと緊張して大人しかったのに

 

気が付けば飲み過ぎてかなりテンション上がり

 

翌日、曖昧な記憶に「きっと女将さんに嫌われた・・・・・もう二度と行けない・・・」と凹んでいたんですが

 

その女将さんにばったり。笑

 

 

真っ先に失礼を詫びました。

 

笑顔で写真を一緒に撮ってくれたということで、許してもらえたと理解しております(違う?)

 

 

 

〆はコレ!!

 

20196420546.jpg「モリン」さんってとこの油そば。

 

これがめっちゃ美味しかった!!

 

行列できてたけど、どうしても〆に食べたくて。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、美味しいお酒と美味しいアテ、

 

楽しい出会いや、女将さんに謝る機会も頂けて

 

いい一日となりました。

 

 

 

来年もきっと行こー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達の家に呼ばれたよ

毎度、ヒルクライムのレースへの出場を決心したMOYでございますriceball

 

 

ヒルクライムって何?という方のために。

 

 

ヒルクライムとは「こっとし~の春はどこ行こうか~」でお馴染み、

 

 

「春夏秋冬」がヒットしたヒップホップユニットではなく(現在はソロ活動をしている)

 

 

ロードバイクで山などの坂道を登る競技のことです。

(自転車じゃなくても、ヒルクライムっていうらしい)

 

 

今まで何度か一緒に走ったことのある人から「今度、ヒルクライムあるし出えへん?」と誘われたんですが

 

 

多分、二年位前やったら迷わず「出る出るーーーーー!!」って返事してたと思うんですけど

 

 

日一日と衰えを感じる昨今、今回は結構悩みました(「今晩のごはん、何しよー」レベルで)

 

 

一応、レースやし制限時間もあるし、どんな程度の坂なのか斜度を示す%の数字を見ても

 

 

それがいったいどの位の坂なのか全く想像できないし・・・・

 

 

でも、「そんなきつくないで」と言ってくれた仲間の言葉を信じ、

 

 

とりあえず参加することに意味がある!と思い、出場することにしました。

 

 

きっと、もうこんなん出るの最初で最後と思うから、楽しみたいと思います!

 

 

あ、あとみんなでおそろいのサイクルジャージを作ってて、

 

 

きっとそのレースの時までには完成してくるから、それも楽しみです。

 

 

かなり斬新なデザインで、一人で着る勇気はないのでみんなと着たいと思います。

 

 

 

 

さて。

 

 

先日の夕方、近所に住む文通友達が「晩ごはん、食べにこない?」と誘ってくれました。

 

 

小走りで行けば10分とかからない近所に住んでいるのに

 

 

年に数回、お互い手紙を送り合って、近況報告しています。

 

 

前にも一度お呼ばれしたんですが、本当に素敵なおうちで。

 

 

 

 

 

約束の時間、ピンポンを鳴らすと「はーい」って頭に手ぬぐいを巻いたいつものスタイルで出迎えてくれました。

 

 

リビングへ通されると、ほら、もう素敵。

 

 

201961141243.jpgこの照明の感じ。

 

明るいか暗いかしかない我が家では見られない照明具合です。

 

私が座る席にはすでに先付けが(ほんま料理屋さんみたい)。

 

また、窓から見えるグリーンの癒し効果。

 

「なんか・・・・・長野県来た気分・・・」とか意味不明なこと言ってたわ、私。

 

長野県、行ったこともないのに。

 

いや、でもほんと家からめっちゃ近いのに、なんかどっかの山奥に来た気分になるんですよね。

 

そして、今、写真を貼って初めて気づいたんでんすが、この食卓テーブルの椅子4脚

 

全部、違う椅子だった・・・・

 

我が家の、家族分椅子がないからその辺の椅子を適当に混ぜたのとは意味が違う。

 

 

201961141640.jpgこれまたおしゃれなドライフルーツとミョウガときゅうりのお酢のもの。

 

「もうこれだけでずっと飲めるわー」って飲む気満々。

 

とりあえずビールで乾杯。

 

 

 

201961141821.jpg「考えたら、またひき肉料理になっちゃたー」って言いながら出してくれたのはラザニア。

 

そういえば、前回はひき肉たっぷりのボロネーゼだった。

 

家ではほぼ和食、調味料と言えば、お酒、しょうゆ、みりんのワンパターンだから

 

こうやって普段、家で作らないものを食べれるだけで、最高に幸せ。

 

しかも上げ膳据え膳(いや、手伝え)

 

本当にこんなリラックスしていんだろうか・・・って思うこともない位にリラックスしてしまいました。

 

この友人は「人に気を遣わせない気遣い」のできる人なんですよねぇ(いや、気を遣え)

 

思い返したら私、椅子に座ってから帰るまでの約4時間、一回も立ってないわ。

 

今更、ジローごめん・・・って感じやわ。

 

 

 

またこのラザニアが美味しくて。

 

二言目には「店、出したらいいのに!」って言うてた気がする。

 

 

 

 

そして、次に出てきましたのが

 

201961143622.jpgタコスーーーーーーーーーー!!!

 

しかも、私の食べるタイミングでパンとかも温められて出て来るし、

 

このタコスのソース?具?ももちろん手作りやし。

 

ほんま「タコス屋さんしたらいいのに」ってまた言うてた気がする。

 

 

 

あとね、器一つ、調理器具や道具の一つ、どれをとっても素敵でね。

 

何が素敵って、そういう物の一つ一つがちゃんとしっかり暮らしの中で使われてるのがわかるからなんですね

コメンテイターか。はたまた暮らしアドバイザーか。何目線や。偉そうに。

 

 

いや、でもほんとにそう思うんですよね。

 

私なんぞが憧れだけでたまーにいい物とかおしゃれなものを買っても

 

結局、家に馴染まないままただの置物みたくなってるしね。

 

そして、頑張ってる感がないというか(いや、頑張ってくれたんやろうけども!)

 

なんか色々出てきても「きっと、普段もこうなんやろうなぁ」って。

 

私が人とか家に呼んだら、やっぱり張り切って、ちょっと見栄も張るわけじゃないですか。

 

普段、作らないもの作ってみたりね。ほんで、失敗したりね。

 

 

タコス、美味しかったなぁ~ with YO・DA・RE

 

 

 

私が日本酒好きなのも知ってくれてるから、美味しい冷酒も用意してくれてて。

 

201961144454.jpgこの錫の酒器。

 

盗んで帰ろうか思ったわ、素敵すぎて。

 

友達はなんか聞いたことも見たこともない洋酒を飲んでた。

 

 

かなり時間がたってから、しゃべり倒してて自分の声で全然気づいてなかったんだけど

 

ずっと静かにかかってたBGMが変わった曲で、

 

聞いたら「民族音楽」って。

 

民族音楽・・・・・・

 

ほんとに趣味の幅が広い。

 

だって、見た目の物静かなイメージからは想像できないんだけど

 

彼女、パンクも好きで。

 

本も好きだから、おススメの作家さんとかも教えてくれる。

 

それがまた全部おもしろい。

 

 

「ギャップ」ってすごい魅力じゃないですか。

 

彼女の魅力の一つはそれなんだと再確認。

 

出会った当初は絶対そんなこと言う人だとは思わなかったけど

 

下の話とかもするし。

 

でも、それがそんな下品な感じでは全くなく、いつもどこかユーモアがあって知的で。

 

彼女と一緒にいるときっと自分までちょっと賢くなった気分になれて居心地がいいんかな。

 

 

 

最後に手作りのデザートまで出してくれて。

 

20196115622.jpg手作りの寒天!!

 

彼女自ら海でとってきた天草から作った寒天

 

ではないけど、ほんとに美味しかったぁ。

 

 

幸せな休日のひとときでありました。

 

どうもありがとう。

 

 

 

 

 

入った時には気づかなかったんだけど、帰り際にふと玄関スペースに置かれた椅子を見たら・・・

 

 

201961151014.jpg!!!

 

 

椅子の下に、バナーナ!

 

 

「え?なんかのおまじない?」って聞いたら

 

「いや、ただちょっとでも風通しのいい所に置いとこうと思って」って。

 

バナナの置き方までおしゃれやったわ。

 

 

 

ずっと友達でいてね(小学生か)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白い巨塔」とチャンネル争い、総回診など。

毎度、気が付いたらお酒を二日間飲んでいないことに気が付いて

 

我が事ながらちょっと驚いているMOYでございますriceball

 

あ、補足ですが、私の言う「お酒」とは「日本酒」のことです。

 

アルコールを飲んでいないわけではありません。

 

もう、こんだけ暑かったら、やっぱビール飲むわ。

 

ほんで、私はビールを飲むと眠たくなる傾向が強く

 

日本酒に移る前に寝てしまう・・・・・

 

と、言うわけで、二日間日本酒を飲んでおりません。

 

 

 

はい、どーでもいい情報でしたね。

 

 

そうそう、北海道、めちゃめちゃ暑いみたいですが、

 

みんな大丈夫ですかー?

 

ついこの間まで「寒くてストーブつけてる」って言うてたのに・・・

 

「北海道=涼しい」という考えはもはや通用しませんね。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

五夜連続の「白い巨塔」、ご覧になりましたか?

 

 

普段、録画してまで見る番組って「吉田類の酒場放浪記」と「おんな酒場放浪記」位の私ですけど(酒まみれ)

 

 

「白い巨塔」は録画して見ましたよ、ああいうの好きなんで。

 

 

ほんで、毎晩、仕事から帰宅してからビールをプシューっと開けてですね

 

 

再生ボタンを押すのを楽しみにしていたわけです。

 

 

そしたら、第四夜の放送日だった一昨日。

 

 

仕事を上がったのが11時半くらいで

 

 

疲れてはいましたが、やっぱりすぐに見たいので、帰宅するなり再生ボタンを。

 

 

見始めて20分くらいたった頃でしょうか、

 

 

突然、ブチっと画面が消えまして・・・・・

 

 

え?と思って、見てみたら・・・・

 

 

なんと録画が途中で切れてしまってたんです。

 

 

がーーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

 

ががーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

 

 

 

どぉして・・・・

 

 

五郎ちゃん・・・・・(五郎ちゃん関係ない)

 

 

原因はわかりませんが20分しか録画できてませんでした。

 

 

そして、ふと不安になりちゃんと最終話が録画予約できているか調べてみると・・・・・

 

 

更に驚愕の事実が・・・・

 

 

 

 

なんと確かに予約しておいた「白い巨塔」の予約が消され、他の番組が予約されていたんです。

 

 

「どういうことだっ!財前!!」

 

 

犯人はロン毛の夫です。

 

 

断りもなくこんなことをするのはロン毛しかいません(全国のロン毛に謝れ)

 

 

リモコンを持つ手がわなわなと震えました。

 

 

そして、夫に確認しました。

 

 

「白い巨塔、予約消した・・・?」

 

 

 

 

「あー、だって毎週見てる(ドラマ)やし。笑」

 

 

 

夫が毎週どんなドラマを見ているのかは知りません。

 

 

夫だって、毎日遅くまで仕事をしているのですがら、録画しておいた番組を見るのは楽しみでしょう。

 

 

でも、でもですよ、

 

 

一言あっていいんじゃないでしょうか。

 

 

「俺も毎週見てるドラマあるし、録画したいんやけど・・・」と。

 

 

 

 

これ、私が先に気づいたからよかったもんの

 

 

録画が取り消されていることを知らずに、昨日の夜、

 

 

帰宅し、録画した番組表の中に「白い巨塔」の文字がなかった時のショックを想像すると・・・・

 

 

もう、きっと発狂してテレビをベランダから放り投げていたことでしょう。

 

 

そして、それがテレビのせいではなく、夫の仕業と知った時には

 

 

もう、わたくし、手を血で染めてしまうわ・・・

 

 

 

 

いや、でもほんまこれ、訴訟大国アメリカやったら、大ごとや。

 

 

結局、別に暮らしている長女に連絡をして、録画を頼みました。

 

 

 

 

ところで、教授の総回診のシーンあるじゃないですか?

 

 

ほんまにあんなのあんの?って思いません?

 

 

 

 

あるんですよ。

 

 

 

40代の初めに大学病院に入院した時、ありました。

 

 

その時も「ほんまにあるんやー」って小さく感動した覚えがあります。

 

 

あんなドラマほど大げさな感じはありませんでしたが、それでもやっぱりなんか緊張感はありました。

 

 

「ベッドにいてくださいねー」とか言われたような気がします。

 

 

あれ、なんの意味があるんでしょうね。

 

 

患者にしてみたら、いくら教授って言っても「誰?」って感じですし

 

 

簡単な説明を周りの先生が教授にして、「どうですか?」とか「お大事に」位の会話があるだけで。

 

 

 

 

 

 

あと、気になることがあるんですけど、

 

 

手術のシーンで、二階席みたいなところがガラス張りになってて

 

 

先生とか研修医の人たちが手術を見学してるじゃないですか?

 

 

もしかして、私も知らない間にああやって見られてたんかなーって。

 

 

まぁ、私の症例が少しでも医学のお役に立てたなら、いんですけどね。

 

 

 

早く、最終話見たいわー

 

 

 

 

 

聞いておくれ、変な夢の話を。

毎度、にゅう麺を作ろうと思ったのに冷蔵庫にネギがないと知って絶望しているMOYでございますriceball

 

ネギがないにゅう麺なんて・・・・

 

「それはもうサドルのない自転車のようなものだ」  ニーチェ(言わんわ)

 

いや、ほんまがっくり。

 

にゅう麺にネギないなんて・・・

 

自転車はサドルなかっても、なんとか走れるやん(立ち漕ぎで)

 

でも、にゅう麺にネギは絶対必要やん!!

 

麺なくてもいいからネギは欲しい(もはやにゅう麺ではない)

 

でも、ほんまにその位ネギは必須です。

 

ほんまがっくり。

 

 

 

 

さて、また変な夢みたんですけど、聞いてもらえます?

 

夢の中でも私は寝ていて、夢見てうなされてる設定なんです。

 

あれ?なんか今書いてても自信ないんですけど

 

夢なのか、なんか金縛りみたいなのにでもなってたのか

 

ちょっとはっきりわかりません。

 

そして、その夢というのは、必死になって自転車のペダルを踏んでいるのに

 

何故か全然進まなくて、空回りしているわけでもなく、ペダルは重たくて。

 

周りの景色もなんか見えなくて、見えないっていうか、暗がりで。

 

そして、パッと目が覚めたら(夢の中で)

 

横向きで寝てて、めっちゃ体が丸まってて、

 

「絶対、布団の中でほんまに漕いでたやん!」って思うような姿勢で

 

それで、内容的には怖い夢とかではないはずやのに、

 

何故か目が覚めた時(あ、夢の中です)、すっごい恐怖を感じて

 

ドア一枚隔てた向こうの部屋にいる家族を呼ぼうと大声を出すんですが

 

声が出なくて、そのことにも更に恐怖を覚え

 

何とか、体を起こして助けを求めてドアの方へ向かって行く途中で

 

スローモーションのようにめっちゃゆっくり体が倒れていって

 

ゆっく~り床に横たわったところで、目が覚めました(これはほんまに覚めた)。

 

 

 

 

なんなん、この夢。

 

 

暗がりで必死にペダルを漕ぐも、まったく進めず、って。

 

 

何かを暗示している夢だとしたら、私、今めっちゃ精神的に行き詰ってるんかな。笑

 

 

いや、特にそんな感覚はないんやけど。

 

 

そして、最後のスローモーションでゆっくり倒れた時の感覚が

 

 

目が覚めてからも体が覚えていて、今まで経験したことがないような感じで面白かったです。

 

 

貴重なお時間、しょーもない夢の話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

*********************************************

 

 

 

昨日、このブログを書きかけて途中で寝てしまったんですけど

 

結局、にゅう麺はネギなしで作りました。

 

にゅう麺の前にも色々食べていて、もうお腹ポンポコリンで。

 

また深夜に食べてしまったことをすんごい後悔してしまい、ほろ酔いだったこともあって

 

普段なら絶対買わないようなダイエットサプリみたいのを注文してしまったわ・・・・

 

それこそ、後悔。

 

 

腹筋でもしよ。

 

 

 

 

 

急遽、同窓会!

毎度、何の変哲もない言葉でも最後に名前をつけただけで

 

格言みたいになるって気づいて一人遊んでいるMOYでございますriceball

 

 

 

例えば

 

「晩ごはんはいらない、飲み会だからー上田園子」

 

とか

 

「ちょっとそれ取って、立ったついでにー上田園子」

 

とか

 

「ええって、ほんま、今日は私に奢らせてー上田園子」

 

等々。

 

なんの深い意味もない言葉も、なんか教訓やストーリーがあるように感じられませんか?

 

だから何だって話なんですけど、ただ、おもしろいなって。

 

 

 

 

さて。

 

 

思いがけず、小中の同級生が集まった話です。

 

 

二か月位前から、北海道に住む同級生が「五月に京都に行くからお店に行くね」と言ってくれてて

 

まだまだ先だなーって思っていたけど、あっという間にその日が近づいて。

 

その同級生とはまた別の、東京にいる同級生が

 

「今、週一で関西に日帰り出張あるから、会えたら会おう」って言ってくれてて

 

でも、なかなか会えないまま日がたってて。

 

たまたまちょっと連絡した時に「実は明日〇〇(前出の北海道の子)が串かつ屋に来てくれるんだ」って言ったら

 

「うわ、実は俺も明日行こうと思ってた!」と。

 

いつもは水曜日だった出張が今週から金曜日になった、と。

 

ほんで、もう一人一緒に会おうって言ってた大阪在住の子にも声をかけたら

 

「行く!」と。

 

みんなフットワークが軽い!

 

 

そんなわけで、急遽四人で集まることに。

 

集まる言うても、場所はうちの串かつ屋なんですけどね。

 

北海道から来る彼女には東京・大阪の子が来るのは内緒にしてたんですけど

 

先客がいることにびっくりしていいリアクションをしてくれました。

 

201952018398.jpg北海道の子とはなんと(多分やけど)中学卒業以来、

 

まともに会ってないから三十年以上ぶり。

 

三十年て。笑

 

すごいな。

 

お店がそんなに忙しくなかったら、私も一緒に飲むわ!って言ってて

 

最初は金曜の夜だというのに、お客さんもまばらで

 

「よっしゃ!一緒に飲むわ!」って喜んでたんやけど(店的には喜べへん)

 

調子よくみんなと飲んで、わーきゃー言うてて

 

はっ!って周り見たら、ほぼ満席になってて、慌てて仕事をし出した私です。

 

私たちは来年で50歳になるんですけど

 

それに合わせて来年同窓会を企画しているんですね。

 

私は幹事ではないんですけど、元ホテル勤務経験者というだけで

 

会場を決める大役を仰せつかりまして

 

元上司にお願いしてすでに会場は抑えさせて頂きました。

 

来年秋の大同窓会に向けて、今から体調を整えたいと思います。

 

201952018525.jpgポーズが昭和。

 

特になんなん私の指先。

 

楽しかったよ!!

 

みんな来てくれてありがとう!!

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ