ホーム>始めよう!分づき生活

始めよう!分づき生活

分づき米と各分づきの説明

分づき米って???・・・当店ではすっかり定着している「分づき米」(ぶづきまい、と読みます)、お客様の約3割強の方がこの分づき米をご注文されています。分づき米とは簡単に言うと、「白米と玄米の間」の精米をしたお米です。7分、8分・・・と数字が大きくなるにつれ白米に近づき、逆に5分、4分と数字が小さくなると玄米に近づきます。

玄米が栄養価が高いことは皆さんご存知だと思います。当店でも「玄米食を始めてみたい」と言ってこられる方がいらっしゃいますが、白米からいきなり玄米食に変えるのはちょっと難しいと思います。玄米も美味しく炊けばもちろん美味しいのですが、例えば浸水時間が長く必要だったり、炊き立てはいいけど、時間がたつとパサついてしまったり、家族がいやがったり・・・となかなか続けられる方がいないのが現実です。それに、せっかくの玄米も食べ方を間違うと(よく噛まずに食べたり、咀嚼のしっかりできない小さい子供さんやお年寄りなど)かえって胃腸に負担をかけることになってしまいます。

そんな方におススメしているのが、分づき米です。おススメの理由は・・・

お好みの精米加減が選べる。

②7分や8分なら、お子様でも抵抗なく食べてくれる(6分や5分になると色が濃くなって見た目にもわかります)

③白米よりも栄養価があり(ビタミン、ミネラル)、玄米より簡単に炊ける(※5分づきなど玄米に近づくと浸水時間も長めに必要ではありますが)

④経済的(分づきにしても価格は変わりません

⑤いずれ玄米食にしたい方も徐々に慣れていくことができる

などなど。

 

■初めての方はまず7分か8分から始めてみてください(^^)/

■5kgのご注文の内、「2kgだけ7分づきで、残りは白米」とか「半分は5分で、半分は玄米」等のご注文もお受けできます!その際は、分づき選択の欄はとりあえずどちらかを選んで頂いて、詳細は備考欄にお書き添え下されば対応致します。

 

ご注意)・お米の種類や気候等によって、分づきの仕上がり加減には若干の差が生じますことをご了承下さいませ。

     ・油分のある表皮や胚芽部分を残すため白米に比べて酸化もしやすくなります。夏場は冷蔵庫での保管をおススメします。

 

 

玄米・・・もみ殻を取った状態のもので、これがお米本来の姿です。茶色い表皮は水を吸水しにくいので、白米に比べパサついた食感になりますが、圧力鍋で炊くともっちりと美味しく炊け、よく噛むほどに滋味深い味わいをお楽しみ頂けます。栄養価は高く、白米には少ないビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。ただ、小さいお子さんやお年寄りなど、咀嚼が上手にできない方の場合は、消化しづらくかえって胃腸に負担をかけてしまいますので、おすすめできません。

玄米拡大.gif

一分づき・・・見た目はほとんど玄米と変わりません。実際、表面にほんのちょっと傷をつけた程度なので、精米後の重さも僅かに減るだけです。これは、玄米を食べたいけれど、吸水時間があまりとれない方におススメしています。表面に少し傷がついただけで、水の吸水がしやすくなります。

玄米拡大.gif

三分づき・・・表皮を三分ほど削ったお米です。見た目はまだまだ茶色で、栄養価も高いです。お水はやや多め、浸水時間もできれば2時間ほどとってください。

三分拡大.gif

五分づき・・・表皮を半分ほど削ったお米です。色はまだ茶色っぽいです。水はやや多めにし、浸水時間をしっかりとって炊いてください。胚芽部分も半分ほど残ります。

五分拡大.gif

七分づき・・・表皮を七分ほど削ったお米です。見た目はやや黄色っぽ程度で、白米に近くなります。胚芽部分も少し残っています。白米と同じように炊くことができ、食感も白米と変わらないので、分づき初心者の方にお勧めです。

七分拡大.gif

白米・・・ぬか層をすべて削った状態です。ツヤ良く、炊き上がります。白いごはんが一番!と言う方におススメします。当店では白米でも「削り過ぎない精米」を心がけています。お米の「旨み」は糠層と胚乳の境にあると言われています(旨み層、アリューロン層とも言います)ので、白く削り過ぎてしまうと、お米の旨みまでなくなってしまうからです。余談ですが、「無洗米」はこの「うまみ層」まで削ってしまっているので(無洗米は一般的なお米より米粒が小さいのはそのせいです)、炊き上がりはきれいに見えても、「味のないお米」に炊き上がります。

白米.gif

 

お客様の声

武村様~滋賀県産・田口さんのひのひかり(7分づき)

滋賀県産・田口さんのひのひかり(6分づき) 初めは白米を食べていましたが「分づき」と言うのがあると知って9分づきから始めました。
そして少しずつ進め、今は7分で落ち着いてます。徐々に進めたせいか子供たちも抵抗なく食べてくれています。
主人も初めは見た目が黄色いのが気になっていたようですが、今は普通に食べています。
5分づきもトライしましたが、ちょっと食べづらかったので当分7分で行こうと思います。

山本様~滋賀県産・田口さんのひのひかり(7分・3分)

福島県産・遠藤さんのこしひかり(7分・3分) いつも10キロの内、3キロを3分、7キロを7分に精米してもらっています。
3分は主に私が、7分は主人と子供たちが食べています。
子供たちは小さい頃から分づき米を食べているので、お米はこういう物だと思っているらしく、保育園で白いごはんが出たときに白くてびっくりしたと言ってました。
毎日の食事で手軽に栄養が摂れる分づき米はほんとにおススメです!!

N様~京都産・吉田さんのこしひかり(3分)

  主人が便秘がちになってしまったので、上田さんにすすめられて分づき米にしています。今は3分づきを食べています。たまに外で白米を食べると物足りなく感じてしまうようになったほど、我が家では分づき米が当たり前です。

輿石様(鍼灸師さん)おまかせで色々(玄米・5分づき)

おまかせで色々(玄米・5分づき) いつも銘柄はうえださんにおまかせで、玄米と5分づきを5キロずつ購入しています。
私はごはん食いで一回の食事で2合食べます。マクロビでは、「お米(玄米)は中庸」ですから、食事のバランスをとるには玄米は最適です。
一見こんな体格ですが、お米中心の食生活のお陰で血液検査の結果は大変優秀です!

 

ページ上部へ