ホーム>うえだのお米について

うえだのお米について

うえだのお米について

HP動画用画像2.jpg

お米屋の嫁になって20年。

それまでお米のことなんて何も知らなかった私、

お米なんてどれも一緒って思ってました。

だけど、本当に美味しいごはんを知ってからは、

「この美味しさを広めることが私の仕事」と思うようになりました。

お米屋の嫁である前に、主婦として毎日ごはんを炊く立場からも

「美味しいごはんがある食卓」の大切さを実感しています。

 

当店はスーパーや量販店に比べれば、価格は高いと思います。

安いお米を売ろうと思えば、いくらでも売ることができます。

でも、それをしないのは、日本人にとっての主食であるお米を販売しているという誇りと

特に小さい子供さんに「ごはんは美味しいもの」だと知って欲しいから。

残念ながら世の中には、お米屋の目から見てひどいお米も出回っているのが事実。

これはお米に限ったことではありませんが、何でもピンキリがありますよね。

「ごはん=美味しくない」と思って欲しくはないので、一定以上の品質のお米しか販売していません。

 

美味しいごはんがあると、ごはん支度が楽になります。

これ、ほんとです。

美味しいごはんがあるだけで、おかずは大したものがなくても箸は進むものです。

逆にごはんが美味しくないと、おかずばかり食べてしまいます。

おかずに頭を悩ますよりも、まずは美味しいごはんを用意することです。

特に小さい子供さんの味覚をバカにしてはいけません。

大人が思う以上に子供さんの味覚は敏感です。

小さい内にごはんの美味しさを教えてあげることは、何よりの食育だと思っています。

 

ただお米を売るだけじゃなく、炊き方や保管の仕方など

お米やごはんに関する様々なことをお伝えして

一軒でも「美味しいごはんがある食卓」が増えるようにと願っています。

 

Have a  Riceday!

 

 

お米工房うえだ  お米マイスター・上田 園子

 

ページ上部へ