ホーム>おいしくする秘密>ご飯の炊き方

ご飯の炊き方

これであなたもごはん炊き名人!

 

美味しい茶葉があっても淹れ方を間違うと、本当の美味しさが出ないように、お米も扱い方一つで炊き上がりの味が変わってきます。

毎日、美味しいごはんを食べるため、研ぎ~ほぐしまでいくつかのポイントをご紹介します。

(1)「きっちり測る」

(1)「正確にはかりましよう」

基本中の基本です。カップで適当にすくうのではなく、すりきりできっちり測りましょう。

適当にすくうと、量が多くなれば結構な誤差が生じます。

(2)「素早く洗う」

(2)「始めの水はすぐに捨てましよう」

最初の2回は水を勢いよく入れて、ざっとかきまぜ濁った水を素早く流します。

(のんびりしてると濁った水をお米が吸ってしまいますよ~)

(3)「リズミカルに」

(3)「素早く研ぎましよう」

水を切った状態で洗います。

最近の精米技術は昔に比べてはるかに良くなっているので、糠の付着はそれほどありません。ですから「研ぐ」というよりも「洗う」感覚で十分だと思います。

指先でリズミカルに軽くシャシャッと洗ったら水を注いで、ざっとひと混ぜして水を流す。

この作業を3~4回繰り返します。

力を入れて研ぐ必要はありません。お米が割れてしまいます。

(4)「水加減と浸水」

(4)「浸水、夏は30分 冬1時間」

炊飯器にセット

水釜の目盛りを正確に見るために目線はなるべく水平に。

まずは目盛り通りに合わせて炊いてみて、2回目からは調節します。

浸水は少なくても30分はして下さい。

水の冷たい冬場は1時間の浸水が理想です。

最近の炊飯器は浸水時間も組み込まれていますが、私は浸水時間は別に設けた方がより美味しく炊けると思います。

だからと言って浸水時間を長めに取り過ぎるのも×

お米の表面がふやけてしまって、炊きあがりは水っぽくツヤのないごはんになってしまいます。

お米がしっかり吸水したかどうかは簡単にわかります。半透明だった米粒がもち米のように白く変われば、吸水は完了です。

(5)「炊き上がったら」

(5)「炊き上がったら」

炊き上がったらすぐにほぐします。

最近の炊飯器は蒸らし時間が組み込まれているので、ピーッと鳴ったらすぐにしゃもじでほぐします。

しゃもじで十文字に切り込みを入れて、一つのブロックずつ底から切るように返します。

これで、釜全体のごはんの味が均一になり、余分な水分が飛ぶことで表面にツヤとハリが出ます。

炊き上がっても、20分、30分と蓋も開けずに放っておくと、せっかく美味しく炊けたごはんも味は半減・・・ツヤもなく、べチョッとしたごはんになっていまいますのでご注意を。

保温はせいぜい1時間にして、あとは容器に移しておくのがおすすめです。お米は冷蔵するとでん粉質が変化して固く美味しくなくなってしまいます。長期保存の際は冷凍してくださいね。

 

お米の選び方

色々試してみましょう。

「コシヒカリだから美味しい!!」

いえいえ、そんなことはありません。「コシヒカリ」と名がつくだけで、美味しいということはありません。

何でもそうですが、ピンキリです(笑)また、同じ銘柄でも産地が違えば味も違いますし、細かいことを言えば同じ生産者さんの作ったお米でも、田んぼの場所が違えば味も同じではないでしょう。
産地や銘柄にこだわらず、色々食べてみて下さい。毎日食べる物ですから、お気に入りのお米を見つけるためなら、少しくらいの時間と手間をかけて頂きたいと思います。

精米年月日

精米年月日 最近では「お米だって生鮮食品」という意識が広まって精米年月日を気にされる方も増えてきたみたいです。
精米されると酸化が始まり、日を追う毎に食味は低下していきます。
スーパーなどで袋づめされたお米を買う場合は必ず精米年月日を確認して下さい。
時々、1ヵ月以上たった物が置いてあることもありますのでご注意を。
当店は写真の精米機でご注文を頂いてから精米しています。

保管

「風通しの良い涼しいところ」が理想的ですが、現代の住宅ではなかなか難しいのが現実。

冷蔵庫のスペースに余裕があれば密閉容器に入れて野菜室に保管するのがベストです。湿気にも注意が必要ですが、臭いも吸収しやすいので臭いのきつい物と一緒に保管するのはやめましょう。

夏場は10日から2週間、冬場なら1ヵ月で食べきれる量を目安に購入しましょう。
安いからとまとめ買いは禁物です。新しいお米を入れる時は、前の残ってるお米をあけてからにしましょう。

ページ上部へ